先進医療について

先進医療のご案内

先進医療とは,厚生労働大臣が指定した高度な医療技術のことです。先進医療は患者さんの希望・同意があって,医師がその必要性を認めた場合に実施されます。現時点では保険の適用外となり,全額患者さんの自己負担となりますが,先進医療以外の通常の保険診療との併用も可能です。
板橋病院では以下の先進医療を実施しています。

前眼部三次元画像解析

眼科のページへ

アベリノ角膜ジストロフィの前眼部写真(上段)と,前眼部三次元画像解析の結果(下段)

適応疾患

角膜ジストロフィー,角膜白斑,角膜変性,水疱性角膜症,角膜不正乱視,円錐角膜,角膜移植術前後に係るもの,屈折矯正手術前後に係るもの,その他,虹彩異常,水晶体疾患,緑内障など

検査の概要

本検査は,光の干渉作用を利用して眼球組織の断面像を非侵襲かつ非接触で得ることができ,角膜,隅角,虹彩などの病変及び前眼部の光学的特性を3次元かつ数値的に解析できる眼球検査法です。当院では,米国Optovue社製のフーリエドメインOCT (optical coherence tomography:光干渉断層計) RTVue-100を用いて,この検査を実施します。

この技術導入により,前眼部の断面像および画像解析法による3次元画像と数値的情報が非侵襲的に得られ,病態のより深い理解や疾病の診断精度の向上が期待されます。従来の装置では観察困難であった,角膜混濁部を含む角膜断面像の観察,また角膜と虹彩とで構成される前房隅角部の状態を観察することができます。こうした前眼部組織の断面の微細構造を観察,記録することで角膜病変,緑内障の病態を明らかにすることができ,術式の選択などより適切な治療方針を立てることができます。

具体的な例を挙げると,表層角膜移植を予定していても,極端に角膜厚が薄い部位が存在すると,手術中に予期せぬ穿孔がその菲薄部位で生じ,全層角膜移植に移行することを余儀なくされる可能性があります。この検査の導入によって角膜厚分布を3次元的に把握することによって,角膜の透明性が不良であっても菲薄化部位を検出することが可能となり,術中の合併症を未然に防止することが可能です。また,全層角膜移植においては,虹彩が角膜の裏面に癒着を生じている場合,その部位でそのまま全層で病的角膜を切除すると,虹彩の損傷,出血などの合併症が生じる可能性があります。その際に本技術を導入することによって,切除前に虹彩前癒着を解離することによって,術中合併症を未然に回避することができます。同様に角膜混濁によって隅角や虹彩前癒着の評価が困難な症例に緑内障手術を施行する際に,合併症のリスクが少ない手術部位を決定し,より安全性の高い術式を選択することが可能となります。

このように本技術によって,従来の保険で承認された技術のみによる診断,治療に比べ,診断の精度を向上させ,手術適応の時期,術式の選択,切開部位の選択,切開範囲の選択などをより適切に決定することができます。このことにより,手術による侵襲を軽減し,術中術後の合併症を軽減,あるいは未然に予防することに加え,より良好な視機能を獲得することが可能となり,治療の質の向上が期待されます。

先進医療に係る費用

1回につき4,000円

円錐角膜の前眼部三次元画像解析結果

混濁・菲薄化した角膜の前眼部三次元画像解析結果

表層角膜移植後の前眼部三次元画像解析による角膜厚マップ

前眼部三次元画像解析による隅角所見(周辺虹彩前癒着)

MEN1遺伝子診断

臨床検査医学科のページへ

多発性内分泌腫瘍症1型(Multiple endocrine neoplasia: MEN type 1、エム・イー・エヌ ワン) すなわちMEN1が疑われる患者さん(原発性副甲状腺機能亢進症(pHPT)(多腺症でないものにあっては、四十歳以下の患者に係るものに限る。)
又はMEN1に係る内分泌腫瘍症(当該患者の家族に多発性内分泌腫瘍症1型(MEN1)に係る内分泌腫瘍を発症したものがある場合又は多発性内分泌腫瘍症1型(MEN1)に係る内分泌腫瘍を複数発症している場合に限る。)

(1) 発端者診断

先進医療に係る費用は1名1回につき59,330円

MEN1の疑われる患者(発端者)さんが対象となる。
遺伝カウンセリングを施行し患者さんの同意を得た上で採血を行い、末梢血白血球よりDNAを抽出します。
次に、MEN1遺伝子のエクソン2~10のすべてをPCR法を用いて一度に増幅し、塩基配列をDNAシーケンサーにより解析します。
変異が認められた場合、MEN1であることが確定します。

DNAシーケンサー外観
DNAシーケンサー外観

(2)保因者診断

先進医療に係る費用は1名1回につき38,610円

MEN1遺伝子変異が判明している家系の血縁者が対象となります。
上記(1)と同様の手順で遺伝子診断を行いますが、既知の変異部位のみのシーケンスを行います。
変異を認めた場合は、MEN1に関する各種検査を行い、治療適応のあるものに関しては早期治療が可能になります。
一方、MEN1遺伝子の変異が認められない血縁者に対しては、遺伝していないことが判明し、以後の臨床検査は不要となり、医療費の節約が可能となります。

お申し込み方法

まず病院1階の医療連携センターのスタッフに連絡を取り、遺伝カウンセリングの予約を取ってください。後日、臨床検査医学科の医師により遺伝カウンセリングを行います(1-2時間を目安として実施、自費診療 5,400円)。承諾書にサインをいただいた方から採血をします。遺伝カウンセリングをすることなしに本先進医療は実施できません。

ページトップ