日本大学医学部 内科学系 神経内科学分野

患者さんとご家族へ神経内科のご案内

神経内科とは

神経系[脳・脊髄・末梢神経・骨格筋(神経筋接合部を含む)・自律神経]の全体を診て、その障害を総合的に診断し、内科的に治療する科です。
受診される患者さんの症状は、頭痛、しびれ、歩行障害、ふるえ、麻痺、めまい、物忘れ、けいれんや失神など様々です。
外科的治療を要するときは、脳神経外科、整形外科などに、また、必要に応じて、耳鼻咽喉科、眼科、精神神経科などに紹介します。
診療を行っている主な病気
脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血などの脳血管障害(脳卒中) や脊髄血管障害
片頭痛、緊張型頭痛、三叉神経痛など、頭痛・顔面や頚部の痛み
パーキンソン病、アルツハイマー病等の認知症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など変性疾患と呼ばれるもので神経難病を多く含む
脳炎、髄膜炎などの感染性疾患やクロイツフェルト・ヤコブ病のようなプリオン病
てんかん、失神など
多発性硬化症などの脱髄疾患
ギラン・バレー症候群や糖尿病などによる末梢神経障害
多発性筋炎、重症筋無力症、筋ジストロフィーなどの筋疾患
変形性脊椎症や脊椎椎間板ヘルニアによる神経根障害や脊髄障害
痙性斜頚、片側顔面痙攣など
他科疾患で起きる神経系合併症(膠原病・内分泌疾患などによるものを含む)
神経内科外来

日本大学医学部附属
板橋病院
http://www.med.nihon-u.ac.jp/hospital/itabashi/

日本大学病院

http://www.nihon-u.ac.jp/hospital/<