病院のご案内

理念

  • 「人間愛に基づいて良質で高度な医療を実践します」

基本方針

  1. 本院は,公共的医療を行う施設であり,“病者のための医療”をめざし,病者の満足が得られるように努力する。
  2. 本院は,愛と責任を基幹とし,病者の権利および生命の尊厳を遵守して,倫理的医療を提供する。
  3. 本院は,特定機能病院として,高度で先進的な医療を提供するとともに,医療水準の向上・安全管理に努める。
  4. 本院は,大学附属病院として,各地域医療に貢献できる“よき臨床医の育成”に努める。
  5. 本院は,他の医療機関との緊密な連携により,人々の健康と幸福につながる効果的な医療に努める。

当院は「高度の医療,救命救急医療,臨床研修」などを行う特定機能病院としてそれらの機能,責任を果たすべく当院の基本理念を基に努めております。こうした医療の中心は「患者さんの権利を重視し,かつ安心・納得の得られる医療」であるとの認識のもと,「基本に忠実な医療の実践」を第一にいたしております。また,こうした医療の実践に不可欠なものが医療機関との連携であり,診療における情報共有であると考えております。一方で,高度な医療,難治症例への対応はともするとリスクを伴うことがありますが,充分な説明と患者さんの自己決定意思を尊重することといたしております。そのためには紹介元医療機関でのご意見などが患者さんには大変重要な意味を持つと考えられますのでご協力をお願い申し上げます。

また,当院は,認知症やご高齢者など,身体的・精神的病や障害を抱える方々に対する社会的偏見を取り除くべく努力し,患者さんの権利を擁護するよう努力してまいります。

本年は当院としては医療に対するニーズへの対応とともに医療制度改革にむけてさまざまな取り組みをいたしております。当院では診療面では内科,外科を中心に臓器別の専門医療を行うとともに,整形外科,脳外科などでの特徴ある診療,ならびに関連する科が連携してのアレルギー専門外来などを行ってきております。救命救急センターでは脳外科とともに発症後3時間以内の急性期脳卒中を扱う脳卒中センター,急性心筋梗塞の急性期高度医療を行うCCUなどを含め三次救急センターとして活動をいたしております。また,新しい救急医療システムとして,東京都から「スーパー周産期医療センター」(母体救命対応周産期医療センター)および,「こども救命センター」の認定を受け(都内4施設のみ),重篤な病態にある周産期の母子および重篤病態の小児に対する高度な救急医療を行っております。さらに急性大動脈解離などの急性大動脈疾患の患者さんを常に受け入れる「緊急大動脈重点病院」(都内9施設)の指定も受けております。「総合周産期母子医療センター」も引き続き地域との連携のもとで運用してまいります。加えて,呼吸器内科などを中心に「睡眠センター」を開設いたしました。複雑な社会にあって睡眠の科学,睡眠の医療によるQOLの向上の重要性へのニーズに的確に対応できるものと確信いたしております。

また,医学部に新設された総合内科教授,総合外科教授職を中心に本学の理念である「良き臨床医の育成」のために研修医および若手医師の臨床の基礎の充実を院内で実践致してまいります。あわせて両教授には地域医療機関との交流の柱としての役割を期待いたしております。

当院は平成15年から「地域がん診療連携拠点病院」の認定を受けており,高度のがん医療を実践いたします。当院では,各診療科におけるがん治療の臨床に加えて,現在までの「院内がん登録」,「外来化学療法室」,「痛みの外来」,「医療連携センター」,「在宅支援室」,などをもとに「腫瘍センター」,「緩和ケア外来」,「がん相談支援室」への組織を構築し,機能の充実を図っております。また,国庫補助事業による「がん遠隔地画像診断装置システム」,「セカンドオピニオン制度」の充実,さらに板橋区医師会を中心とする地域医師会ならびに在宅療養施設などとの連携の強化を推進しております。すなわち,高度の医療の実践のみならず,「地域医療機関との連携によるシームレス(切れ目のない)医療」のための各医療機関との情報の共有を図っております。

患者さんの権利

当病院は世界医師会による患者さんの権利に関するリスボン宣言を遵守致します。
リスボン宣言での前文では,

  1. 医師をはじめとして医療に従事する者・機関は患者さんの権利を認容し擁護する共同の責任がある。
  2. 行政,司法あるいはその他の機関・組織が患者さんの権利を否定,侵犯する場合,医療機関(医師)は患者さんの権利の保証または回復のための適切な手段を講じなければならない。
    (ただし,本規定は独裁国家などにおいて国家の制度による患者さんの権利の侵犯などに対して医師は法律・制度に縛られずに患者さんの権利を優先させることを示しています。ただし,我が国においてはこうした社会状況にはないと当病院では判断しています。)
  3. 医学の進歩のための研究(臨床研究・臨床試験)でも,患者さんは参加の有無に拘わらず適切な医療を受ける権利を有することを医療機関は担保する。

その上で患者の権利として以下のことを挙げています。

1. 良質な医療を受ける権利
(1) 治療法の選択を自分の意思に従って選択する権利を有し,かつ医療機関から治療を受ける権利
(2) 治療選択は医学的妥当性に沿い,患者さんにとって最善のものである権利
(3) 医療の質の保証のもとでの医療をうける権利
(4) 治療法の選択に関して,患者さんは公平な選択手続きに基づいて行われる権利
(5) 患者さんは,継続して妥当性のある医療を受ける権利
2. 医療機関選択の自由
患者さんは,医療機関を自由に選択できる。
3. 自己決定権
(1) 患者さんは,医療機関から適切な情報提供を受け,自ら治療方針を決定できる権利を有する。
(2) 患者さんは,検査,治療法について目的,結果に関する説明を受ける権利を有する。患者さんは,説明のあと治療法を拒否することの権利を有する。
(3) 患者さんは,臨床試験に参加しない権利を有し,参加しない場合でも不利益を蒙らないことを担保する制度でのもとで医療を受ける権利を有する。
4. 意識喪失者
(1) 意識喪失を含めて意思表示ができない患者さんでも,患者さんの代理人の資格を有する者に対するインフォームドコンセントの権利を有する。
(2) 患者さんが治療に対する明確な意思表示をしていない限り,緊急時の対応について医療機関は患者さんにとって最善の治療を行う義務がある。
(3) 自殺企図者に対する治療のためには医療機関は救命を最優先に対応する。
5. 法的無能力者
(1) 未成年者を含めて法的無能力者の治療に際しては法定代理人の同意を得た上で治療を行う。
(2) 法定無能力者であっても意思表示が可能な場合は治療法の選択・決定に参加する権利を有する。
6. 患者さんの意思に反する処置・治療
患者さんの意思に反する治療は法律・医の倫理に合致する場合を除いて,患者さんは拒否する権利を有する。
7. 情報に関する権利
(1) 患者さんは,自己の病歴について情報公開と説明を求めることができる。医療機関は患者情報を第三者に提供してはならない。
(2) 患者さんの生命または健康に重篤な影響を与える判断された場合,医療機関は患者さんに情報提供を行わないことができる。
(3) 患者さんは,第三者の生命の危機に関係しない限り,自己の情報を知らされずにいる権利を有する。
(4) 患者さんは,情報開示を受ける代理人を自己の意思で選択する権利を有する。
8. 秘密保持に関する権利
(1) 患者さんは,自己の情報を死後も守られる権利を有する。ただし,ご家族が生命の危機にある場合には患者さんの死後であっても,ご家族は故人の情報を知ることができる。
(2) 患者さん情報の開示は患者さんの承諾または法律で規定されている場合に限定される。ただし,医療関係者間での個人情報の共有は医療業務遂行に必要な内容に限り許容される。
(3) 患者さんが特定できる標本などの資料も個人情報として保護される権利を患者さんは有する。
9. 健康教育を受ける権利
患者さんは,自己の治療法選択,治療を決定するのに必要な健康教育を受ける権利を有し,医療機関は健康教育に積極的に関与する義務を有する。
10.尊厳性の権利
(1) 患者さんは,尊厳およびプライバシーに関して尊重される権利を有する。
(2) 患者さんは,医学的合理性のもとに苦痛から救済される権利を有する。
(3) 患者さんは,ターミナルケアを受ける権利を有し,看取り医療においてもあらゆる可能な支援を受ける権利を有する。
11.宗教的支援を受ける権利
患者さんは,宗教的支援を受ける権利および拒否する権利を有する。 ただし,当院においては医学的妥当性および必要性に基づいた救命および治療を優先させます。

職業倫理

日本大学医学部附属板橋病院に勤務するすべての職員が遵守すべき規範を以下に定める。

  1. 大学が定める諸規定を遵守すること。
  2. 医療を実践するに必要な法令の遵守と知識,徳育の研鑽に努めること。
  3. 患者の健康の増進,患者の権利の擁護に最善を尽くすこと。

臨床における倫理

  1. 生命の尊厳に最大の敬意を尽くす
  2. 患者の健康の増進,患者の権利の擁護に最善を尽くす
  3. 適切な知識に基づく医療の実践と医療の発展に尽くす
  4. 医療安全と医療連携の実践に努める

患者・医療者間のパートナーシップ

生命の尊厳と最善の医療の実践を図るために以下の各項を遵守する。

  1. 医療の実践に際しての礼節の保持
  2. 適切な説明と同意に基づく医療の実践
  3. 最善の結果を得るための患者・家族ならびに医療者間の協力
  4. 正確な医療記録と情報開示
  5. 最善の医療のための関係者間での適切な情報の共有

説明と同意

患者の納得の得られる医療を実践するために診療にあたり,以下の事項に関する説明を行い,同意を得ることとする。

  1. 病名,病状の本人への説明(本人,家族の希望する最も適切な説明方法に従う)
  2. 診療,治療の目的とその選択理由
    1. 効果
    2. 不利益
  3. 代替診療,治療について
    1. 現状の場合の予後
    2. 他の診療・治療法(緩和,保存療法など)での利益,不利益
  4. 緊急時の処置方法
  5. 説明者と被説明者に関する情報
Get ADOBE READER

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
>> Adobe Readerのダウンロード別ウィンドウで開きます

ページトップ