お知らせ

個人情報を含むSDカードの紛失に関するお詫び

2014.07.10

当病院において,患者様の個人情報を含むSDカードが本年6月17日に使用後,所在不明となっている事実が判明いたしました。該当する患者様には深くお詫び申し上げます。
このたびのことを重く受け止め,安心して患者様にご受診いただけるよう,引き続き事実関係や原因の調査を行い,関係各所と連携を図りながら,再発防止に努めてまいります。

1 経過概略

当該SDカードは,婦人科病棟にあるラックの引出しの中に保管されており,手術時の写真撮影の際に担当医師が手術室に持ち運んで使用しておりました。平成26年6月17日に婦人科での手術の際にも,手術室内にSDカードを持ち込んで,デジタルカメラで撮影を行っております。SDカードを媒介として患者情報(手術写真)を電子カルテに反映した後のSDカードの所在が不明となっております。
本事例は,同月20日にSDカードが病棟の保管場所にないことで判明しました。すみやかに,院内の捜索,関係者への聞取調査などを行いましたが,現在まで発見に至っておりません。
当該SDカードには6月5日から6月17日までに婦人科で手術をされた7名の患者様の以下の個人情報が保存されております。
氏名,ID番号,摘出した検体写真,手術部位の写真
※ 住所,電話番号は含まれておりません。

2 SDカード紛失判明後の対応について

該当する患者様には,本事例のご説明とお詫びの連絡をいたし,警察や行政への届出を行いました。引き続き,関係機関と連携を図りながら発見に努めてまいります。
なお,現在までに,所在不明となっている個人情報が不正に使用されたとの報告はございません。

3 再発防止策について

全教職員を対象とした情報セキュリティ講習会を開催し,改めて個人情報の取扱いに関する院内ルールの周知徹底と個人情報保護に関するコンプライアンス教育を進めてまいります。また,各現場において患者情報が適正に管理されているかを職員が定期的に点検し,不十分である部署には個別に指導してまいります。
当院ではこれまでも同様の事例が発生していることを重く受け止め,再発防止に努めてまいる所存です。該当する患者様には,多大なご心配をおかけすることとなり重ねて深くお詫び申し上げます。
当該SDカード紛失に関するお問合せ先は,次のとおりです。お心あたりのある方は,下記までご連絡ください。

【お問合せ先】
日本大学医学部附属板橋病院 庶務課(医療安全管理室)
電話:03-3972-8111(月曜日から金曜日 9:00~17:00)

平成26年7月10日
日本大学医学部附属板橋病院
病院長 増田 英樹

ページトップ