各部門の紹介

聴力検査室

聴力検査とは

  • 聴力検査とは耳に受話器(ヘッドフォン)をあて,どのくらい小さい音が聞こえるかを調べる検査です。
  • 耳に受話器をあてて音を聞く方法(気導聴力)と耳の後ろの骨に骨導端子をあてて音を聞く方法(骨導聴力)があります。
  • 耳鼻咽喉科の聴力検査室で検査を行います。

聴力検査室での検査項目

写真
聴力検査機器(オージオメーター)

標準純音聴力検査(検査時間の目安10分)
伝音性難聴,感音性難聴,混合性難聴があるかどうか,またその難聴の程度を調べます。
標準語音聴力検査(検査時間の目安20分)
言葉をどのくらい正確に聞き取ることができるかを調べます。
内耳機能検査(検査時間の目安15~70分)
Bekesy, SiSi, Speech 検査を行い感音難聴の程度を調べます。
ティンパノメトリー検査(検査時間の目安5分)
鼓膜の動きをみる検査です。
耳小骨筋反射検査(検査時間の目安5分)
大きな音を聞いた時に起こる耳小骨の筋の動きをみる検査です。
ABR 検査(検査時間の目安60~90分)
音に対する脳幹の反応をみる検査です。
補聴器適合検査(検査時間の目安30~60分)
補聴器を使用した時,言葉をどのくらい聞き取れるかを調べる検査です。
新生児ABRスクリーニング検査(検査時間の目安15~30分)
新生児の難聴の有無を調べる検査です。
条件詮索反応聴力検査(検査時間の目安15分)
幼児や児童に対する聴力検査です。
味覚検査(検査時間の目安20~30分)
電気味覚検査と濾紙ディスク検査法があります。味がどのくらいの濃度で分かるかを調べる検査です。
嗅覚検査(検査時間の目安15分)
人工的に作られた匂いを嗅ぎ,どのくらいの濃度で分かるかを調べる検査です。

検査を受けられる患者さんへのお願い,注意事項

ティンパノメトリー検査
鼓膜に空気圧をかけます。違和感がありますが数秒で終わります。空気圧をかけることによる鼓膜の損傷はありません。
耳小骨筋反射
比較的大きな音を聞かせて検査を行います。検査終了後,耳に違和感を感じたときは診察時に担当医へお申し出ください。
ABR 検査
安静な状態で検査します。カフェインなどの飲み物は,お控え下さい。幼児,小児では,睡眠薬を使用して検査します。寝不足気味で来院して下さい。
補聴器適合検査
患者さんが使用している補聴器を持参して下さい。
新生児スクリーニング検査
新生児病棟での検査です。外来患者さんは,検査することが出来ません。
味覚検査
検査前は,味の濃い食べ物は取らないようにして下さい。
予約時間に遅れる場合,来院出来ない場合は必ず事前にご連絡ください。

聴力検査室(03-3972-8111 内線3147)

検査室の案内図

平面図
ページトップ