がん診療について

がん相談支援センター

当センターは,がんの医療に特化した相談窓口として,小児から成人に至るまでのがん患者さんやそのご家族のほか,地域の方々はどなたでも無料でご利用いただくことができます。

がん診療の日々の進歩を背景に治療の選択肢が広がるとともに,インターネットなどの普及による情報環境の変化もあり,がん関連の情報を容易に入手できるようにはなりましたが,その反面,その患者さん自身にとっての適切な情報を取捨選択することが非常に難しくなっているという現状もあります。同時に,患者さん自身を取り巻く社会生活環境は多様化しており,がん治療を継続しながらその環境へ適応していくための課題,さらに,がんは依然として「死」を連想させる疾患であることからがんの診断や治療の過程において患者さんの混乱・動揺に対する心理的ケアなど,患者さんそれぞれにとって必要となる支援は多岐にわたります。当センターではがん治療に関する情報を患者さんとともに確認し,関連情報を整理するサポートをさせて頂いております。

最近では抗がん剤治療などのがん治療も外来で行える機会が増えてきました。よって,患者さんはがん治療に伴う副作用や後遺症の心配を抱えながら家庭で多くの時間を過ごすこととなり,家族の負担も増大したといえます。家族は「第2の患者」ともいわれるように,患者さんを含む家族全体を援助することも当センターの大きな役割の一つであります。また,がん治療と仕事の両立など就労に関わる事項については,がんと診断された早い段階から考えていく必要があります。

当センターでは,年に4回「ワーキングサポート(就労支援)」や「がん患者セミナー&カフェ」といった,がん患者さんへの情報提供や患者さんとそのご家族が語り合う場を持てるような定期的な取り組みも継続して行っております。

がんに関する治療や療養生活全般,地域の医療機関などについての疑問や治療に対する不安を感じた時にお気軽にご相談いただくことのできる窓口として,当センターは病院1階に設置されており,相談にはがんに精通する専門スタッフが親身に対応しております。

がん治療を取り巻く環境に不安や悩みを抱えている方は,当センターをご利用下さい。

がん相談支援センター
センター長 櫻井 裕幸

ページトップ