生殖医療案内

生殖医療案内

当科での生殖医療の特色

 日本大学医学部附属板橋病院産婦人科(以下当科)での不妊治療におきましては、婦人科疾患を有し、当科での手術及びフォローを受けたのち、挙児希望をなされた患者様、また他院から紹介をされた患者様が多いのが特徴です。
 また産婦人科疾患以外の疾患を合併されている患者様も多く、その治療に関しましては、当院他科との連携をしながら多角的に行っております。また総合周産期母子医療センターを有する産科での、高度な周産期管理も可能になっており、合併症などを抱える患者様は、当院で出産される方が大半です。
  妊娠がゴールなのではなく、出産や育児にも目を向け、通常の母親学級・両親学級のほかに、院内の医療ソーシャルワーカーによる、個別の育児支援情報の提供なども行っており、きめ細やかな産前産後支援を実施しております。
 また、主にがん患者様の妊孕性温存を目的とした卵子凍結、精子凍結にも対応し、活動しております。
 このようにどのような患者背景をお持ちの方にも、妊娠から出産まで、一貫した治療・管理が行えることが当科の特色です。

1生殖医療外来について

2初診の患者様へ

3当科での不妊治療の内容

4当科で行う不妊検査

5治療の方法とスケジュール

5-1:タイミング指導法・人工授精法の場合

5-2:体外受精及び顕微授精-胚移植法の場合

5-3:凍結胚移植法の場合

6当科での高度生殖医療への考え方

7体外受精/顕微授精-胚移植法及び凍結胚移植法の料金について

8患者様にご理解いただきたいこと

9生殖医療件数と治療データ詳細

10医学的適応による卵子・精子凍結保存

1. 生殖医療外来について

  1. 初診時には患者様に十分なインタビューを行い、患者様やご主人様のライフスタイルを把握したうえで、治療の説明を行ってまいります。
  2. 治療を行う上での不安は、なんでもかまいませんので気軽にご相談ください。
  3. 不妊治療は「夫婦で行うもの」という観点から、初診はご夫婦でのご来院をお願いいたします。
生殖医療外来担当医表
診療内容等
タイミング療法 林 忠佑 新屋 芳里 林 忠佑 林 忠佑
新屋 芳里
林 忠佑 林 忠佑
体外受精/顕微授精-胚移植・凍結胚移植人工授精法 林 忠佑 新屋 芳里 林 忠佑 林 忠佑
新屋 芳里
林 忠佑 林 忠佑
生殖医療(不妊治療)相談/体外受精ガイダンス 松本 香織(予約・午後)

(注意事項)
*平成29年4月現在の外来担当医表です。
*外来は全て午前中になります。
*学会等で休診になる場合があります。

スタッフ紹介

生殖医療外来担当医師

氏名
林 忠佑(はやし ちゅうゆう)
役職
産婦人科救急担当医長・産婦人科医局長
資格
日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・産婦人科指導医
日本生殖医学会 生殖医療専門医
日本周産期新生児医学会 周産期専門医(母体・胎児)
日本性感染症学会 性感染症認定医
氏名
新屋 芳里(しんや かおり)
資格
産婦人科専門医

生殖補助医療専門技師・相談士

氏名
松本 香織(まつもと かおり)
資格
日本卵子学会 生殖補助医療胚培養士
日本生殖心理学会 生殖医療相談士

当院で受けている施設認定

2. 初診の患者様へ

スクリーニング検査に必要となりますので、ご夫婦ともに当院の診察券をご用意ください。
【女性の検査】:感染症検査、血液型検査、子宮頸がん検診、各種ホルモン値など(月経周期によって検査項目が変更します)。女性の検査は内容によって保険診療と自費診療のものに分かれます。
【男性の検査】:感染症検査(血液検査)と、精液検査の予約を行います。男性の検査はすべて自費診療になります。
※初診時に奥様のみご来院された場合には、後日、ご主人様にも来院していただきます。

下記の書類・画像がございましたら持参していただき、当院初診患者様の受診案内に従って産婦人科外来を受診してください。

  1. 紹介状
  2. 各種画像・各種検査結果
  3. 基礎体温表(できれば3か月程度計測したもの)
  4. 赤ちゃんが欲しいご夫婦への予診表

⇒ ダウンロードしていただきご夫婦ともに記入し、初診時にご持参ください。また奥様の血圧は当科外来受診の際、外来設置の血圧計で計測してください。

生殖医療外来担当医表
診療内容等
初診 林 忠佑 新屋 芳里 林 忠佑 林 忠佑
新屋 芳里
林 忠佑 林 忠佑

初診にあたってのお願いとご注意

3. 当科での不妊治療の内容

 一般不妊治療(タイミング指導法・人工授精法)から高度生殖医療(体外受精/顕微授精-胚移植法、凍結胚移植法)までの一連の治療を行っております。
患者様の不妊期間、不妊治療歴、既往歴などを鑑みて、適応となる最適な方法を診察や検査などによって探索し、適宜治療を決定、進めてまいります。

タイミング指導法

主に薬剤を使った卵巣刺激、排卵誘発を行っています。適宜エコーで卵胞の発育を確認し、夫婦生活を行うタイミングを指導します。

人工授精法

主に薬剤を使った卵巣刺激、排卵誘発を行っています。適宜エコーで卵胞の発育を確認し、人工授精(密度勾配遠心法による精子濃縮法)を行っております。人工授精の際は精液検査も行います。

体外受精/顕微授精-胚移植法

内服薬を使った低刺激法からFSH製剤またはhMG製剤を用いたゴナドトロピン法による卵巣刺激を行います。胚が移植できる状態になった場合、患者様の子宮卵巣状態を診て新鮮胚移植、または胚凍結を行います。

凍結胚移植法

完全自然周期、卵巣刺激周期またはホルモン補充周期で患者様の着床環境を整えた後、凍結した胚を融解して子宮に戻します。

男性不妊の治療に関して

軽度の男性不妊(主に造精機能の軽度の低下)に関しましては、人工授精、体外受精、顕微授精を行うことで対応しております。
しかし当科で対応できないような重症例(無精子症、重度乏精子症、精子死滅症、精子奇形症、精路障害など)に関しましては、然るべき高度医療施設の紹介を行っております。
また他院にて治療を受けて、造精機能が回復した患者様に関しましては、当科での治療の再開は可能です。

不妊相談・カウンセリング

当科に受診中の患者様を中心に不妊相談・カウンセリングを毎週火曜・午後に行っております。外来ではなかなか相談しにくい内容などを中心に、専門の相談員が対応いたします。
時間は1時間程度です。完全予約制のため、下記手順に従って予約をお取りください。
なお、電話での不妊相談・カウンセリングの対応は行っておりません。

【予約の取り方】下記のどちらかの方法で予約をお取りください。

  • 外来受診時に医師にご相談いただき予約をお取りください。
  • 火曜・木曜・土曜を除く午後2時から3時までに、産婦人科外来へお電話いただき、予約をお取りください。

体外受精ガイダンス

体外受精をご希望の患者様には必ず体外受精ガイダンスを受けていただきます。体外受精の方法と正しい知識を得ていただき理解したうえで、治療に臨んだり、または治療を受けるかどうかの判断材料にしていただく目的があります。
またできる限り、ご主人様も同席いただくよう、お願いいたします。

4. 当科で行う不妊検査

奥様の検査

1婦人科診察(内診・経腟超音波)

経膣エコーや内診により、子宮・卵巣の状態を観察し、器質的な疾患の有無を調べます。

2血液検査

エストロゲン、卵巣刺激ホルモンなどの値、甲状腺機能、血糖、性病などを調べます。

3感染症検査

肝炎、クラミジア、HIV、梅毒、淋病に感染していないかを調べます。

4子宮卵管造影

月経8~10目に行います。油性または水性の造影剤を用いて行います。油性の造影剤では撮影を2日にわたり2回行い、水性の造影剤では1日に2回の撮影を行います。後日、外来にて結果をお伝えいたします。

5ヒューナーテスト

排卵期に夫婦生活を行っていただき、翌日子宮頸部の粘液を採取して、運動精子の有無を調べます。主に円錐切除術を行った患者様に行っています。

6AMH(抗ミュラー管ホルモン)

卵巣予備機能を測る指標として行われる検査です。高齢の患者様や卵巣手術の既往のある患者様に、治療方針の決定を行うためなどに行います。

※患者様によっては上記以外にも検査を行う場合があります。

ご主人様の検査

1精液検査

2~7日間程度の禁欲期間を設けて精液を採取して行います。予約検査で検査室に予約を取って行います。精液の提出は奥様でも構いません。体外受精/顕微授精を行う予定の患者様は、専門の技師が精液検査を行います。予約は受診時に医師と相談のうえ決めます。

2感染症検査

肝炎、クラミジア、HIV、梅毒、淋病に感染していないかを調べます。

5. 治療の方法とスケジュール

 患者様の中には「不妊治療は通院回数が多くて仕事との両立が難しいのでは・・・」とお悩みの方も多いかと思います。実際、通院回数は多く、卵胞の発育に治療のタイミングが左右される場合が多いので、治療の予測がつかないという問題もあります。
当院では、できる限り計画的な治療と治療のキャンセルを防ぐために、薬剤による卵巣刺激を行い、排卵誘発には点鼻薬もしくはhCG注射を用いて、確実な排卵を目指します。
下記に大まかな治療の流れと、通院回数を記載しました。あくまで治療例ですので、ご自分のライフスタイルと治療の両立の際の参考にしていただければと思います。

5-1:タイミング指導法・人工授精法の場合

  1. 月経2日目から5日目に来院いただき、子宮・卵巣状態を診察します。患者様によっては血液検査でホルモン値を調べます。問題がなければ月経3~5日目より内服薬や注射で卵巣刺激を行います。
  2. 月経10~12日あたりで卵胞の大きさと子宮内膜の厚さをチェックします。卵胞が十分に大きくなっていたら、排卵誘発の処置を行います。医師より夫婦生活のタイミング、または人工授精の日程の指示があります。卵胞が育っていない場合は2~3日後に再度卵胞の大きさをチェックします。
  3. 人工授精の場合は、ご来院いただき、人工授精を行います。
  4. タイミング指導法での夫婦生活、また人工授精を行ってから10日間、黄体補充のお薬を内服していただきます。薬を飲み終わって1週間以上月経が来ない場合には、ご自分で妊娠検査薬での妊娠判定を行っていただきます。

1回の治療周期の通院回数の目安

5-2:体外受精及び顕微授精-胚移植法の場合

  1. 月経2日目から4日目に来院いただき、子宮・卵巣状態を診察し、血液検査でホルモン値を調べます。問題がなければ内服薬や注射で卵巣刺激を行います。
  2. 月経7~9日あたりで卵胞の大きさと子宮内膜の厚さをチェックし、血液検査でエストロゲンの上昇と排卵傾向の有無などを調べます。卵胞が十分に大きくなり、エストロゲンの上昇も見られた場合、同日に排卵誘発の処置を行います。卵胞が十分に育っていない場合は2~3日後に再度卵胞の大きさとホルモン値をチェックします。
  3. 採卵決定の2日後に採卵を行います。朝7時30分~8時に採卵手術を行い、10時から12時の間に止血確認を行い、ご帰宅いただきます。
  4. 採卵後2~3日目にご来院いただき、子宮・卵巣の状態を診察します。問題がなければ胚を移植します。子宮内膜が薄い、卵巣が腫れているなど胚を戻せない場合は胚を凍結します。(胚盤胞培養の可否もこの時期に決定します)
  5. 胚を凍結せず移植した場合は、約10日後に血液検査で妊娠判定を行います。胚を凍結した場合は、次周期の月経2~4日目に受診していただきます。

1回の治療周期の通院回数の目安

採卵の方法

胚移植の方法

5-3:凍結胚移植法の場合

完全自然周期・卵巣刺激周期の場合

  1. 月経2日目から4日目に来院いただき、子宮・卵巣状態を診察し、血液検査でホルモン値を調べます。問題がなければ内服薬や注射で卵巣刺激を行います。完全自然周期の場合は特にお薬は使わず、自然な卵胞発育を待ちます。
  2. 月経10~12日あたりで卵胞の大きさと子宮内膜の厚さ、ホルモン値をチェックします。血液検査でエストロゲンの上昇と排卵傾向の有無などを調べます。卵胞が十分に大きくなり、エストロゲンの上昇も見られた場合、同日に排卵誘発の処置を行います。卵胞が十分に育っていない場合は2~3日後に再度上記のチェックを行います。
  3. 排卵誘発を行った2日後に受診していただき、排卵の有無を確認します。排卵が確認できた場合は、融解予定の胚の成長に合わせて、移植日を決定します。
  4. 凍結した胚を移植当日に融解して、胚に問題がなければそのまま移植します。胚移植法は体外受精及び顕微授精-胚移植法の場合と一緒です。
  5. 排卵確認日から約14日後に血液検査で妊娠判定を行います。

ホルモン補充周期の場合

  1. 月経2日目から4日目に来院いただき、子宮・卵巣状態を診察し、血液検査でホルモン値を調べます。問題がなければエストロゲン製剤の内服薬や湿布薬を使用し始めます。
  2. 月経7~9日目にご来院いただき、卵胞の発育の有無と血液検査を行います。血中エストロゲンが排卵期の濃度に達しない場合は、更に薬の量を増やし、2~3日後に同様の診察・採血を行います。
  3. 血中エストロゲンが排卵期の濃度に達した場合、その日を仮想の排卵日とし、黄体補充(プロゲステロン製剤の内服と注射)を始めます。また融解予定の胚の成長に合わせて、移植日を決定します。
  4. 凍結した胚を移植当日に融解して、胚に問題がなければそのまま移植します。胚移植法は体外受精及び顕微授精-胚移植法の場合と一緒です。
  5. 胚移植の約10日後に、血液検査で妊娠判定を行います。
  6. 妊娠が成立していた場合、黄体補充を妊娠8-10週まで行います。

1回の治療周期の通院回数の目安

6. 当科での高度生殖医療への考え方

  1. 高度生殖医療は近年、不妊治療のbreakthroughとして不妊に苦しむ患者様の福音となったことは事実です。しかし高度生殖医療を行う上で最も重要になってくるのは、受精~妊娠に至る良質な卵子・精子の存在と、妊娠継続を可能にする健全な母体環境の有無です。患者様の中には高度生殖医療を受けてもなかなか妊娠に至らず、精神的・肉体的・経済的負担の大きさから治療をあきらめる方もたくさんいることも事実です。こうした背景から当科では患者様のお話を十分に伺い、治療のお休みも提案いたします。近年、不妊治療不成功の原因の一つに精神的な要因も指摘されるようになったこともあり、こうした処置も大切に考えています。
  2. 当科では卵管が疎通している患者様に関しましては、体外受精を漫然と続けることは勧めておりません。このような患者様には一般不妊治療を組み込みながら治療を進め、精神的・肉体的・経済的負担の軽減を試みることも提案します。
  3. 当科では不妊治療を行う年齢の上限を45歳の誕生日までとしておりますが、それ以上のご年齢の患者様も多数来院されるのが現状です。当科ではそのような患者様に関しまして、その妊娠の可能性や治療の予後などに関しまして十分な説明を行います。しかし高度生殖医療を用いても、1治療周期あたりの継続妊娠率は限りなく0%に近い値であることをご理解いただきたいと思います。

7. 体外受精/顕微授精-胚移植法及び凍結胚移植法の料金について

当科での体外受精/顕微授精-胚移植法、凍結胚移植法に関する料金の詳細は、下記の料金表をご覧ください。また今後、変更になる場合もありますのでご了解ください。

※上記料金表内に記載のある「不妊治療に係る院内自費診療等の内訳明細」に関しましては、体外受精を希望された患者様に個別にお渡ししております。

8. 患者様にご理解いただきたいこと

  1. 当科で人工授精・高度生殖医療を行うことのできるカップルは「入籍をしているご夫婦」に限ります。入籍予定でも未定の場合、または事実婚のカップルに関しましてはこれらの医療行為は受けることが出来ません。
  2. 不妊状態であることは病気ではないため、生活保護受給者は一切の不妊治療を受けることができません。ご理解をお願い致します。
  3. 海外での卵子提供のあっせんは行っておりません。
  4. 海外で卵子提供を受ける方が、海外の病院から指示された検査を当院で行うことに関しましては、医療安全上の問題からお断りいたしております。
  5. 当院は特定機能病院としての立場から、検査のみをご希望の患者様はお断りいたしております。当科での治療をご希望の患者様のみ、各種検査を行います。
  6. 生殖医療外来の専門フロアは設けておりません。妊婦の方、乳幼児と待合室で相席となる場合がありますのでご了承ください。
  7. 採精室の設置はございません。精液検査、人工授精、体外受精の際は、ご自宅か院内のトイレでの採取になりますのでご了承ください。
  8. 不妊治療は妊娠することがゴールなのではなく、出産・育児にもつながる医療です。よって、ご夫婦、またはそのいずれかが明らかに子供を養育できないと思われる精神状態、もしくは家庭環境等であると医師が判断した場合は、その改善を優先とし、治療をお断りすることがあります。不妊治療はご夫婦の自由意思の下で行われる自由診療ではありますが、当科では生まれてくる子供の福祉も十分に考え、医療を提供するというポリシーであることをご理解ください。

9. 生殖医療件数と治療データ詳細

2011
2012
2013
2014
2015
2016
総数
採卵件数 29 41 57 67 72 53 319
新鮮胚移植件数 6 8 22 9 8 1 54
凍結胚移植件数 4 12 11 43 51 35 156
人工授精件数 15 29 59 70 84 136 393

10. 医学的適応による卵子・精子凍結保存

 当科は日本産科婦人科学会による「医学的適応による未受精卵子および卵巣組織の採取・凍結・保存に関する登録」の施設認定を受け、平成27年4月より医学的適応(悪性腫瘍、およびそれに準じる疾患等)による卵子・精子凍結保存を行っております。

治療の必要性と適応について

 悪性腫瘍など(以下、原疾患)にかかった患者様に対し、その原疾患治療を目的として外科的療法、化学療法、放射線療法などを行うことにより、患者様が子供を得る前に卵巣・精巣の機能が悪くなってしまうことがあります。その結果、将来的な妊孕性(妊娠する、させるための能力)が失われると予測される場合、これを防ぐ方法として、本人の自由な意思により、未受精卵子または精子を採取・凍結・保存する方法が考えられます。
この方法は、原疾患治療で発生する副作用対策の一つとして考えられ、治療を受ける時期に挙児希望がない場合でも、将来的な妊娠・出産の希望があり、未受精卵子・精子の凍結を本人が希望する場合には行うことができます。

適応となる患者様

紹介から未受精卵・精子凍結保存までの流れ

  1. まず、原疾患の主治医からお電話による問い合わせをお願いいたします。紹介予定患者様の現在の状況を聴取させていただき、詳細をご連絡いたします。(未受精卵・精子凍結を行うための治療スケジュールは、原疾患の主治医の指示に従います。)
    • 採卵までにかかる期間は、月経開始後2週間から3週間かかります。ピルを使うなどして月経の開始を調節するなどの処置が必要な場合もあるため(女性ホルモン感受性がん患者を除く)、できる限り余裕をもってのご紹介をお願いいたします。
    • 精子凍結の場合、精液所見に問題がなければ1回の採取で済みますが、所見が不良であった場合は数日後に再採精を行うことがあります。
  2. 当科へご紹介いただいた場合、初回の外来診察で患者様に具体的な方法やデータ提示、また費用や私設助成金の説明を、十分な時間をとって行います。患者様の意思表示は後日、同意書の提出をもって行います。
  3. 患者様の自由意思による同意を得、且つ、原疾患の主治医による未受精卵子・精子凍結保存のための治療スケジュールの提示を受け、採卵のための卵巣刺激・精子採取が可能と判断された場合に、当科で処置を進めてまいります。

(文責)林 忠佑

CONTACT

日本大学医学部 産婦人科学系 産婦人科学分野

〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町30-1
TEL : 03-3972-8111(内線2522) MAIL : hayashi.chuyu[at]nihon-u.ac.jp

迷惑メール対策の為、アドレスの@は[at]と変えてあります。半角@に変えてから送信してください