日本大学医学部 産婦人科学系 産婦人科学分野
日本大学医学部 産婦人科学系 産婦人科学分野 お問い合わせ 日本大学HP 日本大学医学部 産婦人科学系 産婦人科学分野 お問い合わせ 日本大学HP 日本大学医学部 産婦人科学系 産婦人科学分野 お問い合わせ 日本大学HP
トップページ 医局案内 産科案内 婦人科診療案内 入局案内 入局案内 関連病院 リンク
医局案内
産科 診療案内
婦人科 診療案内
婦人科 診療案内
入局案内
関連病院
リンク
日本大学医学部 産婦人科学系 産婦人科学分野

 

特徴

東京都の母体救命対応型総合周産期母子医療センター(スーパー周産期センター)です。年間800例前後の分娩を取り扱っています。当院には周産期専門医(母体・胎児)5名が所属しています。また、超音波専門医による胎児スクリーニングも行っています。新生児科、小児外科との密な連携により、出生後の外科的治療が必要な症例も含め、高度な周産期管理が可能な施設です。


得意とする治療

母体救命、胎児救急、胎児超音波診断、ハイリスク妊娠の管理、EXIT (ex utero intrapartum treatment ) 出生時の気道確保困難や呼吸障害が予想される症例に対して、帝王切開の際に、臍帯を切断する前(胎盤循環が保たれた状態下)に胎児の気道確保を行う術式です。巨大な頸部腫瘤を有する児に適応があります。



母体救命・新生児蘇生への取り組み

日本母体救命システム普及事業(J-CIMELS)インストラクター養成*
新生児蘇生法普及事業(NCPR)講習会*
母体救命講習会*
*他施設の医療従事者も参加できます。各普及事業ホームページをご確認ください。




専門外来

ハイリスク外来、胎児超音波外来、4D外来
*4D外来は当院で妊婦健診の方に限ります。
ハイリスク外来、胎児超音波外来は通常の外来受診後、必要と判断した症例に受診を指示します。




治療成績

総合周産期センター 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 07〜15年
年間入院(延人数) 1332 1363 1446 1389 1378 1122 1172 1083 1161 11446
早産(妊娠28週未満) 26 13 24 22 13 13 16 16 12 155
死産 7 8 13 15 12 11 12 7 10 95
帝王切開 300 339 383 340 362 334 367 350 442 3217
帝王切開率(%) 42.2 43.1 48.1 47.4 49.1 49.0 47.5 45 51.28 46.7
出産 711 786 795 717 738 682 772 778 862 6841
母体搬送受入 61 96 104 77 87 62 71 63 79 700
母体搬送/入院(%) 4.6 7 7.2 5.5 6.3 5.5 6 5.82 6.8 6.1
母体偶発合併症 184 228 216 210 243 253 296 242 257 2129
産科合併症 412 380 460 426 395 407 366 482 475 3803
胎児異常 41 23 52 49 58 53 64 62 59 461
極低出生体重児 49 36 59 64 51 51 45 21 20 396

 



担当医師

・川名 敬
・小松篤史
・市川 剛
・東 裕福
・加藤恵利奈
・中山琢生
・河野 愛
・橋本恵里那
・米倉星七


日本大学医学部 産婦人科学系 産婦人科学分野 お問い合わせ 日本大学HP