日本大学医学部

生体構造医学分野

肉眼解剖学、神経解剖学、微細解剖学を基に、造血組織での造血細胞の分化・増殖を制御する造血微小環境、皮膚ではメラノーマ細胞、神経系では側脳室周囲、辺縁系および神経回路形成、臨床解剖では膝関節について研究を進めている。

  • 高分子微粒子担体を用いた3次元造血細胞培養法
  • ストレス環境下での造血組織ストローマ細胞機能
  • 赤血球造血におけるアルギニンの役割
  • メラノーマ細胞機能と抗腫瘍薬の分子メカニズム
  • 胎生期上衣細胞の発現抗原を生後も有する細胞の解明
  • 側脳室下帯領域に存在する細胞の微細構造
  • 海馬や扁桃体など辺縁系の機能解剖学
  • 嗅覚系と辺縁系の連関
  • 精神神経疾患に関与するストレス反応の緩和システムの解析
  • 感覚および運動ニューロンにおけるサブタイプ決定と投射路形成の解析
  • 遺伝子組換えマウスを用いた中枢および末梢神経系の解析
  • 3Dマッピングを用いた微細構造解析
  • 前十字靱帯、半月板および膝変形性関節症の臨床解剖
anat2_01.jpg

Multiview imaging of the liver (ZEISS Lightsheet Z.1)