がん診療について

院内がん登録の流れ

1,がん患者の見つけ出し

がん登録の基本となるがんと診断された人を見つけ出す作業から始まります。
がんと診断されたすべての人を漏れなく見つけ出すことで、がん罹患者数を把握することができます。

2,登録対象のふるい分け

がん登録では1腫瘍1登録というルールが定められています。見つけ出されたがん患者から、新たに発生したがんなのか、既に診断されたがんなのか、まだ疑いのままなのかを調査・照合し新しいもののみを登録していきます。この時点での疑い患者については疑いの状態で登録しており一定期間を経た後に再度ふるい分けを行います。

3,診療情報の登録

登録対象のがん患者を「院内がん登録標準登録様式」のルールに従って,院内がん登録実務者研修を受けた事務職員が登録を行っています。

4,予後追跡調査

がんの診療の質を高めるために生存率情報は必要不可欠で,このためにも予後調査をする必要があります。当院では,国立がん研究センターの予後調査支援事業に参加し,登録されたデータの生存確認調査を定期的に行っています。

5,集計・分析・報告

蓄積された情報から、性別・部位別・年齢別・病期別・治療別に統計を出すことができます。
また3年・5年・10年と経過した後には生存率を計算することもできます。

ページトップ