教室のあゆみ


昭和26ー28年 初代小坂親知教授

昭和26年3外科制となり、医局員5名とともに駿河台日大病院外科から分かれ、板橋病院に移転し、第2外科学教室を

創設。消化器外科を主体とした一般外科診療研究が行われた。

昭和28年ー31年 第2代鈴木忠一郎教授

小坂親知教授不慮の事故に遭遇し、休職、療養に引き続き、整形外科主任教 授鈴木忠一郎教授兼務となる。

昭和31年ー51年 第3代宮本忍教授

国立東京療養所外科から、主任教授に宮本忍教授が就任し、専門分野である結核外科を中心にした呼吸器外科の診療、

研究、教育が始まり、臨床面では呼吸器外科が確立 し、研究面では心肺循環の病態生理、ショックの研究発表が盛ん

に行われ、数多く の論文が世に出た。更に、当時、本邦で黎明期であった心臓血管外科へと発展し、 第4代瀬在幸安

教授へと引き継がれ現在の教室の出発点となった。

昭和51ー平成10年 第4代瀬在幸安教授

第4代教授に心臓血管外科を専門とする瀬在幸安先生が就任した。昭和47年本邦 初の A-Cバイパス術を成功させると

ともに、教室の研究、臨床は心臓血管外科へ とさらに発展していった。臨床面では各施設に先駆けCABG が盛んに行

われ、その成績を内外に広く発表するとともに、研究面では重症心不全に対する補助循環の研 究を早くから開始し、

いち早く補助人工心臓を臨床に採り入れ、また、その成果を 数多くの研究発表、論文として世に出した。呼吸器外科

は結核の外科から癌の手術 へと発展し、一般外科は消化器、乳線、内分泌外科に加え、血管外科手術の症例が 数多く

行われるようになった。

平成10年ー現在 第5代根岸七雄教授

心臓外科、呼吸器外科、一般外科(消化器、乳線、内分泌、血管外科)を中心に診療、研究、教育を引き続き行い、さ

らに、サイトカインを中心にした再潅流障害の病態解明に研究の幅を広げている。