ホーム» 主任教授

主任教授

高山 忠利(たかやま ただとし)

略歴 S55年 日本大学医学部卒、医学博士
H元年 国立がんセンター中央病院・外科医員,医長
H8年 東京大学医学部肝胆膵移植外科学・助教授
H13年 日本大学医学部消化器外科学・教 授
H26年 日本大学医学部長
受賞 H13年 第5回・日本肝臓学会賞(織田賞)
H14年 平成13年度・東京都医師会医学研究賞
H28年 第6回・日本消化器外科学会賞(手術賞)
H29年 GB Ong’s Award・Asian Surgical Association
手術数 肝癌手術数・全国ランキング8年連続第1位 (2008~2015年)
【病院の実力・讀賣新聞】
肝・胆・膵癌手術数・全国ランキング第1位(2011年)
【いい病院・朝日新聞】
代表論文 1) Takayama T, et al. Malignant transformation of adenomatous hyperplasia to hepatocellular carcinoma. LANCET 1990; 336: 1150-1153.
2) Takayama T, et al. Intrapancreatic accessory spleen. LANCET 1994; 344: 957-958.
3) Takayama T, et al. Adoptive immunotherapy to lower postsurgical recurrence rates of hepatocellular carcinoma: a randomised trial. LANCET 2000; 356: 802-807.
4) Totoki Y, Takayama T, et al. Trans-ancestry mutational landscape of hepatocellular carcinoma genomes. Nature Genetics 2014; 46: 1267-1273.
5) Bruix J, Takayama T, et al. Adjuvant sorafenib for hepatocellular carcinoma after resection or ablation (STORM): a phase 3, randomised, double-blind, placebo-controlled trial. Lancet Oncology 2015; 16 1344-1354.
合 計:英文論文506編、和文論文495編、著書135冊
メデイア テレビ出演36回、新聞95回、雑誌197回

エッセイ

特別寄稿