がん診療について

ごあいさつ

日本大学医学部附属板橋病院は高度の医療,研修および医療連携を担う特定機能病院として厚生労働省から認定を受け,かつ平成15年から地域がん診療拠点病院(現在は地域がん診療連携拠点病院に名称が変更)としての認定を受けております。平成20年度はがん対策基本法に基づく医療制度が実施されますが,当病院は今までの実績を踏まえ,腫瘍センターをはじめとするがん治療に必要な診療体制の強化ならびに地域連携,がん相談支援センターの整備を行いました。今や「がん」は多くの方々の健康との関わりが深く,治癒療法のみならずクオリティオブライフ(QOL)の向上が課題となっております。そのため,当病院では手術療法に加えて前立腺癌に対する小線源密封療法などの放射線療法,外来での抗癌化学療法などの充実をはかっております。

当病院は地域の拠点病院として皆様方と手を携えてその責務を果たしていく所存でございます。

病院長 德橋 泰明

当院は,平成15年から地域がん診療拠点病院(現在は地域がん診療連携拠点病院に名称が変更)に指定されました。大学病院の特性を活かし,手術(ロボット手術,腹腔鏡手術),放射線療法,化学療法に携わる専門的な知識及び技能を有する医師と画像診断,病理診断等を担当する医師やがん医療に携わる多数の専門職が職種を超えて,患者さんの症状,状態,治療方針等の意見交換を行い,最新のがん治療と患者さんに最適な治療を提供できるよう日々努力しております。

そのため,がん診療に携わる部署において,がん診療機能や診療実績について把握し,情報共有をしながら,問題点の評価・改善を行うPDCAサイクルを実施しております。

また,がんの痛みや不安感等に苦しまれている患者さんの症状を緩和できるように,身体的,精神的サポートを緩和ケアチームや多職種のチームによってサポートし,患者さんやご家族が持つ悩み,心配事,セカンドオピニオンや就労支援等の相談にも対応しております。

当院は,「分かりやすい説明と親切な診療」をモットーに,地域がん診療連携拠点病院の役割を担い,地域住民のみなさまに質の高いがん医療を提供するようこれからも努力してまいります。

がん診療連携拠点病院院内協議委員会 委員長
副病院長 髙橋 悟

ページトップ