日本大学医学部小児科学教室の板橋病院、日本大学病院の2病院で行われている各専門診療の御紹介です。
各附属病院はそれぞれ一般的な小児疾患の診療および救急医療はもちろんのこと、高度な専門医療や研究に至るまで、ほぼ全ての分野にわたる小児医療に対応しております。
各附属病院間で各専門医が連携を取り合い、あらゆる専門疾患に対して最高の診療をお届けできるよう、日々努力しております。
他の附属病院での入院専門診療が必要な場合は、転院を御依頼させていただく可能性がございます。
 
アレルギー班
  
診療する病気

気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー

診療内容

気管支喘息が疑われる場合には、病歴、生活環境を確認し、原因となるアレルゲン検索、肺機能検査を行います。確定診断・重症度の判定を行い診療ガイドラインに基づいた的確な治療内容を決定し治療を開始します。
食物アレルギーは、乳児アトピー性皮膚炎に合併して発症することが多く、正しい診断に基づいた必要最小限の食物制限を行うために、食物負荷試験(外来、入院)を行っています。栄養士による栄養相談も行っております。

UP


感染症班
  
診療する病気

ウイルス感染症(インフルエンザ、RSウイルス、麻疹、風疹、水痘、ムンプス、アデノウイルス、ロタウイルス、ノロウイルス、ヘルペスウイルス、EBウイルス、サイトメガロウイルス、エンテロウイルス、肝炎ウイルス)、細菌感染症(溶連菌感染症、インフルンザ桿菌感染症、肺炎球菌、ブドウ球菌、百日咳)、病原性大腸菌感染症、サルモネラ感染症、カンピロバクター感染症、結核、マイコプラズマ感染症、クラミジア感染症、寄生虫、真菌感染症、緑膿菌感染症など

診療内容

一般小児科診療において非常に遭遇する感染症の診療を行っております。感染症の適確な原因精査と治療を行っております。小児科全般において感染症は主体をなす分野であり、小児科の他の専門分野とも深いかかわりがあるため、2つの付属病院(板橋病院、日本大学病院)と連携を取り合い、診療を行っております

UP


膠原病・自己免疫疾患
  
小児の膠原病(全身性エリテマトーデス、若年性関節リウマチ、皮膚筋炎、強皮症、混合性結合組織病、シェーグレン症候群、リウマチ熱、アレルギー性紫斑病など)、炎症性疾患(炎症性腸疾患、不明熱など)を診療しています。
膠原病は、病気によって症状の出現する部位は異なりますが、慢性的に炎症が持続するために、原因不明の発熱が持続したり、発疹が出現したり、関節痛が出現したり、様々な部位に疼痛を認めたりします。このような症状の出現から病気の診断が出来るまでかなり時間がかかることもあります。当病院では、練馬光が丘病院を中心に、小児の膠原病、自己免疫疾患を専門に診療する稲毛准教授を筆頭により専門的で高度な医療を行っております。
UP


小児画像診断・核医学
  

心臓、脳神経、腫瘍領域を中心として、小児画像・核医学診断を積極的に行っています。心臓分野では、特に心臓CT検査で先天性心疾患、冠動脈疾患を多く診断しています。心臓CT検査では担当医が、患者さん被ばくを最小にする撮影法を常に意識して撮影を行い、万が一の副作用の発生を考え、担当医が検査の終了まで患者さんと行動を共にします。心臓検査の放射線被ばく・副作用についてご心配な方も、ご相談いただければと思います。また、出生前心疾患診断として胎児心超音波検査は、厚生労働省より先進医療実施機関として認定されており、出生前の画像診断も積極的に行っています。
平成21年2月より、川崎病長期フォローアップ外来を開設しています。川崎病後に冠動脈障害(川崎病で問題になる心臓後遺症です)を合併している方、その存在が不明な方、または他院で定期診察を受けていたが現在は病院受診をしていない方など、ご相談をお受けします。冠動脈CT検査、核医学検査を中心に、川崎病心臓後遺症を多方面から複合的に診断します。これらは心臓一日検査として、朝から夕方(遅くても16時)の一日間で終了します。子どもさんだけでなく、川崎病の定期受診が途絶え不安を抱えている忙しい成人の方も対象としておりますので、まずはご相談ください。連絡は、本ホームページのお問い合わせボタンか、または日本大学医学部付属板橋病院の代表に電話をしていただき、小児科外来経由で担当である金丸まで御連絡ください。
(注意:患者さんの詳細が不明の場合、検査が一日で終了できないこともあります。)

UP


<<前へ