日本大学医学部内科学系 呼吸器内科学分野
Nihon University School of Medicine   Division of Respiratory Medicine

タイトルイメージ

教授メッセージ

主任教授 橋本 修

日本大学医学部内科学系呼吸器内科学分野は約70年前に第一内科学教室(現在の呼吸器内科と血液膠原病内科の前身)として創立された歴史のある教室です。今までに数多くの医師が学ばれ、基幹病院から地域医療まで多方面に多彩な人材を輩出し活躍されています。

呼吸器疾患は人口の高齢化とともに急速に増加しており、慢性的な専門医不足が続いております。また、以前に比べ呼吸器病学は進歩しましたが、未だ解明しなければいけない研究課題が多数あります。このように、呼吸器診療を支える専門医や呼吸器病態を解明していく医学研究の社会的ニーズは高く、当教室から個性豊かな人材を育成していきたいと考えます。

現在、50名以上の医師が在籍し、多様な価値観のもと各々の個性を伸ばしながら医師として成長を続けています。次世代の医療・医学を支えていく医師を育て、日本大学医学部呼吸器内科が社会において貢献していきたいと考えております。

ページトップへ