ホーム» 消化器外科分野

消化器外科分野

教室内規

第1条 名称
日本大学医学部外科学講座消化器外科部門とする。
第2条 構成
教室は教授、助教授、専任講師、講師専任扱い、助手、専修医、大学院生、研修医を以て構成する。
第3条 目的
教授の指導のもと、外科医としての人格と学術の向上に努め、お互いの親睦を図る。
第4条 事務局長、副事務局長および講座会計
事務局長は教授により選任され、教授の指導のもと教室運営を行う。
副事務局長は事務局長により指名され、事務局長を補佐し事務局長不在の時はその職務を代行する。講座会計は教授により選任され、医学部管理研究費、教室研究費、病院研究費を管理する。
任期は事務局長、副事務局長(2名)とも2年とし再任1回を認める。講座会計については任期は2年とし再任を可とする。
第5条 教室の係:教室の係は事務局長により指名、委託される。各係はやむを得ない理由がない限り辞退することは出来ず、責任を持って職務に当たる。

病歴係:入院簿、手術簿、診療録などの管理を行い診療録の速やかな回収と整理を行う。

図書、IT係:教室に必要と思われる図書の購入、および教室所有の図書の整理を行う。購入希望図書の受付を行い決定する。また、教室のコンピューター及びソフトウエアの管理を行い、必要なソフトウエアの購入を行う。

病理、標本係:病理診断報告書および病理スライドの整理を行う。病理標本の処理等の指導管理を行う。また、カメラなどの撮影機器の管理および撮影された写真、スライドの管理を行う。

講義係:講義の準備、スライド映写など講義の補助を行う。

第6条 教室会
教室会は原則として年2回、開催し、教室員は出張中の者も含め全員出席するものとする。出席できない場合には委任状を提出する。この手続きがない場合には当該会議の議決権は放棄するものとみなす。緊急協議事項のある時には教授によって臨時医局会を開催することとする。
第7条 入職および退職
入職および退職を希望するものは教授に許可を得ることとする。退職の場合には原則として3か月前までに申し出ることとする。また、やむを得ぬ事情で長期休職を必要とする者は教授に許可を得ることとする。
第8条 責務
教室員は日本大学規定に従うほか、教室規定にも従うこととする。
教室員は原則として前期2年間、後期2年間の出張を義務とする。大学院経験者以外の教室員は前期出張後に1年間の研究期間を認める。班長就任前に退職する場合には後期出張は免除されるが、海外留学経験者が退職する場合は、班長就任前であっても留学期間の2倍の在職を義務とする。
第9条 休暇および産休
夏期休暇は7、8、9月の3ケ月間に2週間以内とする。その他、年1週間以内の休暇を取ることができる。
産休については産前6週間、産後8週間取ることができる。
第10条 教室費
教室員は毎月医局費を遅滞なく支払うものとする。支払方法については原則として銀行引き落としとする。教室費の金額は諸般の事情により変動するものとする。
第11条 冠婚葬祭
教室員の冠婚葬祭については教室費より支出するものとする。
第12条 罰則
教室員が教室の名誉を著しく損なうような行為に及んだ場合にはその進退について教授が決定する。
第13条 内規の制定及び改正
教室員から若干名の内規制定委員を選出し、内規を制定および改正することができる。制定および改正された内規は教室会議の過半数の賛同を得たのち、教授の許可を得るものとする。

メディア出演

出版物 手術数でわかるいい病院2017(朝日新聞出版)
病院の実力2017総合編(読売新聞社)
放送 高山忠利、テレビ放送、スッキリ!!  群馬大学医学部の一連の問題に関して:日本テレビ、2015/1/14
高山忠利、テレビ放送、週刊ニュース深読み(他、3/4 18時19時20時のニュースにも使われた)、群馬大学医学部付属病院について:NHK、2015/3
高山忠利、ラジオ放送・オンデマンド配信、「日本大学医学部創立90周年記念特別番組」医学部長インタビュー:ラジオNIKKEI、2015/3/23・3/27
高山忠利、ラジオ放送、「医学講座」 肝腫瘍の手術:ラジオNIKKEI、2015/4/28
高山忠利、テレビ放送、プロフェッショナル 仕事の流儀 “遠回りこそ、最良の近道”:NHK、2015/9/28
新聞 高山忠利、この危機を乗り越える、日大医学同窓新聞、第650号、P2、2015/1
高山忠利、群馬大病院肝切除についてのコメント、読売新聞、第49917号、2015/1
高山忠利、卒業を祝して、日大医学同窓新聞、第651号、P2、2015/3
高山忠利、国試100%より留年0%に、日大医学同窓新聞、第652号、P6、2015/3
高山忠利、日曜に考える ヘルス 内視鏡手術 早い回復、日本経済新聞、第46496号、P16、2015/7
高山忠利、新キャンパスへの道(1)決断と覚悟、日大医学同窓新聞、第655号、P2、2015/7
高山忠利、第27回日大第三外科同門会総会、日大医学同窓新聞、第655号、P7、2015/7
高山忠利、100万円寄付 43回生岡野匡雄氏(前同窓会長)、日大医学同窓新聞、第657号、P6、2015/9
高山忠利, 小林清、創立130周年記念事業募金について(2)、日大医学同窓新聞、第658号、P3、2015/10
高山忠利、新キャンパスへの道(2)タクティクス10、日大医学同窓新聞、第658号、P4、2015/10
その他 高山忠利、念頭に当たって、医学部ニュース、Vol.296、P2、2015/1
梶原崇弘、高山忠利、術後補助化学療法としての分子標的薬の意義、SORAFENIB PRACTICE BOOK、Vol.3、P3-8、2015/1
高山忠利、ドクターの肖像 ザ・ラストサージョン 肝臓外科医の系譜を受け継ぐ男、ドクターズマガジン、Vol.184、P4-11、2015/2
高山忠利、シリーズ がん治療(標準治療)の基礎知識 第5回肝臓がん、ライフライン21 がんの先進医療、Vol.17、P42-45、2015/4
高山忠利、腹腔鏡下手術は先進技術ではない 易しい問題を難しく解く手技だ、日経メディカル、Vol.571、P70-71、2015/6
高山忠利、第53回TMG学会 特別講演記事、くたかけ 秋号、Vol.147、P2-3、2015/9
高山忠利、行列のできる先進医療、AERA、Vol.1524、P17-19、2015/9
高山忠利、8大がん 完全対応マニュアル、週刊文春、Vol.57、No.41、P 140-147、2015/10
高山忠利、ガン治療「人間として」信頼激る医師100人、週刊現代、Vol.57、No.44、P 190-197、2015/11

研究業績(英文)

原著 Plasma osteopontin predicts inflammatory bowel disease activities.
Komine-Aizawa S, Masuda H, Mazaki T, Shiono M, Hayakawa S, Takayama T.
International Surgery 100(1);38-43:2015(Jan)
Transmembrane serine protease TMPRSS2 activates hepatitis C virus infection.
Esumi M, Ishibashi M, Yamaguchi H, Nakajima S, Tai Y, Kikuta S, Sugitani M, Takayama T, Tahara M, Takeda M, Wakita T.
Hepatology 61(2);437-446:2015(Feb)
Surgical outcomes in patients with hepatocellular carcinoma associated with metabolic syndrome.
Yoshida N, Takayama T, Midorikawa Y, Higaki T, Nakayama H, Moriguchi M, Tsuji S.
World Journal of Surgery 39(2);471-477:2015(Feb)
A comparison of the surgical outcomes among patients with HBV-positive, HCV-positive, and non-B non-C hepatocellular carcinoma: a nationwide study of 11,950 patients.
Utsunomiya T, Shimada M, Kudo M, Ichida T, Matsui O, Izumi N, Matsuyama Y, Sakamoto M, Nakashima O, Ku Y, Takayama T, Kokudo N; Liver Cancer Study Group of Japan.
Annals of Surgery 261(3);513-520:2015(Mar)
Verification of inferior right hepatic vein-conserving segments 7 to 8 resection of the liver.
Nakayama H, Takayama T, Higaki T, Okubo T, Moriguchi M, Yoshida N, Kuronuma A.
International Surgery 100(4);683-688:2015(Apr)
A Longitudinal Computed Tomography Imaging in the Diagnosis of Gallbladder Cancer.
Iwama A, Yamazaki S, Mitsuka Y, Yoshida N, Moriguchi M, Higaki T, Takayama T.
Gastroenterology Research and Practice 3:2015(May)
Utility of Partial Splenic Embolization for Hypersplenism using Guglielmi Detachable Coils.
Matsuoka S, Ishii T, Miyazawa S, Mizutani T, Ito K, Kamimura S, Matsumoto N, Moriyama M, Takayama T.
Hepatogastroenterology 62(139);683-687:2015(May)
Effect of preoperative colonic drainage for obstructing colorectal cancer.
Kochi M, Fujii M, Hagiwara K, Tamegai H, Watanabe M, Matsuno Y, Takayama Y, Suda H, Takayama T.
International Surgery 100(5);790-796:2015(May)
Reply to Letter: “A Snapshot of the Effective Indications and Results of Surgery for Hepatocellular Carcinoma in Tertiary Referral Centers: Is It Adherent to the EASL/AASLD Recommendations? An Observational Study of the HCC East-West Study Group”: When the Study Setting “Ignores” the Patients.
Torzilli G, Belghiti J, Kokudo N, Takayama T, Capussotti L, Nuzzo G, Vauthey JN, Choti MA, De Santibanes E, Donadon M, Makuuchi M.
Annals of Surgery 262(1);e30-31:2015(Jul)
Reply to Letter: “Dissecting EASL/AASLD Recommendations With a More Careful Knife: A Comment on ‘Surgical Misinterpretation’ of the BCLC Staging System”: Real Misinterpretation or Lack of Clarity Within the BCLC?
Torzilli G, Belghiti J, Kokudo N, Takayama T, Capussotti L, Nuzzo G, Vauthey JN, Choti MA, De Santibanes E, Donadon M, Makuuchi M.
Annals of Surgery 262(1);e18-19:2015(Jul)
Phase II/III study of second-line chemotherapy comparing irinotecan alone with S-1 plus irinotecan in advanced gastric cancer refractory to first-line treatment with S-1 (JACCRO GC-05).
Tanabe K, Fujii M, Nishikawa K, Kunisaki C, Tsuji A, Matsuhashi N, Takagane A, Ohno T, Kawase T, Kochi M, Yoshida K, Kakeji Y, Ichikawa W, Chin K, Terashima M, Takeuchi M, Nakajima T; JACCRO GC-05 study group.
Annals of Oncology 26(9);1916-1922:2015(Sep)
Adjuvant sorafenib for hepatocellular carcinoma after resection or ablation (STORM): a phase 3, randomised, double-blind, placebo-controlled trial.
Bruix J, Takayama T, Mazzaferro V, Chau GY, Yang J, Kudo M, Cai J, Poon RT, Han KH, Tak WY, Lee HC, Song T, Roayaie S, Bolondi L, Lee KS, Makuuchi M, Souza F, Berre MA, Meinhardt G, Llovet JM; STORM investigators.
Lancet Oncology 16(13);1344-1354:2015(Oct)
Neutrophil Elastase Inhibitor Following Liver Resection: A Matched Cohort Study.
Yamazaki S, Takayama T, Moriguchi M, Hayashi Y, Mitsuka Y, Yoshida N, Higaki T.
Hepatitis Monthly 15(11):2015(Nov)
Living donor liver transplantation using a graft with periportal fibrosis.
Mitsuka Y, Hashimoto T, Takamoto T, Inoue K, Maruyama Y, Ogata S, Komatsu M, Ikeda S, Takayama T, Makuuchi M.
Hepatology Research 45(12);1248-1250:2015(Dec)
Preoperative diagnosis with versus without MRI in resection for hepatocellular carcinoma.
Aramaki O, Takayama T, Higaki T, Nakayama H, Okubo T, Midorikawa Y, Moriguchi M.
Surgery 158(6);1512-1520:2015(Dec)
症例報告 Interdigestive migrating motor complex and postoperative quality of life in patients after conventional distal gastrectomy for gastric cancer.
Tomita R, Sakurai K, Fujisaki S, Inoue M, Sugitoh K, Park E.
Japanese Journal of Clinical Physiology 45(1);1-4:2015(Feb)
Laparoscopic repair of Morgagni hernia with composite mesh in an elderly woman: Report of a case.
Ikarashi M, Matsuda M, Murayama I, Fujii M, Takayama T.
Asian Journal of Endoscopic Surgery 18(2);216-218:2015(May)
Improving recognition of hepatic perivascular epithelioid cell tumor: Case report and literature review.
Maebayashi T, Abe K, Aizawa T, Sakaguchi M, Ishibashi N, Abe O, Takayama T, Nakayama H, Matsuoka S, Nirei K, Nakamura H, Ogawa M, Sugitani M..
World Journal Gastroenterology 21(17);5432-5441:2015(May)
総説 Evidence-based Clinical Practice Guidelines for Hepatocellular Carcinoma: The Japan Society of Hepatology 2013 update (3rd JSH-HCC Guidelines).
Kokudo N, Hasegawa K, Akahane M, Igaki H, Izumi N, Ichida T, Uemoto S, Kaneko S, Kawasaki S, Ku Y, Kudo M, Kubo S, Takayama T, Tateishi R, Fukuda T, Matsui O, Matsuyama Y, Murakami T, Arii S, Okazaki M, Makuuchi M.
Hepatology Research 45(2);123-127:2015(Jan)
Role of surgical resection for hepatocellular carcinoma based on Japanese clinical guidelines for hepatocellular carcinoma.
Nakayama H, Takayama T..
World Journal of Hepatology 7(2);261-269:2015(Feb)
Management before hepatectomy for hepatocellular carcinoma with cirrhosis.
Nakayama H, Takayama T.
World Journal of Hepatology 7(20);2292-2302:2015(Sep)
Prevention of postoperative small bowel obstruction in gastric cancer.
Hayashi S, Fujii M, Takayama T.
Surgery Today 45(11);1352-1359:2015(Nov)