お知らせ

患者様の個人情報を含むUSBメモリー紛失に関するお詫び

2017.03.15

 このたび、患者様の個人情報を含むUSBメモリーを紛失したことが判明いたしました。すでに警察や行政に届出を行ったほか、該当する患者様へは、本事例のご説明とお詫びの連絡をいたしました。現在までに、USBメモリー内の個人情報が不正に使用されたとの報告はございません。患者様に深くお詫び申し上げるとともに、個人情報管理の更なる徹底に努めてまいります。

1 経過概略
 平成29年2月17日、当病院の医師が患者様の個人情報を保存した私物のUSBメモリーをコインケースに入れて携行し、翌々日19日未明に当該コインケースを紛失していることに気づきました。所轄警察に届出を行い、これまで捜索してまいりましたが、発見に至っておりません。
 USBメモリーには腎臓・高血圧・内分泌内科の患者様120人分の氏名と住所が保存されておりました。本データは当該医師が退職に伴い該当患者様へ主治医や診療予約日の変更等を文書で通知するための患者リストであり、疾患名や治療経過などの診療情報は含まれておりませんでした。なお、紛失したUSBメモリーにパスワード設定はされておりませんでした。

2 USBメモリー紛失判明後の対応について
 該当する患者様へは、本事例のご説明とお詫びの連絡をいたしました。警察や行政機関にも届出を行い、厳しい指導をいただいております。現在までに、USBメモリー内の個人情報が不正に使用されたとの報告はございません。引き続き、関係機関と連携を図りながら発見に努めてまいります。

3 再発防止策等について
 当病院では、私物のUSBメモリーの院内への持込みや個人情報の外部への持出しを禁止しておりましたが、これらが遵守されずに患者様の個人情報が紛失したことは誠に遺憾です。本事例を受け、関係各所と連携を図りながら、改めて院内ルールの周知徹底を行うともに、病院全体でより一層の職員教育を図り、再発防止に努める所存です。
 事例に関するお問合せ先は次のとおりです。お心当たりのある方は、ご連絡ください。

  【お問合せ先】
  日本大学医学部附属板橋病院 庶務課(医療安全管理室)
  電話:03-3972-8111(月曜日から金曜日 9:00~17:00)

日本大学医学部附属板橋病院

ページトップ