呼吸器外科


肺癌症例に対する気管形成術の臨床的実験的研究が行われ、ステント治療も確立されつつある。早期よりビデオアシスト下の手

術を導入し、現在気胸手術のほとんどが本法で行われている。

平成10年9月30日には客員教授大畑正昭先生が会長となり、第2回日本気胸学会が開催された。