日本大学医学部内科学系 呼吸器内科学分野
Nihon University School of Medicine   Division of Respiratory Medicine

タイトルイメージ

業績・学会発表

2015年

Ⅰ 学位論文

Ⅱ 原著論文

  1. Patel AS,Song JW,Chu SG,Mizumura K,Osorio JC,Shi Y,El-Chemaly S,Lee CG Rosas IO,Elias JA,Choi AM,Morse D:
    Epithelial cell mitochondrial dysfunction and PINK1 are induced by transforming growth factor-beta1 in pulmonary fibrosis.PLoS One.2015 Mar 18;10(3):e0121246.
  2. Kozu Y,Gon Y,Maruoka S,Kazumichi K,Sekiyama A,Kishi H,Nomura Y,Ikeda M,Hashimoto S:
    Protocadherin-1 is a glucocorticoid-responsive critical regulator of airway epithelial barrier function.BMC Pulmonary Medicine 2015.Jul 31;15:80.
  3. Koyama D,Maruoka S,Gon Y,Shintani Y,Sekiyama T,Hiranuma H,Shikano S,Kuroda K,Takeshita I,Tsuboi E,Soda K,Hashimoto S:
    Myeloid differentiation-2 is a potential biomarker for the amplification process of allergic airway sensitization in mice.Allergology International 2015;Sep;64 Suppl:S37-45.
  4. Shintani Y,Maruoka S,Gon Y,Koyama D,Yoshida A,Kozu Y,Kuroda K,Takeshita I,Tsuboi E,Soda K,Hashimoto S:
    Nuclear factor erythroid 2-related factor 2 (Nrf2) regulates airway epithelial barrier integrity.Allergology International 2015;Sep;64 Suppl:S54-63.
  5. Gon Y,Ito R,Hattori T,Hiranuma H,Kumasawa F,Kozu Y,Endo D,Koyama D,Shintani Y,Eriko T,Soda K,Maruoka S,Hashimoto S:
    Serum eosinophil-derived neurotoxin:Correlation with persistent airflow limitation in adults with house-dust mite allergic asthma.Allergy and Asthma Proceedings 2015;November/December;36(6): pp.e113-e120(8).
  6. Yanai M,Gon Y,Suzuki K,Hayashi Y,Hasumi S,Otsuka H,Soma M:
    Clinical usefulness of serum 2'-5'-oligoadenylate synthetase for early diagnosis of viral infections among febrile adult patients.Infectious Diseases 2015; Dec 1:1-5.
  7. Tsujino I.,Nakanishi Y.,Hiranuma H.,Shimizu T.,Hirotani Y.,Ohni S.,Ouchi Y.,Takahashi N.,Nemoto N.,Hashimoto S.:
    Increased phosphorylation of ERK1/2 is associated with worse chemotherapeutic outcome and a poor prognosis in advanced lung adenocarcinoma.Medical Mollecular Morphology,2015.Dec 24.
  8. Murakami M,Osada K,Mizuno H,Ochiai T,Alev L and Nishioka K:
    A randomized, double-blind, placebo-controlled phase III trial of duloxetine in Japanese fibromyalgia patients.Arthritis Research & Therapy.2015.Aug 22;17:224.doi:10.1186/s13075-015-0718-y.
  9. Okudera M,Gojoubori T,Tsujino I,Asano M:
    Effect of ionomycin on interaction of calnexin with vesicular stomatitis virus glycoprotein is cell type-specific,Journal of Oral Science.2015;57(4):305-12.doi10.2334/josnusd.57.305.
  10. Shaku F,Tsutsumi M,Miyazawa A,Takagi H,Maeno T:
    Self-care behavior when suffering from the common cold and health-related quality of life in individuals attending an annual checkup in Japan: a cross-sectional study,BMC Family Practice.2015;16(91).Doi:10.1186/s12875-015-0300-3.
  11. Yoshizawa T,Okada K,Furuichi S,Ishiguro T,Yoshizawa A,Akahoshi T,Gon Y,Akashiba T,Hosokawa Y,Hashimoto S:
    Prevalence of chronic kidney diseases in patients with chronic obstructive pulmonary disease: assessment based on glomerular filtration rate estimated from creatinine and cystatin C levels. J Chron Obstruct Pulmon Dis 2015; 10:1283-1289.
  12. 古川典子,伊藤玲子,権 寧博,丸岡秀一郎,橋本 修:
    iPadを用いた吸入指導の効果 ウェブアプリ「吸入レッスン」.癌と化学療法 2015;42:S17-S19.

Ⅲ症例報告

  1. Shintani Y,Endo D,Kumasawa F,Koyama D, Shikano S,Ishiwatari Y, Igei K,Okamoto N,Uematsu A,Morisawa T,Gon Y, Hashimoto S:
    Idiopathic Pulmonary Fibrosis Well-Controlled in Progress Good Control for a Long Interval with Pirfenidone:a Case Report. J.Nihon Univ.Med.Ass  2015;74(2):69-72.
  2. 新谷栄崇,遠藤大介,熊澤文雄,小山大輔,鹿野壮太郎,石渡祐作,伊藝孔明,岡本直樹,植松昭仁,森澤朋子,権 寧博,橋本 修:
    ピルフェニドン投与により長期間にわたり良好な経過を得た特発性肺線維症stageⅣの一例.日大医学雑誌 2015;74(2):69-72.
  3. 鈴木真実子,熊澤文雄,清水哲男,遠藤大介,権 寧博,高橋 典明,橋本 修:
    メトトレキサートの長期投与で発症したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例.日本呼吸器学会誌 2015;4(2):158-161.

Ⅳ 公的機関の業績報告

Ⅴ 総説、解説

  1. 橋本 修:
    気管支喘息・COPD治療の新たなアプローチ.CLINIC magazine 2015;554:16-20.
  2. 橋本 修:
    肺機能検査 スパイロメトリーの適応と評価.medicina 2015;52(9):1476-1481.
  3. 橋本 修,水村賢司:
    気管支喘息, COPDの病態と治療.臨床免疫・アレルギー科 2015;63(6):603-609.
  4. 橋本 修,伊藤玲子,服部知洋,丸岡秀一郎,権 寧博:
    【喘息とCOPDのオーバーラップ症候群(ACOS)をめぐって】 病態・生理 COPDからみたACOS.Medical Tribune 2015;48(28):6-7.
  5. 橋本 修:
    新しい長期管理薬としての長時間作用性抗コリン薬(LAMA)の位置づけ.PROGRESS in MEDICINE 2015;35(10).49(1567)-56(1574).
  6. 橋本 修:
    気管支喘息における抗コリン薬.呼吸と循環 2015;63(10).957-966.
  7. 橋本 修,清水 哲男,高橋 典明:
    【薬剤性肺障害のとらえ方 原因薬剤と見極めのポイントを知る】 薬剤性肺障害の診断と治療の進め方.薬事2015;57(2):201-206.
  8. 橋本 修,水村賢司,伊藤玲子,服部知洋,丸岡秀一郎,権 寧博:
    【今ACOSを考える】 診断のコツ COPDから考える.呼吸器内科 2015;28(4):289-296.
  9. 橋本 修:
    COPDと喘息の最新の話題.日本内科学会雑誌 2015;104:124-125.
  10. 橋本 修,伊藤玲子,服部知洋,丸岡秀一郎,権 寧博:
    【喘息に対する吸入療法の新たな展開-抗コリン薬の有用性について考える-】.吸入療法 2015;7(1):14-23.
  11. 高橋典明:
    間質性肺炎の臨床up-to-date 「どのような合併症に気をつけるべきでしょうか?」.Modern Physician  2015;35(6):727-729.
  12. 権 寧博,丸岡秀一郎,橋本 修:
    エクソソームの呼吸器疾患への応用.呼吸と循環 2015;63(2) :149-153.
  13. 権 寧博,丸岡秀一郎,黒田和道,山岸賢司,橋本 修:
    細胞外顆粒内RNA情報の臨床応用(特集 創薬を視野に入れた呼吸器疾患の病態解明).呼吸と循環 2015;63(6):541-546.
  14. 権 寧博,橋本 修:
    抗ケモカイン療法.臨床免疫・アレルギー科 2015;64(2):164-168.
  15. 権 寧博,丸岡秀一郎,黒田和道,深野義人,山岸賢司,橋本 修:
    気道分泌型エクソソーム.臨床免疫・アレルギー科 2015;64(5):495-500.
  16. 権 寧博,伊藤玲子,古川典子,丸岡秀一郎,戸田 健,橋本 修:
    「アレルギーの臨床」に寄せる 気管支喘息の治療管理における患者教育の重要性と最近の動向.アレルギーの臨床 2015;35(7):691-696.
  17. 権 寧博,橋本 修:
    肥満とアレルギー.アレルギーの臨床 2015;35(14):1331-1335.
  18. 権 寧博,伊藤玲子,古川典子,丸岡秀一郎,橋本 修:
    医学と医療の最前線 喘息・COPDの吸入療法における患者教育の動向.日本内科学会雑誌 2015;104(10):2220-2227.
  19. 権 寧博:
    吸入ステロイド使用中止とCOPD増悪.日本胸部臨床 2015;74(1):106.
  20. 権 寧博,橋本 修:
    増悪がCOPDに与える影響.Progress in Medicine  2015;35(2):213-217.
  21. 権 寧博,橋本 修:
    喘息のテーラーメード治療の現状と将来.呼吸器内科 2015;27(3):223-227.
  22. 丸岡秀一郎,権 寧博,橋本 修:
    ストレスとエピジェネティクス(特集 呼吸器疾患のエピジェネティクス 最新の知見).Respiratory Medical Research 2015;3(3):41-44.
  23. 丸岡秀一郎,村上正人:
    気管支喘息とエピジェネティクス(特集 エピジェネティクス研究が拓くストレス科学の世界).ストレス科学 2015;30(1):22-26.
  24. 林 伸一,永田弥人:
    ARDSの薬物療法.呼吸器内科 2015;28:126-132.
  25. 金 外淑:
    線維筋痛症患者の痛みに対する認知行動療法:<痛みの緩和に対するCBT介入の検討.日本認知療法研究 2015;8(2):207-209.
  26. 金 外淑,村上正人,松野俊夫:
    心療内科に寄与する行動医学臨床「心理の視点から:こころの痛みから始まる身体の症状」.日本心療内科学会 2015;19(2):21-25.
  27. 金 外淑,村上正人,松野俊夫:
    心療内科に寄与する行動医学.日本心療内科学会誌 2015;19(2):105-109.
  28. 村上正人:
    第56回日本心身医学会総会報告.心身医学 2015;55(12):1394-1397.
  29. 江花昭一,村上正人:
    日本交流分析学会における資格の認定と実践家の育成.交流分析研究 2015;40(1):42-45.
  30. 村上正人:
    日本人の「おもてなし」とストレス感受性.ストレス科学 2015;30(1):1.
  31. 村上正人:
    第30回日本ストレス学会記念大会会長報告「社会が求めるストレス研究とストレス対策-日本ストレス学会の駅氏と将来の展望」. ストレス科学 2015;30(1):1-5.

Ⅵ 著書

  1. 森澤朋子:
    各論8.全身性疾患に伴う肺病変 A.膠原病および類縁疾患に伴う肺病変.新・呼吸器専門医テキスト(日本呼吸器学会編集). 南江堂,東京,2015 ;398-400.
  2. 権 寧博:
    気道上皮細胞, 第34回六甲カンファレンス 気管支喘息とその周辺-最近の話題-.ライフサイエンス出版 2015;34-37.
  3. 村上正人:
    全身が痛い線維筋痛症.きょうの健康 第7版.NHK出版,東京,2015;86-89.
  4. 村上正人:
    他科のエクスパートに聞く耳鼻咽喉科関連疾患「うつに伴うめまい」.Academic and Clinical Tips for ENT Physicians 第8版.Abbott,東京,2015;86-89.
  5. 金 外淑:
    行動変容技法とヘルスプロモーション.心臓リハビリテーション実践マニュアル (永井良三編)第4版.中山書店,東京,2015;324-331.
  6. 釋 文雄,ほか筑波大学総合診療科:
    精神.プライマリ・ケア ポケット レファランス(日本語版)監修:前野哲博.メディカルサイエンスインターナショナル,東京,2015;11-1~11-17.

Ⅶその他

  1. 権 寧博:
    (翻訳) 乳幼児では皮膚プリック検査の結果と特異的IgE値は一致しない.Allergy 日本語版,2015;1 (2):26-27.
  2. 橋本 修,玉置 淳,井上博雅,吉田孝之,伊藤玲子:
    【COPD(慢性閉塞性肺疾患);内科医の診断と治療の向上を目指して】プライマリ・ケア医におけるCOPD診断と治療に主眼をおいて.日本内科学会雑誌,2015;104(6):1129-1144.
  3. 東田有智,橋本 修,玉置 淳,横山彰仁:
    気管支喘息の吸入療法におけるIssue list.吸入療法,2015;7(2):6-14.
  4. 伊藤玲子,古川典子:
    ファーマシューティカルケア 第2回 いつでもどこでも誰でも使える吸入サイト「吸入レッスン」を活用した吸入指導. Apo トークApo Talk, 2015;43:12-13.
  5. 権 寧博,伊藤玲子,古川典子:
    Credentials Special Report 吸入薬の服薬指導に役立つWebサイトをオープン~クラウドを使った病薬連携に活用.クレデンシャル6月号,2015;80:16-17.
  6. 権 寧博,伊藤玲子,橋本 修:
    患者さんに対する吸入指導の重要性~タブレット端末を活用した吸入指導が効果的.RED WAVE,AstraZeneca社,2015 vol.2

Ⅷ 学会抄録

【Ⅰ】国際学会

<シンポジウム>

  1. Hashizume M,Murakami M,Yochihide N:
    Current situation and future prospect of Japanese-German partnership in psychosomatic medicine.German Congress for Psychosomatic Medicine und Psychotherapy .2015.3.26.Berlin,German
  2. Murakami M,Kim W,Koike K:
    Psychosomatic Feature and Current Aspect of Fibromyalgia in Japan.German Congress for Psychosomatic Medicine und Psychotherapy .2015.3.27.Berlin,German
  3. Gon Y:
    Clinical Allergy & Immunology.Epithelial biology in the pathogenesis of airway inflammation. 20th Congress of the Asia pacific Society of Respirology.2015.12.5.Kuala lumpur,Malaysia

<一般演題>

  1. Ozone S,Yamamoto Y,Kawaguchi S,Shaku F:
    Japanese teachers' perceptions of psychosocial care of their students: a qualitative study.Wonca Asia Pacific Regional Conference .2015.3.5.Taibei
  2. Takagi H,Tsutsumi M,Shaku F,Kawaguchi S,Akashi Y,Suzuki M,Maeno T:
    The natural course of the common cold and patients’ hospital revisitation.Wonca Asia Pacific Regional Conference. 2015.3.5.Taibei
  3. Yamamoto Y,Ozone S,Tsutsumi M,Shaku F:
    Effect of role-playing in training medical students to adopt a psychosocial approach .Wonca Asia Pacific Regional Conference.2015.3.6.Taibei
  4. Mizumura K,Justice M.J,Berdyshev E,Choi A.M.K,Petrache I:
    Involvement of Sphingolipids in Cigarette Smoke Induced Lung Epithelial Cell Mitophagy and Necroptosis.The 111th American Thoracic Society International Conference.2015. 5.20.Denver, USA
  5. Maruoka S,Shikano S,Gon Y,Kuroda K,Soda K,Tsuboi E,Takeshita I,Shimizu K,S. Hashimoto:
    Carbocisteine attenuates influenza virus A replication in the bronchoalveolar lavage fluids of virus-infected mice. European Respiratory Society Annual Congress.2015.9.26.Munich,Netherlands
  6. Maruoka S,Gon Y,Shikano S,Shintani Y,Koyama D,Sekiyama A,Hiranuma H,Inoue T,Takeshita I,Tsuboi E,Soda K,Hashimoto S:
    ExosomalMicroRNAs In The Serum Are Potential Real-Time Biomarkers For Allergic Inflammation In The Airway Of Mice.European Respiratory Society Annual Congress.2015.9.27.Amsterdam,Netherland
  7. Shikano S,Inoue T,Maruoka S, Gon Y,Kuroda K,Yamagishi K,Soda K,Tsuboi E,Takeshita I,and Hashimoto S:
    Exosomal messenger RNAs in the airway are potential biomarkers for acute lung injury in mice.European Respiratory Society Annual Congress. 2015.9.27.Amsterdam,Netherland
  8. Shaku F,Tsutsumi M:
    Japanese nurses’ experiences with life-support treatment and its impact on decision-making.20th Wonca Europe.2015.10.22.Istanbul

【Ⅱ】国内学会

<特別講演、招請講演>

  1. 村上正人:
    新しい時代に求められる心身医学とは.第56回日本心身医学会総会学術大会 2015.6.26.東京
  2. 丸岡秀一郎:
    環境ストレスと気管支喘息.第33回日本小児心身医学会学術集会 2015.9.11. 東京
  3. 石井苗子:
    循環器医療現場での男女共同参画をどのようにすすめるか.第63回日本心臓病学会・学術集会 2015.9.20.神奈川

<教育講演>

  1. 橋本 修:
    喘息とCOPDの最近の話題.第112回日本内科学会講演会 2015.4.12.京都
  2. 金 外淑:
    FM患者の「痛みの再発予防」に活かす認知行動療法的アプローチ.第7回日本線維筋痛症学会 2015.10.3.東京

<シンポジウム>

  1. 伊藤玲子,権 寧博,丸岡秀一郎,服部知洋,橋本 修:
    共同企画「包括的気管支喘息治療」フリーIgE測定と抗IgE抗体療法.第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.17.東京
  2. 権 寧博,丸岡秀一郎,橋本 修:
    エクソソームの疾患バイオマーカーとしての可能性.第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.17.東京
  3. 権 寧博:
    教育セミナー. 喘息治療の現状と課題解決への取り組み.第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.17.東京
  4. 権 寧博,丸岡秀一郎,井上寿男,曽田香織,神津 悠,鹿野壮太郎,橋本 修:
    アレルギー性気道炎症における気道分泌型exosomeの役割.第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.17.東京
  5. 権 寧博,伊藤玲子,丸岡秀一郎,服部知洋,平沼久人,熊澤文雄,神津 悠,橋本 修:
    血清EDNレベルはomalizumab治療における気流閉塞改善の指標となる.第64回日本アレルギー学会学術大会 2015.5.26.東京
  6. 古川典子,伊藤玲子,権 寧博,小山大輔,丸岡秀一郎,服部知洋,橋本 修:
    iPadによる吸入指導~手技習得と持続性の検討~ .第64回日本アレルギー学会学術大会 2015.5.27.東京
  7. 権 寧博,丸岡秀一郎,黒田和道,山岸賢司,鹿野壮太郎,曽田香織,坪井絵莉子,竹下郁子,橋本 修:
    マウス喘息モデルを用いた気道分泌型exosomeの解析.第64回日本アレルギー学会学術大会 2015.5.27.東京
  8. 中川喜子,高橋典明,林 健太郎,飯田由子,小山大輔,佐藤良博,関山忠孝,清水哲男,権 寧博,橋本 修:
    びまん性肺疾患に対する気管支肺胞洗浄(BAL)の合併症について.第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2015.6.12.東京
  9. 金 外淑,村上正人:
    線維筋痛症患者への「認知行動療法」 をどのように進めていくか.第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2015.6.27.東京
  10. 三浦勝浩,石風呂素子,三輪雅子,内山佳代子,丸岡秀一郎,村上正人:
    がん診療における心身医学の役割 -臨床医の立場から—.第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2015.6.26.東京
  11. 丸岡秀一郎,村上正人:
    環境ストレスによる喘息発症とエピジェネティクス.第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2015.6.26.東京
  12. 1丸岡秀一郎:
    聴いて見て触れて学ぶ呼吸器疾患.第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2015.6.27.東京
  13. 金 外淑:
    線維筋痛症患者の痛みによる二次的症状への体系的な心理教育的アプローチ.第57回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2015.6.28.東京
  14. 権 寧博:
    教育セミナー;慢性閉塞性肺疾患(COPD)における呼吸ケアの基本.第26回日本在宅医療学会学術集会 2015.7.19.東京
  15. 橋本 修:
    CIPDからみたACOS.第25回国際喘息学会日本・北アジア部会  2015.9.4.神奈川

<ワークショップ>

<一般演題>

  1. 佐藤良博,岡本直樹,小山大輔,伊藝孔明,熊澤文雄,伊藤玲子,権 寧博,高橋典明,橋本 修:
    入院後のGaffky号数の変化が入院日数等に及ぼす影響.第90回日本結核病学会総会 2015.3.27.長崎
  2. 伊藤玲子,権 寧博,古川典子,小山大輔,丸岡秀一郎,服部知洋,橋本 修:
    iPadを用いた吸入指導.第112回日本内科学会講演会 2015.4.11.京都
  3. 井上寿男,権 寧博,丸岡秀一郎,鹿野壮太郎,黒田和道,山岸賢司,曽田香織,橋本 修:
    マウスLPS誘導性肺障害におけるBALF中エクソソームのRNA発現解析.第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.17.東京
  4. 畑岡つかさ,飯田由子,西澤 司,中川喜子,浅井康夫,清水哲男,辻野一郎,高橋典明,橋本 修:
    Trousseau症候群を合併した肺癌症例例の検討.第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.17.東京
  5. 橋本 修,R.Dahl,D.E.Doherty,J.Corren,J.Karpel,H.A.M.Kerstjens,M.Engel,P.Moroni-Zentgraf,H.Schmidt:
    重症持続型喘息者に対するチオトロピウムレスピマット(Tio)の効果にロイコトリエン受容体拮抗薬(LTRA)が与える影響.第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.17.東京
  6. 小野康久,橋本 修,北脇哲二,池田公俊:
    Donald Banerji:日本人COPD患者におけるQVA149の有効性と安全性:SHINE試験の日本人サブ解析.第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.17.東京
  7. 権 寧博,伊藤玲子,丸岡秀一郎,服部知洋,平沼久人,熊澤文雄,遠藤大介,神津 悠,橋本 修:
    血清EDNレベルのomalizumab治療評価にけるバイオマーカーとしての有用性.第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.18.東京
  8. 橋本 修:
    日本におけるCOPD治療薬の新展開.第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.18.東京
  9. 伊藤玲子,権 寧博,古川典子,小山大輔,丸岡秀一郎,服部知洋,橋本 修:
    タブレット端末を用いた吸入指導ツール【吸入レッスン】の有用性.第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.19.東京
  10. 中川喜子,清水哲男,萩原エリ,飯田由子,畑岡つかさ,林 健太郎,佐藤良博,浅井康夫,辻野一郎,大地康司,高橋典明,橋本 修:
    当科における薬剤性肺障害の現状.第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.19.東京
  11. 林 健太郎,萩原エリ,永田弥人,佐藤良博,中川喜子,清水哲男,高橋美樹,大地康司,高橋典明,橋本 修:
    気道出血を伴う肺癌症例の検討.第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.19.東京
  12. 水村賢司:
    留学体験報告 ボストンとニューヨーク,ふたつの街で学んで .第55回日本呼吸器学会学術講演会 2015.4.19.東京
  13. 橋本 修,D Halpin,ED Bateman,P Paggiaro,E Bleecker,M Engel,P Moroni-Zentgraf,H Schmidt,HAM Kerstjens:
    コントロール不十分な喘息患者に対するICS±LABAへのチオトロピウム追加投与が喘息増悪に与える影響.第64回日本アレルギー学会学術大会 2015.5.28.東京
  14. 林 健太郎,高橋典明,萩原エリ,菅谷健一,畑岡つかさ,佐藤良博,岡本直樹,中川喜子,清水哲男,橋本 修:
    気管支の分岐異常について.第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2015.6.12.東京
  15. 篠崎貴弘,小池一喜,原 和彦,松野俊夫,村上正人 :
    舌痛症における脳の疼痛反応について.第56回日本心身医学会総会学術大会 2015.6.26.東京
  16. 蛭川康子,中山敏光,今井 徹,三浦勝浩,村上正人:
    大学病院勤務薬剤師のストレス要因やストレス反応と職務満足度の関連性.第56回日本心身医学会総会 学術大会 2015.6.26.東京
  17. 宮村りさ子,青木絢子,三輪雅子,金 外淑,石風呂素子,丸岡秀一郎,松野俊夫,村上正人:
    痛みを主訴とする心療内科患者に対する心理的アプローチに関する研究.第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2015.6.26.東京
  18. 三輪雅子,石風呂素子, 松野俊夫,藤田之彦,村上正人:
    心身医療における芸術療法-コラージュ療法への取り組み-.第56回 日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2015.6.26.東京
  19. 石井苗子,村上正人:
    東日本大震災医療支援「きぼうときずな」福島県での活動について Disaster nursing project in Fukushima " Hope and Connection".第56回日本心身医学会総会学術大会 2015.6. 27.東京
  20. 板村論子,村上正人:
    複数のアレルギー疾患を合併した小児の患者に対する統合医療の実践.第56回日本心身医学会総会学術大会 2015.6.27.東京
  21. 板村論子,村上正人:
    難治性皮膚疾患患者に対する森田療法とホメオパシーの併用.第56回日本心身医学会総会学術大会 2015.6.27.東京
  22. 今津芳恵,林 葉子,杉山 匡,松野俊夫,村上正人:
    Public Health Research Foundation ストレスチェックリスト・ショートフォームによる抑うつ傾向.第56回日本心身医学会総会学術大会 2015.6.27.東京
  23. 釋 文雄,三浦勝浩,丸岡秀一郎,村上正人:
    看護師を対象としたターミナルケアの意思決定に関する調査.第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2015.6.27.東京
  24. 塚本路子,村上正人:
    多彩な症状に潜んでいた器質的疾患.第56回日本心身医学会総会学術大会 2015.6.27.東京
  25. 中島マリア美知子,中島美知子,中島修平,村上正人:
    緩和医療における心身医学的アプローチの必要性;後期研修医の立場から.第56回日本心身医学会総会学術大会 2015.6.27.東京
  26. 細谷紀江,中島弘徳,松野俊夫,村上正人:
    日本心身医学会の現状と活動状況 Current situation and activities of Japanese Society of Psychosomatic Medicine (JSPM).第56回日本心身医学会総会学術大会 2015.6.27.東京
  27. 松平 浩,川口美佳,村上正人,福土 審,橋詰 誠,Lowe Bernd:
    言語的妥当性を担保にした日本語版Somatic System Scale-8 (SSS-8)の作成.第56回日本心身医学会総会学術大会 2015.6.27.東京
  28. 橋田洋史,柴崎佳奈,吉澤孝之,石黒俊彦,権 寧博,赤星俊樹,赤柴恒人,橋本 修:
    PSG検査時における周期性四肢運動の検討.日本睡眠学会 第40回定期学術集会 2015.7.2.栃木
  29. 船山欣弘,橋田洋史,柴崎佳奈,吉澤孝之,石黒俊彦,権 寧博,赤星俊樹,赤柴恒人,橋本 修:
    CPAP治療継続に関わる因子の検討.日本睡眠学会第40回定期学術集会 2015.7.3.栃木
  30. 古川典子,伊藤玲子,権 寧博,橋本 修:
    iPadを用いた吸入指導の効果 ~ウエブアプリ「吸入レッスン」~.第17回日本在宅医療学会 2015.7.19.東京
  31. 名倉市太郎,吉田賢史,松村 湧,福山澄香,舟山雄太,戸田 健,古川典子,伊藤玲子,丸岡秀一郎,権 寧博:
    吸入指導病薬連携電子化システム「吸入指導病薬連携クラウド」の試作.平成27年電気学会 電子・情報・システム部門大会 2015.8.28.長崎
  32. 野澤昂祐,舟山雄太,山下知子,戸田 健,古川典子,伊藤玲子,丸岡秀一郎,権 寧博:
    電子端末利用による新しい呼吸困難スケーリングシステムの基礎検討.平成27年電気学会 電子・情報・システム部門大会 2015.8.28.長崎
  33. 大橋慶久,林 伸―,森田篤帆,大野あゆみ,永田弥人,関塚永一:
    急速に進行した感染性巨大気腫性嚢胞の一例.第69回国立病院総合医学会 2015.10.2.北海道
  34. 中西陽子,廣谷ゆかり,水野貴伯,辻野一郎,高橋典明,四万村三恵,松村 高,橋本 修,逸見明博,増田しのぶ:
    レーザーマイクロダイセクション法とレクチンアレイによる進行肺腺癌組織の糖鎖解析.第56回日本組織細胞化学会総会・学術集会 2015.10.3-4.大阪
  35. 村田千恵,村上正人,前川仁志,丸岡秀一郎,金 外淑,三井克邦,林 輝夫,高田有華,多田秀明,岸川勝哉:
    線維筋痛症患者の尿中資質の網羅的解析-線維筋痛症患者尿における22:6リゾホファチジン酸の変動.第7回日本線維筋痛症学会 2015.10.4.東京
  36. 赤池あゆみ,石風呂素子,内山佳代子,三輪雅子,松野俊夫,丸岡秀一郎:
    自律訓練法により呼吸困難感・眩暈・頭痛が改善した一例.日本自律訓練学会第38回大会 2015.10.11.東京
  37. 村山ヤスヨ,三輪雅子,石風呂素子,松野俊夫,村上正人:
    産業メンタルヘルス活動としての集団自律訓練法の試み.日本自律訓練学会第38回大会 2015.10.11.東京
  38. 石風呂素子,三輪雅子,内山佳代子,村山ヤスヨ,中村晶子,赤池あゆみ,丸岡秀一郎,村上正人,松野俊夫:
    閉鎖空間へ強い不安を呈した造血幹細胞移植患者に自律訓練法を導入した1症例.日本自律訓練学会第38回大会 2015.10.11.東京
  39. 酒井厚子,瀬出井美紀,梶原恵理子,上村朋子,吉澤孝之,古市祥子,吉澤明孝,権 寧博,橋本 修:
    禁煙外来患者における健康関連QOLの検討.第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2015.10.16.千葉
  40. 瀬出井美紀,酒井厚子,梶原恵理子,上村朋子,吉澤孝之,権 寧博,橋本 修:
    禁煙成功に関わる因子と禁煙継続についての検討.第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2015.10.16.千葉
  41. 橋田洋史,柴崎佳奈,吉澤孝之,石黒俊彦,権 寧博,赤星俊樹,赤柴恒人,橋本 修:
    PSG検査時における周期性四肢運動の検討.第25回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2015.10.16.千葉
  42. 瀬出井美紀,酒井厚子,梶原恵理子,吉澤孝之,伊藤玲子,植松昭仁,赤星俊樹,権 寧博,橋本 修:
    禁煙成功に関わる因子と禁煙継続についての検討 禁煙成功率を上げるために.第9回日本禁煙学会学術総会 2015.11.21.熊本
  43. 石井苗子,村上正人:
    東日本大震災医療支援「きぼうときずな」福島県での活動について Disaster nursing project in Fukushima " Hope and Connection".第20回日本心療内科学会総会・学術大会 2015.11.21.岩手
  44. 釋 文雄,丸岡秀一郎,橋本 修:
    医学教育における心身医学的医療面接の効用.第20回日本心療内科学会総会・学術大会 2015.11.21.岩手
  45. 板村論子,村上正人:
    パーキンソン病患者に対する統合医療の実践.第20回日本心療内科学会総会・学術大会 2015.11.22.岩手
  46. 佐藤良博,高橋典明,萩原エリ,林健太郎,浅井康夫,中川喜子,清水哲男,大地康司,橋本 修:
    骨転移を有する非小細胞肺癌に対する化学療法の効果について.第56回日本肺癌学会総会 2015.11.26.神奈川
  47. 清水哲男,中川喜子,萩原エリ,飯田由子,畑岡つかさ,林健太郎,佐藤良博,浅井康夫,辻野一郎,大地康司,高橋典明,橋本 修:
    非小細胞肺癌におけるチミジル酸合成酵素発現がカルボプラチン+nab-パクリタキセル療法の効果に及ぼす影響.第56回日本肺癌学会学総会 2015.11.26.神奈川
  48. 中西陽子,廣谷ゆかり,水野貴伯,関 利美,大荷澄江,楠美嘉晃,清水哲男,辻野一郎,高橋典明,四万村三恵,村松 高,橋本 修,根本則道,杉谷雅彦:
    進行肺腺癌組織における糖鎖発現の違いと治療抵抗性因子としての意義.第56回日本肺癌学会学総会 2015.11.27.東京
  49. 林 健太郎,高橋典明,飯田由子,畑岡つかさ,佐藤良博,中川喜子,清水哲男,辻野一郎,橋本 修:
    無症候性脳転移のある非小細胞肺癌に対する一次治療としての化学療法の有用性について.第56回日本肺癌学会学総会 2015.11.27.東京

<地方会、例会>

  1. 引地麻梨,畑岡つかさ,高野友喜,深井有美,平沼久人,中川喜子,清水哲男,権 寧博,高橋典明,橋本 修:
    エベロリムス溶出冠動脈ステントによる薬剤性肺炎が疑われた一例.第213回日本呼吸器学会関東地方会,第167回日本結核病学会関東支部学会 2015.2.14.東京
  2. 林 健太郎,永田弥人,平沼久人,中川喜子,山口賢二,清水哲男,権 寧博,高橋典明,橋本 修:
    乳糜腹水を認めた肺小細胞癌の一例.第214回日本呼吸器学会関東地方会 2015.5.23.東京
  3. 林 光恵,引地麻梨,日下 祐,岡本直樹,花田仁子,田中理子,稲瀬直彦:
    AIHAを合併したEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌の1例.第214回日本呼吸器学会関東地方会 2015.5.23.東京
  4. 野口貴央,津谷恒太,石渡祐作,林 健太郎,中川喜子,平沼久人,清水哲男,権 寧博,高橋典明,橋本 修:
    原発性胆汁性肝硬変による乳糜胸の一例.第215回日本呼吸器学会関東地方会 2015.7.11.東京
  5. 橋本 修:
    気管支喘息治療の最前線—抗コリン薬を用いた新治療戦略—.第215回日本呼吸器学会関東地方会 2015.7.11.東京
  6. 権 寧博:
    シンポジウム3 COPD研究の最前線.Overview.第59回日本薬理学会関東支部大会 2015.9.12.千葉
  7. 水村賢司,丸岡秀一郎,権 寧博,橋本 修:
    細胞死からみたCOPDの病態 .シンポジウム:「COPD研究の最前線」.第59回日本薬学会関東支部大会 2015.9.12.千葉
  8. 荒井秀仁,岡本真由美,江頭富士子,大木隆史,小川克彦,辻野一郎,須崎 愛,鈴木 裕,相馬正義,石原寿光:
    急性中耳炎から多発膿瘍と三尖弁の感染性心内膜炎を合併した2型糖尿病の1例.日本内科学会関東地方会617回  2015.9.12.東京
  9. 岡本真一,玉田敏也,神田玲奈,佐藤良博,中川喜子,平沼久人,清水哲男,権 寧博,高橋典明,橋本 修:
    著明な拘束性換気障害を呈した掌蹠膿疱症の一例.第216回日本呼吸器学会関東地方会・第168回日本結核病学会関東支部学会 2015.9.26.群馬
  10. 渡辺裕樹,神津 悠,江渕康柔,平沼久人,中川喜子,清水哲男,権 寧博,高橋典明,橋本 修:
    ボノプラザン(タケキャブ)による薬剤性肺炎と思われた一例.第217回日本呼吸器学会関東地方会 2015.11.21.東京
  11. 伊藤知和,後藤英典,永田弥人,三戸聖也,中西浩三:
    G-CSF産生肺尖部肺癌の1切除例.第174回日本肺癌学会関東支部学術集会 2015.12.5.東京

【Ⅲ】研究会、日大医学会

<特別講演、招請講演>

  1. 権 寧博:
    ACOSの病態と治療.第6回川口喘息研究会 2015.6.5.埼玉
  2. 権 寧博:
    喘息診療の現在と未来.第22回山陰喘息研究会 2015.6.27.鳥取
  3. 橋本 修:
    「喘息・COPDの最近の話題」.第9回岡山吸入療法研究会 2015.10.22.岡山

<一般演題>

  1. 伊藤玲子,権 寧博,古川典子,野口貴央,鹿野壮太郎,小山大輔, 丸岡秀一郎、服部知洋、橋本 修:
    タブレット端末を用いたタービュヘイラー製剤の吸入指導.第40回吸入療法研究会 2015.2.21.東京
  2. 水村賢司:
    オートファジーを中心とした間質性肺疾患の分子メカニズムの解明.第91回間質性肺疾患研究会 2015.6.19.東京
  3. 中山育徳,大橋 明,佐野太一,大木隆史,蓮見禎行,高橋恵子,小川克彦,辻野一郎,須崎 愛,鈴木 裕,相馬正義,亀井 聡,荻野暁義,谷地一成,平山貢基,大渕敏樹,加藤智一,松崎粛統,平山晃康:
    急性の体幹失調で発症し、吃逆と著明な嚥下障害を呈するに至った延髄外側症候群の66歳男性例.日本大学医学会例会 2015.7.2.東京
  4. 津谷恒太,岩男 彩,畑岡つかさ,佐藤良博,林健太郎,中川喜子,平沼久人,清水哲男,権 寧博,高橋典明,橋本 修:
    胸部エックス線写真で同定困難であった気管支異物の一例.日本大学医学会例会 2015.9.12.東京
  5. 萩原エリ,木下 優,森田博之,林田迪子,津谷恒太,高橋麻衣,畑岡つかさ,林 健太郎,中川喜子,平沼久人,清水哲男,権 寧博,高橋典明,橋本 修:
    気管支喘息と鑑別を要した気管腫瘍の一例.日本大学医学会例会 2015.9.12.東京
  6. 神津 悠,岸 博介,権 寧博,竹下郁子,野村泰之,水村賢司,丸岡秀一郎,大島猛史,橋本 修:
    ウイルス感染による気道上皮バリア障害におけるmir-155の役割.アレルギー、好酸球研究会2015 2015.10.20.東京
  7. 権 寧博,井上寿男,深野義人,山岸賢司,黒田和道,鹿野壮太郎,曽田香織,水村賢司,丸岡秀一郎,橋本 修:
    マウス喘息モデルにおける気道分泌型細胞外小胞RNAの網羅的発現解析、アレルギー、好酸球研究会2015 2015.10.20.東京
  8. 高橋典明:
    ミニレクチャー「肺がんの症状 -特に腫瘍随伴症候群について-」.第200回 東京内科医会臨床研究会 2015.11.5.東京
  9. 水村賢司:
    COPD病態形成におけるタバコ煙誘導マイトファジーとネクロプトーシスの役割について.第19回東京呼吸病態研究会 2015.11.10.東京
ページトップへ

2014年

Ⅰ 学位論文

Ⅱ 原著論文

  1. Ito R, Gon Y, Nunomura S, Atsuta R,Harada N, Hattori T, Maruoka S, Okayama Y,Ra C,Hashimoto S.
    Development of assay for determining free IgE levels in serum from patients treated with omalizumab.
    Allergology International 2014; 63 Suppl 1:37-47.
  2. Parkhitko AA, Priolo C, Coloff JL, Yun J, Wu JJ, Mizumura K, Xu W,、 Malinowska IA, Yu J, Kwiatkowski DJ, Locasale JW, Asara JM, Choi AM, Finkel T, Henske EP.
    Autophagy-dependent metabolic reprogramming sensitizes TSC2-deficient cells to the antimetabolite 6-aminonicotinamide.
    Mol Cancer Res 2014; 12(1):48-57.
  3. Chen ZH, Cao JF, Zhou JS, Liu H, Che LQ, Mizumura K, Li W, Choi AM, Shen HH.
    Interaction of caveolin-1 with ATG12-ATG5 system suppresses autophagy in lung epithelial cells.
    Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol 2014; 306(11):L1016-25.
  4. Mizumura K, Cloonan SM, Nakahira K, Bhashyam AR, Cervo M, Kitada T, Glass K, Owen CA, Mahmood A, Washko GR, Hashimoto S, Ryter SW, Choi AM.
    Mitophagy-dependent necroptosis contributes to the pathogenesis of COPD.
    J Clin Invest 2014; 124(9):3987-4003.
  5. Takakazu O, Hirokuni O, Shinji N, Takashi I, Shinichi M, Yoko K, Masato M.
    Effects of Kampo on functional gastrointestinal disorders.
    BioPsychoSocial Medicine 2014; 8:5.
  6. 西井 竜彦、村松 高, 古市 基彦, 高橋 典明
    肺腺癌におけるGLUT-1発現の臨床的意義
    日本大学医学部総合医学研究所紀要2013.12(1):50-52.
  7. 辻野 一郎, 高橋 典明, 中西 陽子
    肺癌の個別化治療のための肺生検からの遺伝子学的多様性解析
    日本大学医学部総合医学研究所紀要2013.12(1):39-40.
  8. 藤田之彦、橋本 修、神山 浩、住友直方、上原 任、中島一郎、加納達也、熊谷保宏、片山容一
    日本大学医学部・歯学部と芸術学部演技学科との学部間協力による標準模擬患者養成
    日大医学雑誌 2014; 73(1):26-30.

Ⅲ症例報告

  1. Hayashi S, Maruoka S, Yoshiko N, Takahashi N, Hashimoto S.
    Carotidynia after anticancer chemotherapy.
    Singapore Medical Journal 2014; 55(9):e142-e144.

Ⅳ 公的機関の業績報告

  1. 赤柴恒人
    当科における肥満低換気症候群の臨床的検討
    厚生労働省科学研究費 難治性疾患克服研究事業 呼吸不全に関する調査研究 平成25年度分担究報告書.2014:101-104.
  2. 赤柴恒人、岡本直樹、神津 悠、伊藝孔明、永岡賢一、植松昭仁、野村奈津子、清藤晃司、 桂 一仁、橋本 修
    当科における肥満低換気症候群の臨床的検討
    厚生労働省科学研究費 難治性疾患克服研究事業 呼吸不全に関する調査研究 平成25年度研究報告書.2014:309-313.
  3. 赤柴恒人
    閉塞型睡眠時無呼吸症候群に関する臨床的研究
    厚生労働省科学研究費 難治性疾患克服研究事業 呼吸不全に関する調査研究 平成23-25年度総合究報告書.2014:81-90.

Ⅴ 総説、解説

  1. Nakahira K, Cloonan SM, Mizumura K, Choi AM, Ryter SW.
    Autophagy: a crucial moderator of redox balance, inflammation, and apoptosis in lung disease.
    Antioxid Redox Signal 2014;20(3):474-94.
  2. Ryter SW, Mizumura K, Choi AM.
    The impact of autophagy on cell death modalities.
    Int J Cell Biol 2014;502676.
  3. Mizumura K, Choi AM, Ryter SW.
    Emerging role of selective autophagy in human diseases.
    Front Pharmacol 2014;5(5):244.
  4. 服部知洋、権 寧博、橋本 修
    気管支喘息診療の進歩 2014 ; 合併症
    日本呼吸器学会誌 2014、3(2):194-200.
  5. 神津 悠、権 寧博、橋本 修
    気道のレジデント細胞による炎症調節Up-To-Date
    喘息 2014; 27(1):36-40.
  6. 水村賢司、橋本 修
    呼吸器疾患とオートファジー
    呼吸と循環 2014、62(1):55-60.
  7. 橋本 修、伊藤玲子、丸岡秀一郎、権 寧博
    オランダ仮説を分子レベルから探る
    呼吸と循環 2014; 62(2):108-113.
  8. 丸岡秀一郎
    衛生仮説再考 (綜説)
    呼吸と循環 2014;62(2):165-170.
  9. 権 寧博、伊藤玲子、古川典子、丸岡秀一郎、橋本 修
    携帯情報端末を利用した吸入指導
    呼吸と循環 2014; 62(5):471-47.
  10. 林 伸一
    ARDSの最新定義と治療
    呼吸と循環2014;62(8): 800-804.
  11. 丸岡秀一郎、権 寧博、橋本 修
    環境因子と気管支喘息(特集 環境因子と呼吸器疾患)
    呼吸と循環 2014;62(10):933-939.
  12. 伊藤玲子、権 寧博、橋本 修
    フリーIgE測定の意義
    呼吸と循環 2014; 62(12):1150-1154.
  13. 林 伸一
    ALI/ARDSの疾患概念と定義
    呼吸器内科 2014;25(3): 179-185.
  14. 権 寧博、橋本 修
    多様化する喘息・COPD吸入治療法薬の選択肢
    日大医誌2014; 73(3):165-167.
  15. 権 寧博、伊藤玲子、橋本 修
    IgE血清濃度とオマリズマブ血清濃度の関係
    臨床免疫・アレルギー科 2014;62(3):281-285.
  16. 権 寧博
    いつまでもより良い呼吸のために
    練馬医学会誌2014;21:4-6.
  17. 権 寧博、丸岡秀一郎、橋本 修
    増悪:喘息とCOPD増悪の類似点、相違点(特集COPDを改めて問う)
    THE LUNG perspectives 2014;22(2):58-62.
  18. 権 寧博、伊藤玲子、古川典子、丸岡秀一郎、橋本 修
    携帯情報端末を使った吸入指導への取り組み
    日本呼吸ケアリハビリテーション学会雑誌 2014;24(1):62-64.
  19. 高橋典明、佐藤良博, 清水哲男, 橋本 修
    慢性呼吸器疾患の終末期医療 コンセンサスの確立を目指して 肺がんにおける終末期医療
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 2014.24(2):175-178.
  20. 高橋典明
    血痰喀血の臨床 喀血に対する気管支ファイバースコピーについて
    日本気管食道科学会会報2014;65(2):180-182.
  21. 林 伸一
    ARDSの新しい概念と治療
    日本気管食道科学会会報2014;65(2): 208-211.
  22. 高橋 典明
    【内科系診療における技術評価-「もの」から「技術」への転換をめざして】内科系技術評価の確立を目指して 内視鏡技術評価に向けた内保連・外保連の共同取り組み
    日本内科学会雑誌2014;103(12):3004-3011.
  23. 橋本 修, 清水 哲男, 高橋 典明
    【内科領域の薬剤性障害-肝・肺を中心に】 薬剤性肺障害【診断・治療】薬剤性肺障害の診断と治療のフローチャート
    医学のあゆみ2014;248(1):75-79.
  24. 権 寧博、橋本 修
    喘息治療薬開発の今後の展望
    日本胸部臨床 2014; 73(7):799-806.
  25. 権 寧博、丸岡秀一郎、橋本 修
    アレルゲン免疫療法とエピジェネティクス
    アレルギー免疫 2014;21(12):82-87.
  26. 橋本 修
    COPD の病態と治療〜気管支拡張療法の変遷とβ2 刺激薬の位置づけ〜
    Progress in Medicine 2014;32(2):184-187.
  27. 橋本 修、丸岡秀一郎、伊藤玲子
    肥満と気管支喘息の重症化
    日本医師会雑誌 2014;143(9):1934-1936.
  28. 村上正人
    痛みの生理・心理・社会学的理解
    心身医学 2014;54(5):398-406.
  29. 村上正人
    耳鼻咽喉科と連携して診るめまいの心身相関と病態
    心身医学 2014;54(8):767-773.
  30. 村上正人、金 外叔、松野俊夫、小池一喜、三浦勝浩、丸岡秀一郎、江花昭一
    線維筋痛症と精神疾患のcomorbidityについて
    心身医学 2014; 54(11):1010-1019.
  31. 村上正人、松野俊夫
    痛みのマネージメント update ・痛みの評価法.心理学的検査−心理テストを活用して痛みを深く理解する
    日本医師会雑誌2014;143(6):97-99.
  32. 村上正人、丸岡秀一郎、三浦勝浩、持丸純一郎
    痛みの臨床・心身医療からのアプローチ;線維筋痛症
    Modern Physician 2014; 34(1):63-67.
  33. 赤柴恒人
    睡眠時無呼吸症候群(SAS)
    素晴らしい一日2014; 2(1):74-77.
  34. 赤柴恒人
    このいびき大丈夫ですか?
    UOMO 2014;111:226-227.
  35. 赤柴恒人
    睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病との関連
    東京都医師会雑誌 2014; 67(3):187-192.
  36. 赤柴恒人
    Challenge QUIZ
    CLINIC magazine 2014;535(39):72-73.
  37. 赤柴恒人
    突然死を招く睡眠時無呼吸症候群SAS
    みんなの家庭の医学 2014;7:80-86.
  38. 赤柴恒人
    【最新臨床脳卒中学[上]-最新の診断と治療-】 危険因子 その他の高危険因子 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
    日本臨床 2014;72(5):315-321.
  39. 赤柴恒人
    【そこが知りたかった!-生理機能検査 最新の動向-】 呼吸器 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
    臨床病理レビュー 2014;151:59-67.

Ⅵ 著書

  1. 服部洋知、橋本 修
    アレルギー検査法の実際 呼吸機能検査、(大久保公裕 編集).
    イチから知りたいアレルギー診療〜領域を超えた総合対策-、全日本病院出版会,東京,2014; 49-58.
  2. 権 寧博
    気管支喘息
    呼吸器疾患文献レビュー 2014~2015:最近の動向・文献紹介.学研マーケティング,2014;1:58-71.
  3. 村上正人、金外淑
    あなたも名医!患者さんを苦しめる慢性痛にアタック!慢性の痛みとの上手な付き合い方 小川節郎編. 日本医事新報社,東京,2014;53-58.
  4. 橋本 修
    2、閉塞性肺疾患 COPD(薬物療法)
    呼吸器疾患診療 最新ガイドライン(弦間昭彦 編集).総合医学社,東京,2014;85-89.
  5. 橋本 修、権 寧博
    ステロイド療法の実践 呼吸器疾患のステロイド療法実践マニュアル(東田有智 編集).南光堂,東京,2014;65-74.

Ⅶその他

Ⅷ 学会抄録

【Ⅰ】国際学会

〈シンポジウム〉

  1. Hashimoto S.
    Airway epithelial cell biology in airway inflammation,19th Congress of Asian Pacific Society of Respirology. 2014.11.13. Bali, Indonesia

〈一般演題〉

  1. Masato Murakami.
    Psychosomatic aspect and psychiatric comorbidity of Fibromyalgia. Deutscher Kongress f〜r Psychosomatische Medizin und Psychotherapi. 2014.3.26 .〜 ,Berlin
  2. Maruoka S, Gon Y, Shikano S, Shintani Y, Koyama D, Sekiyama A, Hiranuma H, Inoue T, Takeshita I, Tsuboi E, Soda K, Hashimoto S
    Exosomal MicroRNAs In The Serum Are Potential Real-Time Biomarkers For Allergic Inflammation In The Airway Of Mice, European Respiratory Society Annual Congress. 2014.9.7.
    Munich, Germany
  3. Gon Y, Maruoka S, Shintani Y, Koyama D, Sekiyama A, Hiranuma H, Shikano S, Hashimoto S.
    Release Of miRNAs Targeting Th2 Immune Genes Via Exosome In A Murine Asthma Model, American Thoracic Society International Conference. 2014.5.18. San Diego, UAS
  4. Mizumura K, Cloonan SM, Nakahira K, Bhashyam AR, Cervo M, Owen CA, Mahmood A, Washko GR, Hashimoto S, Ryter SW, Choi AM.
    Mitophagy-Regulated Necroptosis Contributes To The Pathogenesis Of Chronic Obstructive Pulmonary Disease,The 110th American Thoracic Society International Conference. 2014.5.19. San Diego, USA
  5. Ito R, Gon Y, Kogawa N, Sekiyama A, Hiranuma H, Maruoka S, Hattori T, Hashimoto S.
    Does Omalizumab Reduce Serum Free IgE Below The Goal Level In Asthmatic Patients〜 American Thoracic Society International Conference.
    2014.5.18. San Diego, USA
  6. Maruoka S, Gon Y, Shikano S, Shintani Y, Koyama D, Sekiyama A, Hiranuma H, Inoue T, Takeshita I, Tsuboi E, Soda K, Hashimoto S.
    Exosomal MicroRNAs In The Serum Are Potential Real-Time Biomarkers For Allergic Inflammation In The Airway Of Mice. American Thoracic Society International Conference. 2014. 5.18. San Diego, UAS
  7. Koyama D, Maruoka S, Gon Y, Shintani Y, Sekiyama A, Hiranuma H, Shikano S, Takeshita I, Tsuboi E, Soda K, Hashimoto S.
    Myeloid Differentiation-2 Is A Potential Biomarker For The Amplification Process Of Allergic Sensitization In House Dust Mite -Sensitized Mice. American Thoracic Society International Conference. 2014.5.18. San Diego, USA
  8. Maruoka S, Gon Y, Shikano S, Shintani Y, Koyama D, Sekiyama A, Hiranuma H, Inoue T, Takeshita I, Tsuboi E, Soda K, Hashimoto S.
    Exosomal MicroRNAs In The Serum Are Potential Real-Time Biomarkers For Allergic Inflammation In The Airway Of Mice. European Respiratory Society Annual Congress. 2014.9.7. Netherlands.

【Ⅱ】国内学会

〈特別講演、招請講演〉

  1. 村上正人
    社会が求めるストレス研究とストレス対策
    日本ストレス学会学術総会・第30回記念大会 2014.11.7.東京
  2. 橋本 修
    日本呼吸器学会(国際委員)としての留学支援の提案
    第54回日 本呼吸器学会学術講演会 2014.4.26.大阪

〈教育講演〉

  1. 橋本 修
    COPDの包括的治療戦略
    第54回日本呼吸器学会学術講演会 2014.4.26.大阪
  2. 村上正人
    線維筋痛症の心身医学的側面と精神疾患とのcomorbidity−疾患の多面性を考慮した治療法について−
    日本線維筋痛症学会第6回学術集会教育セミナー(ランチョン)
    2014.9.14.長野

〈シンポジウム〉

  1. 丸岡秀一郎、権 寧博、黒田和道、井上寿男、曽田香織、坪井絵莉子、竹下郁子、橋本 修
    マウス気管支喘息モデルを用いた血清中エクソソームmiRNAの網羅的解析平成25年度学長特別研究成果報告会「高齢化社会におけるインフルエンザ感染および重症化対策の総合的研究」公開シンポジウム 2014.3.14.東京
  2. 井上寿男、権 寧博、黒田和道、丸岡秀一郎、曽田香織、坪井絵莉子、竹下郁子、橋本 修
    LPS誘導性肺炎モデルマウスにおける肺胞洗浄液中エクソソームの解析
    平成25年度学長特別研究成果報告会「高齢化社会におけるインフルエンザ感染および重症化対策の総合的研究」公開シンポジウム 2014.3.14.東京
  3. 権 寧博、丸岡秀一郎、橋本 修
    エクソソームの呼吸器疾患への応用
    第54回日本呼吸器学会学術講演会 2014.4.25.大阪
  4. 伊藤玲子、権 寧博、古川典子、平沼久人、関山忠孝、服部知洋、丸岡秀一郎、橋本 修
    Measurement of serum free IgE and free omalizumab in the patients treated with omalizumab.
    第54回日本呼吸器学会学術講演会 2014.4.26.大阪
  5. 丸岡秀一郎
    留学体験報告・Stay Hungry Stay Foolish—NIH留学体験
    第54回日本呼吸器学会学術講演会 2014.4.26.大阪
  6. 吉澤孝之、古市祥子、吉澤明孝、岡本直樹、永岡賢一、植松昭仁、赤星俊樹、赤柴恒人、細川芳文、橋本 修
    禁煙外来患者の健康関連QOL-SF36による検証
    第54回日本呼吸器学会学術講演会 2014.4.27.大阪
  7. 丸岡秀一郎
    自然免疫から喘息難治化をみる
    第26回日本アレルギー学会春季臨床大会 2014.5.9.京都
  8. 田尻智子、松本久子、権 寧博、伊藤玲子、出原裕美、金光禎寛、長崎忠雄、岩田敏之、井上英樹、小熊 毅、伊藤功朗、新実彰男、三嶋理晃
    重症喘息における血清free IgE値とomalizumab反応性との関連
    第26回日本アレルギー学会春季臨床大会 2014.5.11.京都
  9. 古川典子、伊藤玲子、権 寧博、新谷榮崇、小山大輔、吉田晶子、丸岡秀一郎、服部知洋、橋本 修
    タブレット端末を用いた吸入指導の実際
    第26回日本アレルギー学会春季臨床大会 2014.5.11.京都
  10. 丸岡秀一郎、村上正人
    エピジェネティクス研究が拓くストレス科学の世界「気管支喘息とエピジェネティクス
    日本ストレス学会学術総会・第30回記念大会 2014.11.8.東京

〈ワークショップ〉

  1. 中西 陽子、関 利美、廣谷 ゆかり、清水 哲男、辻野 一郎、高橋 典明、四万村三恵、村松 高、天野雄介、本間 琢、大荷 澄江、楠美 嘉晃、逸見明博、橋本 修、根本 則道
    細胞診検体を用いた分子形態学的診断の現状と展望
    肺癌分子標的治療適応決定のための呼吸器細胞診検体からの遺伝子解析第46回日本臨床分子形態学会総会 2014.10 東京

〈一般演題〉

  1. 高橋典明、清水哲男、中川喜子、浅井康夫、林 健太郎、佐藤良博、辻野一郎、橋本 修
    喀血症例に対する気管支ファイバースコピーの意義について
    第111回日本内科学会学術講演会 2014.4.13.東京
  2. 林健太郎、佐藤良博、畑岡つかさ、中川喜子、浅井康夫、清水哲男、高橋美樹、林 伸一、高橋典明、橋本 修
    血痰・喀血症例の気管支鏡所見について
    第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2014.4.14.京都
  3. 高橋典明、林健太郎、岡本直樹、関山忠孝、大木隆史、山口賢二、清水哲男、林 伸一、権 寧博、橋本 修
    出血症状を呈する肺癌症例の気管支鏡所見について
    第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2014.4.14.京都
  4. 橋本 修
    COPD治療の最新の知見〜ウルティブロの話題〜
    第54回日本呼吸器学会学術講演会 2014.4.27.大阪
  5. 熊澤文雄、鈴木真実子、大木隆史、丸岡秀一郎、権 寧博、林 伸一、小林朋子、高橋典明、橋本 修
    エンドトキシン吸着療法を行った急性間質性肺炎3例における血清バイオマーカーの検討
    第54回日本呼吸器学会学術集会 2014.4.26.大阪
  6. 清藤晃司、服部知洋、平沼久人、橋本 修、馬島 徹
    CODP assessment test(CAT)のプライマリ・ケアにおける有用性の検討
    第54回日本呼吸器学会学術講演会 2014.4.26.大阪
  7. 大木隆史、林 伸一、林 健太郎、浅井康夫、清水哲男、高橋典明、笠巻裕二、國本 聡、平山篤志、橋本 修
    呼吸器疾患に伴う肺循環評価における3D心エコー法の有用性
    第54回日本呼吸器学会学術集会 2014.4.26.大阪
  8. 清水哲男、高橋典明、中川喜子、畑岡つかさ、林 健太郎、佐藤良博、浅井康夫、辻野一郎、大地康司、橋本 修
    既治療進行非扁平上皮非小細胞肺癌に対するドセタキセル+ベバシズマブ併用化学療法の臨床第II相試験
    第54回日本呼吸器学会学術集会 2014.4.27.大阪
  9. 佐藤良博、高橋典明、畑岡つかさ、林 健太郎、中川喜子、浅井康夫、清水哲男、辻野一郎、大地康司、橋本 修
    肺癌の終末期医療における呼吸困難への対応について
    第54回日本呼吸器学会学術集会 2014.4.27.大阪
  10. 岡本直樹、高橋典明、神津 悠、伊藝孔明、清水哲男、丸岡秀一郎、権 寧博、赤柴恒人、橋本 修
    結核入院患者の併存疾患・PSによる予後と入院期間の予測
    第54回日本呼吸器学会学術集会 2014.4.27.大阪
  11. 吉澤孝之、古市祥子、石黒俊彦、吉澤明孝、岩城 基、赤星俊樹、権 寧博、細川芳文、赤柴恒人、橋本 修
    COPD患者におけるCKDと心血管リスクの検討
    第54回日本呼吸器学会学術講演会 2014.4.27.大阪
  12. 橋本 修、Michael Engel, Hendrick Schmidt, Petra Moroni-Zentgraf, Huib
    A,M Kerstjens
    ICS/LABA治療下で喘息症状がある重症持続型喘息患者を対象としたチオトロピウムレスピマットの国際協同臨床試験における日本人集団の特徴
    第54回日本呼吸器学会学術講演会 2014.4.27.大阪
  13. Shintani Y, Maruoka S, Gon Y, Koyama D, Yoshida A, Kozu Y, Takeshita I, Tsuboi E, Soda K, Hashimoto S
    Nuclear factor, erythroid derived 2、 like 2 (Nrf2) regulates airway epithelial barrier function.
    第54回日本呼吸器学会学術講演会 2014.4.25.大阪
  14. Maruoka S, Gon Y, Sekiyama T, Shintani D, Koyama D, Inoue T, Takeshita I, Tsuboi E, Soda K, Hashimoto S
    Exosomal MicroRNAs in the Serum Are Potential as A Real-Time Biomarker for Allergic Inflammation in the Airway of Mice.
    第54回日本呼吸器学会学術講演会 2014.4.27.大阪
  15. Koyama D, Maruoka S, Gon Y, Shintani Y, Sekiyama T, Hiranuma H,
    Takeshita I, Tsuboi E, Soda K, Hashimoto S
    Myeloid differentiation-2 is a potential biomarker for the amplification process of allergic airway sensitization in mice.
    第54回日本呼吸器学会学術講演会 2014.4.27.大阪
  16. 岡本直樹、高橋典明、伊藝孔明、小山大輔、熊沢文雄、伊藤玲子、林 伸一、権 寧博、赤柴、恒人、橋本 修
    イソニアジド・リファンピシンの投与量と転帰・副作用の関係
    第89回日本結核病学会総会 2014.5.9.岐阜
  17. 丸岡秀一郎、権 寧博、鹿野壮太郎、井上寿男、関山忠孝、平沼久人、新谷榮祟、小山大輔、竹下郁子、坪井絵莉子、曽田香織、橋本 修
    血清中エクソソームmiRNAはダニアレルゲンによる気道炎症のバイオマーカーとなりうるか?
    第26回日本アレルギー学会春季臨床大会 2014.5.9.京都
  18. 熱田 了、伊藤玲子、権 寧博、原田園子、石森絢子、桂 蓉子、糸魚川幸成、牧野文彦、伊藤 潤、原田紀宏、橋本 修、高橋和久
    長期Omalizumab投与期の喘息患者におけるFree lgE
    第26回日本アレルギー学会春季臨床大会 2014.5.9.京都
  19. 伊藤玲子、権 寧博、丸岡秀一郎、服部知洋、葉山惟大、照井 正、橋本修
    重症持続型喘息に対してオマリズマブ治療を行い、慢性麻疹症状にも効果を認めた一例
    第26回日本アレルギー学会春季臨床大会 京都. 2014.5.9.東京
  20. 古川典子、伊藤玲子、権 寧博、新谷榮祟、小山大輔、吉田晶子、丸岡秀一郎、服部知洋、橋本 修
    タブレット端末を用いた吸入指導の実際
    第26回日本アレルギー学会春季臨床大会 2014.5.11.京都
  21. 権 寧博
    間質性肺炎のバイオマーカーとしての新規自己抗体の同定
    第13回国際バイオテクノロジー展/技術会議 2014.5.15.東京
  22. 石榑裕之、吉澤孝之、古市祥子、吉澤明孝、赤柴恒人、細川芳文、橋本 修
    COPD終末期患者に対する経口モルヒネの使用経験
    第19回日本緩和医療学会学術大会 2014.6.21.兵庫
  23. 橋田洋史、柴崎佳奈、吉澤孝之、石黒俊彦、桂 一仁、権 寧博、赤星俊樹、細川芳文、赤柴恒人、橋本 修
    高齢OSAS患者についての検討-PSG検査とCPAP治療を中心に-
    日本睡眠学会第39回定期学術集会 2014.7.3.徳島
  24. 柴崎佳奈、橋田洋史、石黒俊彦、鈴木雅明、古川泰司、吉澤孝之、赤柴恒人、橋本 修
    PSG検査時の就寝時・起床時血圧差の変動とその因子に関する検討
    日本睡眠学会第39回定期学術集会 2014.7.3.徳島
  25. 岡本直樹、赤柴恒人、野口貴央、伊藝孔明、神津 悠、植松昭仁、桂 一仁、清藤奈津子、権 寧博、橋本 修
    閉塞性換気障害を有する患者に対してのCPAP長期使用による肺機能への影響について
    日本睡眠学会第39回定期学術集会 2014.7.4.徳島
  26. 高野友喜、清水哲男、吉田晶子、中川喜子、平沼久人、山口賢二、高橋典明、橋本 修
    突然の左完全無気肺を呈したWegener肉芽腫症の1例
    第210回日本呼吸器学会関東地方会 2014.7.12.東京
  27. 金 外淑、松野俊夫、村上正人
    線維筋痛症患者の痛みに対する認知行動療法−痛みの緩和に対するCBT介入の検討−
    第18回日本認知療法学会 2014.9.13.大阪
  28. 金 外淑、村上正人、松野俊夫
    線維筋痛症患者とその家族における心理教育支援について;患者と家族の実態調査(自由記述部分)の分析から
    第6回日本線維筋痛症学会 2014.9.14.長野
  29. 中西 陽子, 辻野 一郎, 清水 哲男, 廣谷 ゆかり, 大荷 澄江, 楠美 嘉晃, 山田 勉, 逸見 明博, 高橋 典明, 橋本 修, 根本 則道
    進行肺腺癌の生検組織におけるサイトケラチン18発現と上皮成長因子受容体シグナル関連遺伝子発現の関係
    第55回日本組織細胞化学会総会・学術集会 2014.9.27 松本
  30. 深野義人、宮澤由妃、見越大樹、井上寿男、丸岡秀一郎、黒田和道、権 寧博、橋本 修、山岸賢司
    次世代シーケンサーを用いた RNA-seq 解析手法の確立と呼吸器疾患症早期診断システムへの展開
    第3回生命医薬情報学連合大会 2014.10.仙台
  31. 深野義人、宮澤由妃、見越大樹、井上寿男、丸岡秀一郎、黒田和道、権 寧博、橋本 修、山岸賢司
    次世代シーケンサーを用いた RNA-seq 解析手法の確立と呼吸器疾患症早期診断システムへの展開II
    日本コンピュータ化学会2014秋季年会 2014.10.郡山
  32. 宮澤由妃、深野義人、見越大樹、井上寿男、丸岡秀一郎、黒田和道、権 寧博、橋本 修、山岸賢司
    NGSデータ解析環境の導入と新規遺伝子候補の探索
    日本コンピュータ化学会2014秋季年会 2014.10.郡山
  33. 岡本直樹、中川徳子、神津 悠、伊藝孔明、植松昭仁、丸岡秀一郎、高橋典明、権 寧博、赤柴恒人、橋本 修
    当院呼吸器内科における在宅酸素療法導入例の特徴と予後について
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2014.10.25.奈良
  34. 柴崎佳奈、橋田洋史、石黒俊彦、吉澤孝之、吉澤明孝、権 寧博、赤柴恒人、橋本 修
    PGS検査時の就寝・起床時血圧差の変動をその因子に関する検討
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2014.10.24.奈良
  35. 梶原恵理子、瀬出井美紀、酒井厚子、溝口真美、吉澤孝之、赤星俊樹、権寧博、橋本 修
    禁煙成功に関わる因子の検討-離脱症状と渇望、禁煙衝動の評価-
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2014.10.24.奈良
  36. 吉澤孝之、溝口真美、酒井厚子、梶原恵理子、瀬出井美紀、古市洋子、吉澤明孝、細川芳文、権 寧博、橋本 修
    禁煙外来患者の健康関連QOL-SF36による検討-
  37. 中川徳子、岡本直樹、土井清香、齋藤みちよ、丸岡秀一郎、高橋典明、権寧博、赤柴恒人、橋本 修
    当院における在宅酸素療法導入例の現状
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2014.10.24.奈良
  38. 古川典子、伊藤玲子、権 寧博、丸岡秀一郎、服部知洋、橋本 修
    タブレット端末による「吸入レッスン」視聴はディスカス製剤の吸入指導に有用か?
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2014.10.24.奈良
  39. 飛嶋孝昭、久野絵里、大熊桂子、宮本園江、佐々木正美、斉藤房甲、吉澤明孝、吉澤孝之、権 寧博、橋本 修
    COPD患者におけるLAMA/LABA配合剤(ウルティブロ)の効果の検討-呼吸リハビリとの併用効果-
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2014.10.25.奈良
  40. 山下徹也、吉澤孝之、牧田和歌子、平井菜穂子、板垣鈴子、竹田歌子、坂本ひか里、鹿野憲二、橋本 修
    体重減少著明なCOPD患者に対するカルニチンの使用経験
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2014.10.25.奈良
  41. 蛭川康子、中山敏光、村上正人
    大学病院薬剤師の職業性ストレスと職務満足度調査
    日本ストレス学会学術総会・第30回記念大会 2014.11.8.東京
  42. 板村論子、村上正人
    成人アトピー性皮膚炎におけるストレス軽減を目的とした森田療法的グループワークの試み
    日本ストレス学会学術総会・第30回記念大会 2014.11.8.東京
  43. 板村論子、村上正人
    慢性疼痛に対する統合医療に実践
    日本ストレス学会学術総会・第30回記念大会 2014.11.8.東京
  44. 今津芳恵、原田亜紀子、林 葉子、杉山 匡、松野俊夫、村上正人
    PHRFストレスチェックリスト・ショートフォームによる神経症傾向の判別
    日本ストレス学会学術総会・第30回記念大会 2014.11.8.東京
  45. 塚本路子、塚本克彦、松野俊夫、村上正人
    女性の外陰部痛の心身医学的考察−喪失体験後に出現した症例を通して
    日本ストレス学会学術総会・第30回記念大会 2014.11.8.東京
  46. 塚本路子、塚本克彦、村上正人月経に関連する偏頭痛
    日本ストレス学会学術総会・第30回記念大会 2014.11.8.東京
  47. 清水哲男、中川喜子、畑岡つかさ、林 健太郎、佐藤良博、浅井康夫、辻野一郎、大地康司、高橋典明、橋本 修
    肺癌組織内チミジル酸合成酵素遺伝子増幅とペメトレキセド+カルボプラチン併用療法の治療効果との関係
    第55回日本肺癌学会学術集会 2014.11.14.京都
  48. 高橋典明、林 健太郎、畑岡つかさ、佐藤良博、中川喜子、浅井康夫、清水哲男、大地康司、橋本 修
    気道出血を伴いやすい肺癌の気管支鏡所見について
    第55回日本肺癌学会学術集会 2014.11.14.京都
  49. 中西陽子、関 利美、楠美嘉晃、高橋典明、四万村三恵、廣谷ゆかり、林健太郎、中川喜子、清水哲男、辻野一郎、籏 康幸、大荷澄江、村松 高、橋本 修、杉谷雅彦、根本則道
    進行非小細胞肺癌におけるALK遺伝子検査法の検討
    第55回日本肺癌学会学術集会 2014.11.14.京都
  50. 高橋典明、畑岡つかさ、林 健太郎、佐藤良博、浅井康夫、中川喜子、清水哲男、辻野一郎、橋本 修
    進行肺癌患者の血栓塞栓症診断時における血清Dダイマー値について
    第55回日本肺癌学会学術集会 2014.11.14.京都
  51. 岡本直樹、赤柴恒人、橋本 修
    CPAP治療の適応と限界
    第66回日本気管食道科学会 2014.11.13.高知
  52. 柴崎佳奈、橋田洋史、石黒俊彦、鈴木雅明、古川泰司、吉澤孝之、赤柴恒人、橋本 修
    就寝時・起床時血圧差の変動とその因子に関する検討〜PSG検査時の血圧測定より〜
    第66回日本気管食道科学会 2014.11.14.高知
  53. 橋田洋史、柴崎佳奈、吉澤孝之、石黒俊彦、桂 一仁、権 寧博、赤星俊樹、赤柴恒人、橋本 修
    PSG検査時における周期性四肢運動の検討
    第66回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 2014.11.14.高知
  54. 吉澤孝之、溝口真美、西澤美樹、酒井厚子、梶原恵理子、瀬出井美紀、古市祥子、石黒俊彦、吉澤明孝、永岡賢一、植松昭仁、赤星俊樹、権 寧博、橋本 修
    禁煙外来患者の健康関連QOLについて-SF36による検討-
    第8回日本禁煙学会学術総会 2014.11.15.沖縄
  55. 酒井厚子、梶原恵理子、瀬出井美紀、吉澤孝之、溝口真美、永岡賢一、植松昭仁、赤星俊樹、権 寧博、赤柴恒人、橋本 修
    禁煙外来における患者の心理状態と禁煙成功の関わる因子についての検討
    第8回日本禁煙学会学術総会 2014.11.15.沖縄

〈地方会、例会〉

  1. 西澤 司、佐藤良博、林 健太郎、永田弥人、鹿野壮太郎、山口賢二、清水哲男 高橋典明、橋本 修
    大胸筋転移をきたした肺癌の一例
    第208回日本呼吸器学会関東地方会 第165回日本結核病学会関東支部会 2014. 2.東京
  2. 野口貴央、清水哲男、伊藝孔明、山口賢二、伊藤玲子、高橋典明、橋本 修
    血清IgG4持続高値を伴う肺線維症に対しステロイドが奏功した一例
    第209回日本呼吸器学会関東地方会 2014.5.幕張
  3. 高野友喜 清水哲男 吉田晶子 中川喜子 平沼久人 山口賢二 高橋典明 橋本修
    突然の左完全無気肺を呈したWegener肉芽腫症の1例
    第210回日本呼吸器学会関東地方会 2014.7.東京
  4. 萩原エリ、清水哲男、遠藤大介、中川喜子、平沼久人、高橋典明、橋本 修
    進行肺腺扁平上皮癌に対し化学療法施行中に肺内転移巣から小細胞癌を認めた1例
    第211回日本呼吸器学会関東地方会・第166回日本結核病学会関東支部会 2014. 9.埼玉
  5. 飯田由子、高野友喜、石渡祐作、吉田晶子、清水哲男、伊藤玲子、服部知洋、林 伸一、高橋典明、橋本 修
    麻杏甘石湯による肺胞出血の一例
    第212回日本呼吸器学会関東地方会 2014.11.横浜

【Ⅲ】研究会、日大医学会

〈シンポジウム〉

〈一般演題〉

  1. 古川典子、伊藤玲子、権 寧博、吉田晶子、新谷榮崇、小山大輔、丸岡秀一郎、服部知洋、橋本 修
    iPadを用いた吸入指導の実際
    第38回吸入療法研究会 2014.2.22.東京
  2. 新谷榮崇、丸岡秀一郎、権 寧博、小山大輔、関山晶子、神津 悠、 竹下郁子、坪井絵莉子、曽田香織、橋本 修
    気道上皮バリア形成におけるNrf2の役割
    アレルギー、好酸球研究会2014 2014.10.4.東京
  3. 小山大輔、丸岡秀一郎、権 寧博、平沼久人、関山忠孝、新谷榮崇、鹿野壮太郎、竹下郁子、坪井絵莉子、曽田香織、橋本 修
    ダニアレルゲンによる気道感作増幅過程における MD-2 の役割
    アレルギー好酸球研究会2014 2014.10.4.東京
ページトップへ

2013年

I. 学位論文 2013年

  1. Yoshiko Nakagawa, Tetsuo Shimizu, Noriaki Takahashi, Shu Hashimoto.
    Impact of thymidylate synthase protein expression on efficacy of chemotherapy in advanced lung cancer patients.
    Molecular and Clinical Oncology 2013; 1(3): 411-417.

II. 原著 2013年

  1. Iikuni F, Nomura Y, Goto F, Murakami M, Shigihara S, Ikeda M.
    Why do patients with fibromyalgia complain of ear-related symptoms? Earrelated symptoms and otological findings in patients with fibromyalgia.
    Clinical Rheumatology 2013; 32: 1437-1441.
  2. Kubo K, Azuma A, Kanazawa M, Kameda H, Kusumoto M, Genma A, Saijo Y, Sakai F, Sugiyama Y, Tatsumi K, Dohi M, Tokuda K, Hashimoto S, Hattori N, Hanaoka M, Fukuda Y.
    The Japanese Respiratory Society Committee for formulation of consensus stantement for the diagnosis and treatment of drung-induced lung injuries.
    Respiratory Investigation 2013; 51(4): 260-277.
  3. Kumasawa F, Hashimoto S, Mizumura K, Takeshita I, Onose A, Jibiki I, Maruoka S, Matsumoto K, Gon Y, Kobayashi T, Takahashi N.
    Mitogen-activated protein kinase (MAPK) regulates leukotriene D4-induced HBEGF and ADAM12 expression in human airway smooth muscle cells.
    Asian Pacific Journal of Allergy and Immunology. 2013; 31(1): 58-66.
  4. Nakanishi Y, Shimizu T, Tsujino I, Obana Y, Seki T, Fuchinoue F, Ohni S, Oinuma T, Kusumi Y, Yamada T, Takahashi N, Hashimoto S, Nemoto N.
    Semi-nested real-time reverse transcription polymerase chain reaction methods for the successful quantitation of cytokeratin mRNA expression levels for the subtyping of non-small-cell lung carcinoma using paraffin-embedded and microdissected lung biopsy specimens.
    Acta Histochem Cytochem. 2013; 46(2): 85-96.
  5. Ohtsu T, Kaneita Y, Aritake S, Mishima K, Uchiyama M, Akashiba T, Uchimura N, Nakaji S, Munezawa T, Kokaze A, Ohida T.
    A cross-sectional study of the association between working hours and seep duration among the Japanese working population.
    Journal of Occupational Health 2013; 55: 307-311.
  6. 吉澤孝之,古市祥子,吉澤明孝,石黒俊彦,行田泰明,岩城 基,石槫裕之,赤柴恒人,細川芳文,橋本 修
    慢性呼吸器疾患の終末期医療-肺がんとの比較検討-
    日本臨床内科医会会誌 2013; 27(5): 620-625.
  7. 吉澤孝之,溝口真美,岩城 基,吉澤明孝,赤星俊樹,橋本 修
    禁煙治療におけるバレニクリンとニコチンパッチの治療成績の検討
    日本呼吸ケアリハビリテーション学会誌 2013; 23(2): 188-192.
  8. 吉澤孝之,古市祥子,石黒俊彦,吉澤明孝,溝口真美,西澤美樹,岩城 基,赤星俊樹,細川芳文,橋本 修
    禁煙外来における携帯型6秒量計(ハイチェッカー)の有用性-未診断のCOPD患者発見と早期治療介入の可能性-
    日本禁煙学会雑誌 2013; 8(4): 76-82.
  9. 橋本 修,平田一人,浅野雅之
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者および喘息合併患者における治療の現状-インターネット調査より
    Progress in Medicine 2013; 33(2): 179-186.

III. 症例報告 2013年

  1. Hayashi S, Maruoka S, Nakagawa Y, Takahashi N, Hashimoto S.
    Diffuse alveolar hemorrhage associated with low molecular weight heparin.
    Respirology Case Reports 2013; 1(1): 2-4.
  2. 関山忠孝,勝呂 元,大木隆史,中尾裕太,佐藤良博,高野友喜,鈴木真実子,石渡祐作,古川典子,畑岡つかさ,林健太郎,伊藝孔明, 岡本直樹,服部知洋,高橋典明,橋本 修
    クラリスロマイシン,エタンブトール,リファンピシンによる化学療法が有効と考えられたMycobacterium abscessus肺感染症の1例
    日本胸部臨床 2013; 72(12): 1380-1385.
  3. 小山大輔,熊澤文雄,阿久津尚孝,志波幹夫,秋山響子,畑岡つかさ,新谷榮崇,佐藤良博,清水哲男,林 伸一,小林朋子,佐藤克彦,山口健哉,権 寧博,高橋典明,高橋 悟,橋本 修
    片側性の浸潤影を呈したエベロリムスによる薬剤性間質性肺炎
    日大医学雑誌 2013; 72(3): 159-162.
  4. 石渡祐作,伊藤玲子,佐藤真紀,清水哲男,林 伸一,辻野一郎,小林朋子,高橋典明,橋本 修
    粟粒結核の治療中に発生した腰部大腿流注膿症の1例
    日本胸部臨床 2013; 72(3): 293-299.
  5. 浅井康夫,菅谷健一, 林健太郎, 関山忠孝, 清水哲男, 林 伸一, 辻野一郎, 大地康司, 高橋典明, 古市基彦, 四万村 三恵, 村松 高, 大森一光, 橋本 修
    異なる肺葉から複数の流入動脈を認めた肺動静脈瘻の1例
    呼吸と循環 2013; 61(3): 289-293.
  6. 大木隆史,小林朋子,畑岡つかさ,関山忠孝,中川喜子,熊澤文雄,服部知洋,林 伸一,高橋典明,橋本 修
    右下葉浸潤影を呈し,ANCA高値が持続したpropylthiouracilによる薬剤性肺障害の一例
    気管支学 2013; 35(3): 265- 270.
  7. 中西陽子, 関 利美, 清水哲男, 尾花ゆかり, 楠美嘉晃, 大荷澄江, 中川喜子, 辻野一郎, 高橋典明, 橋本 修, 根本則道
    非小細胞肺癌における呼吸器細胞診検体の液状化処理と迅速EGFR遺伝子変異検査の有用性
    日大医学雑誌 2013; 72(3): 199-200.
  8. 平沼久人,高橋典明,林健太郎,永岡賢一,大木隆史,関山忠孝,新谷榮崇,高野友喜,林 伸一,辻野一郎,橋本 修,山口 舞,森田昭彦,亀井 聡
    歩行障害が先行し, 傍腫瘍性神経症候群と診断された肺小細胞癌の1例
    日本胸部臨床 2013; 72(3): 312-318.
  9. 林 悠太,鈴木清澄,蓮見禎行,大塚博雅, 須崎 愛,権 寧博,矢内 充,相馬正義
    Crowned Dens Syndrome
    日大医学雑誌 2013; 72(1): 2-3.

V. 総説, 解説 2013年

  1. Gon Y, Hashimoto S.
    APSR respiratory uptaes; Recent advance of IgE as a therapeutic target of asthma.
    Respirology 2013; 5(4): 2-8.
  2. 伊藤玲子,橋本 修
    肥満とアレルギー
    アレルギー・免疫 2013; 20(11): 1586-1590.
  3. 伊藤玲子,橋本 修
    アレルギー疾患と睡眠
    Progress in Medicine 2013; 33(12): 2617-2620.
  4. 丸岡秀一郎,村上正人
    気管支喘息発症にまつわる環境ストレスと心身医学的側面(特集 呼吸器領域における心身症研究と診療の動向)
    心身医学 2013; 2(1): 130-135.
  5. 丸岡秀一郎
    マイクロアレイ技術の病態解析への応用
    呼吸と循環 (特集 疾患感受性遺伝子解析による呼吸器疾患の病態解析) 2013; 10(1): 902-905.
  6. 橋本 修,権 寧博
    【COPD治療のキーポイント】 治療 増悪の診断と治療
    Mebio 2013; 30(5): 106-121.
  7. 橋本 修,権 寧博,丸岡秀一郎
    【成人気管支喘息の難治化要因とその対策】 肥満~睡眠時無呼吸症候群
    アレルギー・免疫 2013; 20(4): 558-568.7
  8. 橋本 修,権 寧博
    【間質性肺炎とアレルギー】 膠原病による間質性肺炎(解説/特集)
    アレルギーの臨床 2013; 33(5): 429-434.
  9. 橋本 修,権 寧博
    【COPD-その病態と最新治療】 COPD増悪と予防・治療
    カレントテラピー 2013; 31(5): 504-512.
  10. 橋本 修
    COPDの診断と治療
    東京都医師会雑誌 2013; 66(10): 1408-1411.
  11. 橋本 修,権 寧博
    増悪の診断と治療
    Mebio 2013; 30(5): 106-121.
  12. 橋本 修,権 寧博
    膠原病による間質性肺炎
    アレルギーの臨床 2013; 443(33): 37-42.
  13. 橋本 修
    オーキシスの臨床的ベネフィット
    吸入療法 2013; 5(2): 32-39.
  14. 橋本 修
    COPDの増悪予防の重要性とその薬理学的エビデンス
    呼吸 2013; 32(7): 1-32.
  15. 橋本 修,清水哲男
    長引く咳 見落してはいけない疾患
    日本医師会雑誌 2013; 124(6): 1275-1283.
  16. 橋本 修
    COPD治療の新たなアプローチ
    東京内科医会会誌 2013; 29(1): 13-16.8
  17. 権 寧博
    気道上皮透過性制御因子の同定
    日本大学医学部総合医学研究所紀要 2013; 1(1): 71-72.
  18. 権 寧博,橋本 修
    【気管支喘息:診断と治療の進歩】 病因と病態 アレルギー性気道炎症と気道上皮細胞
    日本内科学会雑誌 2013; 102(6): 1370-1377.
  19. 権 寧博,橋本 修
    【気管支喘息の病態機序解明の新展開】 気道上皮細胞と喘息病態
    臨床免疫・アレルギー科 2013; 59(1): 71-75.
  20. 清水哲男
    Bedside Teaching 肺癌の治療指針 組織型か遺伝子異常か
    呼吸と循環 2013; 61(10): 951-955.
  21. 赤柴恒人
    【NPPV(非侵襲的陽圧換気)の現状と課題】 NPPVの歴史・疫学
    日本胸部臨床 2013; 72(1): 2-8.
  22. 赤柴恒人
    【注目される呼吸器疾患の病態・診断・治療】 SASに対するAdaptive-servo ventilation治療
    呼吸器内科 2013; 23(1): 84-89.
  23. 赤柴恒人
    【呼吸器疾患の診断と治療(III)】 睡眠時無呼吸症候群
    医学と薬学 2013; 69(3): 365-373.
  24. 赤柴恒人
    女性の睡眠時無呼吸症候群
    日本医事新報 2013; 4654: 72-73.
  25. 赤柴恒人
    【知っておきたい呼吸器疾患-専門医の診方・治し方】 睡眠時無呼吸症候群
    耳鼻咽喉科・頭頸部外科 2013; 85(8): 594-599.9
  26. 赤柴恒人
    臨床医が語るCPAP療法のディテール(最終回) CPAP療法と睡眠医療 現在の問題点と今後の展望(2)
    睡眠医療 2013; 7(2): 251-258.
  27. 赤柴恒人
    睡眠時無呼吸症候群の最新のアプローチ
    日本気管食道科学会会報 2013; 64(2): 85.
  28. 赤柴恒人
    各科領域・疾患における睡眠障害 呼吸器疾患
    日本臨床 別冊 最新臨床睡眠学-睡眠障害の基礎と臨床- 2013; 71(S5): 557-562.
  29. 赤柴恒人
    【内科診療にガイドラインを生かす】 呼吸器疾患 睡眠呼吸障害
    Medicina 2013; 50(11): 152-157.
  30. 村上正人,金外叙,松野俊夫,持丸純一郎
    線維筋痛症の心理社会的ストレス
    関節外科 基礎と臨床 別冊 2013; 32(12): 1336-1342.
  31. 村上正人
    呼吸器領域における心身医学の発展と展望
    心身医学 2013; 53(11): 1001-1010.
  32. 村上正人
    線維筋痛症を知れば慢性疼痛が分かる
    心身医学 2013; 53(5): 428-435.
  33. 村上正人
    疼痛障害の薬物治療と症状のコントロール
    Depression Strategy 2013; 3(4): 13-16.
  34. 辻野一郎
    医学のはなし(知っておきたい病気の豆知識45)「慢性閉塞性肺疾患(COPD)-タバコ病とうまく付き合う!?-
    月刊基金 2013; 54(4): 18.10
  35. 東田有智,井上博雅,橋本 修
    COPD治療におけるオーキシスの位置付けと将来展望
    吸入療法 2013; 5(2): 6-13.11

VI. 著書 2013年

  1. Murakami M, Woesook K.
    Psychosomatic Aspects of Fibromyalgia.
    In: Kyung Bong Koh, editor. Somatization and Psychosomatic Symptoms. NY, Springer, 2013; 165-174.
  2. 永岡賢一,赤星俊樹
    COPDの診断
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント 改訂3版  (橋本 修 編) 第3版. 医薬ジャーナル社, 大阪, 2013; 134-149.
  3. 丸岡秀一郎
    肺合併症と併存症 ; 全身の併存症
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント 改訂3版  (橋本 修 編) 第3版. 医薬ジャーナル社, 大阪, 2013; 127-133.
  4. 橋本 修
    肺機能による評価
    慢性閉塞性肺疾患 (矢崎義雄 編) 第10版. 朝倉書店, 東京, 2013; 742-744.
  5. 橋本 修
    肺合併症
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント (橋本 修 編) 第3版. 医療ジャーナル社,
    大阪, 2013; 108-114.
  6. 橋本 修
    気管支拡張薬の歴史的変遷
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント (橋本 修 編) 第3版. 医療ジャーナル社, 大阪, 2013; 150-164.
  7. 橋本 修
    管理の目標
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント (橋本 修 編) 第3版. 医療ジャーナル社, 大阪, 2013; 167-168.12
  8. 橋本 修
    増悪
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント (橋本 修 編) 第3版. 医療ジャーナル社, 大阪, 2013; 186-206.
  9. 橋本 修
    COPDの認知度と診断向上
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント (橋本 修 編) 第3版. 医療ジャーナル社, 大阪, 2013; 52-55.
  10. 橋本 修
    COLD2013ドキュメント
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント (橋本 修 編) 第3版. 医療ジャーナル社, 大阪, 2013; 24-38.
  11. 橋本 修,清水哲男
    肺がん
    人体の構造と機能及び疾病の成り立ち各論 (香川靖雄,近藤和雄,石田 均,門脇 孝 編) 第2版. 南江堂, 東京, 2013; 339-341.
  12. 権 寧博,丸岡秀一郎,清水哲男,橋本 修
    治療標的としてのmTORシグナル
    Annual Review呼吸器 (永井厚志 他 編). 中外医学社, 東京, 2013; 55-64.
  13. 権 寧博
    COPD病態理解のための基礎知識 ; 疾患感受性遺伝子解析の方法
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント 改訂3版  (橋本 修 編) 第3版. 医薬ジャーナル社, 大阪, 2013; 71-72.
  14. 権 寧博
    COPD病態理解のための基礎知識 ; COPDフェノタイプ
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント 改訂3版  (橋本 修 編) 第3版. 医薬ジャーナル社, 大阪, 2013; 77.13
  15. 権 寧博
    管理と治療 ; 大規模臨床試験
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント 改訂3版  (橋本 修 編) 第3版. 医薬ジャーナル社, 大阪, 2013; 169-173.
  16. 権 寧博
    COPD研究の今後の方向性 ; 基礎研究
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント 改訂3版  (橋本 修 編) 第3版. 医薬ジャーナル社, 大阪, 2013; 266-268.
  17. 高橋典明,橋本 修
    呼吸器画像診断の基礎知識
    新呼吸療法テキスト (3学会合同 呼吸療法認定士認定委員会 編) 第1版. アトムス, 東京, 2013; 61-68.
  18. 高橋典明
    外科および内視鏡的治療
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント (橋本 修 編) 第3版. 医薬ジャーナル, 東京, 2013; 244-249.
  19. 清水哲男
    肺の病理学的変化
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント (橋本 修 編) 第3版. 医薬ジャーナル, 東京, 2013; 103-107.
  20. 赤柴恒人
    睡眠時無呼吸症候群
    今日の治療指針2013 (山口徹, 北原光夫, 福井次矢 編) 第1版. 医学書院, 東京, 2013; 318-320.
  21. 赤柴恒人
    呼吸調節の異常 低換気症候群 hypoventilation syndrome
    内科学 (矢崎義雄 編) 第10版. 朝倉書店, 東京, 2013; 847-848.
  22. 赤柴恒人
    呼吸調節の異常 睡眠時無呼吸症候群 sleep apnea syndrome; SAS
    内科学 (矢崎義雄 編) 第10版. 朝倉書店, 東京, 2013; 848-851.14
  23. 赤柴恒人
    SASの臨床症状
    睡眠時無呼吸症 -広がるSAS診療- (塩見利明 編) 第1版. 朝倉書店, 東京, 2013; 17-21.
  24. 赤柴恒人
    CO2ナルコーシス
    今日の処方 (浦部晶夫, 大田健, 川合眞一, 島田和幸, 菅野健太郎 編) 第5版. 南江堂, 東京, 2013; 254-255.
  25. 赤柴恒人
    過換気症候群
    呼吸器疾患 (玉置淳 編) 第1版. 成美堂出版, 東京, 2013; 190-192.
  26. 赤柴恒人
    肺胞低換気症候群
    呼吸器疾患 (玉置淳編 編) 第1版. 成美堂出版, 東京, 2013; 193-195.
  27. 赤柴恒人
    睡眠時無呼吸症候群(SAS)
    呼吸器疾患 (玉置淳 編) 第1版. 成美堂出版, 東京, 2013; 196-199.
  28. 村上正人,丸岡秀一郎,三浦勝浩
    呼吸器心身症
    最新医学別冊「新しい診断と治療のABC」(心身症 第4章 心身症各論)Vol78 (久保 千春 編). 最新医学社, 大阪, 2013; 90-102.
  29. 村上正人
    リウマチ性疾患およびアレルギー疾患 -線維筋痛症-
    内科學 (矢﨑義雄 編) 第10版. 朝倉書店, 東京, 2013; 1314-1317.
  30. 村上正人
    線維筋痛症と心療内科的疾患(心身症・ストレス関連疾患)の合併
    線維筋痛症診療ガイドライン (厚生労働省研究班編 編). 日本医事新報社, 東京, 2013;51-66.15
  31. 村上正人
    原因不明の全身の痛みが続く線維筋痛症
    こまど . こまど社, 東京, 2013; 28-29.
  32. 滝沢始, 田中孝也, 中沢弘一, 赤柴恒人
    呼吸不全の病態と管理
    認定講習会テキスト(第18回3学会合同呼吸療法認定士) (3学会合同呼吸療法認定士認定委員会 編) 第1版. 3学会合同呼吸療法認定士認定委員会, 東京, 2013; 103-164.
  33. 林 伸一,橋本 修
    肺の生理機能
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント (橋本 修 編) 第3版. 医療ジャーナル社, 大阪, 2013; 60-65.
  34. 村上正人
    治療を効果的に進めるための医療者の心得
    THE THERAPEUTIC SELF 治療的自己 (日本内科学会治療的自己評価基準作成委員会 編). 丸善出版株式会社, 東京, 2013
  35. 村上正人
    線維筋痛症
    痛み・しびれ:その原因と対処法 (山本隆充 編) 第1版. 真興交易株式会社医書出版部, 東京, 2013; 196-204.16

VII. その他の論文 2013年

  1. 山口賢二,石渡裕作,古川典子,関山忠孝,平沼久人,伊藤玲子,原田智紀,服部知洋,馬島 徹,相澤 信,橋本 修
    ガス吸着分解装置設置後の解剖実習に伴うホルムアルデヒド(FA)吸入による呼吸機能・気道過敏性への影響
    日本気管食道科学会会報 2013; 64(2): 13.17

VIII. 学会抄録 2013年

[I] 国際学会〈シンポジウム〉

  1. Murakami M, Matsuno T, Kim W, Koike K, Murakami M, Mochimaru J, Miura K, Maruoka S, Ebana S.
    Fibromyalgia as a spectrum disorder of multiple distresses.
    The 22th World Congress on Psychosomatic Assessment and Integrative Care. 2013.9.12. Lisbon, Portugal
  2. Hashimoto S,
    Future direction of inhaled anticholinergic drugs for airway obstructive diseases lesson from TIOSPIR trial.
    18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 2013.11.12. Yokohama, Japan
  3. Maruoka S.
    The initiation of allergic asthma; bacterial products revisited.
    18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 2013.11.13. Yokohama, Japan

[I] 国際学会〈一般演題〉

  1. Eyring K, Maruoka S, Hollingsworth JW, Pedersen B, Yang IV, Schwartz DA.
    Key methylation and gene expression changes that modulate allergic airway disease In mice.
    American Thoracic Society International Conference. 2013.5.19. Philadelphia, USA
  2. Gon Y, Kozu Y, Maruoka S, Sekiyama A, Terakado M, Tsuboi E, Takeshita I, Hashimoto S.
    PCDH1, an AHR susceptibility gene, promotes epithelial barrier integrity and is induced by glucocorticoids in the human airway.
    American Thoracic Society International Conference. 2013.5.21. Philadelphia, USA
  3. Shintani Y, Maruoka S, Koyama D, Kozu Y, Hiranuma H, Sekiyama T, Gon Y, Hashimoto S.
    Steroid-Inducible genes regulate airway epithelial barrier function.
    American Thoracic Society International Conference. 2013.5.21. Philadelphia, USA
  4. Kim WS, Murakami M, Mastuno T.
    Clinical Studies and Guidelines for The Psycho-education of Fibromyalgia.
    The 22nd World Congress on Psychosomatic Medicine . 2013.9.13. Lisbon, Portugal
  5. Murakami M, Matsuno T, Kim WS, Koike K, Murakami M, Mochimaru J, Miura K, Maruoka S, Ebana S: .
    Fibromyalgia as a spectrum disorder of multiple distress.
    The 22nd World Congress on Psychosomatic Medicine . 2013.9.13. Lisbon, Portugal
  6. Woesook K, Murakami M, Matuno T.
    Clinical Studies and Guidelines for The Psychoeducation of Fibromyalgia.
    The 22nd World Congress on Psychosomatic Medicine . 2013.9.13. Lisbon, Portugal
  7. Hashimoto S, Barnes N, Nagase T, Chen H, Gallagher N, Andrea P, Alagappan V, Banerji D.
    QVA149 provides superior peak lung function in patients with COPD.
    European Respiratory Society Annual Congress 2013. 2013.9.17. Barcelona, Spain
  8. Hayashi S, Ooki T, Sakamaki Y, Kunimoto S, Hirayama A, Hashimoto S.
    Three dimensional echocardiography is useful for assessing right ventricular function in patients with pulmonary hypertension associated with lung diseases.
    The 18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 2013.11.12. Yokohama, Japan
  9. Shimizu T, Nakanishi Y, Nakagawa Y, Tsujino I, Takahashi N, Nemoto N,
    Hashimoto S.
    Thymidylate synthase expression can guide anti-cancer drug selection for advanced non-small cell lung cancer patients.
    18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 2013.11.12. Yokohama, Japan
  10. Shintani Y, Maruoka S, Koyama D, Kozu Y, Sekiyama T, Hiranuma H, Takeshita I, Soda K, Gon Y, Hashimoto S.
    Steroid-inducible genes regulate airway epithelial barrier function.
    18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 2013.11.12. Yokohama, Japan
  11. Gon Y, Maruoka S, Shintani Y, Koyama D, Sekiyama T, Hiranuma H, Inoue T, Takeshita I, Soda K, Hashimoto S.
    Selective secretion of exosomal micrornas in a mice model of bronchial asthma.
    18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 2013.11.13. Yokohama, Japan
  12. Ito R, Gon Y, Kogawa N, Sekiyama T, Hiraruma H, Hattori T, Maruoka S, Hashimoto S .
    Measurement of serum free IgE in the patients treated with Omalizumab.
    18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 2013.11.13. Yokohama, Japan
  13. Koyama D, Gon Y, Maruoka S, Shintani Y, Sekiyama T, Hiranuma H, Takeshita
    I, Tsuboi E, Soda K, Gon Y, Hashimoto S.
    Global gene expression profiles during allergic airway sensitization to house dust
    mite allergen in mice.
    18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 2013.11.13. Yokohama, Japan
  14. Maruoka S, Gon Y, Sekiyama T, Hiranuma H, Shintani Y, Koyama D, Inoue T, Takeshita I, Isuboi E, Soda K, Hashimoto S.
    Exosomal micrornas in the serum are potential as a real-time biomarker for allergic inflammation in the airway of mine.
    18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 2013.11.13. Yokohama, Japan
  15. Moroni-Zentgraf P, Kerstjrns HAM, Hashimoto S, Enge Ml, Schmidt H.
    Once-daily tioropium as add-on to ICS+LABA for patients with sever symptomatic asthma:baseline characteristics in Japanese patients.
    18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 2013.11.13. Yokohama, Japan
  16. Okamoto N, Akashiba T, Uematsu A, Nagaoka K, Igei K, Kohzu Y, Kiyohuji N, Katsura K, Hashimoto S, Hashimoto S.
    Long-term effects of nasal continuous positive airway pressure (CPAP) on pulmonary functions in patients with obstructive sleep apnea patients (OSAS).
    18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 2013.11.13. Yokohama, Japan
  17. Tsujino I, Nakanishi Y, Hiranuma H, Shimizu T, Ohni S, Ouchi Y, Takahashi T, Nemoto N, Hashimoto S.
    Correlation between MAPK (Erk1/2) activity due to driver mutations and prognosis in non-small-cell lung cancer.
    18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 2013.11.13. Yokohama, Japan

[II] 国内学会〈特別講演〉

  1. 橋本 修,檜澤伸之
    気道炎症をターゲットとした喘息の治療戦略
    第25回日本アレルギー学会春季臨床大会 2013.5.12. 横浜
  2. 村上正人
    顎関節症の心身医学的特徴と治療的対応
    日本顎関節学会学術第33回講演会 2013.5.12. 大阪
  3. 清水哲男
    肺癌の診断と治療:化学療法から終末期まで
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2013.10.10. 東京
  4. 橋本 修
    COPDの増悪をめぐって
    第23回日本呼吸ケアリハビリテーション学会 2013.10.11. 東京
  5. 林 伸一
    ARDSの新しい概念と治療
    第65回日本気管食道科学会学術講演会 2013.11.1. 東京
  6. 橋本 修
    リモデリングの新しい概念
    第63回日本アレルギー学会秋季学術大会 2013.11.28. 東京

[II] 国内学会〈シンポジウム〉

  1. 橋本 修,権 寧博,丸岡秀一郎
    オランダ仮説を分子レベルから検証する
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.19. 東京
  2. 吉澤孝之,古市祥子,吉澤明孝,岩城 基,清藤晃司,赤星俊樹,赤柴恒人,細川芳文,橋本 修
    COPDとCKD -見過ごされてきた併存症?シスタチンCによる検証-
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.20. 東京
  3. 権 寧博,橋本 修
    喘息の治療標的としてのIgE
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.20. 東京
  4. 永岡賢一, 植松昭仁, 赤星俊樹, 権 寧博, 赤柴恒人, 橋本 修
    睡眠時無呼吸症候群とメタボリックシンドロームの臨床的検討【シンポジウム: 睡眠時無呼吸の最近の話題と今後の展開】
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.21. 東京
  5. 村上正人
    慢性疲労患者の過剰適応と双極性
    第9回日本疲労学会総会・学術集会 2013.6.7. 秋田
  6. 村上正人, 野村泰之,五島史行,持丸純一郎,江花昭一
    めまいに対する心身医学的アプローチ:耳鼻科と連携してみるめまいの心身相関と病態
    第54回日本心身医学会総会・学術講演会 2013.6.26. 神奈川
  7. 村上正人,金 外叔,松野俊夫,小池一喜,三浦勝浩,丸岡秀一郎,江花昭一
    精神科疾患とのco日本語morbidityが問題となる身体科疾患:線維筋痛症
    第54回日本心身医学会総会・学術講演会 2013.6.26. 神奈川
  8. 村上正人,金外叔,松野俊夫, 丸岡秀一郎,三浦勝浩,持丸純一郎
    女性の心の痛みとストレスの関係:女性の線維筋痛症と病態の多様性
    第42回日本女性心身医学会学術集会 2013.7.27. 東京
  9. 村上正人,金 外淑,持丸純一郎,丸岡秀一郎,三浦勝浩,松野俊夫
    線維筋痛症の中核症群をさぐる:心身症としての線維筋痛症
    日本線維筋痛症学会第5回学術集会 2013.10.5. 神奈川
  10. 岩城 基,吉澤孝之,吉澤明孝,橋本 修
    終末期における呼吸リハビリテーション
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.10. 東京
  11. 高橋典明, 佐藤良博, 清水哲男, 橋本 修
    慢性呼吸器疾患の終末期医療 コンセンサスの確立を目指して 肺癌の緩和医療
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2013.10.10. 東京
  12. 高橋典明,佐藤良博,清水哲男,橋本 修
    肺癌の緩和医療
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2013.10.10. 東京
  13. 鹿渡登史子,杉田美佐子,橋本 修
    終末期ケアの場とケア提供のかたち
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.10. 東京
  14. 永岡賢一,植松昭仁,赤星俊樹,岡本直樹,伊藝孔明,神津 悠,清藤晃司,桂 一仁,吉澤孝之,権 寧博,赤柴恒人,橋本 修
    呼吸機能と加齢
    第65回日本気管食道科学会学術講演会 2013.10.31. 東京
  15. 永岡賢一, 植松昭仁,赤星俊樹,岡本直樹,伊藝孔明,神津 悠,清藤晃司,桂一仁,吉澤孝之,権 寧博,赤柴恒人,橋本 修
    呼吸機能と加齢【シンポジウム: 高齢化社会と気管食道科】
    第65回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 2013.10.31. 東京
  16. 服部知洋, 馬島 徹, 橋本 修, 赤柴恒人
    呼吸器内科領域から理解するOne airway, one disease【パネルディスカッション:One airway, one disease】
    第65回日本気管食道科学会学術講演会 2013.10.31. 東京
  17. 岡本直樹,赤柴恒人,橋本 修
    嚥下性肺炎の疫学と診断
    第65回日本気管食道科学会学術講演会 2013.11.1. 東京
  18. 岡本直樹, 赤柴恒人, 橋本 修
    嚥下性肺炎の疫学と診断【パネルディスカッション: 嚥下障害と嚥下性肺炎を考える】
    第65回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 2013.11.1. 東京
  19. 橋本 修
    喘息治療/COPD治療Update」ICS/LABA
    第63回日本アレルギー学会秋季学術大会 2013.11.28. 東京
  20. 丸岡秀一郎,権 寧博,関山忠孝,平沼久人,新谷榮崇,小山大輔,井上寿男,竹下
    郁子,曽田香織,橋本 修
    血清中エクソソームmiRNAはアレルギー性気道炎症のリアルタイムバイオマーカーとなりうるか?
    第63回日本アレルギー学会秋季学術大会 2013.11.30. 東京
  21. 小山大輔,権 寧博,丸岡秀一郎,平沼久人,関山忠孝,新谷榮崇,曽田香織,竹下
    郁子,橋本 修
    気道感作には何が重要か?マウス喘息モデルの網羅的遺伝子解析
    第63回日本アレルギー学会秋季学術大会 2013.11.30. 東京
  22. 村上正人
    心身医学と全人的統合医療:慢性疼痛と統合医療
    第17回日本統合医療学会 2013.12.21. 東京
  23. 林 伸一
    ALI/ARDSの疾患定義と概念
    第23回,日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2013.10.11. 東京

[II] 国内学会〈ワークショップ〉

  1. 村上正人,金外叙,川原律子
    日常診療における”困った痛み”をどう考える?-心理士のための難治性疼痛の理解-
    第54回日本心身医学会総会・学術講演会 2013.6.26. 神奈川
  2. 権 寧博,橋本 修
    電子端末を使った吸入指導
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.10. 東京
  3. 丸岡秀一郎,権 寧博,橋本 修
    環境因子と気管支喘息
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.11. 東京
  4. 高橋典明
    パネルディスカッション4 血痰・喀血の臨床 喀血に対する気管支ファイバースコピーについて
    第65回日本気管食道科学会学術講演会 2013.10.31. 東京

[II] 国内学会〈一般演題〉

  1. Maruoka S, Wilson RH, Whitehead GS, Nakano H, Zeldin D, Kraft M, Garantziotis S, Gon Y, Hashimoto S, Cook DN.
    The mechanism of TLR5 ligand, flagellin-mediated allergic sensitization through the airway in mice.
    第53回日本呼吸器学会学術講演会. 2013.4.19. 東京
  2. 山口賢二,伊藤玲子,服部知洋,橋本 修,今田正人 ,相澤 信
    解剖実習に伴うホルムアルデヒド(FA)吸入による呼吸機能・気道過敏性への影響
    第118回日本解剖学会総会・全国学術集会 2013.3.28. 高松
  3. 岡本直樹, 高橋典明, 伊藝孔明, 熊澤文雄, 伊藤玲子, 林 伸一, 小林朋子, 権 寧博, 細川芳文, 赤柴恒人, 橋本 修
    肺結核症の死亡リスク・入院期間・培養陰性までの期間と併存症の関係
    第88回日本結核病学会総会 2013.3.29. 千葉
  4. 吉澤孝之,古市祥子,石黒俊彦,永岡賢一,植松昭仁,清藤晃司,赤星俊樹,赤柴恒人,細川芳文,橋本 修
    COPDとCKD -見過ごされやすい併存症?-シスタチンCによる検証-
    第110回日本内科学会講演会 2013.4.14. 東京
  5. 高野友喜, 小林朋子, 佐藤良博, 遠藤大介, 浅井康夫, 平沼久人, 丸岡 秀一郎,林 伸一, 高橋典明, 橋本 修
    当科で経験した肺悪性リンパ腫6例の検討
    第110回日本内科学会講演会 2013.4.14. 東京
  6. 大木隆史,笠巻裕二,林 伸一,小林朋子,國本 聡,高橋典明,平山篤志,橋本 修
    右心機能評価における3D心エコーの使用経験
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.19. 東京
  7. 中川喜子, 清水哲男, 畑岡 つかさ, 浅井康夫, 辻野一郎, 大地康司, 高橋典明,橋本 修
    進行非小細胞肺癌に対するペメトレキセド+カルボプラチン併用療法の臨床第II相試験
    における治療効果とチミジル酸合成酵素発現との関係
    第53回日本呼吸器学会学術総会 2013.4.19. 東京
  8. 伊藤玲子,古川典子,関山忠孝,平沼久人,山口賢二,丸岡秀一郎,服部知洋,権 寧博,橋本 修
    喘息患者におけるSABAとSAMAの気管支拡張効果の比較
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.20. 東京
  9. 伊藤玲子,古川典子,関山忠孝,平沼久人,山口賢二,丸岡秀一郎,服部知洋,権 寧博,橋本 修
    気管支喘息患者におけるSABAとSAMAの気管支拡張効果の比較
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.20. 東京
  10. 岩城基, 吉澤孝之, 古市祥子, 吉澤明孝, 赤柴恒人, 細川芳文, 橋本 修
    呼吸リハビリテーションにおけるCATの有用性
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.20. 東京
  11. 山口賢二,関山忠孝,平沼久人,伊藤玲子,服部知洋,権 寧博,相澤 信,橋本 修
    ホルムアルデヒド(FA)吸入による呼吸機能・気道過敏性への影響
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.20. 東京
  12. 神津 悠,権 寧博,関山晶子,寺門正裕,竹下郁子,松本 健,丸岡秀一郎,橋本 修
    気道過敏性感受性遺伝子であるPCDH1の気道バリア機能における役割
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.20. 東京
  13. 熊澤文雄,小林朋子,大木隆史,権 寧博,林 伸一,高橋典明,橋本 修
    ステロイド・シクロスポリン・エンドトキシン吸着療法の併用療法により良好な転帰が得られた急性間質性肺炎の2例
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.21. 東京
  14. 新谷栄崇,丸岡秀一郎,小山大輔,神津 悠,平沼久人,関山忠孝,権 寧博,橋本 修
    気道上皮バリア機能におけるステロイド誘導性遺伝子の役割
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.21. 東京
  15. 浅井康夫, 前林利也, 畑岡 つかさ, 中川喜子, 清水哲男, 辻野一郎, 大地康司,高橋典明, 橋本 修
    肺癌に対する化学放射線療法後の肺障害に関する臨床的検討
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.21. 東京
  16. 村瀬公彦, 赤柴恒人, 巽浩一郎, 井上雄一, 佐藤誠, 櫻井滋, 榊原博樹, 塩見利明, 木村弘, 宮崎総一郎, 津田徹, 別所和久, 吉田和也, 陳和夫
    肥満残存高血圧合併閉塞性無呼吸(OAS)患者に対する防風通聖散及び大柴胡湯の治療効果の比較
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.21. 東京
  17. 辻野一郎, 中西陽子, 清水 哲男, 浅井保清, 林伸国内学会一, 大地康司, 高橋典明, 根本 則道, 橋本 修
    経気管支鏡的生検検体におけるMAP kinaseの活性評価と治療効果の検討
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.21. 東京
  18. 林健太郎, 高橋典明, 佐藤 良博, 浅井康夫, 中川喜子, 清水哲男, 高橋美樹, 辻
    野一郎, 大地康司, 橋本 修
    脳転移を有する非小細胞肺癌の臨床検討 特に無症候性脳転移例に対する化学療法の
    意義について
    第53回日本呼吸器学会学術講演会 2013.4.21. 東京
  19. 大木隆史,笠巻裕二,林 伸一,小林朋子,國本 聡,高橋典明,平山篤志,橋本 修
    リアルタイム3Dエコー法と心臓MRIによる右室容積測定の比較検討
    第24回日本心エコー図学会 2013.4.25. 東京
  20. 伊藤玲子,権 寧博,古川典子,関山忠孝,平沼久人,服部知洋,丸岡秀一郎,布村聡,岡山吉道,羅 智靖,橋本 修
    Omalizmab投与患者における血清free lgEの測定
    第25回日本アレルギー学会春季臨床大会 2013.5.11. 横浜
  21. 伊藤玲子,権 寧博,古川典子,関山忠孝,平沼久人,服部知洋,丸岡秀一郎,布村聡,岡山吉道,羅 智靖,橋本 修
    Omalizmab投与患者における血清free IgEの測定
    第25回日本アレルギー学会春季臨床大会 2013.5.12. 横浜
  22. 高野友喜,熊澤文雄,鈴木真実子,丸岡秀一郎,服部知洋,権 寧博,高橋典明,橋本 修
    妊娠中に増悪を認めた気管支喘息患者28例の臨床的検討
    第25回日本アレルギー学会春季臨床大会 2013.5.12. 横浜
  23. 降籏隆二, 今野千聖, 鈴木正泰, 金野倫子, 高橋栄, 内山真, 兼板佳孝, 大井田隆, 赤柴恒人
    一般成人におけるうつ病と睡眠時間の関連の検討
    第110回日本精神神経学会学術総会 2013.5.23. 福岡
  24. 林健太郎,佐藤良博,岡本直樹,浅井康夫,大木隆史,清水哲男,林 伸一,小林朋子,高橋典明,橋本 修
    気管支の分岐異常についての検討
    第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2013.6.20. 大宮
  25. 浅井康夫,林健太郎,関山忠孝,熊澤文雄,中川喜子,清水哲男,大地康司,小林朋子,高橋典明,橋本 修
    気管支の上枝下̶下葉支についての検討
    第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2013.6.21. 大宮
  26. 降旗隆二, 今野千聖, 鈴木正泰, 金野倫子, 高橋栄, 内山真, 兼板佳孝, 大井田隆, 赤柴恒人
    一般成人におけるうつ病と睡眠時間の関連について:疫学調査の解析
    第38回睡眠学会定期学術集会 2013.6.27. 秋田
  27. 柴崎佳奈, 伊藤有輝, 本間美香, 橋田洋史, 伊藤明芳, 船山欣弘, 石黒俊彦, 鈴木雅明, 吉澤孝之, 赤柴恒人, 橋本 修
    OSAS患者のPSG検査時における高血圧リスク因子に関する検討
    第38回睡眠学会定期学術集会 2013.6.27. 秋田
  28. 梶原恵理子, 吉沢孝之, 酒井厚子, 青木美和子, 桂一仁, 赤星俊樹, 植松昭仁,永岡賢一, 権 寧博, 内山真, 赤柴恒人, 橋本 修
    当院睡眠センターの現状とSAS診療における看護師の役割
    第38回睡眠学会定期学術集会 2013.6.28. 秋田
  29. 橋本 修
    運動誘発喘息における病態と治療
    第23回国際喘息学会日本・北アジア部会 2013.6.28. 東京
  30. 中西陽子, 尾花 ゆかり, 関 利美, 小野寺久美子, 天野雄介, 辻村隆介, 渕之上史, 大荷澄江, 楠美嘉晃, 山田 勉, 四万村 三恵, 大森一光, 高橋典明, 橋本 修, 根本則道
    当院におけるALK肺癌スクリーニング結果
    第102回日本病理学会総会 2013.6.28. 札幌
  31. 降籏隆二, 今野千里, 鈴木正泰, 金野倫子, 高橋栄, 内山真, 兼板佳孝, 大井田隆, 赤柴恒人
    一般成人における不眠症状と性差について
    第42回日本女性心身医学会学術集会 2013.7.27. 東京
  32. 青木絢子,宮村りさ子,花岡啓子,川原律子,石風呂素子,中村晶子,松野俊夫,村上正人
    ジョインズ人格適応型心理検査(JPAQ)による疼痛を訴える患者の特性について
    日本交流分析学会第38回学術大会 2013.8.15. 大阪
  33. 橋本 修
    息切れ
    第53回臨床呼吸機能講習会 2013.8.28. 東京
  34. 神山八弓,渕上達夫,藤田之彦,石井和嘉子,川原律子,稲毛康司,村上正人,高橋昌里
    小児科における痛みへの対応-近骨格系の疼痛を中心に-
    第31回日本小児心身医学会学術集会 2013.9.13. 鳥取
  35. 金 外淑,村上正人,松野俊夫
    線維筋痛症患者の自己管理に対する認知行動療法を用いた介入について,患者へのCBT介入と家族も参加したCBT介入による痛みに対する認知行動の変化
    日本線維筋痛症学会第5回学術集会, 2013.10.5. 神奈川
  36. 金 外淑,村上正人,松野俊夫,住吉和子
    線維筋痛症患者用「痛みの視覚的自己評価スケール」の臨床応用
    日本線維筋痛症学会第5回学術集会 2013.10.5. 神奈川
  37. 梶原恵理子,酒井厚子,吉澤孝之,溝口真美,永岡賢一,植松昭仁,赤星俊樹,赤柴
    恒人,細川芳文,橋本 修
    禁煙外来におけるCOPDの潜在性と肺年齢の検討
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.10. 東京
  38. 吉澤孝之,古市祥子,石黒俊彦,吉澤明之,平井菜穂子,赤星俊樹,細川芳文,赤柴恒人,橋本 修
    COPD患者におけるCKDの潜在性と心血管リスクの検討.呼吸リハビリテーションにおけるCATの有用性
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.10. 東京
  39. 吉澤孝之, 古市祥子, 石黒俊彦, 吉澤明孝, 平井菜穂子, 赤星俊樹, 細川芳文,赤柴恒人, 橋本 修
    COPD患者におけるCKDの潜在性と心血管リスクの検討
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.10. 東京
  40. 久野絵里,岩城 基,大城祐介,大熊桂子,牧田和歌子,板垣鈴子,鹿野憲二,吉澤孝之,吉澤孝之,細川芳文,橋本 修
    COPD患者における身体活動量とその影響因子に関する検討
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.10. 東京
  41. 古川典子,伊藤玲子,石渡祐作,関山忠孝,平沼久人,山口賢二,服部知洋,権 寧博,橋本 修
    外来患者における喘息コントロールアレルギー性鼻炎質問表 SACRA Questionnaireの検討
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.10. 東京
  42. 溝口真美, 吉澤孝之, 古市祥子, 吉澤明孝, 梶原理恵子, 酒井厚子, 赤星俊樹,赤柴恒人, 細川芳文, 橋本 修
    禁煙外来患者における健康関連QOLの検討 SF36による検証
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術講演会 2013.10.10. 東京
  43. 佐藤良博, 高橋典明, 中川喜子, 清水哲男, 林 伸一, 権 寧博, 橋本 修
    肺癌の終末期医療における呼吸困難への対応について
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2013.10.10. 東京
  44. 山下徹也,岩城 基,大城祐介,大熊桂子,宮本園江,大城理恵,佐々木正美,斎藤房甲,吉澤孝之,橋本 修
    呼吸リハビリテーションにおけるCATの有用性
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.10. 東京
  45. 酒井厚子,梶原恵理子,吉澤孝之,溝口真美,永岡賢一,植松昭仁,赤星俊樹,赤柴恒人,細川芳文,橋本 修
    禁煙治療成績に影響を与える因子の検討
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術講演会 2013.10.10. 東京
  46. 石榑裕之,金澤邦史,下田敦子,吉澤孝之,古市祥子,吉澤明孝,赤柴恒人,細川芳文,橋本 修
    COPD終末期の呼吸困難に対するモルヒネ経口投与の有用性
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.10. 東京
  47. 大木隆史, 林 伸一, 笠巻祐二, 國本 聡, 小林朋子, 高橋典明, 平山篤志, 橋本 修
    呼吸器疾患におけるリアルタイム3D心エコー法による機能評価
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2013.10.10. 東京
  48. 伊藝孔明,岡本直樹,神津 悠,永岡賢一,植松昭仁,権 寧博,赤柴恒人,橋本 修
    CPAP療法の長期使用による肺機能への影響についての検討
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.11. 東京
  49. 岡本直樹,高橋典明,神津 悠,伊藝孔明,永岡賢一,植松昭仁,清水哲男,赤柴恒人,橋本 修
    結核入院患者の併存疾患・PSと予後および入院期間の検討
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.11. 東京
  50. 橋田洋史,柴崎佳奈,吉澤孝之,石黒俊彦,桂 一仁,権 寧博,赤星俊樹,赤柴恒人,細川芳文,橋本 修
    高齢OSAS患者の特徴についての検討
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.11. 東京
  51. 柴崎佳奈,橋田洋史,石黒俊彦,吉澤孝之,吉澤明之,権 寧博,赤柴恒人,橋本 修
    OSAS患者のPSG検査時における高血圧リスク因子に関する検討
    第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2013.10.11. 東京
  52. 大木隆史,林 伸一,小林朋子,笠巻祐二,國本 聡,平山篤志,橋本 修
    肺疾患症例における3D心エコーによる右室容積測定の妥当性
    第1回日本肺高血圧学会学術集会 2013.10.13. 東京
  53. 鈴木真実子,大木隆史,林 伸一,小林朋子,平林幸生,北村 登,松川吉博,武井正美,橋本 修
    皮膚筋炎に合併した肺高血圧症の1剖検例
    第1回日本肺高血圧学会学術集会 2013.10.13. 東京
  54. 矢島愛治,三ツ林 裕巳,小松一俊,伊藤 哲,権 寧博, 渡辺尚彦,平山篤志
    いびき・睡眠時無呼吸センターにおける,肥満度による血圧変化ならびに閉塞性睡眠時無呼吸症候群重症度の検討
    第36回日本高血圧学会総会 2013.10.24. 大阪
  55. 伊藤玲子,権 寧博,古川典子,関山忠孝,平沼久人,山口賢二,丸岡秀一郎, 服部知洋,橋本 修
    喘息患者におけるサルブタモールとオキシトロピウムによる気管支拡張効果の検討
    第65回日本気管食道科学会学術講演会 2013.10.31. 東京
  56. 岡本直樹, 赤柴恒人, 伊藝孔明, 神津 悠, 永岡賢一, 植松昭仁, 清藤晃司, 高橋典明, 片山 久, 橋本 修
    活動性肺結核における入院期間・培養陰性までの期間の予測は可能か?
    第65回日本気管食道科学会学術講演会 2013.10.31. 東京
  57. 橋田洋史, 柴崎佳奈, 吉澤孝之, 石黒俊彦, 桂一仁, 権 寧博, 赤星俊樹, 細川芳文, 鈴木雅明, 古川泰司, 赤柴恒人, 橋本 修
    高齢OSAS患者の特徴と問題点についての検討
    第65回日本気管食道科学会学術講演会 2013.10.31. 東京
  58. 山口賢二,高橋典明,植松昭仁,清水哲男,服部知洋,赤柴恒人,橋本 修
    食道気管・気管支瘻の臨床的検討
    第65回日本気管食道科学会学術講演会 2013.10.31. 東京
  59. 柴崎佳奈, 橋田洋史, 伊藤有輝, 本間美香, 伊藤明芳, 船山欣弘, 石黒俊彦, 鈴木雅明 , 古川泰司, 吉澤孝之, 赤柴恒人, 橋本 修
    OSAS患者の高血圧リスク因子に関する検討 ~PSG検査時の血圧測定より~
    第65 回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 2013.10.31. 東京
  60. 柴崎佳奈, 橋田洋史, 伊藤有輝, 本間美香, 伊藤明芳, 船山欣弘, 石黒俊彦, 鈴木雅明 , 古川泰司, 吉澤孝之, 赤柴恒人, 橋本 修
    OSAS患者の高血圧リスク因子に関する検討 ~PSG検査時の血圧測定より~
    第65回日本気管食道科学会学術講演会 2013.10.31. 東京
  61. 神 津悠, 赤柴恒人, 岡本直樹, 伊藝孔明, 永岡賢一, 清藤奈津子, 植松昭仁, 桂一仁, 赤星俊樹, 権 寧博, 橋本 修
    肥満低換気症候群(Obesity-hypoventilation syndrome :OHS)の臨床的検
    第65回日本気管食道科学会学術講演会 2013.10.31. 東京
  62. 神津 悠,赤柴恒人,岡本直樹,伊藝孔明,永岡賢一,清藤奈津子,植松昭仁,桂一仁,赤星俊樹,権 寧博,橋本 修
    肥満低換気症候群(obesity-hypoventilation syndrome: OHS)の臨床的検討
    第65回日本気管食道科学会学術講演会 2013.10.31. 東京
  63. 青木美和子, 井上美幸, 酒井厚子, 梶原恵理子, 赤柴恒人, 吉澤孝之, 桂一仁,赤星俊樹, 内山真, 橋本 修
    当院睡眠センターの現状とSAS診療における看護師の役割
    第65回日本気管食道科学会学術講演会 2013.10.31. 東京
  64. 岩城基, 吉澤孝之, 古市祥子, 細川芳文, 赤柴恒人, 橋本 修
    永久気管孔を介したNPPVの使用経験-マスクフィッティングの工夫-
    第65回日本気管食道科学会学術講演会 2013.11.1. 東京
  65. 古市基彦, 村松 高, 石本 真一郎, 日暮亮太, 高橋典明, 塩野元美, 橋本 修
    Bevacizumabを用いた術前補助化学療法でCRが得られた肺腺癌の1例
    第54回日本肺癌学会総会 2013.11.21. 東京
  66. 佐藤良博, 畑岡つかさ, 林健太郎, 浅井康夫, 中川喜子, 清水哲男, 辻野一郎,高橋典明, 橋本 修
    肺癌終末期医療における呼吸困難の緩和医療について
    第54回日本肺癌学会総会 2013.11.21. 東京
  67. 清水哲男, 高橋典明, 中川喜子, 畑岡つかさ, 林健太郎, 佐藤良博, 浅井康夫,辻野一郎, 大地康司, 橋本 修
    既治療進行非扁平上皮非小細胞肺癌に対するドセタキセル+ベバシズマブ併用化学療法の臨床第II相試験
    第54回日本肺癌学会総会 2013.11.21. 東京
  68. 中西陽子, 関 利美, 尾花ゆかり, 清水哲男, 辻野一郎, 高橋典明, 四万村 三恵,村松 高, 大荷澄江, 楠美嘉晃, 山田 勉, 橋本 修, 根本則道
    遺伝子検査における呼吸器細胞診検体の液状化処理と保存の有用性
    第54回日本肺癌学会総会 2013.11.21. 東京
  69. 林健太郎, 高橋典明, 佐藤良博, 畑岡つかさ, 浅井康夫, 中川喜子, 清水哲男,辻野一郎, 橋本 修
    無症候性脳転移を有する非小細胞肺癌に対する化学療法の検討
    第54回日本肺癌学会総会 2013.11.21. 東京
  70. 伊藤玲子,権 寧博,古川典子,関山忠孝,平沼久人,服部知洋,丸岡秀一郎,橋本 修
    Omalizmab投与患者における血清free Omalizmabとfree IgEの測定
    第63回日本アレルギー学会秋季学術大会 2013.11.28. 東京
  71. 権 寧博,丸岡秀一郎,平沼久人,関山忠孝,小山大輔,新谷榮崇,曽田香織,竹下郁子,井上寿男,橋本 修
    喘息病態におけるエクソソームを介した新たな遺伝子発現制御機構
    第63回日本アレルギー学会秋季学術大会 2013.11.30. 東京
  72. 新谷榮崇,丸岡秀一郎,権 寧博,関山晶子,神津 悠,小山大輔,曽田香織,竹下郁子,橋本 修
    気道上皮バリア機能におけるステロイド誘導性遺伝子の役割
    第63回日本アレルギー学会秋季学術大会 2013.11.30. 東京
  73. 平沼久人,権 寧博,伊藤玲子,岡本直樹,山口賢二,丸岡秀一郎,服部知洋,橋本 修
    喘息患者における血清キチナーゼ様蛋白YKL-40の検討
    第63回日本アレルギー学会秋季学術大会 2013.11.30. 東京

[II] 国内学会〈地方会,例会〉

  1. 林健太郎,永岡賢一,山口賢二,伊藤玲子,林 伸一,小林朋子,高橋典明,橋本 修
    肺結核の治療中に急速増大して発覚した肺癌の一例
    第203回日本呼吸器学会関東地方会,第163回日本結核病学会関東支部会 2013.2.23. 東京
  2. 高橋麻衣,吉田晶子,有馬修平,小山大輔,大木隆史,清水哲男,浅井保清,辻野一郎,小林朋子,高橋典明,橋本 修
    多発性骨髄腫に合併した間質性肺炎の一例
    第204回日本呼吸器学会関東地方会 2013.5.25. 東京
  3. 土橋信之,新谷栄崇,平沼久人,山口賢二,清水哲男,林 伸一,高橋典明,橋本 修
    間質性肺炎を併発した潰瘍性大腸炎の一例
    第205回日本呼吸器学会関東地方会 2013.7.13. 東京
  4. 永田弥人,遠藤大介,伊藝孔明,関山忠孝,山口賢二,清水哲男,林 伸一,高橋典明,橋本,修
    気管結核を認めた3症例
    第206回日本呼吸器学会関東地方会,第164回日本結核病学会関東支部会合同学会 2013.9.21. 松本
  5. 林健太郎,永田弥人,関山忠孝,山口賢二,清水哲男,伊藤玲子,林 伸一,高橋典明,橋本,修
    経過観察中にMeigs症候群を併発した縦隔アミロイドーシスの一例
    第207回日本呼吸器学会関東地方会 2013.11.16. 東京

[III] 研究会,日大医学会〈シンポジウム〉

  1. 橋本 修
    JRS COPDガイドライン第4版の改訂をめぐって(司会)
    第87回閉塞生肺疾患研究会 2013.7.20. 東京

[III] 研究会,日大医学会〈一般演題〉

  1. 伊藤玲子,浅井康夫,遠藤大介,林 伸一,小林朋子,高橋典明,橋本 修
    著明なシャントによる低酸素血症を認めた肺動静脈瘻の一例
    第5回呼吸機能イメージング研究会学術集会 2013.1.13. 徳島
  2. 鈴木真美子,大木隆史,林 伸一,小林朋子,高橋典明,松川吉博,武井正美,橋本 修
    皮膚筋炎に合併した肺高血圧症の1剖検例
    城北肺高血圧カンファレンス 2013.11.20. 東京

[III] 研究会,日大医学会〈地方会,例会〉

  1. 小須田南, 岡本真由美, 蓮見禎行, 平沼久人, 辻野一郎, 須崎愛, 東海林忍, 山口賢, 江頭富士子, 石原寿光
    BOT(Basal Supported Oral Therapy)にて血糖コントロールが改善したインスリン抗体陽性の2型糖尿病高齢女性の一例
    第522回日大医例会 2013.12.5. 東京
ページトップへ

2012年

I. 英語論文 2012年

  1. Akiko Sekiyama , Yasuhiro Gon, Masahiro Terakado, Ikuko Takeshita, Yutaka Kozu, Shuichiro Maruoka, Ken Matsumoto, Shu Hashimoto.
    Glucocorticoids enhance airway epithelial barrier integrity.
    Int Immunopharmacol. 2012; 12(2): 350-7.
  2. Aisanov Z, Bai C, Bauerle O, Colodenco FD, Feldman C, Hashimoto S, Jardim J, Lai CK, Laniado-Laborin R, Nadeau G, Sayiner A, Shim JJ, Tsai YH, Walters RD, Waterer G.
    Primary care physician perceptions on the diagnosis and management of chronic obstructive pulmonary disease in diverse regions of the world.
    Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2012; 7: 271-82.
  3. Arashima Y, Yakubo S, Nagaoka H, Komiya T, Murakami M, Nakayama T, Kato K.
    A Patient in Whom Treatment for Coxiella burnetii Infection Ameliorated a Depressive State and Thoughts of Impending Death.
    International Medical Journal 2012; 19(1): 65-6.
  4. Furihata R, Uchiyama M, Takahashi S, Suzuki M, Konno C, Osaki K, Konno M, Kaneita Y, Ohida T, Akahoshi T, Hashimoto S, Akashiba T.
    The association between sleep problems and perceived health status: a Japanese nationwide general population survey.
    Sleep Medicine 2012; 13(7): 831-7.
  5. Kanoh M, Kaneita Y, Hara M, Harada S, Gon Y, Kanamaru H, Ohida T.
    Longitudinal study of parental smoking habits and development of asthma in early childhood.
    Prev Med. 2012; 54(1): 94-6.
  6. Ohtsu T, Kaneita Y, Aritake S, Mishima K, Uchiyama M, Akashiba T, Uchimura N, Nakaji S, Munezawa T, Shimada N, Kokaze A, Ohida T.
    Preferable forms of relaxation for health promotion, and the association between recreational activities and self-perceived health.
    Acta Med. Okayama 2012; 66(1): 41-51.
  7. Shimizu T, Nakanishi Y, Nakagawa Y, Tsujino I, Takahashi N, Nemoto N, Hashimoto S.
    Association between expression of thymidylate synthase, dihydrofolate reductase, and glycinamide ribonucleotide formyltransferase and efficacy of pemetrexed in advanced non-small cell lung cancer.
    Anticancer Res. 2012; 32(10): 4589-96.
  8. Unosawa S, Sezai A, Akahoshi T, Niino T, Shimura K, Shiono M, Sekino H, Akashiba T.
    Arrhythmia and sleep-disordered breathing in patients undergoing cardiac surgery.
    J. Cardiol 2012; 60(1): 61-5.
  9. Wilson RH, Maruoka S, Whitehead GS, Foley JF, Flake GP, Sever ML, Zeldin DC, Kraft M, Garantziotis S, Nakano H, Cook DN.
    The Toll-like receptor 5 ligand flagellin promotes asthma by priming allergic responses to indoor allergens.
    Nat Med 2012; 18(11): 1705-10.
  10. Kumasawa F, Kobayashi T, Noda A, Yoshitaka S, Koyama D, Oki T, Mizumura K, Nisinarita S, Sawada T, Hashimoto S.
    Chronic eosinophilic pneumonia presenting with acute onset.
    Asian Pac J Allergy Immunol 2012; 30(4): 321-5.

II. 日本語論文 2012年

  1. 藤田之彦,橋本 修,竹内 仁,相馬正義,亀井 聡,相澤 信,片山容一
    日本大学医学部における26年間の医学教育セミナーとワークショップを振り返って
    日大医学雑誌 2012; 71(3): 184-9.
  2. 高野智圭,熊澤文雄,野田彰浩,野村舟三,高橋恵子,菅谷健一,小山大輔,新谷榮崇,鈴木紘子,古川 誠,岡本直樹,大木隆史,阿部雅紀,林 伸一,小林朋子,岡田和義,高橋典明,木下浩作,相馬正義,丹上勝久,橋本 修
    ステロイドパルス療法,エンドトキシン吸着療法およびシクロスポリンAが著効した急性間質性肺炎の一例
    日大医学雑誌 2012; 71(6): 455-9.
  3. 松本 健,高橋典明,植松昭仁,大木隆史,権 寧博,岩井和郎,中山智祥,橋本 修
    特異な経過を経て寛解状態に至った肺結核合併サルコイドーシスの1例
    日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 2012; 32(1): 171-8.

III. 総説,解説 2012年

  1. Arashima Y, Yakubo S, Nagaoka H, Nakayama T, Kato K.
    A Patient in Whom Treatment for Coxiella burnetii Infection Ameliorated a Depressive State and Thoughts of Impending Death.
    Japan International Cultural Exchange Foundation & Japan Health Sciences University 2012; 19(1): 65-6.
  2. 伊藤玲子,服部知洋,橋本 修
    【気管支喘息・実地診療の最前線】 治療/具体的な診療上の問題点にどう対処するか 吸入ステロイドの併用薬 ロイコトリエン受容体拮抗薬とテオフィリンの用いかた
    Medical Practice 2012; 29(4): 649-52.
  3. 丸岡秀一郎,橋本 修
    過換気症候群 (特集 知っておきたい内科症候群)
    内科 2012; 109(6): 1187-9.
  4. 丸岡秀一郎
    都市部における出生前後の母親へのストレスと子どもの喘鳴-母体への抗原感作の影響
    心身医学 2012; 52(11): 1054.
  5. 丸岡秀一郎
    都市部における出生前後の母親のストレスと子どもの喘鳴:母体への抗原感作の影響(海外文献紹介)
    心身医学 2012; 52(11): 1054.
  6. 橋本 修
    COPD治療薬と2つの管理目標
    PROGRESS IN MEDICINE 2012; 32(9): 1923-31.
  7. 橋本 修,服部知洋,伊藤玲子
    【COPD慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎,肺気腫)】 喘息との鑑別のポイント
    クリニシアン 2012; 59(9-10): 885-91.
  8. 熊澤文雄,橋本 修
    気管支喘息と喫煙
    呼吸器内科 2012; 22(3): 170-5.
  9. 権 寧博,橋本 修
    気管支喘息における気道構成細胞と炎症細胞の相互作用
    呼吸と循環 2012; 60(7): 741-7.
  10. 権 寧博,橋本 修
    気管支喘息の最新の話題,気道上皮のバリア機能
    呼吸と循環 2012; 60(2): 145-9.
  11. 権 寧博,小林朋子,橋本 修
    肺疾患における免疫抑制剤
    Annual Review 呼吸器 2012 2012: 217-25.
  12. 高橋典明
    気管支鏡セミナー 所見の取り方
    気管支学 2012; 34(5): 492-8.
  13. 小池一喜,篠崎貴弘,原和彦,松野俊夫,村上正人
    心身症発症の心理社会的要因:舌痛症を中心にして
    日本心療内科学会誌 2012; 16(3): 25-9.
  14. 瀬在 明,塩野元美,赤星俊樹,赤柴恒人
    睡眠時無呼吸症候群と心血管リスク 心臓手術患者における睡眠呼吸障害
    日本心臓病学会誌 2012; 7(1): 54-8.
  15. 石風呂素子
    精神的苦痛と死亡率の関連:10の前向きコホート研究で蓄積された個々の被験者の分析(海外文献紹介)
    心身医学 2012; 52(11): 1053.
  16. 赤柴恒人
    【睡眠障害にまつわる患者さんの訴えに正しく対処する】 睡眠時無呼吸症候群
    Mebio 2012; 29(3): 63-9.
  17. 赤柴恒人
    【慢性心不全の非薬物療法】 診る 睡眠呼吸障害の評価法
    Heart View 2012; 16(5): 450-5.
  18. 赤柴恒人
    【目で見る咽喉頭・気管食道の検査】 睡眠時無呼吸症候群の検査 睡眠検査
    JOHNS 2012; 28(6): 865-9.
  19. 赤柴恒人
    【慢性肺疾患患者の診療における多面的評価】 睡眠時無呼吸症候群患者の多面的評価
    日本胸部臨床 2012; 71(6): 548-55.
  20. 赤柴恒人
    【知っておきたい内科症候群】 呼吸器《呼吸調整の異常》 睡眠時無呼吸症候群
    内科 2012; 109(6): 1190-3.
  21. 赤柴恒人
    睡眠時無呼吸症候群
    人工呼吸 2012; 29(1): 44-9.
  22. 赤柴恒人
    睡眠時無呼吸症候群(SAS)と合併症(Q&A)
    日本医事新報 2012; 4610: 55-6.
  23. 赤柴恒人
    【呼吸器内科:EVIDENCE UPDATE】 睡眠時無呼吸症候群
    呼吸器内科 2012; 22(4): 320-7.
  24. 赤柴恒人
    呼吸器診療での肺機能検査の必要性とその活用(疾患編) 睡眠時無呼吸症候群
    呼吸と循環 2012; 60(12): 1243-8.
  25. 村上正人,三浦勝浩,丸岡秀一郎
    抗不安薬・安定薬の使い方
    耳鼻咽喉科・頭頸部外科 2012; 84(3): 199-203.
  26. 村上正人,三浦勝浩,丸岡秀一郎
    心療内科における不定愁訴
    臨床精神医学 2012; 41(3): 247-54.
  27. 村上正人,三浦勝浩,丸岡秀一郎
    心療内科・精神科から耳鼻咽喉科に
    JOHNS 2012; 28(10): 1635-40.
  28. 服部知洋,橋本 修
    気管支喘息の病態と治療
    日大医学雑誌 2012; 71(3): 207-10.
  29. 服部知洋,橋本 修
    【喘息治療における末梢気道病変に着目した吸入療法】国内における吸入ステロイド薬の種類とその特徴
    吸入療法 2012; 4(1): 16-21.
  30. 服部知洋,橋本 修
    アレルギーの基礎と臨床 最近の進歩 気管支喘息の病態と治療
    日大医学雑誌 2012; 71(3): 207-10.
  31. 服部知洋,橋本 修
    【先読みフローチャートでわかる イラスト&ビジュアルで呼吸器系救急に強くなる】 気管支喘息
    EMERGENCYCARE 2012; 25(7): 639-45.

IV. 著書 2012年

  1. 権 寧博,橋本 修
    肺疾患と免疫抑制剤
    Annual review of 呼吸器 (永井厚志,巽浩一郎 編). 中外医学社, 東京, 2012; 216-25.
  2. 小林朋子,橋本 修
    肺胞出血
    医薬品副作用学(第2版)-薬剤の安全使用アップデート- (河内秀明,寺本民生 編) 第2版. 日本臨床社, 大阪, 2012; 543-7.
  3. 赤柴恒人
    睡眠呼吸障害
    呼吸療法テキスト (3学会合同呼吸療法認定士認定委員会編 編). アトムス, 東京, 2012; 282-7.
  4. 赤柴恒人
    呼吸調節の異常 睡眠時無呼吸症候群
    内科学 (門脇孝,永井良三編 編). 西村書店, 東京, 2012; 751-3.
  5. 村上正人
    線維筋痛症(Fibromyalgia:FM)の診断・治療指針
    運動器診療最新ガイドライン (中村耕三 編). 総合医学社, 東京, 2012; 173-7.
  6. 村上正人
    リウマチ性疾患
    合併うつ病の治療最前線 . 日経メディカルアペンディックス, 東京, 2012; 5-6.
  7. 村上正人
    ストレス百科事典 (ストレス百科事典翻訳刊行委員会 編). 丸善出版, 東京, 2012
  8. 村上正人
    全身の激しい痛み線維筋痛症
    NHKきょうの健康1月号No 298 . NHK 出版, 東京, 2012; 62-5.
  9. 橋本 修
    喘息予防・管理ガイドライン2012 . 協和企画, 東京, 2012

V. 学会抄録 2012年

    [I]国際学会〈特別講演〉

  1. Hashimoto S, Gon Y.
    Airway epithelial cells in airway inflammation.
    The Korean Academy of Tuberculosis and Respiratory Diseases. 2012.5.5. South Korea
  2. [I]国際学会〈シンポジウム〉

  3. Ohta K, Ishihara K, Hashimoto S.
    Adult asthma treatment guideline and its application.
    The 22nd Congress of Interasma Japan/North Asia. 2012.7.7. Fukuoka, Japan
  4. Gon Y, Hashimoto S.
    Airway epithelial cells in pathogenesis of asthma.
    The 17th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 2012.12.14. Hong Kong, China
  5. Hashimoto S.
    Current topics on athma pathogenesis.
    The 17th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology. 2012.12.14. Hong Kong
  6. Gon Y, Hashimoto S.
    Targetng airway inflammation for long-term control of asthma.
    The 22nd Congress of Interasma Japan/North Asia. 2012.7.6. Fukuoka, Japan
  7. [I]国際学会〈ワークショップ〉

  8. Murakami M, Nakai Y, Yamaoka M.
    Establishment of Partnership of Sister Society between Japanese Society ofPsycho- somatic Internal Medicine (JSPIM) and German College ofPsychosomatic Medicine (GCPM).
    The 15th congress of Asian college of psychosomatic medicine . 2012.8.25. Ulaanbaatar, Mongolia
  9. Murakami M.
    Emotional Problems and Correlated Symptoms in the Patients withFibromyalgia .
    The 15th congress of Asian college of psychosomatic medicine . 2012.8.25. Ulaanbaatar, Mongolia
  10. [I]国際学会〈一般演題〉

  11. Mizumura K, .Lam H.C, .Cloonan S.M. .An C.H, .Hashimoto S, .Ryter S.W, Choi A.M.K.
    Loss of PTEN-induceed putative kinase 1(PlNK1) exaggerates cigarette smoke induceed cell death .
    American Thoracic Society International Conference.. 2012.5.18. SanFrancisco, USA
  12. Kobayashi T, Maruoka S, Hashimoto S, Takahashi M, Fukuda Y.
    A case of pulmonary hyalinizing granuloma presenting multiple nodules with cysts on chest computed tomography.
    American Thoracic Society International Conference. 2012.5.21. SanFrancisco, USA
  13. Gon Y, Kozu Y, Maruoka S, Takeshita I, Hashimoto S.
    Role of PCDH1on the epithelial barrier function in the airway.
    The East Asia Allergy Symposium and 2012 KAAACI Annual Congress. 2012.5.25. Seoul, South Korea
  14. Tsujino I,Nakanishi Y,Shimizu T,Obana Y,Ohni S,Takahashi N,Nemoto N, Hashimoto S.
    Correlation between differences in the Increase in MAPK(ERK1/2)activity due to driver mutations and prognosis in non-small-cell lung cancer.
    The 22nd Biennial Congress of the European Association for Cancer Research. 2012.7.10. Barcelona, Spain

    [I]国内学会〈特別講演〉

  1. 村上正人
    呼吸器領域の心身医学の発展と展望
    第53回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2012.5.25. 鹿児島
  2. 村上正人,金 外叔,松野俊夫,小池一喜,三浦勝浩,丸岡秀一郎
    心療内科,精神科の立場から見た線維筋痛症
    日本線維筋痛症学会第4回学術集会 2012.9.15. 長崎
  3. 村上正人
    子どもの線維筋痛症にみる親子関係と家族の病理
    第29回日本小児心身医学会学術集会 2012.9.16. 大阪
  4. 村上正人
    うつによる身体疾患の病態変化と症状の現れ方
    第17回日本心療内科学会総会・学術大会 2012.11.17. 福岡
  5. 橋本 修
    GOLD2011 慢性閉塞性肺疾患の診断,治療,予防に関するグローバルストラテジー 2011
    第22回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2012.11.23. 福井
  6. [I]国内学会〈シンポジウム〉

  7. 橋本 修
    喘息の難治化要因とその対策
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.22. 神戸
  8. 橋本 修,權 寧博,松本 健,丸岡秀一郎,服部知洋,伊藤玲子
    気道上皮と重症喘息.重症喘息の背景と治療戦略
    第24回日本アレルギー学会春季臨床大会 2012.5.13. 大阪
  9. 植松昭仁,赤星俊樹,神津 悠,伊芸孔明,岡本直樹,永岡賢一,清藤晃司,桂 一仁,吉澤孝之,赤柴恒人,橋本 修
    睡眠時無呼吸症候群とメタボリックシンドローム【シンポジウム: 睡眠時無呼吸症候群の最新アプローチ】
    第64回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 2012.11.9. 東京
  10. 橋本 修
    重症気管支喘息の病態解明と治療戦略
    第62回日本アレルギー学会秋季学術大会 2012.11.29. 大阪
  11. 村上正人
    日大医学部における心身医学の教育と研修の実情について(シンポジウム:心身医学教育の現状と展望)
    第70回関東心療内科連絡会 2012.12.8. 東京
  12. [I]国内学会〈ワークショップ〉

  13. 松本美富士,西岡久寿樹,浦野房三,行岡正雄,村上正人,山野嘉久,岡寛,横田俊平,菊地雅子,宮前多佳子,三木健司,松野博明
    線維筋痛症診断ガイドライン2011
    第56回日本リウマチ学会総会・学術集会・第21回国際リウマチシンポジウム 2012.4.26. 東京
  14. 村上正人
    心療内科専門医が知っておきたい線維筋痛症の診断と治療
    日本心療内科学会第37回学術講習会 2012.9.8. 大阪
  15. 鹿渡登史子,村山寿江,松尾幸代,辻野一郎,高橋典明,石橋紀子,石井里美,門川 誠,荒井香代子,橋本 修
    肺がん患者の在宅移行支援における呼吸ケアと地域医療連携の在り方
    第22回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2012.11.23. 福井
  16. [I]国内学会〈一般演題〉

  17. 八木真衣,小林寿美子,熊澤文雄,小林朋子,小島敏雄,竹内 仁
    血縁者同種骨髄移植後に局所再発と肺GVHDを同時期に発症した極めて稀な一例
    第34回 日本造血細胞移植学会総会 2012.2.25. 大阪
  18. 吉澤孝之,古市祥子,石黒俊彦,吉澤明孝,岩城 基,清藤晃司,赤星俊樹,赤柴恒人,細川芳文,橋本 修
    プライマリケアにおけるCOPD早期発見と治療介入の試みー一般外来と禁煙外来でのスクリーニングー
    第109回日本内科学会学術講演会 2012.4.13. 京都
  19. 吉澤孝之,古市祥子,石黒俊彦,吉澤明孝,岩城 基,清藤晃司,赤星俊樹,赤柴恒人,細川芳文,橋本 修
    プライマリケアにおけるCOPD早期発見と治療介入の試み 一般外来と禁煙外来でのスクリーニング
    第109回日本内科学会講演会 2012.4.13. 京都
  20. 清藤晃司,服部知洋,永岡賢一,岡本直樹,吉澤孝之,赤柴恒人,橋本 修
    簡易肺機能測定機器の禁煙外来における有用性
    第109回日本内科学会講演会 2012.4.14. 京都
  21. 吉澤孝之,古市祥子,吉澤明孝,石黒俊彦,行田泰明,岩城 基,赤柴恒人,細川芳文,橋本 修
    慢性呼吸器疾患における終末期ケア 肺がん患者との比較とモルヒネ使用経験
    第29回日本臨床生理学会総会 2012.4.15. 京都
  22. 永岡賢一,植松昭仁,赤星俊樹,神津 悠,伊藝孔明,岡本直樹,清藤晃司,野村奈津子,桂 一仁,吉沢孝之,内山 真,赤柴恒人,橋本 修
    睡眠時無呼吸症候群とGERD̶多数例における検討
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.20. 神戸
  23. 関山忠孝,服部知洋,伊藤玲子,山口賢二,平沼久人,古川典子,石渡祐作,松本 健,橋本奈緒美,岡本直樹,永岡賢一,植松昭仁,清藤晃司,赤星俊樹,馬島 徹,橋本 修
    気管支喘息の重症化・難治化と肺炎クラミジア感染の関連について
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.20. 神戸
  24. 岩城 基,吉澤孝之,古市祥子,吉澤明孝,赤柴恒人,細川芳文,橋本 修.
    呼吸リハビリテーションにおけるCATの有用性
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.20. 神戸
  25. 熊澤文雄,小林朋子,小山大輔,新谷榮崇,神津 悠,松本 健,林 伸一,高橋典明,橋本 修
    慢性好酸球性肺炎の急性発症例9例の検討
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.20. 神戸
  26. 新谷榮崇,林 伸一,遠藤大介,岡本直樹,関山晶子,丸岡秀一郎,小林朋子,高橋典明,橋本 修
    インフルエンザに合併した細菌性肺炎と非感染性肺炎の臨床的検討
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.20. 神戸
  27. 新谷榮崇,丸岡 秀一郎,小山大輔,平沼久人,関山忠孝,松本 健,権 寧博,橋本 修,Donald Cook
    マウス気管支喘息モデルにおける細菌鞭毛構造蛋白フラジェリンの抗原性の検討
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.20. 神戸
  28. 大木隆史,小林朋子,小山大輔,関山忠孝,浅井康夫,熊澤文雄,植松昭仁,清水哲男,林 伸一,高橋典明,橋本 修
    膠原病に合併した肺高血圧症3剖検例の検討
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.20. 神戸
  29. 中川喜子,清水哲男,浅井康夫,寺門正裕,佐藤真紀,須金紀雄,辻野一郎,大地康司,高橋典明,橋本 修
    切除不能な未治療非小細胞肺癌に対するペメトレキセド+カルボプラチン併用化学療法の臨床第Ⅱ相試験
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.20. 神戸
  30. 林健太郎,畑岡つかさ,佐藤良博,中川喜子,清水哲男,須金紀雄,高橋美樹,辻野一郎,高橋典明,橋本 修
    進行肺癌患者における低ナトリウム血症の検討
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.20. 神戸
  31. 権 寧博,神津 悠,関山晶子,寺門正裕 ,竹下郁子,松本 健,丸岡 秀一郎,橋本 修.
    ウイルス感染による気道上皮バリア障害へのTLR3シグナルの関与
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.21. 神戸
  32. 小山大輔,丸岡 秀一郎,新谷 榮崇,平沼久人,関山忠孝,松本 健,権 寧博,橋本 修,Donald Cook
    マウス気管支喘息モデルにおける口腔細菌由来リポ蛋白のアジュバント効果の検討
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.21. 神戸
  33. 小林朋子,松本 健,伊藤玲子,服部知洋,権 寧博,林 伸一,橋本 修.
    ピルフェニドンを使用した特発性肺線維症患者の臨床的検討
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.21. 神戸
  34. 神津 悠,権 寧博,関山晶子,寺門正裕 ,竹下郁子,松本 健,丸岡 秀一,橋本 修
    気道上皮の物理的・免疫学的バリアにおけるPCDH1の役割
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.21. 神戸
  35. 須金紀雄,浅井康夫,寺門正裕,佐藤真紀,清水哲男,辻野一郎,大地康司,高橋典明,橋本 修
    血清Dダイマー高値の肺がん症例の臨床経過について
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.21. 神戸
  36. 大木隆史,小林朋子,小山大輔,関山忠孝,浅井康夫,熊澤文雄,植松昭仁,清水哲男,林 伸一,高橋典明,橋本 修
    膠原病に合併した肺高血圧3剖検例の検討
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.21. 神戸
  37. 林健太郎,畑岡つかさ,佐藤良博,中川喜子,清水哲男,須金紀雄,高橋美樹,辻野一郎,高橋典明,橋本 修
    進行肺がん患者における低ナトリウム血症の検討
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.21. 神戸
  38. 吉澤孝之,古市祥子,岩城 基,吉澤明孝,赤柴恒人,細川芳文,橋本 修.
    慢性呼吸器疾患における終末期ケア-肺がんとの比較検討̶
    第52回日本呼吸器学会学術講演会 2012.4.22. 神戸
  39. 清藤晃司,服部知洋,小林朋子,植松昭仁,永岡賢一,岡本直樹,伊芸孔明,松本 健,吉沢孝之,橋本 修
    6分間歩行距離検査の換気障害型別の検討
    第52回日本呼吸器学会学術講演会. 2012.4.22. 神戸
  40. 辻野一郎,浅井康夫,中川喜子,寺門正裕,佐藤真紀,清水哲男,須金紀雄,大地康司,高橋典明,橋本 修.
    シスプラチン耐性肺癌細胞における抗癌剤増感並びに高温高感受性に関する検討
    第52回日本呼吸器学会学術講演会. 2012.4.22. 神戸
  41. 中西陽子,清水哲男,辻野一郎,尾花ゆかり,関 利美,渕之上史,大荷澄江,山田 強,楠美嘉晃,高橋典明,橋本 修,根本則道
    進行性肺がんにおけるQP法とTm解析を用いた迅速EGFR遺伝子変異解析法に有用性
    第101回日本病理学会総会. 2012.4.26. 東京
  42. 岸 博行,権 寧博,野村泰宏,丸岡秀一郎,橋本 修,池田 稔,
    慢性副鼻腔炎でのNDRG1の発現と鼻粘膜バリアにおける役割
    第113回 日本耳鼻咽喉科学会総会•学術講演会 2012.5.9. 新潟
  43. 飯國芙沙子,野村泰之,村上正人,五島史行,鴫原俊太郎,池田 稔
    線維筋痛症患者の耳症状と耳科学的検査所見について
    第113回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2012.5.9. 新潟
  44. 伊藝孔明,岡本直樹,熊沢文雄,須金紀雄,高橋典明,赤柴恒人,橋本 修
    抗結核薬治療経過中に耐性を獲得した2例
    第87回日本結核病学会総会 2012.5.11. 広島
  45. 岡本直樹,関山晶子,神津 悠,伊藝孔明,関山忠孝,熊沢文雄,須金紀雄,高橋典明,赤柴恒人,橋本 修,片山 久
    活動性肺結核における喀痰培養陰性までの日数と入院日数に影響する諸因子の検討
    第87回日本結核病学会総会 2012.5.11. 広島
  46. 板村論子,村上正人
    投薬治療をすでに受けているうつ病患者に対するホメオパシーによる統合医療
    第53回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2012.5.26. 鹿児島
  47. 板村論子,村上正人
    アトピー性皮膚炎に対する森田療法に基づくグループ・ワーク
    第53回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2012.5.26. 鹿児島
  48. 関山忠孝,勝呂元,服部知洋,大木隆史,中尾裕太,石渡祐作,古川典子,高橋典明,橋本 修
    CAM,EB,RFPによる化学療法が有効と考えられた肺Mycobacterium abscessus感染症の一例
    第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2012.5.30. 東京
  49. 浅井保清,細川芳文,林健太郎,福永牧子,岡本直樹,伊藝孔明,児浦利哉,庄田利明,橋本 修.
    悪性中枢気道狭窄にTaper Spiral z-stent(TSZ)を使用した症例の検討
    第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2012.5.30. 東京
  50. 中川喜子,清水哲男,中西陽子,畑岡つかさ,浅井康夫,須金紀雄,辻野一郎,大地康司,生沼利倫,高橋典明,橋本 修,根本則道.
    気管支鏡検体を用いた肺癌EGFR遺伝子変異における迅速診断の意義
    第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2012.5.30. 東京
  51. 林健太郎,細川芳文,岡本直樹,伊藝孔明,福永牧子,浅井保清,児浦利哉,庄田利明,橋本 修.
    気管支喘息として治療されていた肺癌,気管支異物の検討
    第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2012.5.30. 東京
  52. 菅谷健一,小林朋子,小山大輔,神津 悠,熊澤文雄,林 伸一,高橋典明,橋本 修.
    水頭症を合併後,肺病変の憎悪をきたしたサルコイドーシスの1例
    第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2012.5.31. 東京
  53. 清藤晃司,小中千守,井上達哉,守尾 篤,西條天基,板橋正幸,清水貴子,馬島 徹,橋本 修
    内視鏡的に腫瘍性病変との鑑別が困難であった肺放線菌症の1症例
    第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会. 2012.5.31. 東京
  54. 永岡賢一,赤星俊樹,植松昭仁,岡本直樹,伊藝孔明,神津 悠,清藤晃司,川原誠司,吉澤孝之,高橋典明,内山真,橋本 修,赤柴恒人
    非肥満の閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)におけるメタボリックシンドローム(MS)の検討
    第37回睡眠学会定期学術集会 2012.6.28. 横浜
  55. 村瀬公彦,赤柴恒人,巽 浩一郎,井上雄一,佐藤 誠,櫻井 滋,榊原博樹,塩見利明,木村 弘,宮崎総一郎,津田 徹,別所和久,吉田和也,外山善朗,陳 和夫
    肥満残存高血圧合併睡眠時無呼吸患者に対する防風通聖散及び大柴胡湯の治療効果の比較と病態生理の解明
    第37回睡眠学会定期学術集会 2012.6.28. 横浜
  56. 花岡啓子,島田凉子,繁田千恵,村上正人
    日本のTAと世界のTA-現状と展望-
    日本交流分析学会第37回大会 2012.7.15. 東京
  57. 金 外叔,村上正人,松野俊夫
    線維筋痛症患者に対する心理教育を中心としたガイドライン作成-患者家族に対する心理教育的介入の効果について-
    第34回日本疼痛学会 2012.7.20. 熊本
  58. 横山琢磨,関 順彦,岸一馬,高尾匡,辻野一郎,高橋典明,市岡正彦,細川芳文,木戸健治,臼井 亮,佐藤真帆,森田智視,江口研二(LCENグループ)
    未治療高齢者の非扁平上皮型非小細胞肺癌に対するペメトレキセド単剤化学療法の臨床第II相試験(LCEN1001)
    第10回日本臨床腫瘍学会学術集会 2012.7.26. 大阪
  59. 岡本直樹,小山大輔,小林朋子,林 伸一,高橋典明,諸岡宏明,西井竜彦,石本真一郎,古市基彦,四万村三恵,村松 高,大森一光,橋本 修.
    胸腔と交通を有した結核性胸壁膿瘍の一例
    第162回日本結核病学会関東支部学会,第201回日本呼吸器学会関東地方会 合同学会 2012.9.15. 横浜
  60. 金 外叔,村上正人,松野俊夫
    線維筋痛症患者対する心理教育的介入-家族の生活再構築に向けた心理教育的介入について-
    日本線維筋痛症学会第4回学術集会 2012.9.16. 長崎
  61. 中村奈々子,三輪雅子,平井啓
    人工透析患者の対処行動とセルフケア行動との関連
    日本行動療法学会第38回大会 2012.9.22. 大阪
  62. 青木絢子・松野俊夫,花岡啓子,中村晶子,川原律子,石風呂素子,三輪雅子,丸岡秀一郎,三浦勝浩,村上正人
    自律訓練法の導入について人格適応論からの検討(第1報)
    日本自律訓練学会第35回大会 2012.9.30. 東京
  63. 岡本直樹,赤柴恒人,伊藝孔明,神津 悠,永岡賢一,植松昭仁,清藤晃司,高橋典明,片山 久 ,橋本 修
    活動性肺結核における入院期間・培養陰性までの期間の予測は可能か?
    第64回日本気管食道科学会総会 2012.11.8. 東京
  64. 清水哲男,中西陽子,中川喜子,辻野一郎,高橋典明,根本則道,橋本 修
    進行非小細胞肺癌における治療選択因子としての癌組織内チミジル酸合成酵素発現の意義
    第53回日本肺癌学会総会 2012.11.8. 岡山
  65. 浅井康夫,前林利哉,畑岡つかさ,中川喜子,清水哲男,辻野一郎,大地康司 高橋典明,橋本 修
    局所進行肺癌に対する化学放射線療法の効果と有害事象について
    第53回日本肺癌学会総会 2012.11.8. 岡山
  66. 中西陽子,辻野一郎,清水哲男,尾花ゆかり,高橋典明,橋本 修,渕之上史,大荷澄江,山田 勉,楠美嘉晃,根本則道
    進行非扁平上皮癌における細胞骨格関連遺伝子高発現の意義とEGFRシグナル伝達の関係
    第53回日本肺癌学会総会 2012.11.8. 岡山
  67. 辻野一郎,中西陽子,清水哲男,須金紀雄,大地康司,高橋典明,根本則道,橋本 修
    MAP kinase 活性度と肺癌化学療法治療効果および予後との関係の検討
    第53回日本肺癌学会総会 2012.11.8. 岡山
  68. 林健太郎,佐藤良博,中川喜子,浅井康夫,清水哲男,高橋美樹,辻野一郎,高橋典明,橋本 修
    進行肺癌患者における低ナトリウム血症について
    第53回日本肺癌学会総会 2012.11.8. 岡山
  69. 酒井厚子,梶原恵理子,矢作祥子,服部知洋,清藤晃司,伊藤玲子,橋本 修,吉澤孝之
    禁煙プログラム終了後の合併症と再喫煙の状況の検討
    第22回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2012.11.23. 福井
  70. 岩城 基,吉澤孝之,吉澤明孝,橋本 修.
    肺癌患者に対する呼吸ケア-非薬物療法-
    第22回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2012.11.24. 福井
  71. 吉澤孝之,古市祥子,岩城 基,久野英里,赤星俊樹,赤柴恒人,細川芳文,橋本 修.
    COPDとCKD-見逃されてきた併存症-
    第22回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2012.11.24. 福井
  72. 柴崎佳奈,伊藤有輝,橋田洋史,石黒俊彦,吉澤孝之,吉澤明孝,権 寧博,赤柴恒人,橋本 修.
    OSAS患者のPSG検査時における就寝時・起床時の血圧の変化に関する検討
    第22回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2012.11.24. 福井
  73. 石槫祐之,吉澤孝之,古市祥子,吉澤明孝,行田泰明,細川芳文,橋本 修.
    慢性呼吸器疾患終末期におけるモルヒネの有用性
    第22回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2012.11.24. 福井
  74. 伊藤玲子,古川典子,関山忠孝,平沼久人,山口賢二,服部知洋,権 寧博,橋本 修.
    サルブタモール(SABA)とオキシトロピウム(SAMA)による気道可逆性の検討
    第62回日本アレルギー学会秋季学術大会. 2012.11.29. 大阪
  75. 小山大輔,丸岡秀一郎,新谷栄崇,平沼久人,関山忠孝,権 寧博,橋本 修,Donald Cook.
    マウス気管支喘息モデルにおける口腔細菌由来リポ蛋白のアジュバント効果の検討
    第62回日本アレルギー学会秋季学術大会. 2012.11.29. 大阪
  76. 新谷栄崇,丸岡秀一郎,小山大輔,平沼久人,関山忠孝,権 寧博,橋本 修,Donald Cook.
    マウス気管支喘息モデルにおける細菌鞭毛構造蛋白フラジェリンの抗原性の検討
    第62回日本アレルギー学会秋季学術大会. 2012.11.30. 大阪
  77. 山口賢二,伊藤玲子,服部知洋,相澤 信,馬島 徹,橋本 修.
    解剖実習に伴うホルムアアルデヒド(FA)吸入による呼吸機能・気道過敏性への影響
    第62回日本アレルギー学会秋季学術大会 2012.12.1. 大阪
ページトップへ

2011年

I. 英語論文 2011年

  1. Terakado Masahiro, Gon Yasuhiro, Sekiyama Akiko, Takeshita Ikuko, Kozu Yutaka, Matsumoto Ken, Takahashi Noriaki, Hashimoto Shu.
    The Rac1/JNK pathway is critical for EGFR-dependent barrier formation in human airway epithelial cells.
    Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol. 2011; 300(1): L56-63.
  2. Fukunaga M, Gon Y, Nunomura S, Inoue T, Yoshioka M, Hashimoto S, Ra C.
    Protease-mediated house dust mite allergen-induced reactive oxygen species production by neutrophils.
    Int Arch Allergy Immunol 2011; 155(Suppl 1): 104-9.
  3. Gon Y, Matsumoto K, Terakado M, Sekiyama A, Maruoka S, Takeshita I, Kozu Y, Okayama Y, Ra C, Hashimoto S.
    Heregulin activation of ErbB2/ErbB3 signaling potentiates the integrity of airway epithelial barrier.
    Exp Cell Res. 2011; 317(13): 1947-53.
  4. Kameda H, Tokuda H, Sakai F, Johkoh T, Mori S, Yoshida Y, Takayanagi N, Taki H, Hasegawa Y, Hatta K, Yamanaka H, Dohi M, Hashimoto S, Yamada H, Kawai S, Takeuchi T, Tateda K, Goto H.
    Clinical and radiological features of acute-onset diffuse interstitial lung diseases in patients with rheumatoid arthritis receiving treatment with biological agents: importance of Pneumocystis pneumonia in Japan revealed by a multicenter study.
    Intern Med 2011; 50(4): 305-13
  5. Kanoh M, Kaneita Y, Hara M, Harada S, Gon Y, Kanamaru H, Ohida T.
    Longitudinal study of parental smoking habits and development of asthma in early childhood.
    Prev Med. 2011; 54(1): 94-6.
  6. Kelada SN, Wilson MS, Tavarez U, Kubalanza K, Borate B, Whitehead GS, Maruoka S, Roy MG, Olive M, Carpenter DE, Brass DM, Wynn TA, Cook DN, Evans CM, Schwartz DA, Collins FS.
    Strain-dependent genomic factors affect allergen-induced airway hyperresponsiveness in mice.
    Am J Respir Cell Mol Biol 2011; 45(5): 53-65.
  7. Li H, Bradbury JA, Dackor RT, Edin ML, Graves JP, DeGraff LM, Wang PM, Bortner CD, Maruoka S, Lih FB, Cook DN, Tomer KB, Jetten AM, Zeldin DC.
    Cyclooxygenase-2 Regulates Th17 Cell Differentiation during Allergic Lung Inflammation.
    Am J Respir Crit Care Med 2011; 184(1): 37-49.
  8. Matsukawa Y, Kitamura N, Iwamoto M, Kato K, Mizuno S, Gon Y, Shirinskaya N, Takeuchi J, Sawada S.
    Helicobacter pylori Upregulates Peripheral Platelet Counts Mainly in Female Patients.
    Acta Haematol 2011; 126(3): 172-175.
  9. Matsumoto K, Takahashi Y, Gon Y, Akahoshi T, Nakayama T, Asai S, Hashimoto S.
    Identifying unrecognized airflow obstruction in cases with lifestyle-related diseases using a data mining system with electronic medical records.
    Rinsho Byori. 2011; 59(2): 128-33.
  10. Sato M, Tsujino I, Fukunaga M, Mizumura K, Gon Y, Takahashi N, Hashimoto S.
    Cyclosporine A induces apoptosis of human lung adenocarcinoma cells via caspase-dependent pathway.
    Anticancer Res. 2011; 31(6): 2129-34.
  11. Matsukawa Y, Gon Y, Hemmi A, Takeuchi J, Sawada S, Hayashi I.
    Increases in Nonspecific Immunoglobulin E and Eosinophils after H. pylori Eradication.
    Case Rep Gastroenterol. 2011; 4(1): 41-5.
  12. Mizumura K, Sugane T, Ozaki S, Ohta H, Kouzu Y, Sekiyama A, Hiranuma H, Terakado M, Sato M, Shimizu T, Kobayashi T, Takahashi N, Hashimoto S.
    Acute myocardial infarction associated with small-size lung cancer in a young woman.
    Intern Med. 2011; 50(18): 1997-2002.

II. 日本語論文 2011年

  1. 雨宮隆太,池田徳彦,今泉和良,金子昌弘,清嶋護之,坂 英雄,佐川元保,高田佳木,細川芳文,山崎善隆
    新しい気管支鏡所見分類
    気管支学 2011; 33(2): 75-82.
  2. 村上正人,石風呂素子,藤田智子,周布多英子,鈴木雅恵,青木絢子,三輪雅子,川原律子,松野俊夫
    緩和ケアにおけるコメディカルスタッフの役割と貢献
    日本心療内科学会誌 2011; 15(4): 207-10.
  3. 村上正人,三浦勝浩,丸岡秀一郎
    患者と治療者の信頼関係の確立と治療的自我;大学における教育研修指導医の立場から
    日本心療内科学会誌 2011; 15(3): 133-6.
  4. 藤田之彦,橋本 修,相馬正義,竹内 仁,相澤 信,片山容一
    学生の講義出席率からみたハイブリット型PBLtutorial導入の効果
    日大医学雑誌 2011; 70(5): 244-8.
  5. 木村 弘,駒瀬裕子,國近尚美,別役智子,山谷睦雄,栂 博久,橋本 修,貫和敏博,永井厚志
    わが国における女性呼吸器科勤務医の勤務環境と課題
    日本医師会雑誌 2011; 139(11): 2388.
  6. 丸岡秀一郎,小林朋子,佐藤良博,福永牧子,高橋典明,橋本 修,福田 悠,高橋美紀子
    多発結節に嚢胞を伴ったPulmonary hylinizing granulomaの一例
    日本呼吸器学会雑誌 2011; 49: 307.
  7. 松本 健,植松昭仁,大木隆史,伊芸孔明,高橋典明,橋本 修,中山智祥
    結核治療を契機に寛解状態に至ったサルコイドーシスの1例
    日本サルコイドーシス・肉牙腫疾患学会雑誌 2011; 31(1): 46.
  8. 松本 健,橋本 修
    今月の画像 禁煙により良好な経過を認めた喫煙関連間質性肺炎の1例(図説)
    呼吸 2011; 30(11): 990-1.
  9. 石渡祐作,伊藤玲子,佐藤真紀,清水哲男,林 伸一,辻野一郎,小林朋子,高橋典明,橋本 修
    粟粒結核の治療後に発生した腰部大腿流注膿瘍の1例
    結核 2011; 86(2): 132-3.
  10. 林健太郎,岡本直樹,細川芳文,伊藝孔明,福永牧子,浅井保清,兒浦利哉,庄田利明,堀越 昶,橋本 修
    ヒートロープで切除した良性気管腫瘍の1例
    気管支学 2011; 33: 286.

III. 公的機関報告 2011年

  1. 赤柴恒人
    OSAS患者の血圧に及ぼすnasal CPAPの影響に関する研究
    厚生労働省科学研究費 難治性疾患克服研究事業 呼吸不全に関する調査研究 平成23年度研究報告書 2011: 73-7.

IV. 総説,解説 2011年

  1. 永岡賢一,赤星俊樹,橋本 修
    気管支喘息の病態,診断と治療;最近の進歩.妊婦の喘息
    救急医学 2011; 35(5): 568-71.
  2. 岡山吉道,柏倉淳一,權 寧博,相良博典,大森一光,照井 正,橋本 修,羅 智靖
    気管支喘息の病態,診断と治療;最新の進歩;病態 マスト細胞
    救急医学 2011; 35(5): 533-5.
  3. 丸岡秀一郎
    気管支喘息患者の気道リモデリングにおける気管支収縮の影響
    心身医学 2011; 51(10): 935.
  4. 丸岡秀一郎,橋本 修
    気管支喘息の増悪はどう治療すべきか
    Medicina 2011; 49(3): 434-7.
  5. 橋本 修,伊藤玲子,服部知洋,權 寧博,松本 健
    喘息と肥満
    Allergy From the Nose to the Lung 気道のアレルギー. 2011; 9(2): 3-10.
  6. 橋本 修,松本 健
    増悪期の管理
    総合臨床 2011; 60(4): 589-92.
  7. 橋本 修,權 寧博,松本 健
    安定期の管理.全身併存症の管理
    日本胸部臨床 2011; 70(増刊号): S134-139.
  8. 橋本 修,高橋典明,清水哲男
    薬剤性肺障害の発症メカニズムと臨床病型
    呼吸器内科 2011; 20(2): 100-4.
  9. 永岡賢一,赤星俊樹,橋本 修
    気管支喘息の病態,診断と治療;最近の進歩.妊婦の喘息
    救急医学 2011; 35(5): 568-71.
  10. 岡山吉道,柏倉淳一,權 寧博,相良博典,大森一光,照井 正,橋本 修,羅 智靖
    気管支喘息の病態,診断と治療;最新の進歩;病態 マスト細胞
    救急医学 2011; 35(5): 533-5.
  11. 丸岡秀一郎
    気管支喘息患者の気道リモデリングにおける気管支収縮の影響
    心身医学 2011; 51(10): 935.
  12. 丸岡秀一郎,橋本 修
    気管支喘息の増悪はどう治療すべきか
    Medicina 2011; 49(3): 434-7.
  13. 橋本 修,伊藤玲子,服部知洋,權 寧博,松本 健
    喘息と肥満
    Allergy From the Nose to the Lung 気道のアレルギー. 2011; 9(2): 3-10.
  14. 橋本 修,松本 健
    増悪期の管理
    総合臨床 2011; 60(4): 589-92.
  15. 橋本 修,權 寧博,松本 健
    安定期の管理.全身併存症の管理
    日本胸部臨床 2011; 70(増刊号): S134-139.
  16. 橋本 修,高橋典明,清水哲男
    薬剤性肺障害の発症メカニズムと臨床病型
    呼吸器内科 2011; 20(2): 100-4.
  17. 権 寧博,橋本 修
    病態 気道上皮
    救急医学 2011; 35(5): 529-32.
  18. 権 寧博,羅 智靖,橋本 修
    知っておかなければならないアレルギー疾患の基礎知識,アレルギー性気道炎症における気道上皮機能の変調
    アレルギー・免疫 2011; 18(5): 734-8.
  19. 権 寧博,橋本 修
    基礎研究から明らかとなった感作と発症の機序 抗原感作と喘息発症における気道上皮細胞の役割
    アレルギー・免疫 2011; 19(1): 26-31.
  20. 権 寧博,橋本 修
    喘息発症における気道上皮細胞の役割
    アレルギー科 2011; 56(2): 478-82.
  21. 高橋典明
    用語解説 気管支動脈蔓状血管腫
    日本気管食道科学会会報 2011; 62(6): 564-5.
  22. 細川芳文
    講座 画像診断 気管支内視鏡検査と画像所見 ABC 治療② ステント
    呼吸 2011; 30(4): 349-57.
  23. 細川芳文
    中葉症候群の無気肺とは
    日本医事新報 2011; 4537: 64-65.
  24. 赤柴恒人
    ここに注目! 知っているようで知らない疾患のトリセツ(file011) 睡眠時無呼吸症候群
    Credentials 2011; 29: 14-5.
  25. 赤柴恒人
    【「眠れない」を解決する 睡眠障害にまつわる身近な疑問から各症候まで徹底解説!】 治療 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
    治療 2011; 93(2): 249-54.
  26. 赤柴恒人
    COPD 肺の生活習慣病
    練馬区医師会だより 2011; 515: 5-11.
  27. 赤柴恒人
    呼吸器診療におけるリスクマネージメント・ピットフォール 簡易型無呼吸モニター
    呼吸 2011; 30(4): 383-8.
  28. 赤柴恒人
    医学と医療の最前線 睡眠時無呼吸 最近のアプローチ
    日本内科学会雑誌 2011; 100(5): 1394-400.
  29. 赤柴恒人
    【睡眠呼吸障害の克服 内科医が知っておきたい病態・症状・関連疾患】 睡眠呼吸障害の臨床症状,検査および診断 睡眠呼吸障害を疑う臨床症状,所見と検査順序
    Medicina 2011; 48(6): 966-9.
  30. 赤柴恒人
    【生活習慣と呼吸器疾患】 睡眠時無呼吸と生活習慣
    呼吸と循環 2011; 59(8): 789-94.
  31. 赤柴恒人
    【睡眠呼吸障害と全身性疾患】 睡眠呼吸障害の定義と疫学
    綜合臨床 2011; 60(8): 1642-6.
  32. 赤柴恒人
    呼吸器疾患の70年を振り返る 日本胸部臨床とともに(第9回) 睡眠時無呼吸症候群
    日本胸部臨床 2011; 70(9): 941-49.
  33. 赤柴恒人
    睡眠時無呼吸がAHIで定義される理由(Q&A)
    日本医事新報 2011; 4565: 52-3.
  34. 赤柴恒人
    【COPD-生命予後の改善を目指して-】 COPDの診断・検査法 運動負荷検査,呼吸筋機能検査
    日本臨床 2011; 69(10): 1806-13.
  35. 村上正人
    特集 見逃さない,再発させないプライマリケアで診る「うつ病」 心身相関が強い疾患の治療は心身医学的な視点が不可欠
    CLINIC magazine 2011(505): 9-12.
  36. 村上正人
    うつの前ぶれの第一は長引く頭痛・腰痛で意欲の低下や不安・不眠も伴えば警戒
    健康365 2011; 8(12): 22-3.
  37. 村上正人,三浦勝浩,丸岡秀一郎
    特集「痛みと精神医学」 線維筋痛症の精神疾患とのcomorbidityと治療上の問題点
    精神科 2011; 19(1): 21-7.
  38. 村上正人,三浦勝浩,丸岡秀一郎
    向精神薬の使い方
    JOHNS 2011; 27(9): 1287‐97 .
  39. 服部知洋,橋本 修
    Pro/Con 運動誘発喘息の予防薬 ロイコトリエン受容体拮抗薬の立場から
    喘息 2011; 24(2): 216-9.
  40. 林 伸一,橋本 修
    急性と慢性は別疾患? 好酸球性肺炎(AEP)
    日本胸部臨床 2011; 70(3): 227-36.
  41. 林 伸一
    呼吸器疾患とステロイド療法-ALI/ARDS
    呼吸器内科 2011; 19(2): 119-26.

V. 著書 2011年

  1. Gon Y, Hashimoto S.
    Epithelial growth factors. Inflammation.
    In: Izuhara K, Holgate ST, Wills-Karp M, editors. Inflammation and Allergy Drug Design. 1st ed. England, Blackwell Publishing Ltd, 2011; 263-73.
  2. 橋本 修,權 寧博,松本 健
    気道上皮細胞
    別冊医学のあゆみ 気管支喘息update (玉置淳 編). 医歯薬出版, 東京, 2011; 39-45.
  3. 金野倫子,今野千聖,降籏隆二,高橋栄,兼板佳孝,大井田隆,赤星俊樹,赤柴恒人,内田 真
    一般成人における睡眠障害と睡眠習慣の関係
    不眠研究 (不眠研究会 編). 三原医学社, 東京, 2011; 89-93.
  4. 権 寧博,橋本 修
    気管支喘息の病態におけるTRLの関与
    Annual Review 2011呼吸器 (永井厚志,巽浩一郎,桑野和善,高橋和久 編 編). 中外医学社, 東京, 2011; 84-90.
  5. 小林朋子,橋本 修
    有機塵中毒症候群
    症候群ハンドブック (井村裕夫 編) 第1版. 中山書店, 東京, 2011; 220-221.
  6. 村上正人
    線維筋痛症と心療内科的疾患(心身症・ストレス関連疾患)の合併
    線維筋痛症診療ガイドライン2011 . 日本リウマチ財団, 東京, 2011; 49-64.
  7. 村上正人
    最新版・自律神経失調症の治し方がわかる本 . 主婦と生活社, 東京, 2011
  8. 村上正人
    ストレス科学事典 (村上正人:編集幹事,日本ストレス学会・(財)パブリックヘルスリサーチセンター監修 編).
    実務教育出版, 東京, 2011

VI. その他の論文 2011年

  1. 橋本 修
    CODP:病態と最新の治療
    板橋区医師会通報. 2011; 460(11): 38-40.
  2. 橋本 修,相良博典,田中裕士,浅野浩一郎
    気管支喘息座談会(第5回)重症喘息の気道病変とリモデリング(座談会)
    アレルギー・免疫 2011; 18(3): 379-85.

VII. 学会抄録 2011年

    [I]国際学会〈シンポジウム〉

  1. Murakami M, Matsuno T, Kim W, Koike K, Murakami M, Miura K, Maruoka S, Ebana S,Hashimoto S .
    Epigenesis, Pain and Complementary Medicine : Comorbidity and Psychosomatic Aspect of Chronic Fatigue Syndrome and Fibromyalgia.
    The 21st World Congress On Psychosomatic Medicine . 2011.8.26. Seoul
  2. Hashimoto S.
    Innate Immunity in asthma.
    16th congress of the APSR. 2011.11.3. Shanghai.

    [I]国際学会〈一般演題〉

  3. Sekiyama A, Gon Y, Terakado M, Takeshita I, Kozu Y, Matsumoto K, HashimotoS.
    Glucocorticoids enhance airway epithelial barrier integrity.
    American Thoracic Society International Conference. 2011.5.13. Denver, USA
  4. Terakado M, Gon Y, Sekiyama A, Takeshita I, Kozu Y, Matsumoto K, Takahashi N, Hashimoto S.
    The Rac1/JNK pathway is critical for EGFR-dependent barrier formation in human airway epithelial cells.
    American Thoracic Society International Conference. 2011.5.13. Denver, USA
  5. Maruoka S, Wilson RH, Whitehead GS, Nakano H,Kraft M, Foley G, Flake G, Zeldin D, Sever M, Hashimoto S, Garantziotis S, Cook DN.
    The TLR5 Ligand, bacterial flagellin is the major adjuvant in common house dust.
    American Thoracic Society International Conference. 2011.5.17. Denver, USA
  6. Shimizu T, Nakanishi Y, Nakagawa Y, Sugane T, Tsujino I, Ouchi Y, Oinuma T, Takahashi N, Hashimoto S, Nemoto N.
    Thymidylate synthetase mRNA expression in lung cancer patients treated with Pemetrexed.
    14th World Conference on Lung Cancer. 2011.7.3. Amstercam, Netherlands
  7. Tsujino I, Shimizu T, Sugane T, Ochi Y, Takahashi N, Hashimoto S.
    Evaluation of increase sensitivity to etoposide and hyperthermia in cisplatinresistant human lung cancer cells.
    14th World Conference on Lung Cancer. 2011.7.3. Amstercam, Netherlands
  8. Itamura R, Murakami M.
    Obsessive/Compulsive Scratching Behavior in Atopic Dermatitis.
    The 21st World Congress On Psychosomatic Medicine . 2011.8.25. Seoul
  9. Itamura R, Murakami M.
    Homeopathy for Depression.
    The 21st World Congress On Psychosomatic Medicine. 2011.8.26. Seoul
  10. Kim W, Murakami M, Matsuno T.
    Cognitive Behavioral Therapy Intervention Programs for the Prevention of Secondary Symptoms in Fibromyalgia Syndrome Patients.
    The 21st World Congress On Psychosomatic Medicine . 2011.8.27. Seoul
  11. Shimizu T, Nakanishi Y, Nakagawa Y, Sugane T, Tsujino I, Ouchi Y, Oinuma T, Takahashi N, Hashimoto S, Nemoto N.
    Association between TS, DHFR, and GARFT mRNA expression and efficacy of Pemetrexed in advanced non-small cell lung cancer patients.
    36th ESMO. 2011.9.23. Sweden
  12. Maruoka S, Wilson RH, Whitehead GS, Foley G, Flake G, Sever M, Zeldin D, Kraft M, Garantziotis S, Hashimoto S, Nakano H, Cook DN.
    The toll-like receptor(TLR)5 Ligand, flagellin,promotes asthma by priming allergic responses to indoor allergens.
    European Respiratory Society Annual Congress. 2011.9.28. Amsterdam, Netherlands
  13. Uematsu A, Akashiba T, Akahoshi T, Nagaoka K, Okamoto N, Igei K, Kohzu Y, Kiyofuji K, Katsura K, Yoshizawa T, Hashimoto S.
    Associations between OSA and Gastroesophageal Reflux Disease (GERD).
    World sleep 2011. 2011.10.17. Kyoto
  14. Furihata R, Uchiyama M, Takahashi S, Konno C, Suzuki M, Osaki K, Konno M, Kaneita Y, Ohida T, Akahoshi T, Hashimoto S, Akashiba T.
    The Association between sleep problems and perceived health status: A
    Japanease nationwide general population survey. World sleep 2011. 2011.10.19. Kyoto
  15. Bai C, Hashimoto S, Lai CKW, Nadeau G, Shim JJ, Tsai Y, Walters R, Waterer G.
    Knowledge of COPD in primary care :an Asia-Pacific Survey.
    16th congress of the APSR. 2011.11.3. Shanghai
  16. Lai CKW, C Bai, Hashimoto S, Nadeau G, Shim JJ ,Tsai Y, Walters R.
    COPD manegement in primary care across Asia-Pcific.
    16th congress of the APSR. 2011.11.3. Shanghai

    [I]国内学会〈特別講演〉

  1. 村上正人
    慢性疼痛のモデル的疾患・線維筋痛症の診断と治療
    第40回日本慢性疼痛学会 2011.2.26. 東京
  2. 赤柴恒人
    睡眠時無呼吸症候群
    第21回気管食道科学会専門医大会 2011.2.27. 大阪
  3. 村上正人
    線維筋痛症治癒への一歩
    日本線維筋痛症学会第3回学術集会 2011.9.11. 横浜
  4. 村上正人
    子どもの線維筋痛症にみる親子関係と家族の病理
    第29回日本小児心身医学会学術集会 2011.9.16. 大阪
  5. 村上正人
    緩和医療に求められる全人的ケア
    第5回日本緩和医療薬学会年会 2011.9.24. 千葉
  6. 橋本 修
    高齢者とCOPD
    第61回日本アレルギー学会 2011.11.10. 東京
  7. 村上正人
    明日の医療を拓く心療内科‐心療内科のあるべき姿を目指して‐
    第16回日本心療内科学会総会・学術大会 2011.11.27. 東京
  8. 村上正人
    患者の祈り,医療者の祈り
    第16回日本心療内科学会総会・学術大会 2011.11.27. 東京
  9. [I]国内学会〈シンポジウム〉

  10. 村上正人,松野俊夫,小池一喜,金 外淑,三浦勝浩
    「現代社会とストレス」 線維筋痛症にみる現代の女性社会とストレス
    第28回日本医学会総会 2011.4.8. 東京
  11. 村上正人
    皮膚科診療に求められる心身医学的アプローチ
    第110回日本皮膚科学会総会 2011.4.17. 横浜
  12. 権 寧博,橋本 修
    難治性喘息の病態・気道構成細胞
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.22. 東京
  13. 権 寧博,橋本 修
    難治性喘息の病態 気道構成細胞
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.22. 東京
  14. 村上正人,松野俊夫,三浦勝浩,丸岡秀一郎,金 外淑
    「女性に多い慢性疼痛」 女性に多くみられる線維筋痛症とその病態
    第40回日本女性心身医学回学術集会 2011.7.24. 東京
  15. 金 外淑,村上正人,松野俊夫
    「線維筋痛症における認知行動療法とストレス対処法」線維筋痛症における認知行動療法とストレス対処法
    日本線維筋痛症学会第3回学術集会 2011.9.11. 横浜
  16. 権 寧博
    当院における治験への取り組み
    第11回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2011.9.24. 岡山
  17. 岡山吉道,松田 彰,権 寧博,照井 正,浅野正岳,秋久俊博,佐々木朋美,羅 智靖
    IgEによる未熟ヒトマスト細胞のFcεRIを介する脱顆粒能の獲得とヒト型抗IgE抗体による抑制
    第61回日本アレルギー学会秋季学術大会 2011.11.10. 東京
  18. 丸岡秀一郎,Wilson RH,Whitehead GS,中野英樹,権 寧博,橋本 修,Cook DN
    マウス喘息モデルにおけるTLR5リガンド,フラジェリンの役割
    第61回日本アレルギー学会秋季学術大会 2011.11.10. 東京
  19. 権 寧博,橋本 修
    気道構成細胞から喘息の発症メカニズムを探る:気道上皮細胞
    第61回日本アレルギー学会秋季学術大会 2011.11.10. 東京
  20. 權 寧博,橋本 修
    気道上皮細胞
    第61回日本アレルギー学会 2011.11.11. 東京
  21. 橋本 修,權 寧博,松本 健
    気管支喘息の最新の動向を探る:分子標的治療
    第61回日本アレルギー学会 2011.11.12. 東京
  22. 丸岡秀一郎,三浦勝浩,村上正人,橋本 修
    気管支喘息の発症機序と環境因子‐呼吸器心身症の新たなメカニズム究明へ
    第16回日本心療内科学会総会・学術大会 2011.11.26. 東京
  23. 小池一喜,篠崎貴弘,原 和彦,松野俊夫,村上正人
    心身症発症の心理社会的要因 舌痛症を中心にして 第16回日本心療内科学会総会・学術大会 2011.11.26 東京
    第16回日本心療内科学会総会・学術大会 2011.11.26. 東京
  24. 飯嶋正広,伊藤むつみ,野口将成,村上正人
    鼻炎合併気管支喘息患者の心身医学的特徴について
    第16回日本心療内科学会総会・学術大会 2011.11.26. 東京
  25. [I]国内学会〈ワークショップ〉

  26. 村上正人
    第21回学会認定自律訓練法基礎講習会 自律訓練法標準練習(1)実技指導
    日本自律訓練学会第34回大会 2011.10.10. 東京
  27. [I]国内学会〈一般演題〉

  28. Shimizu T, Nakanishi Y, Nakagawa Y, Sugane T ,Tsujino I, Ouchi Y, Oinuma T, Takahashi N, Hashimoto S, Nemoto N.
    Thymidylate synthetase mRNA expression in lung cancer patients treated with Pemetrexed.
    第9回日本臨床腫瘍学会学術集会. 2011.7.21. 横浜
  29. 服部知洋,伊藤玲子,重森典子,山口賢二,平沼久人,関山忠孝,馬島 徹,大木隆史,赤星俊樹,橋本 修
    気管支喘息治療における繰返しの吸入指導効果の検討
    第108回日本内科学会講演会 2011.4.18. 東京
  30. 永岡賢一,吉澤孝之,植松昭仁,赤星俊樹,神津 悠,吉澤明孝,権 寧博,赤柴恒人,橋本 修
    OSAS患者における高血圧と喫煙の関連について
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.22. 東京
  31. 岡本直樹,植松昭仁,永岡賢一,伊藝孔明,赤星俊樹,赤柴恒人,高橋典明,橋本 修
    長期CPAP症例におけるコンプライアンスと問題点の検討
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.22. 東京
  32. 関山晶子,権 寧博,寺門正裕 ,神津 悠,竹下郁子,松本 健,小林朋子,橋本 修
    吸入ステロイドのEGFRを介した気道上皮透過性バリア促進作用
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.22. 東京
  33. 岩城 基,吉澤孝之,古市祥子,吉澤明孝,赤星俊樹,橋本 修
    禁煙外来におけるハイ・チェッカーの有用性
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.22. 東京
  34. 吉澤孝之,岩城 基,古市祥子,吉澤明孝,細川芳文,赤星俊樹,橋本 修
    プライマリケアにおけるハイ・チェッカーの有用性
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.22. 東京
  35. 熊澤文雄,林 伸一,佐藤良博,関山 晶子 ,福永牧子,松本 健,小林朋子,高橋典明,橋本 修
    悪性疾患治療中に併発したニューモシスチス肺炎の検討
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.22. 東京
  36. 細川芳文,岡本直樹,伊藝孔明,林健太郎,福永牧子,佐藤真紀,児浦利哉,庄田利明,橋本 修
    Tiotropium bromide hydrate(Ti) 吸入の気道分泌物抑制作用について
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.22. 東京
  37. 寺門正裕,権 寧博,神津 悠,関山晶子,竹下郁子,松本 健,高橋典明,橋本 修
    上皮成長因子による気道上皮バリアの制御
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.22. 東京
  38. 小山大輔,小林朋子,新谷榮崇,畑岡つかさ,石渡祐作,関山晶子,大木隆史,中川喜子,伊藤玲子,林 伸一,高橋典明,橋本 修
    当院における肺結核死亡例の臨床的検討
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.22. 東京
  39. 須金紀雄,林健太郎,佐藤良博,浅井康夫,中川喜子,清水哲男,辻野一郎,大地康司,高橋典明,橋本 修
    進行肺扁平上皮癌症例に対するカルボプラチン,パクリタキセル(CP)併用化学療法の検討
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.22. 東京
  40. 浅井康夫,佐藤良博,寺門正裕,清水哲男,須金紀雄,高橋美樹,辻野一郎,大地康司,高橋典明,橋本 修
    EGFR遺伝子変異陰性の進行非小細胞肺癌に対するEGFR-TKIの使用経験
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.22. 東京
  41. 辻野一郎,佐藤真紀,清水哲男,須金紀雄,赤星俊樹,林 伸一,大地康司,高橋典明,橋本 修
    Cisplatin耐性肺癌細胞におけるEtoposide並びにhyperthermia感受性についての検討
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.22. 東京
  42. 丸岡秀一郎,Wilson RH,Whitehead GS,中野英樹,権 寧博,橋本 修,Cook DN
    気管支喘息 喘息初期抗原感作におけるTLR5リガンド,フラジェリンの役割
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.23. 東京
  43. 松本 健,権 寧博,竹下郁子,中山智祥,橋本 修
    気道上皮透過性バリアとウイルス感染・免疫応答に関する検討
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.23. 東京
  44. 関山晶子,権 寧博,寺門正裕,神津 悠,竹下郁子,松本 健,小林朋子,橋本 修
    ステロイドによるEGFRを介する気道上皮バリア促進作用
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.24. 東京
  45. 丸岡秀一郎,小林朋子,佐藤良博,福永牧子,高橋典明,橋本 修,福田 悠,高橋美紀子
    多発結節に嚢胞を伴ったPulmonary hyalinizing granulomaの一例
    第51回日本呼吸器学会学術講演会 2011.4.24. 東京
  46. 中西陽子,清水哲男,辻野一郎,尾花ゆかり,渕之上史,石毛俊幸,砂川恵伸,本間
    琢,大荷澄江,生沼利典,高橋典明,橋本 修,村松 高,大森一光,杉谷雅彦,根本則道
    肺生検微小検体からの遺伝子発現解析による肺癌の組織型鑑別への応用
    第100回日本病理学会総会 2011.4.28. 横浜
  47. 伊藤玲子,服部知洋,赤星俊樹,松本 健,橋本 修
    チオトロピウム投与中,安定期のCOPD患者へのサルメテロール/フルチカゾン配合剤(SFC)の併用効果の検討
    第51回日本呼吸器学会講演会 2011.5.24. 東京
  48. 清藤晃司,赤星俊樹,松本 健,永岡賢一,植松昭仁,服部知洋,吉澤孝之,橋本 修
    ハイチェッカーによるFEV1.0, FEV1.0/FEV6.0の有用性
    第51回日本呼吸器学会講演会 2011.5.24. 東京
  49. 熊澤文雄,高橋典明,佐藤良博,須金紀雄,林 伸一,小林朋子,橋本 修
    結核治療前の栄養状態が入院期間へ及ぼす影響について.
    第86回日本結核病学会総会. 2011.6.2. 東京
  50. 桑原 徹,廣安一彦,赤柴恒人,山口 晃
    経口抗癌剤にて重度のHand-Foot Syndoromeを生じた2例
    第35回日本頭頸部癌学会 2011.6.9. 愛知
  51. 中上綾子,辻内琢也,鈴木勝己,辻内優子,村上正人
    臨床場面という「物語」の構築-線維筋痛症をめぐる対話の分析から-
    第52回日本心身医学会総会ならびに学術講演会 2011.6.10. 横浜
  52. 神津 悠,小林朋子,大木隆史,関山晶子,熊澤文雄,平沼久人,永岡賢一,林 伸一,高橋典明,橋本 修
    びまん性肺疾患における気管支鏡の役割,実地臨床におけるびまん性肺疾患に対する気管支鏡検査(BAL・TBLB)の有用性
    第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2011.6.16. 浜松
  53. 佐藤良博,高橋典明,中川喜子,浅井康夫,佐藤真紀,清水哲男,須金紀雄,高橋美樹,林 伸一,辻野一郎,小林朋子,橋本 修
    末梢肺癌確定診断時の気管支鏡検査における細菌学的検査の必要性について
    第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2011.6.17. 浜松
  54. 林健太郎,岡本直樹,細川芳文,伊芸孔明,福永牧子,浅井保清,兒浦利哉,庄田利明,堀越 昶,橋本 修
    ヒートローブで切除した良性気管腫瘍の1例
    第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2011.6.17. 静岡
  55. 仲村洋之,藤田之彦,橋本 修
    オープンソフトを利用したシラバス電子化の試み
    第43回日本医学教育学会大会 2011.7.22. 広島
  56. 藤田之彦,仲村洋之,橋本 修
    授業評価におけるビデオ録画による自己評価の試み
    第43回日本医学教育学会大会 2011.7.22. 広島
  57. 吉澤孝之,岩城 基,古市祥子,行田泰明,吉澤明孝,赤星俊樹,橋本 修
    慢性呼吸器疾患終末期における包括的呼吸ケア
    第16回日本緩和医療学会 2011.7.29. 札幌
  58. 吉澤孝之,岩城 基,古市祥子,吉澤明孝,石黒俊彦,行田泰明,細川芳文,赤星俊樹,橋本 修
    プライマリケアにおけるCOPDの早期発見と治療介入の早期試み
    第25回日本臨床内科医学会. 2011.9.18. 札幌
  59. 小池一喜,村上正人,松野俊夫
    舌痛症患者における心理ストレスの検討
    日本交流分析学会第36回学術大会 2011.9.18. 東京
  60. 小池一喜,村上正人,松野俊夫
    エゴグラムとカテコラミン(NPを中心として)
    日本交流分析学会第36回学術大会 2011.9.18. 東京
  61. 青木絢子,松野俊夫,花岡啓子,川原律子,石風呂素子,村上正人
    思春期青年期の線維筋痛症患者に対する交流分析的検討(第1報)-ドライバー行動の視点から-
    日本交流分析学会第36回学術大会 2011.9.18. 東京
  62. 瀬在 明,赤星俊樹,秦 光賢,吉武 勇,宇野澤聡,和久井真司,木村 玄,畑 博明,塩野元美,赤柴恒人,高山忠輝,平山篤志,内山 真,関野久邦
    睡眠時無呼吸症候群と心血管リスク 心臓手術患者と睡眠呼吸障害
    第59回日本心臓病学会学術集会 2011.9.23. 神戸
  63. 関根典子,川口絢子,鈴木ゆかり,山内彩未,内野幸恵,榎本由希子,権 寧博
    国際共同治験における実施体制の整備と効率化に向けた治験事務局の取組み
    第11回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2011.9.24. 岡山
  64. 菰田のぞみ,渡邊真由美,川合真知子,山垣真美,小野寺梢,斉藤由緒里,安藤智美,榎本由希子,権 寧博
    国際共同治験におけるCRC業務負担の検証と担当できるプロトコール数に関する考察
    第11回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2011.9.24. 岡山
  65. 青木絢子,花岡啓子
    コメディカルのための勉強会-AT試行中のトラブル対応などについて-:自律訓練法の練習中に意識障害を起こした1例
    日本自律訓練学会第34回大会 2011.10.8. 東京
  66. 小池一喜,篠崎貴弘,原和彦,松野俊夫,村上正人
    自律訓練法指導により口腔乾燥が改善した症例
    日本自律訓練学会第34回大会 2011.10.9. 東京
  67. 永岡賢一,植松昭仁,吉澤孝之,赤星俊樹,柴崎佳奈,清藤晃司,岡本直樹,伊藝孔明,神津 悠,權 寧博,赤柴恒人,橋本 修
    閉塞生睡眠時無呼吸症候群(OSAS)患者の血圧に及ぼす喫煙とnasal-CPAPの影響
    第36回日本睡眠学会. 2011.10.15. 京都
  68. 中西陽子,清水哲男,辻野一郎,高橋典明,橋本 修,関 利美,尾花ゆかり,渕上之上史,大荷澄江,生沼利倫,楠美嘉晃,増田しのぶ,杉谷正彦,根本則道
    QP法とTmを用いた肺癌細胞診検討からの迅速EGFR遺伝子変異検出の有用性
    第50回日本臨床細胞学会秋季大会 2011.10.22. 東京
  69. 降籏隆二,今野千聖,鈴木正泰,大嵜公一,高橋 栄,内山 真,兼板佳孝,大井田隆,赤星俊樹,赤柴恒人
    健康感に対する不眠の影響の検討
    第107回日本精神神経学会学術集会 2011.10.26. 東京
  70. 岩城 基,吉澤孝之,吉澤明孝,橋本 修
    肺癌患者のリハビリテーション
    第21回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2011.11.3. 松本
  71. 岩城 基,吉澤孝之,古市祥子,行田泰明,吉澤明孝,板垣鈴子,岩城みさ子,橋本 修
    慢性呼吸器疾患および肺癌終末期における包括的呼吸ケア
    第21回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2011.11.3. 松本
  72. 吉澤孝之,古市祥子,石黒俊彦,佐々木正美,齋藤房甲,成田理恵,赤星俊樹,橋本 修
    プライマリケアにおけるCOPDの潜在性についてーハイチェッカーを用いたスクリーニングと治療介入の試みー
    第21回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2011.11.3. 松本
  73. 吉澤孝之,古市祥子,溝口真美,西澤美樹,松尾幸代,竹田歌子,榊原美沙,宮本園枝,清藤晃司,橋本 修
    禁煙外来におけるCOPDの潜在性とハイチェッカーの有用性
    第21回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会. 2011.11.3. 松本
  74. 吉澤明孝,吉澤孝之,古市祥子,岩城 基,行田泰明,平井菜穂子,細川芳文,赤星俊樹,赤柴恒人,橋本 修
    閉塞性睡眠時無呼吸症候群の周術期管理̶頸椎後縦靭帯骨化症の3手術症例̶
    第21回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2011.11.3. 松本
  75. 須金紀雄,高橋典明,佐藤良博,浅井康夫,中川喜子,寺門正裕,佐藤真紀,清水哲男,高橋美樹,辻野一郎,大地康司,橋本 修
    血清Dダイマー値による臨床病期の予測について
    第52回日本肺癌学会総会 2011.11.3. 大阪
  76. 清水哲男,中西陽子,中川喜子,須金紀雄,辻野一郎,大地康司,生沼利倫,高橋典明,橋本 修,根本則道
    進行非小細胞肺癌におけるペイトレキセドの効果と癌組織内,TS,DHFR,GARFT mRNA発現の関係
    第52回日本肺癌学会総会 2011.11.3. 大阪
  77. 清藤晃司,永岡賢一,植松昭仁,服部知洋,吉澤孝之,橋本 修
    ハイチェッカーの臨床的有用性
    第21回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2011.11.3. 松本
  78. 石槫裕之,吉澤孝之,古市祥子,溝口真美,牧田和香子,林めぐみ,坂本ひか里,橋本 修
    当院禁煙外来の後ろ向き検討とタバコ値上がりの影響
    第21回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2011.11.3. 松本
  79. 前田桂子,岩城 基,久野絵里,大城裕介,山下 恵,吉澤孝之.古市祥子,橋本 修
    呼吸リハビリテーションにおけるCATの有用性
    第21回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2011.11.3. 松本
  80. 大城裕介,岩城 基,鹿野憲二,吉澤孝之,古市祥子,橋本 修
    在宅酸素療法患者における携帯用ボンベカートの検討
    第21回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会. 2011.11.3. 松本
  81. 中西陽子,清水哲男,辻野一郎,高橋典明,橋本 修,関 利美,尾花ゆかり,渕之上史,大荷澄江,生沼利倫,根本則道
    QP法とTm解析を用いた肺癌細胞診検体からのEGFR遺伝子変異検査法の有用性
    第52回日本肺癌学会総会 2011.11.3. 大阪
  82. 伊藤玲子,服部知洋,古川典子,平沼久人,関山忠孝,関山晶子,大木隆史,山口賢二,橋本奈緒美,橋本 修
    吸入手技に焦点を置いた簡易な吸入指導の検討
    第21回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2011.11.4. 松本
  83. 岡本直樹,植松昭仁,永岡賢一,伊藝孔明,清藤晃司,赤星俊樹,桂 一仁,赤柴恒人,橋本 修
    CPAP症例におけるアドヒアランスとその要因の検討
    第21回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2011.11.4. 松本
  84. 吉澤明孝,吉澤孝之,古市祥子,岩城 基,行田泰明,平井菜穂子,細川芳文,赤星俊樹,赤柴恒人,橋本 修
    閉塞性睡眠時無呼吸症候群の周術期管理-頸椎後縦靭帯骨化症の3手術例
    第21回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2011.11.4. 松本
  85. 橋田洋史,柴崎佳奈,伊藤勇輝,本間美香,伊藤明芳,堀口利矢子,石黒俊彦,吉澤孝之,赤柴恒人,橋本 修
    n-CPAP療法のコンプライアンスに関する検討
    第21回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 2011.11.4. 松本
  86. 伊藤玲子,服部知洋,山口賢二,平沼久人,関山忠孝,古川典子,赤星俊樹,橋本 修
    喘息合併が疑われるCOPD患者におけるサルメテロール/フルチカゾン配合剤(SFC)追加投与の検討
    第61回日本アレルギー学会秋期学術大会 2011.11.10. 東京
  87. 神津 悠,權 寧博,関山晶子,寺門正裕,竹下郁子,松本 健,丸岡秀一郎,橋本 修
    気道上皮の物理的・免疫的学バリアにおかるPCDH1の役割
    第61回日本アレルギー学会秋季学術大会 2011.11.10. 東京
  88. 服部知洋,伊藤玲子,古川典子,山口賢二,平沼久人,関山忠孝,橋本奈緒美,大木隆史,永岡賢一,植松昭仁,清藤晃司,赤星俊樹,馬島 徹,橋本 修
    気管支喘息治療における長期の簡易吸入指導の検討
    第61回日本アレルギー学会秋季学術大会 2011.11.10. 東京
  89. 松本 健,権 寧博,赤星俊樹,橋本 修,中山智祥
    呼吸機能低下に関連するCOPD増悪因子の解析
    第58回日本臨床検査医学会学術集会 2011.11.17. 岡山
  90. 五島史行,村上正人
    耳鼻咽喉科心身症患者への心理治療の適応と効果
    第16回日本心療内科学会総会・学術大会 2011.11.26. 東京
  91. 神谷綾子,村上正人,榎本淑子,宗岡克政,大谷了英,玉木利和,村山隆志,北村蓉子,末松弘行,木下敏子
    長期休職者の復職にまつわる諸問題と第二世代抗精神病薬適応の可能性
    第16回日本心療内科学会総会・学術大会 2011.11.26. 東京
  92. 青木絢子,松野俊夫,花岡啓子,金 外淑,丸岡秀一郎,三浦勝浩,村上正人
    線維筋痛症患者に対する交流分析的検討(第2報)‐思春期患者の1例‐
    第16回日本心療内科学会総会・学術大会 2011.11.26. 東京
  93. 中上綾子,辻内琢也,鈴木勝己,伊藤康文,村上正人
    「つながり」というケア‐線維筋痛症をめぐる対話の分析から‐
    第16回日本心療内科学会総会・学術大会 2011.11.26. 東京
  94. 塚本路子,縄田昌子,瀬戸恵理,塚本克彦,村上正人
    月経に関連する片頭痛患者における遺伝子多型解析
    第16回日本心療内科学会総会・学術大会 2011.11.26. 東京
  95. 板村論子,村上正人
    成人期のアトピー性皮膚炎患者における掻破行動に関する強迫観念・強迫行動の検討
    第16回日本心療内科学会総会・学術大会 2011.11.26. 東京
  96. 飯嶋正広,伊藤むつみ,村上正人
    気管支喘息を合併する線維筋痛症患者に対する心療内科的アプローチについて
    第16回日本心療内科学会総会・学術大会 2011.11.26. 東京
  97. 松本美富士,西岡久寿樹,浦野房三,行岡正雄,村上正人,宮岡 等,岡 寛,長田賢一,斑目建夫,横田俊平
    線維筋痛症診療ガイドライン2009
    第25回日本臨床リウマチ学会 2011.11.27. 東京
  98. 藤田之彦,橋本 修,住友直方,堀越 昶,竹内 仁,戸田宗宏,佐藤綾子
    日本大学医学部と芸術学部演劇学科との学部間協力に力によるSP養成
    第43回日本医学教育学会大会 20111.7.22. 広島
ページトップへ

2010年

I. 英語論文 2010年

  1. Fukunaga Makiko, Nunomura Satoshi, Nishida Shigeru, Endo Kaori, Gon Yasuhiro, Hashimoto Shu, Hashimoto Yuichi, Okayama Yoshimichi, Makishima Makoto , Ra Chisei.
    Mast cell death induced by 24(S),25-epoxycholesterol.
    Exp Cell Res 2010; 316(19): 3272-81.
  2. Terakado Masahiro, Gon Yasuhiro, Sekiyama Akiko, Takeshita Ikuko, Kozu Yutaka, Matsumoto Ken, Takahashi Noriaki, Hashimoto Shu.
    The Rac1/JNK pathway is critical for EGFR-dependent barrier formation in human airway epithelial cells.
    Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol. 2011; 300(1): 56-63.
  3. Akahoshi T, Uematsu A, Akashiba T, Nagaoka K, Kiyofuji K, Kawahara S, Hattori T, Kaneita Y, Yoshizawa T, Takahashi N, Uchiyama M, Hashimoto S.
    Obstructive sleep apnoea is associated with risk factors comprising the metabolic syndrome. Respirology 15:1122-1126, 2010.
    Respirology 2010; 15: 1122-6.
  4. Kobayashi M, Nunomura S, Gon Y, Endo D, Kishiro S, Fukunaga M, Kitahata Y,Terui T, Ra C.
    Abrogation of high-affinity IgE receptor-mediated mast cell activation at the effector phase prevents contact hypersensitivity to oxazolone.
    J Invest Dermatol. 2010; 130(3): 725-31.
  5. Mizumura K, Gon Y, Kumasawa F, Onose A, Maruoka S, Matsumoto K, Hayashi S, Kobayashi T, Hashimoto S.
    Apoptosis signal-regulating kinase 1-mediated signaling pathway regulates lipopolysaccharide-induced tissue factor expression in pulmonary microvasculature.
    Int Immunopharmacol 2010; 10(9): 1062-7.
  6. Mizumura K, Machino T, Sato Y, Ooki T, Hayashi K, Nakagawa Y, Fukunaga M, Sato M, Kiyofuji K, Hayashi S, Kobayashi T, Yoshizawa T, Takahashi N, Hashimoto S.
    Tuberculous retropharyngeal abscess associated with spinal tuberculosis well controlled by fine-needle aspiration and anti-tuberculous chemotherapy.
    Internal Medicine 2010; 49(12): 1155-8.

II. 日本語論文 2010年

  1. 服部知洋,馬島 徹,橋本 修
    浸透圧変化によるモルモット気道上皮イオントランスポートの反応性の検討
    アレルギー 2010; 59(8): 974-983.
  2. 伊藤玲子,小林朋子,古川典子,関山忠孝,大木隆史,平沼久人,山口賢二,服部知洋,林 伸一,橋本 修
    インフリキシマブ投与中に発症したニューモチスチス肺炎の一例
    日大医学雑誌 2010; 69(1): 58-61.
  3. 遠藤大介,小野瀬輝,尾野美奈子,石橋直也,佐藤良博,平沼久人,永岡賢一,赤星俊樹,権 寧博,蜂須賀久喜,橋本 修
    縦隔鏡によって診断した肺小細胞癌の一例
    日大医学雑誌 2010; 69(3): 189-192.
  4. 関山忠孝,服部知洋,伊藤玲子,山口賢二,平沼久人,清藤晃司,三輪千尋,吉澤孝之,赤星俊樹,馬島 徹,赤柴恒人,橋本 修
    オロパタジンとステロイド投与が奏効した難治性気管喘息に伴うブロンコレアの1症例
    日本胸部臨床 2010; 69(10): 958-62.
  5. 関山忠孝,水村賢司,小林朋子,林 伸一,辻野一郎,橋本 修
    Pulmonary tumor thrombotic microangiopathyと鑑別を要した子宮頸癌による肺動脈腫瘍塞栓症の1例
    日本呼吸器学会雑誌 2010; 48(8): 595-9.
  6. 須金紀雄,清水哲男,植松昭仁,松本 健,赤星俊樹,辻野一郎,高橋典明,橋本 修
    ゲフィチニブ(イレッサ®)が著効した再発肺癌の1例
    板橋区医師会雑誌 2010; 14: 321-2.
  7. 瀬在明,赤星俊樹,南和友,関野久邦,秦光賢,吉武勇,和久井真司,宇野澤聡,高坂彩子,村上朝彦,塩野元美,内山真,赤柴恒人
    睡眠時無呼吸症候群を合併した冠動脈バイパス術後患者に持続的気道内陽圧(CPAP)療法が著効した症例
    日大医学雑誌 2010; 69(3): 198-202.
  8. 中川喜子,清水哲男,寺門正裕,平沼久人,松本 健,高橋典明,橋本 修
    縦隔に発生した滑膜肉腫の1例
    日本呼吸器学会雑誌 2010; 48(10): 734-8.
  9. 日暮亮太,村松高,四万村三恵,古市基彦,西井竜彦,竹下伸二,石本真一郎,田中洋子,諸岡宏明,小林朋子,高橋典明,大森一光,塩野元美
    血痰を伴った先天性気管支閉鎖症の1手術例
    日大医学雑誌 2010; 69(5): 317-20.

III. 公的機関報告 2010年

  1. 赤柴恒人,赤星俊樹,植松昭仁,永岡賢一,野村奈津子,清藤晃司,岡本直樹,伊藝孔明,桂一仁,橋本 修
    睡眠時無呼吸症候群における内臓脂肪とメタボリック症候群の検討
    厚生労働省循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業,健康づくりのための休養や睡眠の在り方に関する研究。平成21年度研究報告書 2010: 38-46.
  2. 赤柴恒人,赤星俊樹,永岡賢一,植松昭仁,野村奈津子,清藤晃司,岡本直樹,伊藝孔明,桂一仁,橋本 修
    非肥満OSAS症例における内臓脂肪と代謝機能異常との関連
    厚生労働省難治性疾患克服研究事業,呼吸不全に関する調査研究。平成21年度研究報告書 2010: 267-71.
  3. 赤柴恒人
    非肥満OSAS症例における内臓脂肪と代謝機能異常との関連(分担研究報告)
    厚生労働省難治性疾患克服研究事業,呼吸不全に関する調査研究。平成21年度研究報告書 2010: 104-5.

IV. 総説,解説 2010年

  1. Hashimoto S.
    Report on the efficacy of first-line gefinib on non-small-cell lung cancer harboring sensitive EGFR mutation from JAPAN.
    APSR Bulletin 2010; 14.
  2. 永岡賢一,赤星俊樹,橋本 修
    呼吸不全
    臨床婦人科産科 2010; 64(1): 43-7.
  3. 岡田一義,阿部雅紀,辻野一郎,石原寿光,前田英明,平山篤志,松本紘一,澤 充
    日本大学発慢性腎臓病地域連携の始動 横断型専門外来の設置
    日大医学雑誌 2010; 69(1): 63-4.
  4. 関山晶子,権 寧博,橋本 修
    IL-4,IL-13と気道上皮透過性機能
    臨床免疫・アレルギー科 2010; 54(3): 373-7.
  5. 橋本 修,松本 健,伊藤玲子
    Pro/Con紙上討論(第3回) 軽症持続型喘息で配合剤を用いるか? Conの立場から
    喘息 2010; 23(2): 231-5.
  6. 五島史行,中井貴美子,村上正人,小川郁
    耳鼻咽喉科領域の線維筋痛症
    神経内科 2010; 72(5): 494-7.
  7. 高橋典明,橋本 修
    より良い診療を目指して 他診療科との連携 サルコイドーシス
    眼科 2010; 52(5): 673-8.
  8. 椙田賢司,高田眞一,千島史尚,山本樹生,木下優子,白土辰子,村上正人,前林俊也
    婦人科がんで難渋する症状に対応する-腫瘍からの出血,瘻孔の処置-
    緩和ケア 2010; 20: 237-41.
  9. 赤柴恒人
    【睡眠時無呼吸症候群 研究と臨床の新時代】 睡眠時無呼吸症候群とメタボリックシンドローム
    The LUNG-perspectives 2010; 18(3): 259-62.
  10. 赤柴恒人
    【生活習慣と呼吸器疾患】 睡眠時無呼吸症候群と体型
    呼吸器内科 2010; 17(6): 511-5.
  11. 赤柴恒人
    睡眠時無呼吸と疾病予後・生命予後
    循環器内科 2010; 68(5): 515-20.
  12. 赤柴恒人
    【睡眠時無呼吸症候群の最新の話題】 睡眠時無呼吸症候群の定義・診断基準と疫学
    日本胸部臨床 2010; 69(7): 577-83.
  13. 赤柴恒人,落合亮一,片山俊郎,加納隆,川崎忠行,行岡秀和,剣持敬,後藤隆久,杉薫,瀬上清貴,田林晄一,林鉱三郎,水口潤,守山敏樹,安武正弘,安原 洋,柳下和慶,山崎健二,渡辺敏,臨床工学合同委員会
    臨床工学技士基本業務指針2010
    日本臨床工学技士会会報 2010; 41: 4-14.
  14. 赤柴恒人
    【COPDの併存症・合併症】 COPDにおける睡眠障害
    呼吸と循環 2010; 58(2): 159-64.
  15. 赤柴恒人
    【睡眠と生活習慣病】 睡眠時無呼吸症候群
    成人病と生活習慣病 2010; 40(4): 390-4.
  16. 赤柴恒人
    睡眠障害をめぐって
    日大医学雑誌 2010; 69(1): 4-5.
  17. 赤柴恒人
    【COPDの診療update】 COPDと睡眠時無呼吸症候群
    日本医師会雑誌 2010; 138(12): 2522.
  18. 赤星俊樹,赤柴恒人,馬島 徹,橋本 修
    用語解説 睡眠呼吸障害 Sleep disordered breathing(SDB)
    日本気管食道科学会会報 2010; 61(5): 470-2.
  19. 赤星俊樹,赤柴恒人,植松昭仁,岡本直樹,権 寧博,細川芳文,内山 真,橋本 修
    特集「睡眠障害をめぐって」睡眠呼吸障害:閉塞性睡眠時無呼吸低呼吸症候群(OSAHS)における上気道閉塞発症のメカニズム
    日大医学雑誌 2010; 69(1): 17-22.
  20. 赤星俊樹,吉澤孝之,岩城基,村上正人,高橋典明,橋本 修
    呼吸器疾患の終末期ケア COPDにおける終末期ケアの問題点と対策
    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 2010; 19(3): 215-9.
  21. 川原律子,松野俊夫,石風呂素子,金 外淑,三輪雅子,村山ヤスヨ,中村晶子,村上正人
    心理士が活動するにあたっての検討課題
    心身医学 2010; 50(2): 103-7.
  22. 村上正人
    内科疾患における不安・抑うつの診方 リウマチ性疾患
    内科 2010; 105(2): 231-4.
  23. 村上正人
    線維筋痛症の診断と治療に活かすNarrative Based Medicine
    ペインクリニック 2010; 31(3): 299-306.
  24. 村上正人,松野俊夫,金 外淑,三浦勝浩,井上幹紀親
    心療内科領域の線維筋痛症-心身医学的視点からみた線維筋痛症の疾患概念と病態-
    神経内科 2010; 72(5): 480-5.
  25. 村上正人,松野俊夫,三浦勝浩
    筋骨格系の慢性疼痛
    総合臨床 2010; 59(11): 2238-48.
  26. 村上正人,松野俊夫,金 外淑,三浦勝浩
    線維筋痛症と否定的感情
    心身医学 2010; 50(12): 1157-63.
  27. 村上正人,三浦勝浩
    緩和医療における心療内科医の役割と貢献
    日本心療内科学会誌 2010; 14(4): 225-9.
  28. 村上正人,松野俊夫
    筋骨格系の慢性疼痛と心理社会的ストレス-心療内科における診断と治療-
    日大医学雑誌 2010; 69(1): 183-8.
  29. 徳橋泰明,吉田行弘,網代泰充,高橋典明,辻野一郎,大森一光,村松高,高橋元一郎,齋藤 勉,龍順之助
    肺癌骨転移に対する治療前予後予測と治療戦略
    日大医学雑誌 2010; 69(4): 238-42.
  30. 百村伸一,赤柴恒人他 日本循環器学会
    循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2008-2009年度合同研究班報告)【ダイジェスト版】循環器領域における睡眠呼吸障害の診断・治療に関するガイドライン
    Circulation Journal 2010; 74(2S): 1053-84.
  31. 百村伸一,赤柴恒人,他 日本循環器学会
    循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2008-2009年度合同研究班報告)循環器領域における睡眠呼吸障害の診断・治療に関するガイドライン
    Circulation Journal 2010; 74(2S): 963-1051.
  32. 永岡賢一,赤星俊樹,橋本 修
    【母体救命搬送】 【救急搬送のタイミングと応急処置 妊産褥婦に合併した救急疾患】 呼吸不全
    臨床婦人科産科 2010; 64(1): 43-7.
  33. 林 伸一
    肺高血圧の新しい治療
    呼吸と循環 2010; 58(1): 89-95.
  34. 伊佐浩紀,増田啓子,山木淑江,赤星俊樹
    【睡眠障害をめぐって】 睡眠検査 PSGと携帯型装置
    日大医学雑誌 2010; 69(1): 23-8.
  35. 植松昭仁,赤星俊樹,伊藝孔明,永岡賢一,服部知洋,高橋典明,赤柴恒人,橋本 修
    【睡眠障害をめぐって】 SDBの保存的治療 Nasal CPAP
    日大医学雑誌 2010; 69(1): 29-32.
  36. 赤星俊樹,赤柴恒人,植松昭仁,岡本直樹,権 寧博,細川芳文,内山真,橋本 修
    【睡眠障害をめぐって】 睡眠呼吸障害 閉塞性睡眠時無呼吸低呼吸症候群(OSAHS)における上気道閉塞発症のメカニズム
    日大医学雑誌 2010; 69(1): 17-22.
  37. 橋本 修
    気管支喘息
    日本内科学会雑誌 2010; 99(3): 578-583.
  38. 橋本 修,權寧博,松本 健
    【気管支喘息 update】 喘息の病態メカニズムに関するトピックス
    気道上皮細胞
    医学のあゆみ 2010; 233(1): 39-45.
  39. 橋本 修,權寧博,松本 健
    【増加するアレルギー疾患 内科医にとっての最良のアプローチとは】 アレルギーの分子病態,どこまで解明されたか
    内科 2010; 105(4): 573-580.
  40. 赤星俊樹,伊藝孔明,植松昭仁
    【内科疾患の診断基準 病型分類・重症度】 呼吸器 睡眠関連呼吸障害
    内科 2010; 105(6): 960-5.
  41. 林 伸一
    ALI/ARDSの新しい治療法と将来への展望
    呼吸と循環 2010; 58(6): 603-10.
  42. 松本 健,高橋泰夫,権 寧博,赤星俊樹,浅井聡,橋本 修,中山智祥
    呼吸機能検査による生活習慣病での気流制限併存の検討
    臨床病理 2010; 58 補冊: 203.

V. 著書 2010年

  1. 橋本 修
    COPDの認知度と診断向上
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント 改訂版 (橋本 修 編). 医薬ジャーナル社, 大阪, 2010; 21-26.
  2. 橋本 修
    COPDの肺の変化
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント 改訂版 (橋本 修 編). 医薬ジャーナル社, 大阪, 2010; 40-5.
  3. 熊澤文雄
    禁煙の科学と実践
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント 改訂版 (橋本 修 編). 医薬ジャーナル社, 大阪, 2010; 79-86.
  4. 細川芳文
    気管支鏡 「所見の取り方」
    第22回気管支鏡セミナーテキスト . 2010
  5. 松本 健
    COPDの合併症と併存症
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント 改訂版 (橋本 修 編). 医薬ジャーナル社, 大阪, 2010; 67-71.
  6. 植松昭仁,赤星俊樹
    循環器内科でみるSDB 高血圧とSDB ‒早朝高血圧,治療抵抗性抗血圧の原因がSDBであった症例
    睡眠呼吸障害(SDB)を見逃さないために, (佐藤誠 編). 診断と治療社, 東京, 2010;158-65.
  7. 赤柴恒人
    治療の進歩 睡眠時無呼吸症候群 ASV
    Annual Review 2010 呼吸器 (永井厚志,巽浩一郎,桑野和善,高橋和久 編). 中外医学社, 東京, 2010; 193-8.
  8. 赤星俊樹,永岡賢一
    COPDの診断
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント 改訂版 (橋本 修 編). 医薬ジャーナル社, 大阪, 2010; 52-62.
  9. 村上正人
    うつと生活習慣病の相互関係
    メディカル朝日 (近藤雅人 編). 朝日新聞社, 東京, 2010; 28-30.
  10. 林 伸一
    外科療法
    慢性閉塞性肺疾患(COPD)のマネジメント 改訂版 (橋本 修 編). 医薬ジャーナル社, 大阪, 2010; 79-86.
  11. 林 伸一
    診断と検査
    ALI/ARDS診療のためのガイドライン (社団法人日本呼吸器学会ARDSガイドライン作成委員会 編) 第2版. 秀潤社, 東京, 2010; 27-36.
  12. 林 伸一
    鑑別診断
    ALI/ARDS診療のためのガイドライン (社団法人日本呼吸器学会ARDSガイドライン作成委員会 編) 第2版. 秀潤社, 東京, 2010; 37-43.
  13. 林 伸一,橋本 修
    急性肺損傷における肺胞上皮細胞の傷害と修復
    Annual Review 2010 呼吸器 (永井厚志,巽浩一郎,桑野和善,高橋和久 編). 中外医学社, 東京, 2010; 117-23.

VI. その他の論文 2010年

  1. 橋本 修
    COPD患者数は約530万人吸入坑コリン薬が第一選択.編集長VISITING
    医薬ジャーナル 2010; 46(7): 158-62.
  2. 橋本 修
    Insights on optimizing COPD treatment Vienna,Austria 2009
    COPD Frontier 2010; 9(1): 42-44.
  3. 細川芳文
    巻頭言「すこーぷ」
    気管支学 2010; 32(3): 215-6.
  4. 細川芳文
    気管支内視鏡『所見のとり方』
    気管支学 2010; 32(4): 370-7.
  5. 松野俊夫,芦原睦
    司会のことば
    心身医学 2010; 50(2): 102.
  6. 赤柴恒人
    【日本呼吸器学会の過去と現在そして未来への展望】 呼吸管理部会
    日本呼吸器学会雑誌 2010; 48(S): 122-128.
  7. 村上正人
    内科疾患における不安・抑うつの診方 リウマチ性疾患
    内科2 2010; 105(2): 231-4.
  8. 橋本 修
    喘息の治療について
    日大同窓会新聞 2010.
  9. 橋本 修
    混沌
    日大医学雑誌 2010; 69(1): 1-1.

VII. 学会抄録 2010年

    [I]国際学会〈シンポジウム〉

  1. Murakami M, Matsuno T, Kim W, Koike K, Miura K, Hashimoto S.
    Psychiatric Comorbidity and Psychosomatic Aspect of Fibromyalgia.
    The 14th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine, .2010.9.12. Beijing, China
  2. Hashimoto S, Gon S, Matsumoto K.
    Airway epithelial cells in airway inflammtion.
    The 15th congress of the APSR. 2010.11.22. Philippines, Manila
  3. Maruoka S, Nakano H, Wilson RH, Whitehead GS, Cook DN.
    Bacterial flagellin acts a powerful adjuvant for Th2 and Th17 sensitization through the airway.
    American Thoracic Society International Conference. 2010.5.19. New Orleans
  4. Hosokawa Y, Igei K, Okamoto N, Koura T, Shoda T, Ohmori K. Hashimoto S .
    Quality of life(QOL) of central airway obstruction that takes long taper spiral Zstent(LTSZ).
    16th World Congress for Broncho-esophagology. 2010.6.16. Budapest, Hungary
  5. Koike K, Shinozaki T, Hara K , Matusno T, Murakami M .
    Efficacy of Chinesemedicine on burning mouth syndrome.
    The 14th Congress of the Asian Collegeof Psychosomatic Medicine,. 2010.9.12. Beijing, China.
  6. Shinozaki T, Hara K, Koike K, Matsuno T, Murakami M.
    Effect of Psychological stress involving halitosis.
    The 14th Congress of the Asian Collegeof Psychosomatic Medicine,. 2010.9.12. Beijing, China.

    [II]国内学会〈特別講演〉

  1. 村上正人
    線維筋痛症に対する全人的医療をめぐって
    第39回日本慢性疼痛学会 2010.2.26. 東京
  2. 細川芳文,伊藝孔明,岡本直樹,須金紀雄,児浦利哉,庄田利明,橋本 修
    Long taper spiral z-stent(LTSZ)を留置した肺癌のquality of life(QOL)の検討
    第33回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2010.6.09. 横浜
  3. 村上正人
    線維筋痛症に対する全人的医療をめぐって
    日本線維筋痛症学会第2回学術集会 2010.11.13. 東京
  4. [II]国内学会〈シンポジウム〉

  5. Matsumoto K.
    Update on asthma pathogenesis and therapy. Epithelial Barrier Function in Pathogenesis of Asthma.
    第50回日本呼吸器学会学術講演会. 2010.4.24. 京都
  6. 橋本 修,小林朋子,駒瀬裕子,國近尚美,鈴木夕子
    将来計画委員会,女性が呼吸器病学を志し,継続するには?
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.24. 京都
  7. 権 寧博,羅智靖,橋本 修
    気管支喘息の病態の新知見―TLRの関与
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.24. 京都
  8. 小林朋子
    将来計画委員会,女性が呼吸器病学を志し,継続するには?
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.24. 京都
  9. 永岡賢一,赤星俊樹,植松昭仁,清藤晃司,川原誠司,岡本直樹,伊藝公明,神津 悠,服部知洋,辻野一郎,吉澤孝之,橋本 修,赤柴恒人
    閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)における代謝機能異常と体脂肪分布の検討
    第50回日本呼吸器学会講演会 2010.4.25. 京都
  10. 松本 健,高橋泰夫,赤星俊樹,権 寧博,清藤晃司,地引逸郎,浅井聡,橋本 修
    メタボリック症候群とAirflow limitation 併存の検討
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.25. 京都
  11. 植松昭仁,赤星俊樹,赤柴恒人,橋本 修
    全身性疾患としての睡眠時無呼吸症候群 メタボリックシンドロームと睡眠時無呼吸症候群
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.25. 京都
  12. 植松昭仁,赤星俊樹,赤柴恒人,橋本 修
    メタボリックシンドロームと睡眠時無呼吸症候群
    第50回日本呼吸器学会講演会 2010.4.25. 京都
  13. 植松昭仁,赤星俊樹,赤柴恒人,橋本 修
    睡眠時無呼吸症候群における長期Nasal CPAP療法のコンプライアンスとその問題点
    第35回日本睡眠学会定期学術集会 2010.7.02. 名古屋
  14. 赤星俊樹,植松昭仁,川原誠司,桂一仁,蜂須賀久喜,内山真,赤柴恒人,橋本 修
    糖代謝異常はOSASの治療でどのように改善しうるか?(シンポジウム:SASと糖尿病)
    第35回日本睡眠学会定期学術集会 2010.7.02. 名古屋
  15. 赤柴恒人
    ランチョンセミナー:睡眠時無呼吸症候群の病態と治療
    第69回日本公衆衛生学会総会 2010.10.29. 東京
  16. 五島史行,中井貴美子,小川郁,村上正人
    臨床各科で診る線維筋痛症-臓器別症状をどうとらえるか- 耳鼻咽喉科における筋痛症,線維筋痛症
    日本線維筋痛症学会第2回学術集会 2010.11.13. 東京
  17. 村上正人
    市民公開講座 「線維筋痛症の全人的治療をめぐって」 線維筋痛症の全人的治療をめぐって
    日本線維筋痛症学会第2回学術集会 2010.11.14. 東京
  18. 村上正人,石風呂素子,松野俊夫,三輪雅子,川原律子,藤田智子,周布多英子,鈴木雅恵,木下優子
    がん診療におけるコメディカルの関わり 緩和ケアにおけるコメディカルスタッフの役割と貢献
    第15回日本心療内科学会学術総会・学術大会 2010.11.20. 岡山
  19. 村上正人
    患者と治療者の信頼関係の確立と治療的自我(第4回桂記念治療的自我研究会) 大学における教育研修指導医の立場から
    第15回日本心療内科学会学術総会・学術大会 2010.11.20. 岡山
  20. 権 寧博,橋本 修
    気道構成細胞から喘息の発症メカニズムを探る 気道上皮細胞
    第60回日本アレルギー学会秋季学術大会 2010.11.25. 東京
  21. 權寧博,橋本 修
    気道上皮細胞
    第60回日本アレルギー学会秋季学術大学 2010.11.25. 東京
  22. 村上正人,松野俊夫,金外叔,小池一善,三浦勝浩,江花昭一.
    線維筋痛症患者の心理行動特性を踏まえた治療的アプロ-チ.
    第23回日本疼痛心身医学会2010.10.11. 大阪
  23. [II]国内学会〈ワークショップ〉

  24. 清水哲男,高橋典明,小林朋子,大地康司,辻野一郎,林 伸一,佐藤真紀,須金紀雄,水村賢司,橋本 修
    気管支肺胞洗浄(BAL)法の手技統一の意義について
    第33回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2010.6.10. 横浜
  25. 中西陽子,清水哲男,辻野一郎,尾花ゆかり,関利美,大荷澄江,生沼利倫,楠美嘉晃,杉谷雅彦,須金紀雄,高橋典明,橋本 修,古市基彦,四万村三恵,村松 高,大森一光,根本則道
    呼吸器領域における細胞診の役割 胸水細胞診検体からの遺伝子発現解析
    第51回日本肺癌学会総会 2010.11.3.
  26. [II]国内学会〈一般演題〉

  27. 清水哲男,高橋典明,佐藤良博,中川喜子,浅井康夫,寺門正裕,須金紀雄,辻野一郎,橋本 修
    高齢者肺癌における悪性胸水に対するOK-432胸腔内投与の有用性について
    第107回日本内科学会総会 2010.4.14. 東京
  28. 寺門正裕,権 寧博,関山晶子,竹下郁子,高橋典明,岡山吉道,羅智靖,橋本 修
    気道上皮透過性制御におけるErbb2/3シグナルの役割
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.22. 京都
  29. 須金紀雄,高橋典明,清水哲男,中川喜子,浅井康夫,寺門正裕,佐藤真紀,高橋美樹,辻野一郎,大地康司,橋本 修
    気管支拡張症に対するクラリスロマイシン少量持続投与の効果
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.22.
  30. 関山晶子,権 寧博,寺門正裕,神津 悠,松本 健,竹下郁子,小林朋子,橋本 修
    IL-4/IL-13の気道上皮透過性バリア機能に及ぼす影響
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.23. 京都
  31. 細川芳文,岡本直樹,伊藝孔明,須金紀雄,佐藤真紀,権 寧博,児浦利哉,庄田利明,橋本 修
    COPDに対するチオトロピウム吸入がATI(Air-trapping index)に及ぼす影響について
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.23. 京都
  32. 神津 悠,権 寧博,関山晶子,寺門正裕,竹下郁子,橋本 修
    喫煙刺激による気道上皮のErbB受容体依存性透過性バリア機能への影響
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.23. 京都
  33. 大木隆史,林 伸一,関山晶子,山下京子,福永牧子,植松昭仁,清水哲男,水村賢司,浅井保清,松本 健,小林朋子,大地康司,高橋典明,橋本 修
    間質性肺疾患に伴う肺高血圧症の臨床的検討
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.23. 京都
  34. 岡本直樹,清藤晃司,赤星俊樹,服部知洋,植松昭仁,永岡賢一,伊藝孔明,松本 健,吉澤孝之,高橋典明,赤柴恒人,橋本 修
    至適用量を考慮した安定期COPDの短時間作動型β2刺激薬(SABA)assist useの検討
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.24. 京都
  35. 関山晶子,権 寧博,寺門正裕,神津 悠,松本 健,竹下郁子,小林朋子,橋本 修
    IL-4,IL-13の気道上皮透過性バリア機能に及ぼす影響
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.24. 京都
  36. 岩城基,吉澤孝之,吉澤明孝,清藤晃司,赤星俊樹
    COPD患者に対する低用量プロカテロールによるアシストユースの検討
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.24. 京都
  37. 清水哲男,高橋典明,須金紀雄,佐藤良博,中川喜子,浅井康夫,寺門正裕,佐藤真紀,辻野一郎,大地康司,橋本 修
    非小細胞肺癌におけるペメトレキセド投与症例の臨床的検討
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.24. 京都
  38. 永岡賢一,赤星俊樹,植松昭仁,清藤晃司,川原誠司,岡本直樹,伊藝孔明,神津 悠,服部知洋,辻野一郎,吉澤孝之,橋本 修,赤柴恒人
    呼吸管理 閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)における代謝機能異常と体脂肪分布の検討
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.25. 京都
  39. 松本 健,高橋泰夫,赤星俊樹,権 寧博,清藤晃司,地引逸郎,浅井聡,橋本 修
    閉塞性肺疾患 メタボリック症候群とAirflow limitation併存の検討
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.25. 京都
  40. 福永牧子,小林朋子,関山晶子,大木隆史,林 伸一,辻野一郎,高橋典明,橋本 修
    骨髄移植関連器質化肺炎の1例
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.25. 京都
  41. 平沼久人,服部知洋,関山忠孝,山口賢二,伊藤玲子,清藤晃司,松本 健,赤星俊樹,赤柴恒人,橋本 修
    慢性咳嗽で受診し咳喘息と診断されその後肺炎として加療された気管支結核の1症例
    第50回日本呼吸器学会学術講演会 2010.4.25. 京都
  42. 山口賢二,服部知洋,伊藤玲子,平沼久人,関山忠孝,松本 健,橋本奈緒美,植松昭仁,清藤晃司,赤星俊樹,馬島 徹,赤柴恒人,橋本 修
    気管支喘息とアディポサイトカインの関連について
    第22回日本アレルギー学会春季臨床大会 2010.5.08. 京都
  43. 日暮亮太,古市基彦,村松 高,四万村三惠,西井竜彦,竹下伸二,石本真一郎,田中洋子,諸岡宏明,高橋典明,小林朋子,大森一光,橋本 修,塩野元美
    喀血を伴った先天性気管支閉鎖症の一例
    第33回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 2010.6.09. 横浜
  44. 矢橋真奈美,川原誠司,石川典恵,長田佳子,芝宮ゆり,古川沙央里,清水健一郎,野尻さと子,植松昭仁,赤星俊樹,赤柴恒人
    ポストポリオ症候群に合併した閉塞型睡眠時無呼吸症候群にnCPAP治療が有効であった1例.
    第35回日本睡眠学会定期学術集会 2010.7.02. 名古屋
  45. 仲村洋之,藤田之彦,橋本 修
    Googleウェブサイトを利用した講義の復習のためのビデオ動画の有用性
    第42回日本医学教育学会学術大会 2010.7.30. 東京
  46. 藤田之彦,橋本 修,金澤和則,相馬正義,國分眞一朗
    学生の授業出席率からみたPBL導入の効果
    第42回日本医学教育学会学術大会 2010.7.30. 東京
  47. 藤田之彦,橋本 修,住友直方,堀越昶,赤柴恒人,竹内仁,戸田宗宏
    日本大学医学部と芸術学部演劇学科との学部間協力による模擬患者(SP)養成の試み
    第42回日本医学教育学会学術大会 2010.7.30. 東京
  48. 中西陽子,清水哲男,辻野一郎,尾花ゆかり,高橋典明,橋本 修,村松高,大森一光,逸見明博,杉谷雅彦,根本則道
    レーザーマイクロダイセクション法とnested real-time RT-PCR法を用いた肺生検検体からの遺伝子発現解析の診断への応用
    第51回日本組織細胞化学会総会 2010.9.04. 東京
  49. 松本 健,高橋泰夫,権 寧博,赤星俊樹,浅井聡,橋本 修,中山智祥
    呼吸機能検査による生活習慣病での気流制限併存の検討
    第57回日本臨床検査医学会学術集会 2010.9.10. 東京
  50. 吉澤孝之,溝口 真美,西澤美樹,岩城基,古市祥子,石黒俊彦,吉澤明孝,山根祥子,赤星俊樹,橋本 修
    禁煙治療におけるバレニクリンとニコチンパッチの治療成績の検討
    第5回日本禁煙学会学術総会 2010.9.19. 松山
  51. 溝口 真美,西澤美樹,吉澤孝之,岩城基,古市祥子,石黒俊彦,吉澤明孝,山根祥子,赤星俊樹,橋本 修
    禁煙治療についての意識調査̶プライマリケア医に対するアンケート調査̶
    第5回日本禁煙学会学術総会 2010.9.19. 松山
  52. 山根祥子,赤星俊樹,小林いつよ,清藤晃司,地引逸郎,服部知洋,小林朋子,中村晶子,大森千春,村上正人,吉澤孝之,赤柴恒人,橋本 修
    当院における禁煙外来の現状 開設後一年を振り返って
    第5回日本禁煙学会学術総会 2010.9.19. 松山
  53. 中川喜子,清水哲男,須金紀雄,赤星俊樹,林 伸一,辻野一郎,高橋典明,橋本 修
    化学放射線療法による寛解後,10年経過してから局所再発した肺癌の一例
    第15回板橋区医師会医学会 2010.9.24. 東京
  54. 岩城 基,吉澤孝之,溝口真美,岩城みさ子,板垣鈴子,古市祥子,吉澤明孝,細川芳文,橋本 修
    プライマリケアにおける簡易スパイロメーターの有用性
    第20回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2010.10.01. 長崎
  55. 岩城 基,吉澤孝之,山下 恵,牧田和歌子,斉藤房甲,吉澤明孝,古市祥子,茂木 孝,細川芳文,橋本 修
    COPDに対するプラバスタチンの有用性について
    第20回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2010.10.02. 長崎
  56. 橋田洋史,石黒俊彦,吉澤孝之,吉澤明孝,鈴木雅明,古川恭司,権 寧博,赤柴恒人,波多江奈緒美
    n-CPAP療法における「Easy Life」マスクの有用性について
    第20回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2010.10.02. 長崎
  57. 植松昭仁,吉澤孝之,石黒俊彦,吉澤明孝,赤星俊樹,権 寧博,赤柴恒人,橋本 修
    閉塞性睡眠時無呼吸症候群と喫煙-特に高血圧との関連について
    第20回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2010.10.02. 長崎
  58. 清藤晃司,永岡賢一,赤星俊樹,岡本直樹,植松昭仁,服部知洋,松本 健,吉沢孝之,赤柴恒人,橋本 修
    ハイ・チェッカーによるFEV1.0およびFEV1.0/FEV6の有用性についての検討
    第20回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2010.10.02. 長崎
  59. 大城祐介,吉澤孝之,岩城基,久野絵里,佐々木正美,平井菜穂子,吉澤明孝,赤柴恒人,橋本 修
    バッテリー内蔵小型ベンチレーターtrilogy100の有用性
    第20回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2010.10.02. 長崎
  60. 大城祐介,岩城基,吉澤孝之,古市祥子,吉澤明孝,宮本園江,榊原美沙,成田理恵,赤柴恒人,橋本 修
    NPPV導入が困難な慢性2型呼吸不全に対するAverage Volume Assured Pressure Supportの有用性
    第20回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2010.10.02. 長崎
  61. 飯島ひか里,吉澤孝之,岩城基,溝口真美,山根祥子,石黒俊彦,古市祥子,吉澤明孝,赤星俊樹,橋本 修
    プライマリケアにおける禁煙治療についての意識調査 保険診療の問題点について
    第20回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会 2010.10.02. 長崎
  62. 松本 健,高橋泰夫,権 寧博,赤星俊樹,浅井聡,橋本 修,中山智祥
    データマネージメントシステムによる生活習慣病での気流制限併存の検討
    第42回日本臨床検査自動化学会 2010.10.09. 神戸
  63. 大木隆史,林 伸一,小林朋子,関山忠孝,浅井康夫,細川緑,勝呂元,橋本 修,海津嘉蔵
    Candida血症による多臓器不全に対しL-AMPと血液浄化療法によって効果がえられた1例
    第21回日本急性血液浄化学会学術集会 2010.10.29. 横浜
  64. 須金紀雄,高橋典明,佐藤良博,浅井康夫,中川喜子,寺門正裕,佐藤真紀,清水哲男,高橋美樹,辻野一郎,大地康司,橋本 修
    肺癌症例における診断時血清Dダイマー値と病期,予後の関連性ついての検討
    第51回日本肺癌学会総会 2010.11.03. 広島
  65. 清水哲男,中西陽子,中川喜子,須金紀雄,辻野一郎,大地康司,生沼利倫,高橋典明,橋本 修,根本則道
    LAMD法を用いて測定した肺癌組織内TS mRNA発現がペメトレキセドの治療効果に及ぼす影響
    第51回日本肺癌学会総会 2010.11.03. 広島
  66. 浅井康夫,大地康司,佐藤良博,中川喜子,寺門正裕,佐藤真紀,清水哲男,須金紀雄,辻野一郎,高橋典明,橋本 修
    当科における神経内分泌癌の治療と予後についての検討
    第51回日本肺癌学会総会 2010.11.03. 広島
  67. 中西陽子,清水哲男,辻野一郎,尾花ゆかり,大荷澄江,生沼利倫,杉谷雅彦,須金紀雄,高橋典明,橋本 修,村松高,大森一光,根本則道
    肺生検を対象としたレーザーマイクロダイセクション法による遺伝子発現解析の診断への応用
    第51回日本肺癌学会総会 2010.11.03. 広島
  68. 中川喜子,清水哲男,佐藤良博,浅井康夫,寺門正裕,佐藤真紀,須金紀雄,辻野一郎,大地康司,高橋典明,橋本 修
    進行肺癌における癌組織内チミジル酸合成酵素(TS)発現の臨床的検討
    第51回日本肺癌学会総会 2010.11.03. 広島
  69. 井上幹紀親,秋元貴美子,村上正人,三浦勝浩,武井正美
    当院の線維筋痛症患者の特徴と治療(プレガバリンの使用経験も含めて)
    日本線維筋痛症学会第2回学術集会 2010.11.13. 東京
  70. 小林 恵,村上正人,今津芳恵,松野俊夫,金 外淑,小池一喜,三浦勝浩,武井正美
    笑いによる痛みの緩和効果(線維筋痛症患者を対象に)
    日本線維筋痛症学会第2回学術集会 2010.11.13. 東京
  71. 中上綾子,辻内琢也,鈴木勝己,辻内優子,村上正人
    病者の「人生の物語」にせまる意義-医療人類学の観点から-
    日本線維筋痛症学会第2回学術集会 2010.11.14. 東京
  72. 辻内琢也,中上綾子,鈴木勝己,辻内優子,村上正人
    線維筋痛症に対峙する医師達の苦悩-医療人類学の観点から-
    日本線維筋痛症学会第2回学術集会 2010.11.14. 東京
  73. 関山晶子,権 寧博,寺門正裕,神津 悠,松本 健,竹下郁子,小林朋子,橋本 修
    ステロイドのEGFRを介した気道上皮透過性バリア促進作用
    第60回日本アレルギー学会秋季学術大会 2010.11.25. 東京
  74. 丸岡 秀一郎,Rhonda Wilson,Gregory Whitehead,中野英樹,権 寧博,橋本 修,Donald Cook
    マウス喘息モデルにおけるTLR5,フラジェリンの役割
    第60回日本アレルギー学会秋季学術大会 2010.11.25. 東京
  75. 寺門正裕,権 寧博,神津 悠,関山晶子,竹下郁子,松本 健,高橋典明,岡山吉道,羅智 靖,橋本 修
    気道上皮バリア形成におけるErbb2/3シグナルの役割
    第60回日本アレルギー学会秋季学術大会 2010.11.25. 東京
  76. 神津 悠,権 寧博,寺門正裕,関山晶子,竹下郁子,松本 健,水村賢司,橋本 修
    ErbB2発現がEGFRを介した 気道粘液産生に及ぼす影響
    第60回日本アレルギー学会秋季学術大会 2010.11.25. 東京
  77. 山口賢二,服部知洋,伊藤玲子,平沼久人,関山忠孝,永岡賢一,植松昭仁,清藤晃司,赤星俊樹,松本 健,馬島 徹,橋本 修
    当院における百日咳症例の検討
    第58回日本アレルギー学会総会 2010.11.26. 東京
  78. 松本美富士,西岡久寿樹,浦野房三,行岡正雄,村上正人,宮岡等,岡寛,長田賢一,斑目健夫,横田俊平
    本邦「線維筋痛症診療ガイドライン2009」
    第25回日本臨床リウマチ学会 2010.11.27. 東京
  79. 金 外淑,村上正人,松野俊夫,川原律子
    線維筋痛症患者の二次的症状への治療および予防に関する研究-総合的認知行動療法による介入-
    日本行動療法学会第36回大会 2010.12.05. 愛知
ページトップへ