がん診療について

腫瘍センターについて

日本大学医学部附属板橋病院 腫瘍センター

センター長 三浦 勝浩
センター長
三浦 勝浩(みうら かつひろ)
副センター長 東風 貢
副センター長
東風 貢(こち みつぐ)

腫瘍センターは、平成19年4月1日に「がんの治癒率の向上およびがん医療の質の向上をより一層図る事」を目的として設置されました。当センターでは特に抗がん剤による薬物療法(化学療法)を中心に行います。地域のがんに悩む患者様に、最良の治療と、精神的な安心提供を最大の目的とし、地元の病院でも、最新のがん治療を提供する連携体制を整えています。

日大板橋病院の腫瘍センターでは専門として従事する熟練したスタッフが、こうした関連する医療スタッフのチームで治療にあたります。平成18年1月から外来化学療法室が置かれ、外来での化学療法を専門的に行ってまいりました。さらに、がん患者様のプライマリケア、一般病棟におけるがん患者様の管理、外来での診療、腫瘍についてのコンサルテーション、緩和ケア等の教育を、地域のかかりつけの先生を交えて定期的なカンファレンス等を通じて行っています。

院内のがん診療に係るチーム体制

キャンサーボード 等

平成19年4月1日より、先進的・集学的がん診断・治療の充実を図るとともに、研究及び教育に関連した病院機能を整備するために腫瘍センターを設立し、併せて緩和ケア外来、がん相談支援室ともに、一層連携を強化するシステム(cancer board: キャンサーボード)を構築しました。キャンサーボードにおいては診断・治療に関する問題症例のカンファレンスを定期的に行い、各種のがんの治療方針を診療科・部門の枠を超えて策定し、診療の質の向上を目指します。

また、地域においてがん診療を行う医療機関、かかりつけの先生方にも、当院のがん診療にかかわる情報を共有していただくことにより、広く地域への均等な治療情報が提供可能となることと考えております。

特徴・特色

腫瘍センターには以下のような利点があります

  1. 【快適な治療室】数時間にも及ぶ点滴治療を少しでも快適に受けていただくために、点滴用のリクライニングチェアーで、個別にテレビを見ることもできます。
  2. 【優先採血】治療予約の患者さま対象に治療前の採血検査は優先的に受けていただき、結果も迅速に出るようになっているため、治療前の待ち時間が短縮されます。さらに、8時00分~8時30分においては外来化学療法室において看護師による点滴留置針からの採血も行っております。ご利用下さい。
  3. 【専門薬剤師によるマネジメントと薬薬連携】がん薬物療法専門医、がん専門薬剤師、がん薬物療法認定薬剤師および主治医と協力して、厳重な衛生管理の下調製し、投薬内容の確認を行っています。また、患者さんが安全に安心に化学療法を受けていただけるよう治療に使用する薬剤の副作用やその対処方法に加え、痛み止めやその使い方などを専従薬剤師がわかりやすく説明します。また、近隣4 区(豊島、板橋、北、練馬)保険薬局と薬薬連携を図り、内服抗がん薬に対する体系的なマネジメントも行っています。
  4. 【専任看護師による副作用の対応】がん治療に熟練した専任看護師が化学療法中の看護にあたります。抗がん剤の点滴中は医師に聞き辛い診療上の疑問、生活上の悩みなど、副作用による不安を軽減するためのご相談をがん化学療法看護認定看護師が行っており、より快適に、また精神的な安心感とそして安全に治療を受けていただけます。
  5. 国の医療保険の規定により料金負担が患者様に生じます。経済的な懸念に関しては、当院の相談支援センターや、診療担当医や看護師に遠慮なくご相談ください。
(一番右)副作用対策 フローズングローブとホットパック

相談について

(左)専任看護師による相談、(右)薬剤師による情報提供、相談

内科腫瘍外来(月)午前、(木)午前
担当:腫瘍内科医

治療について

腫瘍センターで実施される治療は、各診療科医師、放射線科医師、病理診断医師、薬剤師、看護師で構成された運営委員会で協議し認められたEBM(Evidence Based Medicine : 科学的根拠にのっとった医療)に基づくものであり、現時点での最善の標準療法であります。

施設認定

日本臨床腫瘍学会認定研修施設、ほか、各がん領域での施設認定を得ております。各がん領域での専門医の資格を持ったエキスパートの医師が診療にあたっております。

ページトップ