がん診療について

緩和ケアセンター

緩和ケアについて

当院の緩和ケア診療の歴史は,1978年に始まります。

当初はがん診療に関わる各診療科,麻酔科,心療内科の医師,看護師,MSW(医療ソーシャルワーカー)の有志が集い,月1回カンファレンスを開き,がん患者さんにいかに良き緩和を提供できるか,検討を行ってきました。回を重ねるごとにメンバーも増え,このカンファレンスは現在(2018年9月)に至るまで,402回実施,継続され,症例検討の蓄積を重ねてきております。

2003年より緩和ケアチームの活動が開始となり,現在,医師,看護師,薬剤師,臨床心理士,MSW,栄養士がメンバーとなり,依頼のあった入院患者さんとご家族に対する緩和ケアを提供しています。そして、2007年4月より設立の緩和ケア外来では,患者さんとご家族へ入院から外来、外来から入院と切れ目のない,安心できる緩和医療を提供しております。

また、緩和ケア委員会,医療連携センターなどと協働して,地域の連携病院,診療所の先生方にも,患者さんを中心として緩和医療の提供や公開カンファレンス,研究会を通じて最新医療の提供を行っています。

緩和ケアセンター

新たに院内に緩和ケアセンターを設置いたしました。
緩和ケアセンターは,緩和ケアチーム,緩和ケア外来,緩和ケア病棟等を有機的に統合し,緩和医療に携わっている経験豊富な医師,看護師,薬剤師,臨床心理士,メディカルソーシャルワーカー,管理栄養士がおり,決め細やかな対応を心掛けております。
各診療科との連携も密に行っており,外来から入院まで切れ目のない緩和ケアを提供します。

緩和ケア外来について

原則として,現在当院におかかりの患者さんを対象としています。緩和ケア外来は完全予約制です。ご予約については,月・水・土曜日のペインクリニック外来までお電話にてお問い合わせください。

緩和ケアチームのご案内

がんの痛みや,いろいろな症状(息苦しさ,眠れない,不安感,便秘,倦怠感など)に苦しむがん患者さんとご家族に対し,それらの症状を緩和できるように支援する専門家チームです。

  • 痛みなどの諸症状についてのご相談
  • 不安やお気持ちの面でのご相談
  • ご家族のサポート
  • 緩和ケア病棟に関するご相談
  • 退院後の自宅での療養に関するご相談
  • 医療制度、経済面でのご相談
  • 栄養に関するご相談
  • その他
緩和ケアチームの説明図

院内からの緩和ケアチームへの患者紹介の手順

まず主治医および病棟看護師・保育士・ホスピタルプレイスペシャリストがカンファレンスを行い,緩和ケアの必要性を判断した後,緩和ケアチームに依頼する。

緩和ケアチームは,医師・看護師・薬剤師・臨床心理士・メディカルソーシャルワーカー・管理栄養士などの各専門家によるグループから形成されるチームで,入院患者であれば病室訪問し問診・診察などを行い,主治医・担当看護師などとカンファレンスを行い緩和ケアを開始する。
その後も定期的に主治医グループとの連携を図りながらケアを行う。外来患者の場合も担当医・看護師が緩和ケアの依頼を行い,以後同様の手順を取る。

他院からの緩和ケアチームへの患者紹介の手順

初めに小児科あるいは小児外科外来を受診後,緩和ケア外来へ依頼し,受診となる。その後,緩和ケア外来を中心にして,院内からの紹介手順と同様に緩和ケアチームなどのサポートにより緩和ケアを行う。

ページトップ