日本大学医学部

心臓血管外科学分野

2016年4月より田中正史主任教授が赴任し新たな診療体制となり年間約650例の小児、成人心臓血管外科手術を良好な成績で行い、大学病院として臨床だけでなく手術成績改善のための基礎、臨床研究にも力を注いでいる。

臨床研究

  • 開心術後の体液貯留評価と管理、心房細動予防法の検討
  • 急性大動脈解離の病態別の最適な術式の検討
  • 腹部大動脈瘤発症の危険因子の分析
  • 低侵襲心臓手術(MICS)の普及および低侵襲性の検討
  • 補助人工心臓の積極的臨床導入のための医療チームの構築

基礎研究

  • 遺伝子操作マウスを用いた虚血再潅流障害のメカニズムの解明
  • 冠動脈バイパス術における病態ごとのグラフト流量波形の変化の解析
  • 補助人工心臓による循環動態変化の検討
  • 免疫応答解析に基づく急性大動脈解離後の大動脈破裂の発症機序の解明
  • 虚血性心筋症に対する幹細胞移植の治療効果の検討
  • 重症虚血肢に対する脱分化脂肪細胞移植の治療効果の検討