がん診療について

地域連携の推進体制

当院では地域がん診療連携拠点病院として、医療連携センターを中心にがん診療院内協議委員会と協力して東京都医療連携手帳や地域緩和ケア連携、がんに係るセカンドオピニオン制度の実施等の地域連携を推進しています。

東京都医療連携手帳(がん地域連携クリティカルパス)について

がん患者さんが、手術など専門的な治療的な治療を行った後に使用するもので、患者さんの5年ないし10年先までの診療の計画を立てたものを、1冊の手帳にまとめたものです。

手帳を使うことによる利点

  • 患者さんが医療機関等を受診する際にこの手帳を持参することにより、専門病院の医師、かかりつけ医、その他の医療機関等が、患者さんの治療経過を共有でき、より適切な診療が可能になります。
  • 患者さんが手帳を持つことにより、「いつ」「どこで」「どんな」診療・検査を受ければよいかが分かります。

5大がん及び前立腺がんの東京都医療連携手帳(クリティカルパス)

肺がん

東京都医療連携手帳(肺がん)の画像

胃がん

東京都医療連携手帳(胃がん)の画像

大腸がん

東京都医療連携手帳(大腸がん)の画像

肝がん

東京都医療連携手帳(肝がん)の画像

乳がん

東京都医療連携手帳(乳がん)の画像

前立腺がん

東京都医療連携手帳(前立腺がん)の画像

お問い合わせは

日本大学医学部附属板橋病院 医療連携センター
TEL 03-3972-8111(代) 内線 3184(事務)・3167(看護)・3165(福祉)
FAX 03-3972-0018

  • 平日 午前8時30分~午後4時30分
  • 土曜 午前8時30分~午後2時
ページトップ