がん診療について

院内がん登録

院内がん登録とは

がん登録について

毎年どのくらいの人ががんと診断され,治療後の生存率はどのくらいなのか,治療法で生存率に差があるのか,地域によってがんの種類や罹患率(がんと診断される割合)に差がでてくるのか等,データを収集・分析・評価をすることは今後,がん対策を推進していく上で重要な課題となっております。

「がん登録」の統計には,医療機関単位で行う「院内がん登録」と都道府県など自治体単位で行う「地域がん登録」の二種類があります。

「院内がん登録」は,各病院での診断や治療を行った患者のがん情報を集め,がん診療の内容を把握し,医療機関ごとの特徴や問題点を明らかにすることができると期待されています。当院においても,国立がん研究センターが行う全国集計に毎年提出しています。

「地域がん登録」は,院内がん登録で集めた情報を「東京都地域がん登録」へ提供し,がん対策における効果的な医療計画・予防対策の企画や評価に役立つと考えられます。

平成28年1月1日より「がん登録等の推進に関する法律」にて施行された制度である「全国がん登録」は,日本の医療機関でがんと診断されたすべての人のデータを,国が1つにまとめて,集計・分析・管理する新しい仕組みです。
この制度によって収集されたデータは,国や都道府県のがん対策,予防や治療の体制づくりに役立てられています。
また,最新の統計情報については,国立がん研究センターがん対策情報センターのウェブサイト「がん登録・統計」に一般公開されています。(http://ganjoho.jp/reg_stat/
当院でも,院内がん登録の情報をもとに,東京都がん登録室に届出を行っています。

平成15年より「地域がん診療連携拠点病院」として認定
平成24年症例より「東京都地域がん登録」へ参加
平成25年9月より「東京都小児がん診療病院」として認定
平成28年1月1日 全国がん登録 施行

院内がん登録のメリットについて

病院全体で集められたがんに関する診療情報(がん患者の特性,診断・治療の内容,入院状況,治療成績)を分析・評価することにより

  1. 患者への的確な情報の提供と治療の意思決定の支援ができます。
    複数の医療機関が同じ方法で登録することによって,各病院のがん治療の方法や特徴を比較できるようになります。
  2. 医療従事者にとっては,診療行為の科学的評価と最善の診療方法の選択が可能になります。
  3. 地域医療機関同志と情報の共有ができ,コミュニケーションの推進が図られ,将来は地域や医療機関に関係なく皆様が最善のがん治療を受けられるようになります。

個人情報の保護について

氏名・生年月日・住所という基本情報に加えて,がんという重大な疾患の情報を登録しています。平成29年5月30日に「個人情報の保護に関する法律」の改正法が全面施行されたことに伴い「日本大学個人情報取扱規程」及び「日本大学医学部付属板橋病院個人情報保護に関する運用管理内規」を遵守し,皆様の情報を取扱っております。

今後,登録したデータを地域がん登録や当病院内での研究に提供することがありますが,個人情報の取扱いには最大限の注意を払っておりますので皆様のご理解とご協力をお願いいたします。当院のホームページや院内の掲示をご参照ください。

ページトップ