教授 高山 忠利

高山 忠利  日本大学医学部外科学系消化器外科学分野は、2004年4月から医学部の機構改革に伴い発足しました。1954年に開設された旧・第三外科学教室を、その母体としています。現役医員70名・OB諸兄284名が在籍する、最も規模の大きな外科学系分野です。本学の付属病院である、板橋病院・駿河台病院に医員を配置しており、合計の手術件数は年間1600例にのぼっています。

 消化器病に対する外科診療を専門にしており、胃・大腸・食道外科、肝・胆・膵外科、肝移植外科、内視鏡外科、がん化学療法を担当しています。とくに、肝臓・胆道・膵臓外科は国内第1位の手術数と成績を誇り、国際的にも高い評価を受けています。

 我々のモットーは、患者様の利益を第一義に考える医療であり、同時に大学病院の使命である臨床・研究・教育を三位一体として実践することです。臨床では手術の安全性と根治性を両立し、研究では最先端の医学情報を発信し、教育では高い技術と志しを持った臨床医を世に送り出すことが、当分野の使命であると考えています。

主任教授 高山 忠利

論文

特別寄稿

 

書籍

肝臓病の「常識」を疑え! 世界的権威が説く肝臓メンテナンス法
高山忠利
講談社+アルファ新書
出版社:講談社  840円(税込)
紹介ページはこちらをクリック
(ISBN―13:978―4062724814)(ASIN:4062724812)
2008年1月24日発売

メディカルレポート「肝癌治療の現在」


画像をクリックするとpdf形式(約900kb)をダウンロードできます。

「尾状葉単独全切除術」

画像をクリックするとpdf形式(約3900KB)を
ダウンロードできます。

テレビ出演情報

これが世界のスーパードクター

画像をクリックすると映像が見られます。

「天才名医のテクニック、完全公開」
TBSテレビ系列全国ネット:2006年3月18日

医療ルネサンス

画像をクリックすると映像が見られます。

「がんに挑む-肝臓がん治療最前線」
CS読売テレビG+:2004年7月3日

スーパーモーニング

画像をクリックすると映像が見られます。

「平成のゴッドハンドたち・肝臓がん編」
テレビ朝日系全国ネット: 2007年5月28日

消化器外科学分野のご案内