がん診療について

腫瘍センター

日本大学医学部附属板橋病院 腫瘍センター

センター長 三浦 勝浩
センター長
三浦 勝浩(みうら かつひろ)
副センター長 東風 貢
副センター長
東風 貢(こち みつぐ)

腫瘍センターは,平成19年4月1日に「がんの治癒率の向上およびがん医療の質の向上をより一層図る事」を目的として設置されました。当センターでは特に抗がん剤による薬物療法(化学療法)を中心に行います。地域のがんに悩む患者様に,最良の治療と,精神的な安心提供を最大の目的とし,地元の病院でも,最新のがん治療を提供する連携体制を整えています。

日大板橋病院の腫瘍センターでは専門として従事する熟練したスタッフが,こうした関連する医療スタッフのチームで治療にあたります。平成18年1月から外来化学療法室が置かれ,外来での化学療法を専門的に行ってまいりました。さらに,がん患者様のプライマリケア,一般病棟におけるがん患者様の管理,外来での診療,腫瘍についてのコンサルテーション,緩和ケア等の教育を,地域のかかりつけの先生を交えて定期的なカンファレンス等を通じて行っています。

診療内容および対象疾患

薬物療法(ホルモン療法を除く)が必要なすべてのがん

特徴・特色

当腫瘍センターではがん薬物療法に精通した医師,薬剤師,看護師らによるチーム医療を実施しがん薬物療法を受ける患者さんのあらゆる症状や悩みに対応します。

コメディカルスタッフの特色として,専門・認定薬剤師が治療の副作用,支持療法の提案および疼痛コントロールに対する説明および介入を行っています。また,近隣4 区(豊島,板橋,北,練馬)保険薬局と連携を図り,内服抗がん薬に対する体系的なマネジメントも行っています。さらに,診療上の疑問,生活上の悩みなど,副作用 による不安を軽減するための相談をがん化学療法看護認定看護師が行っております。

(一番右)副作用対策 フローズングローブとホットパック

相談について

(左)専任看護師による相談、(右)薬剤師による情報提供、相談

内科腫瘍外来(月)午前、(木)午前
担当:腫瘍内科医

治療について

腫瘍センターで実施される治療は,各診療科医師,放射線科医師,病理診断医師,薬剤師,看護師で構成された運営委員会で協議し認められたEBM(Evidence Based Medicine : 科学的根拠にのっとった医療)に基づくものであり,現時点での最善の標準療法であります。

施設認定

日本臨床腫瘍学会認定研修施設,ほか,各がん領域での施設認定を得ております。各がん領域での専門医の資格を持ったエキスパートの医師が診療にあたっております。

先進医療または予約方法・お問い合わせ先

各診療科の担当医にご相談ください。

診察から外来化学療法までの流れ

  • 診察予約時間の1時間程度前に余裕をもってご来院ください。
  • ご自宅で体温をはかってからご来院ください。
  • 採血室受付開始は,【8時00分】です。
  • 腕の血管に留置針を挿入して点滴治療を実施する患者さんは…
    外来化学療法室看護師が担当します【8時00分~ 8時30分】ご利用ください。
  • 当院では,症状や心理的不安などのご相談について専門スタッフ(看護師,薬剤師)がおこなっております。
  • 治療前に内服する薬(前投薬)の指示がある場合は治療当日にご持参ください。
  • 治療中に,水分や匂いの少ない食事をとることもできます。
  • 治療終了後,ご気分がすぐれないなどが ありましたらお知らせください。
  • 次回の治療予定,血液検査などのスケジュールや処方せんについては診察時にご確認ください。
  • 治療後帰宅となります。ご帰宅後不明な点は【おかかりの診療科】までご連絡ください。
ページトップ