お知らせ

平成25年度 看護師のための『がん性疼痛緩和ケア』研修会のご案内

2013.07.29

地域がん診療連携拠点病院
研修委員会

がん患者にとって「痛みは目に見えない患者の主観的体験」であり、他者に、理解・共有してもらうことが困難です。がん患者の疼痛緩和に関するアセスメントでは、看護師が重要なカギを握っています。
「がん性疼痛は、他の疼痛と何が違うのか?」「苦痛を抱えるがん患者の理解とアセスメントとは?」「痛みや苦悩のある患者・家族に寄り添ったコミュニケーションとは?」など、『日常の疑問や不安を解決するための知識を学びたい方』を対象とした研修会を企画いたしました。
下記の要領を参照の上、メールにてお申し込みください。

テーマ
『がん性疼痛緩和ケア ─がん患者のこころとからだの理解者となるケア』
日時
平成25年10月16日(水) 9時~17時
会場
日本大学医学部リサーチセンター4F
受講対象
以下の2つの条件に該当する臨床経験3年目以上の看護師
1)現在,がん患者に関わっている方
2)緩和ケアにおけるアセスメント,薬剤療法,コミュニケーションについて学習したい方
申込み先
gansien@med.nihon-u.ac.jp
申込締切
平成25年8月30日(金)

※事前課題を添えてお申込みください。

問い合わせ先

日本大学医学部附属板橋病院
がん相談支援センター
Tel.03-3972-0011 Fax.03-3972-0045

ページトップ