日本大学医学部

小児外科学分野

小児外科疾患を扱う診療科であり、病気の子どもたちに対して安心・安全な医療を提供している。特に新生児疾患と小児がんに対しては各科と連携し集学的治療を行っている。また、低侵襲手術を積極的に導入し、泌尿生殖器疾患に対しても新しい治療を取り入れている。年間400例以上の手術を行い、良好な成績を挙げるとともに、研究分野においても着実な成果を挙げている。

  • 小児がんにおける新規遺伝子の研究
  • 小児がんにおける分化調整の研究
  • DFATをもちいた細胞再生の研究
  • 小児外科疾患モデルマウスの研究
  • 小児外科疾患に対する漢方治療の研究
  • 小児外科疾患に対する栄養療法の開発
  • 鼠径ヘルニアの対側発症に対する研究
  • 虫垂炎に対する待機的虫垂切除術の研究
  • 小児泌尿生殖器疾患に対する術式の研究