日本大学医学部

放射線医学分野

診断部門は、様々な疾患を対象として、主にMRIにおける形態・機能的なアプローチの研究や至適な撮像方法に関する研究を進めています。さらに、近年、注目されているMRイメージングバイオマーカーに関する、定量的解析の研究も遂行し、実臨床へのフィードバックを目指しています。治療部門は、様々な癌疾患を対象として、至適的な放射線治療や抗ガン剤を用いた新たな治療法に関する研究を遂行しています。また、放射線と抗ガン剤を複合した分子レベルの先端的な抗ガン治療の開発も進めています。

  • 肝細胆管癌のEOB造影MRI画像所見と病理像の対比
  • MRIテクスチャー解析、T1 rhoなどのイメージングバイオマーカーを用いた、肝線維化評価や肝腫瘍質的評価の研究
  • 高速MRI撮影法(DISCO)を用いた、自由呼吸下造影ダイナミック検査の有用性についての検討