病院のご案内

病院長ごあいさつ

病院長 德橋 泰明

日本大学は、大正14年に現医学部の前身となる専門部医学科を開設し,昭和10年に板橋区のこの地に日本大学医学部附属板橋病院を開院いたしました。その後約80年の長きにわたり,地域の皆様の中核病院として医療を実践して参りました。

同時に、日本大学医学部の教育理念である「よき臨床医の育成」を柱に,大学医学部の附属病院としての役割を担い,現在では,高度で先進的な医療を提供する特定機能病院として貢献しております。

現在に至るまで、病院の理念である「人間愛に基づいて良質で高度な医療を実践します」をもとに職員一同、安全、安心、そして良質な高度な医療を皆様に提供できるよう努力してまいりました。本院では,38の専門診療科あるいは診療センターによる診療体制を整えています。また、厚生労働省から,がん専門病院として「地域がん診療連携拠点病院」の認可を受け,がん医療の中心的役割を果たしています。さらに,救急医療の最後の砦となる3次救急医療を担う「救命救急センター」「外傷センター」「スーパー周産期医療センター」(母体救命対応総合周産期母子医療センター)及び「こども救命センター」の認定を受けております。その他,緊急手術を必要とする急性大動脈解離など急性大動脈疾患の患者さんを常時受け入れる「緊急大動脈重点病院」として,地域の救急医療の一環を担っています。また、災害時の基幹的医療機関として「災害拠点病院」「災害医療派遣チーム東京DMAT」の指定を受け,災害医療における緊急時に対応すべき体制も整備しております。

医療連携に関しては、「かかりつけ医」などの他の医療機関との緊密な連携により,「ふたり主治医制」を実践して、皆様の健康と幸福につながる効果的な円滑な医療にも努めています。

当病院は,皆さま方のご支援と培われた伝統である、「人間愛に基づいて良質で高度な医療を実践します」という理念のもと,地域の医療機関ならびに住民の皆さまから常に信頼される病院として,全教職員一同たゆまぬ努力を続けてまいります。

今後とも日本大学医学部附属板橋病院をよろしくお願い申し上げます。

ページトップ