教授挨拶

私たちの仕事の流儀は、100%安心・安全の手術を実践し、患者さんの利益を最大化することであり、同時に臨床研究を通じて革新的な術式や知見を世界に発信することです。

消化器病に対する外科診療を専門にしており、肝・胆・膵外科、胃・大腸・食道外科、肝移植外科、内視鏡外科、がん化学療法を担当しています。とくに、肝臓・胆道・膵臓外科は全国第1位の手術数と成績を誇り、国際的にも高い評価を受けています。

常に大学病院の使命である臨床・研究・教育を三位一体として実践しています。臨床では手術の安全性と根治性を両立し、研究では最先端の医学情報を発信し、教育では高い技術と志しを持った外科医を世に送り出すことが、当分野の使命です。

主任教授

高山 忠利

教室紹介

日本大学医学部外科学系消化器外科学分野は、2004年4月から医学部の機構改革に伴い発足しました。1954年に開設された旧・第三外科学教室をその母体とし、現役医員70名・OB284名が在籍する、最も規模の大きな外科学系分野です。本学の付属病院である、板橋病院および日本大学病院に医員を配置しており、合計の手術件数は年間1600例にのぼっています。

手術実績

「手術件数」が手術を受ける病院を選ぶ上で最も重要な指標であることは広く認識されるようになってきました。その他の指標には患者の術後における「生存率」、「再発率」、「合併症率」などがありますが、各症例の病気の進行度や背景が違うことなどの理由で、病院間での比較は困難です。

一方で、「手術件数」は病院間での比較が可能な客観的数値であり、「いい病院」(朝日新聞出版)「病院の実力」(読売新聞社)など、治療を受ける病院選びの重要な目安として「手術件数」を用いた書籍が刊行されています。それぞれの最新版のデータを下に示しますが、肝がんの手術数は二誌とも当科が全国第1位でした。当科では肝胆膵外科を専門とする高山忠利教授が2001年に就任して以降、とくに肝がんの切除数が飛躍的に増加しており、2008年以降は全国第1位を8年連続で維持しています。

続きを見る

お知らせ

2015年9月28日

テレビ放送のお知らせ

「NHKプロフェッショナル仕事の流儀」に当科教授、高山忠利が出演しました。 第278回「遠回りこそ、最良の近道 […]

すべて見る