各部門の紹介

放射線治療

中央放射線部のページへ

放射線治療のご紹介

放射線治療はコンピュータの発達により、病巣に精度よく照射することが可能になりました。これにより副作用を低く抑えて、臓器の機能を温存し形態も保つ事ができるため患者数は年々増加しています。

当部門では放射線治療装置として2台のリニアック、RALSそしてCTシミュレータ装置や最新の治療計画装置等の様々な医療機器を駆使して治療を行っています。高精度放射線治療では、小さな病変に高線量を集中的に投与する定位照射として 「頭蓋内定位放射線照射」と肺腫瘍のように呼吸で位置が変わる病巣には呼吸に合わせて照射する「呼吸同期肺定位照射」を行っています。 また、前立腺癌等にはIGRT (画像誘導放射線治療)、IMRT(強度変調放射線治療)を実施しております。この他、子宮頸癌等に対する腔内照射や全身照射、術中照射も行っています。さらに前立腺癌の治療には放射性のシード線源を埋め込む「前立腺癌永久挿入治療(ブラキセラピー)」も行っています。

部門のスタッフには放射線治療専門放射線技師、放射線治療品質管理士等が配属されており、日本放射線腫瘍学会認定医を中心に専従看護師らと協力し日々安全で高精度の治療を行っております。

写真
写真

施設・設備紹介

写真
Elekta Synergy
IMRT IGRT 用リニアック
写真
東芝 MEVATRON
写真
東芝 AquilionTM LB
世界最大の開口径 治療計画用CT
写真
BEBIG社製 密封小線源治療

前立腺癌に対するヨウ素-125線源を用いた永久挿入治療(術中)

写真
写真

頭蓋内定位放射線照射のようす。

写真
ページトップ