臨床研修センター

ごあいさつ

病院長 森山 光彦

病院長 森山 光彦

日本大学医学部の理念は「醫明博愛」ですが,その根幹には人間性に溢れた「良き臨床医」,「優れた医学研究者」の育成だけではなく,「それらの養成を目指す医学教育者」の育成です。

それに伴い,私たち指導者の教育目標は「良き臨床医」の育成だけではなく,将来を担う研究者および指導医の育成のため,卒後教育にも力を注ぐよう努めています。

また,日本大学板橋病院の理念は「人間愛に基づいて高度で安全な医療を実施します」です。私たちは医師になった直後の数年間の臨床教育を重要視し,いろいろな取り組みをし,行っています。

現在の臨床研修制度が開始されてから,当病院ではプログラム内容に在学生の意見を取り入れ,初期臨床研修医の選択の自由度を高めるなどの配慮をし,研修環境の整備に努めています。

さらに,救急医療およびプライマリ・ケアの研修は,初期臨床研修医にとって最も重要な能力であると考えており,経験豊富で優秀な指導医と多くのことを学べる機会を得ることができるよう,プログラム配慮し高度な能力が自然と身に付くようにしています。

当病院は,がん診療連携拠点病院として,がんの先端医療だけではなく患者さんへの疼痛・緩和ケアなどの包括的にがん診療に携わることができることも特色のひとつとなっています。

最後により多くの学生さんが,日本大学板橋病院の初期臨床研修に参加していただけることを願っています。

臨床研修センター長(総合科) 髙山 忠輝

臨床研修センター長 髙山忠輝

日本大学医学部の教育理念は「醫明博愛」,人間性あふれた「良き臨床医の育成」です。 日本大学板橋病院は、医学部附属病院として高度で先進的な医療を提供する特定機能病院であると共に,地域医療の基幹病院としての役割も担っている数少ない都心の大学病院です。

当病院では,2020年度の大幅なガイドライン改定に伴い、プライマリ・ケアの研修に重点を置きました。プライマリ・ケアの中でも、自分で患者さんを診察する研修、すなわち一般外来と救急研修にしっかりと時間かけることを基本としました。一般外来研修は、1年目、2年目の2回に分け、それぞれの学年における研修目標を設定し、内科的診断スキル・専門診療科へのコンサルテーションのタイミング、コモンディジーズの診療、生活習慣病の継続診療にかかわる研修を総合科で行います。

また,救急室では1・2次救急におけるプライマリ・ケアを総合科のみならず,専門診療科における初期診療の研修も行います。

大学病院はとかく細分化された高度医療の提供をイメージされますが、当病院では,単に将来の専門医を育成するということではなく,地域医療のリーダーになりうる医師の育成に必要な研修プログラムを準備しています。

当病院は,38の専門診療科あるいは診療センターによる診療体制を整え,専門医・学位取得を目指すシームレスな卒後教育を提供できるよう,医学部・附属病院が協力して取り組んでいます。

みなさんが日本大学板橋病院の研修医として、充実した研修を通し「良き臨床医」として研鑽されることを期待しております。

ページトップ