お知らせ

平成22年度,薬剤師のための「がん化学療法」セミナーのご案内

2010.10.12

ティーエスワン®の発売以来,最近では分子標的治療剤など内服する抗がん剤においても投与日と休薬日の規定が設けられレジメンごとにその投与日と休薬日が違うことがあります。さらに,抗がん剤の有害事象に対する支持療法が処方されています。
病院で投与された抗がん剤の情報がない中での処方鑑査は困難を窮めていると思われ,院外処方せんを応需されている保険薬局の方々は何かと不自由なされていると思われます。がん患者の処方ばかりではなく,その他の患者の処方においても困惑されることがあろうと思われます。
そこで,日大板橋病院薬剤部では近隣の保険薬局薬剤師および病院薬剤師と合同の勉強会を開き,お互いの悩みなどを共有して業務に反映させていきたいと考えております。つきましては,下記の内容でセミナーを開催したいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
下記の要領を参照の上,メールにてお申し込みください。

テーマ
1.小児領域における患者からの質問に対する回答
2.抗がん剤治療の初歩(肺がんを例に)
日時
2010年11月9日(火) 20:00~21:30
会場
日本大学医学部リサーチセンター4F
対象
保険薬局薬剤師,病院薬剤師
申込み先
gansien@med.nihon-u.ac.jp
申込締切
2010年11月1日(月)

平成22年度 薬剤師のための「がん化学療法」セミナー参加書(WORD形式:32KB)

お問合せ先

日本大学医学部附属板橋病院
がん相談支援センター
Tel.03-3972-8111  Fax.03-3972-0045

ページトップ