各部門の紹介

中央放射線部

中央放射線部のページへ

ごあいさつ

画像診断部門

写真
中央放射線部技術長
中澤 康弘

中央放射線部核医学部門を除く画像診断部門の管理業務を担当しております。当部門ではX線一般撮影,透視撮影,マンモグラフィー,血管撮影,CT検査,MR検査と様々な数多くの画像診断装置を配備しています。これらの装置に対し高度な技術で対応できるよう,研究熱心なスタッフが運用に携わっています。大学附属病院という立場から,研究活動や専門誌への投稿,医学部学生や放射線実習生の教育も盛んに行われています。放射線治療・核医学部門担当の遠藤技術長と協力のもと,医療安全を心がけながら中央放射線部の持てる能力を,患者さんの治療や診断に最大限に提供できるよう努力を続けてまいります。

核医学放射線治療部門

写真
中央放射線部技術長
坂西 和良

中央放射線部は,先端医療を補助する重要な部門として,画像診断検査,核医学検査,放射線治療の業務を行い患者さんの診療に寄与する質の高い画像情報の提供と精度の高い放射線治療の実施を目指して,約70名の診療放射線技師,4名のX線事務職員が業務に邁進しております。

また,大学病院の放射線部として技術の研鑽及び研究的活動にも積極的に取り組み,認定技師取得や学生実習を通して後輩の育成を行っております。

中央放射線部は2名の技術長で管理業務を行っております。私は主に核医学部門,放射線治療部門を担当しております。他に医療安全関連なども担当しております。中澤技術長と協同して安全管理に努めながら,高度な画像診断と放射線治療を受けて頂けるよう部門のスタッフ一同が患者さんを中心とした医療の実践を心掛けてまいります。

ページトップ