がん診療について

小児およびAYA世代のがん医療について

小児がんは,希少がんのひとつです。希少がんは「人口10万人あたりの年間発生率(罹患率)が6例未満のがん」と定義され,その発生数が少ないため診療・受療の課題が他のがん種に比べてまだまだたくさんあります。希少がんはその希少性により,専門とする医師や医療機関が少なく,診断や治療法の開発・実用化が難しいことが指摘されています。小児がんは,これら希少がんのなかで最も多く,わが国では年間に2000 人から2500 人が罹患しています。

厚生労働省では第2期がん対策推進基本計画において小児がんを重点課題としてきました。さらに平成30年3月に決定された第3期計画では,小児がんに加え,小児と成人との移行期に相当する思春期から若年成人「AYA(Adolescent and Young Adult)世代」も含め,がん患者さんとその家族が安心して適切な医療や支援を受けられるような環境の整備を目指しています。AYA世代のがんには、多種多様ながん種が多いことや,成長発達過程において発症するという特徴があり,これらの世代のがんは成人のがんとは異なる対策が求められています。

わが国の小児がんの専門家はまだまだ少ない中,当院は大学病院の利点を最大限生かし,小児がんとAYA世代がん診療にも十分な経験と支援体制を有する医療機関です。がんの診断治療では,小児科,小児外科,整形外科,脳神経外科,消化器肝臓内科,消化器外科,放射線科,病理診断科,痛みセンターなどの多診療科の医師が関わっています。今後とも地域における医療連携を密に,患者さんへのよりよい医療を目指して行きます。

小児およびAYA世代の医療について,より詳しい情報については,下記リンク先よりご覧下さい。

小児がんの診療体制について

当院では,各種小児がんに対して,集学的治療を提供する体制を整備しているとともに、各学会の診療ガイドラインに準ずる標準的治療等のがん患者の状態に応じた適切な治療を提供する診療体制を整備しています。

小児がんの診療体制について(PDF形式:223KB)

AYA世代への診療体制について

AYA世代の患者さんは,整形外科,泌尿器科,耳鼻咽喉科,血液・膠原病内科,脳神経外科,乳腺内分泌外科,婦人科など,専門領域での診療科が主体となりますが,そのような場合でも小児科医と小児外科医が,当該診療科医師と相談しながら治療を行う診療体制を整備しています。

AYA世代への診療体制について(PDF形式:174KB)

小児がん患者に対する長期フォローアップについて

当院は小児がん治療を受けた方々や造血細胞移植治療を受けた方々に対して,「小児がん長期フォローアップ外来」および「造血細胞移植フォローアップ外来」を設けています。

18歳以上となった方々も,また当科で治療を受けていなかった方々も,小児科の長期フォローアップ外来を窓口として利用していただけます。

小児がん患者に対する長期フォローアップについて(PDF形式:84KB)

当院の小児がんの診療実績について

当院における,平成29年1月1日~12月31日の18歳以下の初回治療例の患者数を提示しています。

当院の小児がんの診療実績について(PDF形式:284KB)

小児がん患者に対する教育支援、復園・復学支援について

長期入院となっている就学児については,原籍校より転学し,当病院内で訪問学級を行っています。週3回授業を実施しているほか,支援員が授業の課題等を支援しています。また,対象就学児の退院が近づいた際には,復学支援会議を行い,原籍校への復学支援を行っています。

小児がん患者に対する教育支援、復園・復学支援について(PDF形式:74KB)

小児がん患者の遊びの場(プレイルーム等)やAYA世代の交流・勉強の場、患者家族が語り合うための場について

小児がん患者の遊び場としては,プレイルームが小児病棟内にあります。多数のおもちゃや遊具を備え,また絵本や児童書などの図書,さらには 電子楽器などを設置しています。プレイルーム内には丸テーブルと椅子を配置し,患者家族が語り合うための患者サロンの役割を果たしています。

小児病棟とは別の院内の場所にゴールドリボン学習室があり,参考図書を設置しAYA世代の自習室として利用しています。パソコンの設置があり自由に使えます。また自分のパソコンを使用してもインターネットを利用することが可能です。ゴールドリボン学習室は,家族の語り合いの場にも使用しています。毎月定期的に患者家族の会である「元気の会」の定例会がここで開催されます。

小児がん患者の遊びの場(プレイルーム等)やAYA世代の交流・勉強の場、患者家族が語り合うための場について(PDF形式:473KB)

地域の医療機関との連携協力体制について

日本大学医学部附属板橋病院では,小児科・小児外科・脳神経外科・整形外科・泌尿器科・放射線科等と協力して小児がん全般に対する集学的治療を30年前から積極的に行っています。併せて板橋病院では,小児(血液・固形)がんに対する造血幹細胞移植療法(自家,血縁,非血縁,骨髄,末梢血幹細胞,臍帯血)を,同様に30年前より開始しています。これらの診療実績により,希少疾患である神経芽腫に対する大量化学療法+造血細胞移植を含む集学的治療や,難治性血液腫瘍疾患に対する造血細胞移植療法については,全国の医療機関からの紹介患者を多数受け入れています。

原則的に全ての小児がんの治療は,日本大学医学部附属板橋病院で行いますが,他施設とも連携協力し治療に取り組んでいます。小児がん患者の在宅医療については,患者の住居付近の病院又は診療所と連携しております。急変時には当院で24時間体制で受け入れることとしています。

地域の医療機関との連携協力体制について(PDF形式:109KB)

ページトップ