病院のご案内

診療科別主要手術別患者数等

ファイルをダウンロード

解説

診療科別手術別件数について
診療科ごとに実施した術式の多い順に記載しております。また,それぞれの手術につきまして, 当院で1年間に手術された患者さんの数,手術を実施するまでの入院日数としまして術前日数,手術実施から退院の日までの入院日数としての術後日数,当院での手術後に他の医療機関へ転院された患者さんの割合を表す転院率,手術をされた患者さんの平均年齢等を併せて記載しております。

当院は特定機能病院として,高機能を有する30を超える診療科において多岐にわたる手術を担当しております。
公表させていただいた資料をご覧いただきお役立てください。

※Kコードについて
日本における医療費の評価のなかで手術にかかる支払い額の基準として術式をコード化して評価されているものです。

血液・膠原病内科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 11 17.27 2.91 0.00% 51.09
K6262 リンパ節摘出術 長径3センチメートル以上 - - - - -
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 - - - - -
K9211イ 造血幹細胞採取(骨髄採取)(同種移植) - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -

解説

非血縁者間骨髄移植は認定施設でもあり,白血病,悪性リンパ腫,再生不良性貧血で,化学療法のみでは治りにくい患者さんを中心に造血細胞移植(骨髄移植,末梢血幹細胞移植,臍帯血移植)を積極的に行っています。特に,悪性リンパ腫には自己末梢血幹細胞移植を早期に行い治癒を目指しています。

腎臓・高血圧・内分泌内科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 43 16.35 22.86 16.28% 68.86
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 17 6.00 25.29 0.00% 55.47
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 - - - - -

解説

腎臓・高血圧・内分泌内科では,難治性ネフローゼや進行性腎障害に対し,病型診断や疾患活動性を正しく評価し,個々の患者様に応じた治療を行っています。慢性腎不全の維持血液透析に対しては「内シャント又は外シャント設置術」,腹膜透析に対して施行する「連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術」を施行しております。

循環器内科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 190 1.62 3.76 0.00% 61.47
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 165 5.35 4.30 1.21% 68.11
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 69 3.30 2.90 0.00% 55.86
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 64 5.88 10.19 17.19% 77.63
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 63 0.56 17.16 9.52% 66.94

解説

循環器内科では,狭心症・心筋梗塞等に対して施行する「経皮的冠動脈ステント留置術」,心房細動・不整脈等に対して施行する「経皮的カテーテル心筋焼灼術」を多く施行しております。致死的な不整脈である心室細動に関しては植込み型除細動器の植込み,脈が遅くなる徐脈性不整脈には,適応がある場合にはペースメーカーの植込み等の手術を併せて施行しております。

消化器・肝臓内科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 171 3.63 14.98 5.26% 74.35
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 158 0.57 2.08 0.00% 67.54
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) その他のもの 81 3.32 9.01 2.47% 70.30
K654 内視鏡的消化管止血術 53 1.42 11.09 9.43% 71.85
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 37 3.95 16.81 5.41% 68.70

解説

消化器・肝臓内科では,食道・胃・十二指腸・小腸・大腸等の消化管疾患および肝臓・胆のう・胆管・膵臓疾患等に対して,「ポリープ切除術」や胆管の狭窄部にステントと呼ばれるバネで出来た筒を入れ,狭窄部を拡張させて胆汁の流れを良くする「胆道ステント留置術」や,膵管に対して行う「膵管ステント留置術」等を施行しております。

小児科・新生児病科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 17 0.00 28.06 0.00% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 10 0.00 85.90 10.00% 0.00
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) - - - - -
K5622 動脈管開存症手術 動脈管開存閉鎖術(直視下) - - - - -
K2762 網膜光凝固術 その他特殊なもの(一連につき) - - - - -

解説

小児科・新生児病科では,未熟児・新生児から原則として中学生までの患者さんを診察し,疾患によっては成人の方でも診察しております。平成29年度では,原因のいかんを問わず,新生児にみられる,呼吸障害・循環障害・筋緊張の減弱・痙攣・異常代謝等に対して,救命のため,ならびに神経障害を最小限にとどめるための蘇生措置として新生児仮死蘇生術を多く施行しています。また,白血病・悪性リンパ腫・再生不良性貧血・免疫不全症・代謝異常症・神経芽腫を中心に造血細胞移植療法(自家・血縁・非血縁,骨髄・末梢血幹細胞・臍帯血)を行っています。

皮膚科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 46 1.43 6.46 4.35% 73.15
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル以上4センチメートル未満 - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 - - - - -
K013-21 全層植皮術 25平方センチメートル未満 - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径6センチメートル以上12センチメートル未満 - - - - -

解説

皮膚科では,皮膚腫瘍の良性および悪性の診断,集学的治療を行っており,難易度の高い手術に関しましては形成外科と共に治療にあたっております。また,皮膚欠損の原因として挙げられる,熱傷・外傷・瘢痕や腫瘍除去後の欠損・皮弁採取後の恵皮部に対して,自分の皮膚を自分に植える「全層植皮術」・「分層植皮術」を施行しております。

消化器外科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) その他のもの 263 2.30 9.22 0.38% 70.14
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 93 6.18 13.01 2.15% 66.90
K6951 肝切除術 部分切除 59 5.80 14.00 1.69% 67.25
K6952 肝切除術 亜区域切除 58 5.10 13.95 1.72% 66.33
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 選択的動脈化学塞栓術 48 2.42 8.23 0.00% 74.50

解説

消化器外科では,肝細胞癌・転移性肝癌等に対する「肝切除術」を中心とした手術を多数施行しています。また,肝悪性腫瘍に対する栄養血管の「血管塞栓療法」も併せて施行しております。消化器癌に対して術前・術後の化学療法も精力的に行い,癌の集学的治療を目指しております。さらに,低侵襲手術として注目されている腹腔鏡下手術も胆石のみならず,食道・胃・大腸・脾臓の疾患にも適応を広げています。

心臓外科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 36 11.31 29.08 52.78% 66.08
K5551 弁置換術 1弁のもの 20 8.65 19.90 60.00% 68.55
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 2吻合以上のもの 16 8.69 19.56 31.25% 66.13
K5602 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 弓部大動脈 15 4.40 19.20 66.67% 73.40
K5601ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈 その他のもの 13 1.85 16.46 69.23% 78.00

解説

心臓外科では,「大動脈瘤切除術」,生体の心臓弁が著しく荒廃して修復不可能な状態となった場合施行する「弁置換術」,虚血性心疾患に対する外科的治療である冠動脈バイパス術は人工心肺を使用せず,患者さんの負担を軽減できるよう努めております。虚血性心疾患・心臓弁膜症等においては循環器内科,大動脈疾患等においては血管外科と連携し,患者さんの年齢・全身状態・病態を考慮した上で最良の治療方法を決定しております。

血管外科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 68 2.81 10.03 10.29% 73.90
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 28 6.14 10.68 0.00% 77.61
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 21 1.48 4.14 0.00% 69.90
K5607 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(その他のもの) 12 5.42 26.50 0.00% 73.33
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 - - - - -

解説

血管外科では,病状に応じて,MRI・3D-CT・血管造影を行い,血管病変を診断した後,適切な治療法(腹部大動脈瘤手術・バイパス手術・血管形成術等)を選択おります。閉塞性動脈硬化症に対しては,人工血管や自家静脈を用いた下肢バイパス手術を施行し,人工透析患者へは内シャント造設術を施行しております。腸骨動脈領域の閉塞性動脈硬化症の症例に対しては,バルーン・レーザー・アテレクトミー・ステントを用いた血管内治療も外科治療に平行して行っております。

小児外科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 99 1.22 1.03 0.00% 3.46
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 44 0.43 5.02 0.00% 10.23
K836 停留精巣固定術 34 1.41 1.85 0.00% 3.79
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの 18 0.11 2.11 0.00% 1.50
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア 14 1.21 1.93 0.00% 2.57

解説

小児外科では,新生児から15歳(中学生)までの患者さんを診療する外科ですが,小児外科特有の疾患については成人であっても小児外科で診療を行います。「ヘルニア手術」が最も多く,虫垂炎に対しては臍創のみによるTANKO(単孔)手術が行われ,術後の合併症が少なく整容面も優れております。小児全般のみならず,新生児外科症例に対しても,低侵襲手術とされる腹腔鏡や臍の傷だけで行う手術を積極的に行っております。

呼吸器外科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 77 3.23 9.38 0.00% 69.09
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 49 4.65 4.63 0.00% 34.84
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 36 3.14 8.25 0.00% 63.19
K5143 肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの - - - - -
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 - - - - -

解説

呼吸器外科では,腫瘍性疾患に対して,気管支鏡や針生検(経皮的あるいはCTガイド下)などを積極的に施行し,画像診断との組み合わせにより手術適応を決定しております。肺癌・縦隔腫瘍や肺のう胞性疾患などでは,積極的に胸腔鏡下手術により低侵襲な手術を心がけております。

乳腺内分泌外科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 101 1.64 7.70 0.00% 55.62
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 62 1.92 11.03 0.00% 60.26
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 50 1.76 11.46 0.00% 60.38
K4742 乳腺腫瘍摘出術 長径5センチメートル以上 41 0.54 1.51 0.00% 42.66
K4741 乳腺腫瘍摘出術 長径5センチメートル未満 29 0.10 1.03 0.00% 44.24

解説

乳腺・内分泌外科での乳癌治療では,縮小手術としての乳房温存療法が主たる治療方法となり,乳癌手術症例の約60%に温存療法を行っております。また,乳癌の手術では腋窩(脇の下)のリンパ節を全て切除していましたが,センチネルリンパ節生検といった,癌細胞が一番最初に辿り着くリンパ節を特殊な方法で検索切除し,腋窩リンパ節を取らない,縮小手術を行っております。

形成外科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K333 鼻骨骨折整復固定術 35 1.43 3.43 0.00% 23.31
K4873 漏斗胸手術 胸腔鏡によるもの 35 1.71 18.94 0.00% 18.46
K0484 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 鎖骨、膝蓋骨、手、足、指(手、足)その他 30 1.83 5.00 0.00% 23.00
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径4センチメートル以上 14 1.14 3.64 0.00% 45.57
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 13 1.23 9.08 0.00% 49.23

解説

形成外科では,頭部・顔面・手・足など,外から見える部分を中心に,先天的な(生まれつきの)形の異常および後天的な体表面の腫瘍・変形・外傷・瘢痕(創痕)などの治療を行っております。特に顔面では皮膚軟部組織の損傷だけでなく骨折も対象としており,また,腫瘍切除後の組織欠損や運動機能の修復・再建にも積極的に取り組んでおります。

脳神経外科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K181-2 脳刺激装置交換術 67 1.30 7.22 1.49% 68.66
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 49 2.35 15.33 22.45% 78.00
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 36 7.78 26.50 30.56% 59.42
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 32 2.56 24.44 37.50% 62.53
K1812 脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む。) 両側の場合 19 2.95 18.53 0.00% 63.11

解説

手術においては,種々の神経モニタリング(神経機能の連続監視)を行いながら進めることによって,大切な脳や脊髄の働きを保護することに最大限の努力をしています。パーキンソン病・ジストニアなどの不随意運動や難治性疼痛に対して脳深部刺激療法を行い,脳卒中ではクモ膜下出血(脳動脈瘤破裂)や脳動静脈奇形に対する手術の他に,未破裂動脈瘤の予防的な手術も数多く手がけています。開頭手術を行わずに血管内から微小コイルで動脈瘤を閉塞する方法を選択する場合もあります。脳腫瘍は,神経モニタリングを利用することによって脳機能を保護しつつ摘出することが可能になっています。以前には摘出困難であった脳腫瘍も,後遺症を最小限にとどめて摘出できることも多くなり,手術だけにこだわらず,エックスナイフや放射線療法,化学療法,免疫療法なども組み合わせ,それぞれの患者さんにとって最善の治療法を選択しています。

整形外科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 201 2.78 17.75 20.90% 70.19
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 84 4.80 16.30 64.29% 73.44
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定 72 4.96 17.49 25.00% 67.18
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)
後方椎体固定
61 2.92 15.11 13.11% 69.16
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 56 2.36 5.23 3.57% 52.89

解説

整形外科では,変形性関節症や関節リウマチなどの病気により関節の変化や破壊が進行し,関節の痛みや歩行障害に対して人工股関節置換術を積極的に行っております。この手術は主に膝関節や股関節に対して行われることが多いのですが,肩関節・肘関節・指関節等にも行っております。また,関節鏡下や内視鏡下の低侵襲手術,腫瘍に対する手術も数多く施行しています。

産科・婦人科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K877 子宮全摘術 104 1.40 6.00 0.96% 49.65
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 97 10.89 7.43 0.00% 33.74
K867 子宮頸部(腟部)切除術 88 1.07 1.08 0.00% 41.34
K879 子宮悪性腫瘍手術 76 3.25 13.37 0.00% 51.93
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 54 0.98 0.20 0.00% 34.41

解説

産科・婦人科では,総合周産期母子医療センターとして,ハイリスク妊娠専用のMFICU(母体胎児集中治療病棟)を有し,高度の診療を行っております。NICU(新生児集中治療室)や小児外科との連携を密にして,異常時の分娩が疑われる場合には最良の医療が行えるよう万全の策を講じております。腹腔鏡手術をはじめ開腹手術でも身体への負担を軽減する手術操作で術後の早期離床が可能になり,入院期間が確実に短縮しております。

泌尿器科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 123 2.91 6.02 0.81% 73.97
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 56 2.11 9.95 5.36% 65.61
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 55 2.35 10.89 0.00% 68.27
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 41 3.54 5.63 0.00% 62.41
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 37 3.27 12.95 2.70% 66.35

解説

泌尿器科では,手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」が導入され,局所限局性前立腺癌に対して,密封小線源療法・強度変調放射線治療(IMRT)・ロボット支援腹腔鏡下前立腺摘除術という最新治療法の全てが施行可能となりました。腎結石・上部尿路結石については,軟性尿管鏡を用いた内視鏡手術を行っております。また,副腎腫瘍や腎腫瘍,腎盂尿管癌などの摘出術,小さな腎腫瘍の腎部分切除術,尿路奇形(腎盂尿管移行部狭窄症など)の形成術を腹腔鏡下で行っています。

耳鼻咽喉科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 60 0.08 5.58 0.00% 37.05
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 45 1.51 9.42 0.00% 24.29
K319 鼓室形成手術 41 1.20 6.54 0.00% 41.90
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 30 1.43 6.40 0.00% 58.23
K4571 耳下腺腫瘍摘出術 耳下腺浅葉摘出術 25 2.24 7.08 4.00% 47.16

解説

耳鼻咽喉科では,腎臓内科と連携し、IgA腎症患者に対して,扁摘パルス療法を積極的に行なっています。また,慢性中耳炎,真珠腫性中耳炎などを対象に鼓室形成術も数多く行っています。特に耳管機能を詳細に評価したうえで術式検討しているのが特徴と言えます。耳疾患に関して,他にはアブミ骨手術,人工内耳埋め込み手術なども行っています。外来では,難治性耳管開放症に対して耳管ピン手術を行っています。また,腫瘍を含む様々な病状に対応する手術についても数多く行っています。

眼科

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 1034 0.69 1.08 0.00% 73.07
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 267 1.09 6.15 0.00% 62.19
K259 角膜移植術 62 0.92 5.55 0.00% 67.40
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 46 0.93 5.57 0.00% 64.57
K281 増殖性硝子体網膜症手術 44 1.68 5.98 0.00% 61.25

解説

眼科では,白内障に対する水晶体再建術を最も多く施行しております。網膜硝子体専門外来では,網膜剥離,糖尿病網膜症などの眼底病変の診断と治療を専門としており,網膜硝子体手術,網膜光凝固術も多数行っています。また,アイ・バンクと連携しており,全国の医療機関から角膜移植希望者が多数紹介され,角膜移植にも力を入れています。

救命救急センター

平成29年度(上位5位)

Kコード 名称 患者数 術前日数 術後日数 転院率 平均年齢
K386 気管切開術 48 9.10 7.52 91.67% 75.94
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 14 0.00 8.29 14.29% 66.29
K6021 経皮的心肺補助法(初日) 10 2.50 5.30 0.00% 62.20
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 硬膜下のもの - - - - -
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)
後方又は後側方固定
- - - - -

解説

救命救急センターでは,3次救急患者を中心に,重症救急疾患に対する救命救急医療・集中医療を行っています。心肺停止症例に対しては,通常の心肺蘇生法の他にPCPS(経皮的補助人工心肺)などの体外循環を駆使した心肺蘇生補助を施行し,重症脳動脈瘤破裂・脳血管塞栓症に対しては,外科的治療や血管内手術を施行して治療成績を向上させています。急性心筋梗塞症例に対しては,24時間いつでも冠動脈造影・カテーテルによる治療が施行できるシステムを作り,大きな治療成果を上げています。

ページトップ