ホーム» 教室内規

教室内規

教室内規

第1条 名称
日本大学医学部外科学講座消化器外科部門とする。
第2条 構成
教室は教授、助教授、専任講師、講師専任扱い、助手、専修医、大学院生、研修医を以て構成する。
第3条 目的
教授の指導のもと、外科医としての人格と学術の向上に努め、お互いの親睦を図る。
第4条 事務局長、副事務局長および講座会計
事務局長は教授により選任され、教授の指導のもと教室運営を行う。
副事務局長は事務局長により指名され、事務局長を補佐し事務局長不在の時はその職務を代行する。講座会計は教授により選任され、医学部管理研究費、教室研究費、病院研究費を管理する。
任期は事務局長、副事務局長(2名)とも2年とし再任1回を認める。講座会計については任期は2年とし再任を可とする。
第5条 教室の係:教室の係は事務局長により指名、委託される。各係はやむを得ない理由がない限り辞退することは出来ず、責任を持って職務に当たる。

病歴係:入院簿、手術簿、診療録などの管理を行い診療録の速やかな回収と整理を行う。

図書、IT係:教室に必要と思われる図書の購入、および教室所有の図書の整理を行う。購入希望図書の受付を行い決定する。また、教室のコンピューター及びソフトウエアの管理を行い、必要なソフトウエアの購入を行う。

病理、標本係:病理診断報告書および病理スライドの整理を行う。病理標本の処理等の指導管理を行う。また、カメラなどの撮影機器の管理および撮影された写真、スライドの管理を行う。

講義係:講義の準備、スライド映写など講義の補助を行う。

第6条 教室会
教室会は原則として年2回、開催し、教室員は出張中の者も含め全員出席するものとする。出席できない場合には委任状を提出する。この手続きがない場合には当該会議の議決権は放棄するものとみなす。緊急協議事項のある時には教授によって臨時医局会を開催することとする。
第7条 入職および退職
入職および退職を希望するものは教授に許可を得ることとする。退職の場合には原則として3か月前までに申し出ることとする。また、やむを得ぬ事情で長期休職を必要とする者は教授に許可を得ることとする。
第8条 責務
教室員は日本大学規定に従うほか、教室規定にも従うこととする。
教室員は原則として前期2年間、後期2年間の出張を義務とする。大学院経験者以外の教室員は前期出張後に1年間の研究期間を認める。班長就任前に退職する場合には後期出張は免除されるが、海外留学経験者が退職する場合は、班長就任前であっても留学期間の2倍の在職を義務とする。
第9条 休暇および産休
夏期休暇は7、8、9月の3ケ月間に2週間以内とする。その他、年1週間以内の休暇を取ることができる。
産休については産前6週間、産後8週間取ることができる。
第10条 教室費
教室員は毎月医局費を遅滞なく支払うものとする。支払方法については原則として銀行引き落としとする。教室費の金額は諸般の事情により変動するものとする。
第11条 冠婚葬祭
教室員の冠婚葬祭については教室費より支出するものとする。
第12条 罰則
教室員が教室の名誉を著しく損なうような行為に及んだ場合にはその進退について教授が決定する。
第13条 内規の制定及び改正
教室員から若干名の内規制定委員を選出し、内規を制定および改正することができる。制定および改正された内規は教室会議の過半数の賛同を得たのち、教授の許可を得るものとする。