日本大学医学部 脳神経外科学講座

Department of Neurlogical Surgery, Nihon University School of Medicine

講座案内

お問い合わせ

日本大学医学部
脳神経外科学系神経外科学分野

〒173-8610
東京都板橋区大谷口上町30-1
TEL.03-3972-8111(代表)/内線2481-2482
FAX.03-3554-0425

スタッフ紹介(2013年1月現在)



脳神経外科学 所属分野(主任教授)

 脳神経外科学系 (主任:片山 容一)
  ・神経外科学分野 (主任:吉野 篤緒)
  ・応用システム神経科学分野 (主任:山本 隆充)
  ・光量子脳工学分野 (主任:片山 容一)
  ・神経制御工学分野 (主任:片山 容一)


片山 容一 Yoichi KATAYAMA

医学部長
脳神経外科学系 学系主任教授
光量子脳工学分野 分野主任教授
神経制御工学分野 分野主任教授

◆ 略歴・学会活動・専門分野・業績は、こちらを参照して下さい。


吉野 篤緒 Atsuo YOSHINO

神経外科学分野 分野主任教授
日本大学医学部附属板橋病院 脳神経外科部長

◆ 略歴

昭和61年 日本大学医学部卒業
平成2年 日本大学大学院医学研究科博士課程修了、医学博士
平成元年 カリフォルニア大学(UCLA)医学部 神経外科(有給)
平成5年 日本脳神経外科学会専門医
平成13年 日本大学専任講師 医学部脳神経外科
平成16年 日本大学助教授(准教授) 医学部脳神経外科
平成16年 駿河台日本大学病院 脳神経外科部長
平成17年 日本脳卒中学会専門医
平成19年 日本がん治療認定医機構 暫定教育医
平成20年 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
平成20年 駿河台日本大学病院 救急科部長(兼任)
平成24年 日本大学教授 医学部 脳神経外科学系神経外科学分野(主任)
平成24年 日本大学医学部附属板橋病院 脳神経外科部長

◆ 専門医資格

日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

◆ 学会活動

日本脳神経外科学会(代議員)、日本脳神経外科コングレス、Society of Neuroscience, USA、日本病理学会、日本癌治療学会、日本脳卒中学会(代議員)、日本脳神経外科救急学会(評議員、幹事)日本救急医学会、日本臨床救急医学会、日本神経外傷学会、日本脳腫瘍学会、日本脳腫瘍の外科学会(評議員)、日本頭蓋底外科学会(評議員)、日本脳腫瘍病理学会、日本間脳下垂体腫瘍学会、日本分子神経外科学会、脳腫瘍の基礎研究会(代表幹事)、東京脳腫瘍治療懇話会(世話人)、東京脳腫瘍研究会(世話人)脳神経外科疾患の臨床と病理のJoint Conference(世話人)、日本脳循環代謝学会(評議員)、日本脳神経CI 学会、日本定位放射線治療学会、日本脳神経外科漢方医学会(評議員)日本小児脳神経外科学会、日本老年脳神経外科学会

◆ 専門分野

間脳・下垂体外科

◆ 主要論文(抜粋)

  1. Yoshino, A., Hovda, D.A., Kawamata, T., Katayama, Y., Becker D.P.: Dynamic changes in local cerebral glucose utilization following cerebral concussion in rats: evidence of a hyper- and subsequent hypometabolic state. Brain Research 561: 106-119, 1991.
  2. Yoshino, A., Hovda, D.A., Katayama, Y., Kawamata, T., Becker, D.P.: Hippocampal CA3 lesion prevents the post-concussive metabolic derangement in CA1. Journal of Cerebral Blood Flow and Metabolism 12: 996-1006, 1992.
  3. Yoshino, A., Katayama, Y., Fukushima, T., Watanabe, T., Komine, C., Yokoyama, T., Kusama, K., Moro, I.: Telomerase activity in pituitary adenomas: significance of telomerase expression in predicting pituitary adenoma recurrence. J Neuro-Oncology 63: 155-162, 2003.
  4. Yoshino, A., Katayama, Y., Watanabe, T., Hirota, H.: Vanishing pituitary mass revealed by timely magnetic resonance imaging: examples of spontaneous resolution of nonfunctioning pituitary adenoma. Acta Neurochir (Wien), 147: 253-257, 2005.
  5. Yoshino, A., Katayama, Y., Yokoyama, T., Watanabe, T., Ogino, A., Ota, T., Komine, C., Fukushima, T., Kusama, K: Therapeutic implication of interferon regulatory factor 1 (IRF-1) and IRF-2 in diffusely infiltrating astrocytomas (DIA): response to IFN-b in glioblastoma cells and prognostic value for DIA. J Neuro-Oncology, 74: 249-260, 2005.
  6. Yoshino, A., Katayama, Y., Ogino, A., Watanabe, T., Yachi, K., Ohta, T., Komine, C., Yokoyama, T., Fukushima, T: Promoter hypermethylation profile of cell cycle regulator genes in pituitary adenomas. J Neuro-Oncology, 83: 153-162, 2007.
  7. Yoshino, A., Katayama, Y., Watanabe, T., Ogino, A., Ohta, T., Komine, C., Yokoyama, T., Fukushima, T., Hirota, H: Apoplexy accompanying pituitary adenoma as a complication of preoperative anterior pituitary function tests. Acta Neurochir (Wien), 149: 557-565, 2007.
  8. Yoshino, A., Ogino, A., Yachi, K., Ohta, T., Fukushima, T., Watanabe, T., Katayama, Y., Okamoto, Y., Naruse, N., Sano, E: Effect of INF-b on human glioma cell lines with temozolomide resistance. Int J Oncol, 35: 139-148, 2009.
  9. Yoshino, A., Ogino, A., Yachi, K., Ohta, T., Fukushima, T., Watanabe, T., Katayama, Y., Okamoto, Y., Naruse, N., Sano, E., Tsumoto, K: Gene expression profiling predicts response to temozolomide in malignant gliomas. Int J Oncol, 36: 1367-1377, 2010.
  10. Yoshino, A., Tashiro, S., Ogino, A., Yachi, K., Ohta, T., Fukushima, T., Watanabe, T., Katayama, Y., Okamoto, Y., Sano, E., Tsumoto, K: Gene expression profiling predicting the response to IFN-b and a combination of temozolomide and IFN-b in malignant gliomas. Int J Oncol, 39: 529-542, 2011.


山本 隆充 Takamitsu YAMAMOTO

応用システム神経科学分野 分野主任教授

◆ 略歴

昭和51年 日本大学医学部卒業
昭和57年 医学博士
昭和57年 日本脳神経外科学会専門医取得
昭和59-61年 バージニア医科大学脳神経外科・薬理学教室
平成3年 日本大学脳神経外科講師
平成14年 日本大学脳神経外科助教授
平成17年 先端医学系応用システム神経科学分野 教授
平成24年 応用システム神経科学分野 主任教授

◆ 専門医資格

日本脳神経外科学会専門医
日本臨床神経生理学会専門医

◆ 学会活動

<国内>日本脳神経外科学会(評議員、代議員) 、日本定位・機能神経外科学会(理事) 日本疼痛学会(理事) 、日本ニューロモデュレーション学会(理事) 日本意識障害学会(理事)、日本運動器疼痛学会(理事)、痛みの神経科学会(幹事) 日本臨床神経生理学会(評議員、外保連実務委員)など
<国外>Asian-Australasian Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery (Secretary General), Neurorehabilitation and Reconstructive Neurosurgery Committee of WFNS (Secretary General), International Society for Reconstructive Neurosurgery (Secretary General) etc. 

◆ 雑誌編集委員

Pain Research 編集委員長、ペインクリニック編集委員、NMC(Review Board)etc.

◆ 専門分野

機能神経外科(疼痛、意識障害、不随意運動、定位脳手術、脊髄刺激療法)、経頭蓋磁気刺激、術中モニタリング(運動誘発電位)、神経科学(神経機能回復)

◆ 主要論文(抜粋)

  1. Yamamoto T et al. Pharmacological classification of central post-stroke pain; comparison with the results of chronic motor cortex stimulation therapy. Pain 72: 5-12, 1997
  2. Yamamoto T et al: New method of deep brain stimulation therapy with two electrodes implanted in parallel and side by side. J Neurosurg 95: 1075-1078, 2001
  3. Yamamoto T et al: Dual-floor burr hole adjusted to burr-hole ring and cap for implantation of stimulating electrodes. J Neurosurg 99: 783-784, 2003
  4. Yamamoto T et al: Intraoperative monitoring of the corticospinal motor evoked potential (D-wave): Clinical index for postoperative motor function and functional recovery. Neurol Med Chir (Tokyo) 44:170-182, 2004
  5. Yamamoto T et al: Deep brain stimulation for the treatment of parkinsonian, essential, and poststroke tremor: a suitable stimulation method and changes in effective stimulation intensity. J Neurosurg 101: 201-209, 2004
  6. Yamamoto T et al: Drug-challenge test and drip infusion of ketamine for post-stroke pain. Pain Research 24: 191-199, 2009
  7. Yamamoto T et al: Deep brain stimulation for the treatment of vegetative state. Eur J Neurosci 32: 1145-1151, 2010
  8. Yamamoto T et al: Changes in motor function induced by chronic motor cortex stimulation in post-stroke pain patients. Stereotact Funct Neurosurg 89: 381-389, 2011
  9. Yamamoto T et al: Spinal cord stimulation for treatment of patients in the minimally conscious state. Neurol Med Chir (Tokyo), 52: 475-81, 2012
  10. Yamamoto T et al: On-Demand Control System for Deep Brain Stimulation for Treatment of Intention Tremor. Neuromodulation. 2012 Oct 24 [Epub ahead of print] PMID: 23094990 
    (その他 401編)

◆ 主要著書(抜粋)

  1. Experimental study about the origin of transcranially evoked descending spinal cord potentials. Spinal Cord Monitoring (Ed, K Shimoji) Springer, New York, pp 37-42, 1991
  2. 最新脳神経外科のICU 管理 (坪川孝志編)朝倉書店 pp 96-101, 1993
  3. 手術中のモニター法、最新脳神経外科 (坪川、高倉、菊池 編)朝倉書店 pp 1137-1144, 1996
  4. 神経モニタリング総論、運動野の腫瘍摘出術、(片山容一、山本隆充 編)、脳神経外科医のための神経モニタリングアトラス 医学書院、pp3-23, 99-106, 2003
  5. 外科療法,(花岡一雄 編)痛み ー 基礎・診断・治療 朝倉書店、pp320-327, 2003
  6. 疼痛の神経刺激療法〈視床レベル〉)、(片山容一 編)脳神経外科 学大系10巻 定位・機能神経外科,中山書店 pp 301-306, 2005
  7. TCE-Evoked Potentials from muscle and TCE-Evoked SCPs. In: (Eds, Shimoji, Willis) Evoked Spinal Cord Potentials, Springer, pp 124-129, 2005
  8. Post-stroke painの特徴と治療、ケタミン点滴療法(山本隆充 編)求心路遮断痛の診断と治療)真興交易医書出版部、pp119-126, 263-272, 2008
  9. 脳卒中後疼痛、(真下 節編)神経障害性疼痛、克誠堂出版 pp173-179, 2011
  10. ニューロモデユレーションに用いる脳脊髄刺激装置:わが国での始まりと進歩、大脳皮質運動野刺激による疼痛治療の実際(山本隆充 編)ニューロモデユレーション技術の進展と疼痛治療への応用(真興交易医書出版部)ppS3-S11, 113-S120、2012
    (その他83編)


平山 晃康 Teruyasu HIRAYAMA

神経外科学分野 教授
駿河台日本大学病院 脳神経外科 部長

◆ 略歴

昭和56年 日本大学医学部卒業
昭和60年 同大学院医学研究科修了・医学博士
昭和61-63年 トロント大学脳神経外科勤務
昭和63年 日本脳神経外科学会専門医取得
平成7年 日本大学講師(専任扱)
平成14年 日本大学専任講師
平成15年 日本大学松戸歯学部脳神経外科主任教授
平成17年 日本大学松戸歯学部付属病院顎脳機能センター 副センター長
平成18年 日本大学松戸歯学部口腔科学研究所次長
平成21年 日本大学松戸歯学部付属病院副病院長
平成24年より現職

◆ 専門医資格

日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
日本救急医学会救急科専門医
日本頭痛学会専門医、指導医
日本顕微鏡歯科学会認定医、および指導医
日本口腔顔面痛学会指導医
ACLS、BLSインストラクター 、PNLSインストラクター及びコースディレクター
t-PA 実施医
ボトックス 実施医(眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸、2歳以上の小児脳性麻痺患者における下肢痙縮に伴う尖足、上肢痙縮・下肢痙縮実施資格取得)
身体障害者 (肢体不自由、音声・言語障害(咀嚼障害を含む))認定医

◆ 学会活動

〈国内〉日本脳神経外科学会代議員、保険委員会委員・外保連委員(手術担当、画像診断担当)DPC/MDC01担当、国際委員会委員、学会誌査読委員、日本脳神経外科コングレス前運営員、前プログラム委員、前査読委員、日本脳卒中学会代議員、日本脳神経外科救急学会理事・幹事長、PNLS委員会委員(ディレクター)学会誌査読委員、保険委員会副委員長、世界脳神経外科学会評議員、日本疼痛学会理事、日本頭痛学会評議員、日本脳神経モニタリング学会理事、日本脳低温療法学会理事、日本顕微鏡歯科学会理事、専門医試験副委員長、日本ECS(Emergency Coma Scale)研究会(世話人)、関東脳神経外科懇話会幹事、関東脳神経血管内治療研究会世話人、関東機能的脳外科カンファレンス顧問、東葛脳神経外科研究会世話人、東葛脳神経血管内手術研究会世話人、西関東Neuro IVR 世話人、ブレインフォーラム千葉(世話人)
〈国外〉8th Asian Conference of Neurological Surgeons(ACNS) Vice-President (Japan)、 Asian Conference of Neurological Surgeons(ACNS) Executive committee member、国際定位・機能神経外科学会(WSSFN)国際会員、米国脳神経外科学会国際会員(AANS: international active member)、世界疼痛学会(IASP: International Association for the Study of Pain. Regular member)他

◆ 専門分野

脳卒中・脳血管外科、頭蓋・顎顔面外科


前島 貞裕 Sadahiro MAEJIMA

神経外科学分野 診療教授

◆ 略歴

昭和57年 日本大学医学部卒業
昭和61年 同大学院医学研究科修了・医学博士
昭和62年 日本脳神経外科学会専門医取得
平成8年 日本脳神経外科漢方医学会・幹事
平成17年 日本脊髄外科学会指導医取得
平成19年 同大学医学部附属練馬光が丘病院 脳神経外科科長
平成19年より現職

◆ 専門医資格

日本脳神経外科学会専門医
日本脊髄外科学会指導医

◆ 専門分野

脊髄・脊椎外科


深谷  親 Chikashi FUKAYA

応用システム神経科学分野 准教授

◆ 略歴

1990年 日本大学医学部卒業
     日本大学医学部脳神経外科研修医
1995年 米国New York University, Medical Center
      Intraoperative Neurophysiology部門, Assistant Professor
1996年 日本脳神経外科学会専門医取得
     日本大学医学部脳神経外科助手
1997年 日本大学医学部附属駿河台病院救命救急センター勤務
1998年 日本大学医学部附属板橋病院脳神経外科勤務
2002年 日本大学先端医学系応用システム神経科学分野兼任
2003年 日本大学医学博士号取得
     日本大学医学部脳神経外科講師
2006年 日本臨床神経生理学会認定医取得
     日本大学医学部先端医学系応用システム神経科学分野准教授
2007年 日本大学医学部附属板橋病院脳神経外科教育医長
2012年 日本大学医学部脳神経外科学系応用システム神経科学分野准教授

◆ 専門医資格

日本脳神経外科専門医
日本臨床神経生理学会認定医(脳波分野)
日本定位・機能神経外科学会機能的定位脳手術技術認定

◆ 学会活動

日本脳神経外科コングレス 運営委員
日本脳神経外科学会 代議委員
日本脳腫瘍の外科学会 評議員
脳神経外科ジャーナル 編集委員
Neurologia medico-chirurgica 査読委員
日本関東機能的脳神経外科カンフアレンス 世話人
日本Awake surgery 研究会 運営委員
日本neuromodulation学会 評議員
Movement Disorder Society Japan 広報委員
科学技術振興機構ライフサイエンス分野(脳神経)俯瞰委員
Brain Nursing 編集同人
Neurostudy by the pond of Sanchiro 世話人 他

◆ 専門分野

定位・機能神経外科、ニューロモデュレーション、術中神経生理学

◆ 主要論文(抜粋)

  1. Fukaya C, Sumi K, Otaka T, Shijo K, Nagaoaka T, Kobayashi K, Oshima H, Watanabe T, Yamamoto T, Katayama Y: Corticospinal descending direct wave elicited by subcortical stimulation. J Clin Neurophysiol 28: 297-301, 2011
  2. Fukaya C, Sumi K, Otaka T, Obuchi T, Kano T, Kobayashi K, Oshima H, Yamamoto T, Katayama Y: Nexframe frameless stereotaxy with multitract microrecording: accuracy evaluated by frame-based stereotactic X-ray. Stereotact Funct Neurosurg 88: 163-168, 2010
  3. Fukaya C, Katayama Y, Kano T, Nagaoka T, Kobayashi K, Oshima H, Takamitsu Yamamoto T: Thalamic deep brain stimulation for writer's cramp. J Neurosurg 107: 977-982, 2007
  4. Fukaya C, Otaka T, Obuchi T, Kano T, Nagaoka T, Kobayashi K., Oshima H, Yamamoto T, Katayama Y: Pallidal high-frequency deep brain stimulation for camptocormia: an experience of three cases. Acta Neurochir Suppl 99: 25-28, 2006
  5. Fukaya C, Katayama Y, Kobayashi K, Kasai M, Oshima H, T Yamamoto: Impairment of motor function after frontal lobe resection with preservation of the primary motor cortex. Acta Neurochir Suppl 87: 71-74, 2003
  6. Fukaya C, Katayama Y, Yamamoto T, Kobayashi K, Kasai M, Oshima H: Motor cortex stimulation in patients with post-stroke pain: Conscious somatosensory response and pain control. Neurol Res 25: 153-156, 2003
  7. Fukaya C, Katayama Y, Kasai M, Kurihara J, Maejima S, Yamamoto T: Evaluation of time-dependent spread of tissue damage in experimental spinal cord injury by killed-end evoked potential: effect of high-dose methylprednisolone. J Neurosurg 98 Spine 1: 56-62, 2003
  8. Fukaya C, Katayama Y, Yoshino A, Kobayashi K, Kasai M, Yamamoto T: Intraoperative wake-up procedure with propofol and laryngeal mask for optimal excision of brain tumor in eloquent areas - Technical note. Journal of Clinical Neuroscience 8: 253-255, 2001
  9. Fukaya C, Katayama Y, Kasai M, Kurihara J, Yamamoto T: Intraoperative electro-oculographic monitoring for skull base surgery. Skull Base Surgery 10: 11- 14, 2000
  10. Fukaya C, Katayama Y, Kasai M, Kurihara J, Yamamoto T: Intraoperative electrooculographic monitoring of oculomotor nerve function during skull base surgery - Technical note. J Neurosurgery 91: 157-159,1999

◆ 主要著書(抜粋)

  1. Fukaya C and Katayama Y: Transcranial Electrically Evoked SCPs, Recording techniques, Evoked Spinal Cord Potential (Eds., K Shimoji and WD Willis Jr), Springer, Tokyo, pp112-118, 2005
  2. Fukaya C and Katayama Y: Monitoring by SCPs during surgical operations, Spinal cord Tumor, Evoked Spinal Cord Potential (Eds., K Shimoji and WD Willis Jr), Springer, Tokyo, pp143-149, 2005
  3. Fukaya C, Katayama Y, Murata Y, Kobayashi K, Kasai M, Yamamoto T, Sakatani K: Localization of eloquent area utilize to functional MRI in patients with brain tumor. Recent Advances in Human Brain Mapping In: (Eds., Koichi Hirata, Yoshihiko Koga, Ken Nagata, Kaoru Yamazaki), Elsevier, Amsterdam, pp763-67, 2002
  4. Fukaya C, Katayama Y, Kobayashi K, Kasai M, Oshima H, Yamamoto T: Benefit of chronic stimulation of the globus pallidus internus in the treatment of dystonia. Recent Advances in Human Brain Mapping (Eds., Koichi Hirata, Yoshihiko Koga, Ken Nagata, Kaoru Yamazaki), Elsevier, Amsterdam, pp871-876, 2002
  5. 深谷 親、片山容一:不随意運動.脳神経外科学(太田富雄 総編集、川原信隆、西川亮、野崎和彦、吉峰俊樹 編)、pp2363-2378、金芳堂、京都、2012
  6. 深谷 親、山本隆充、片山容一:パーキンソン病に対する視床下核DBS.Neurosurgery NOW 機能的脳神経外科手術の基本(寺本 明、新井 一、塩川芳昭、大畑建治 編)、pp12-23、メジカルビュー社、東京、2011
  7. 深谷 親、山本隆充、片山容一:脳血管障害による不随意運動.脳卒中症候学(田川皓一 編)、pp641-644、西村書店、東京、2011
  8. 深谷 親、山本隆充、片山容一:W-1. パーキンソン病:脳深部刺激法にエビデンスはあるか? EBM 脳神経外科疾患の治療(宮本 享、新井 一、鈴木倫保、渋井壮一郎、中瀬裕之 編)、pp268-273、中外医学社、東京、2010
  9. 深谷 親、片山容一:第6章 機能的脳神経外科疾患 頑痛.EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針(田村 晃,松谷雅生,清水輝夫 編)、pp313-316、Medical View、東京、2010
  10. 深谷 親、片山容一:運動領野マッピング、脳神経外科大系 10,定位・機能神経外科(片山容一編)、pp.88-96、中山書店、東京、2005


渡辺 学郎 Takao WATANABE

日本大学松戸歯学部 脳神経外科学分野 准教授

◆ 略歴

平成2年 日本大学医学部卒業
平成8年 日本脳神経外科学会専門医取得
平成11年 医学博士
平成11-13年 国際癌研究機関(WHO腫瘍研究所)及びリヨン大学脳神経外科勤務
平成18年 日本大学医学部脳神経外科 助教授(准教授)
平成19-24年 日本大学医学部附属板橋病院 脳神経外科部長
平成24年より現職

◆ 専門医資格

日本脳神経外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療専門医

◆ 専門分野

脳腫瘍外科、臨床腫瘍科学、神経内視鏡手術

◆ 主な研究テーマ

腫瘍分子生物学、遺伝子変異に基づく個別化化学療法


前田  剛 Takeshi MAEDA

神経外科学分野 准教授
日本大学医学部附属板橋病院 麻酔科 医局長

◆ 略歴

平成3年 日本大学医学部卒業
平成10年 日本大学大学院医学研究科脳神経外科学専攻修了
     米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)神経外科 Post doctoral fellow
平成13年 日本大学医学部脳神経外科勤務
平成15年 日本大学松戸歯学部脳神経外科勤務
平成20年 日本大学医学部脳神経外科・麻酔科勤務
平成24年 日本大学医学部脳神経外科学系神経外科分野 准教授

◆ 専門医資格

日本脳神経外科学会専門医
日本頭痛学会専門医
麻酔科標榜医

◆ 専門分野

神経外傷・頭蓋顔面外傷、高次脳機能障害、神経麻酔

◆ 主な研究テーマ

頭部外傷における二次性脳損傷、外傷性高次脳機能障害


須磨  健 Takeshi SUMA

神経外科学分野 診療准教授
日本大学医学部附属板橋病院 脳神経外科 外来医長

◆ 略歴

平成4年 日本大学医学部卒業
平成12年 JA神奈川厚生連相模原協同病院勤務
平成18年 同 副部長
平成20年 日本大学医学部附属板橋病院勤務
平成21年 同 救命救急センター病棟医長
平成23年 日本大学医学部脳神経外科学系神経外科学分野 診療准教授

◆ 専門医資格

日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医

◆ 専門分野

脳神経血管内治療


大島 秀規 Hideki OSHIMA

神経外科学分野 准教授
神経制御工学分野 准教授(兼任)
日本大学医学部附属板橋病院 脳神経外科 科長

◆ 略歴

平成5年 日本大学医学部卒業
平成12年 日本大学大学院医学研究科(神経科学専攻)博士課程終了
平成12年 日本大学医学部脳神経外科 助手
平成13年 駿河台日本大学病院脳神経外科 医長
平成16年 University of Toronto, Toronto Western Hospital, Clinical Research Fellow
平成17年 日本大学医学部附属板橋病院 脳神経外科 医長
平成19年 日本大学医学部 機能形態学系生体構造医学分野(旧解剖学) 講師
平成23年 日本大学医学部 脳神経外科学系神経外科分野 診療准教授
平成24年より現職

◆ 専門医資格

日本脳神経外科学会 専門医
日本脳卒中学会 専門医
日本定位・機能神経外科学会 機能的定位脳手術技術認定医

◆ 学会活動

日本脳神経外科学会(専門医、国際ワーキンググループ(旧教育小委員会)委員)、日本脳卒中学会(専門医)、日本ニューロモデュレーション学会(評議員)、日本定位機能神経外科学会(機能的定位脳手術技術認定医)、関東機能的脳外科カンファランス(世話人) 日本疼痛学会、日本慢性疼痛学会、日本解剖学会、日本脳神経外科コングレス、日本脳卒中の外科学会、Movement Disorder Society、International Neuromodulation Society 他

◆ 専門分野

機能神経外科:疼痛、不随意運動の治療(神経刺激療法)
脳血管障害

◆ 主要論文(抜粋)

  1. Oshima H, Katayama Y, Morishita T, Sumi K, Otaka T, Kobayashi K, Suzuki Y, Fukaya C, Yamamoto T: Subthalamic nucleus stimulation for attenuation of pain related to Parkinson disease. J Neurosurg 116:99-106, 2012
  2. Oshima H, Katayama Y: Discovery of ceresrovascular moyamoya disease: research during the late 1950s and early 1960s. Childs Nerv Syst 28:497-500, 2012
  3. Oshima H, Katayama Y: Neuroethics of deep brain stimulation for mental disorders: Brain stimulation reward in humans. Neurol Med Chir 50:845-852, 2010
  4. Otaka T, Oshima H, Katayama Y, Kano T, Kobayashi K, Suzuki Y, Fukaya C Yamamoto T: Impact of subthalamic nucleus stimulation on young-onset Parkinson's disease. Neuromodulation 13:10-16, 2010
  5. Oshima H, Katayama Y, Kano T, Kobayashi K, Fukaya C, Yamamoto T, Suzuki Y: Direct inhibition of levodopa-induced beginning-of-dose motor deterioration by subthalamic nucleus stimulation in a patient with Parkinson's disease. Case report. J Neurosurg 108:160-163, 2008
  6. Oshima H, Katayama Y, Hirayama T: Intracerebral steal phenomenon associated with global hyperemia in moyamoya disease during revascularization surgery. J Neurosurg 92:949-954, 2000
  7. Oshima H, Katayama Y, Hirayama T, Koshinaga M, Yamamoto T: Intraoperative monitoring of jugular bulb oxygen saturation in patients with Moyamoya disease. Clin Neurol Neurosurg 99 (suppl. 2): 106-109, 1997

◆ 主要著書(抜粋)

  1. 大島秀規, 片山容一:パーキンソン病, (太田富雄、ほか 編), 脳神経外科 改訂11版, pp. 2379-2401, 金芳堂, 京都, 2012.7.15
  2. 大島秀規, 片山容一:機能的疾患に対する定位脳手術 (片山容一 編), ビジュアル脳神経外科 3: 脳幹・基底核・小脳 第1版, pp. 102-111, メジカルビュー, 東京, 2011.10.1
  3. 片山容一、大島秀規:手術に必要な前頭葉・頭頂葉の解剖 (片山容一 編), ビジュアル脳神経外科 1: 前頭葉・頭頂葉 第1版, pp. 2-13, メジカルビュー, 東京, 2010.10.1
  4. 大島秀規:ニューロ・ナビゲーションシステム (片山容一 編), ビジュアル脳神経外科 1: 前頭葉・頭頂葉 第1版, pp. 74-79, メジカルビュー, 東京, 2010.10.1
  5. 大島秀規、片山容一: 視床痛, 神経疾患 最新の治療 2009-2011, pp 169-171, 南江堂, 東京, 2009/2/15
  6. 大島秀規、片山容一: 難治性疼痛(板倉 徹 編), 定位脳手術入門, pp. 111-116, 医学書院, 東京, 2005
  7. 大島秀規、片山容一: 定位脳手術・CT・MRIガイド下手術(松谷雅生, 田村 晃 編),脳神経外科周術期管理のすべて:改定第2版, pp. 581-588, メジカルビュー, 東京, 2003. 12. 20
  8. 大島秀規、片山容一: 不随意運動の外科、難治性疼痛の外科(坂部武史 編), 脳神経外科手術と麻酔, pp. 372-379, 真興交易(株)医書出版部, 東京, 2002
  9. 大島秀規、片山容一:定位脳手術・CT・MRIガイド下手術(松谷雅生, 田村 晃 編),脳神経外科周術期管理のすべて. P586-593, メジカルビュー, 東京, 2000. 4. 1
  10. Oshima H, Katayama Y, Hirayama T, Koshinaga M, Yamamoto T: Intraoperative monitoring of jugular bulb oxygen saturation in patients with moyamoya disease. In: (Eds, M Fukui and K Ikezaki) Moyamoya Disease. Progress in Basic and Clinical Study, pp 106-109, Elsevier, 1997


村田 佳宏 Yoshihiro MURATA

神経外科学分野 准教授
日本大学医学部附属板橋病院 脳卒中ケアユニット医長


小林 一太 Kazutaka KOBAYASHI

神経外科学分野 助教
日本大学医学部附属板橋病院 脳神経外科 教育医長 医局長

◆ 略歴

平成9年 日本大学医学部卒業
平成15年 日本大学大学院医学研究科(神経科学専攻)博士課程終了
平成15年 日本大学医学部脳神経外科 助手
平成19年 Post. Doct. Fellow, Department of Neurosurgery, Johns Hopkins Hospital
平成20年 駿河台日本大学病院脳神経外科 外来医長
平成21年 社会保険横浜中央病院 脳神経外科医長
平成22年 日本大学医学部附属板橋病院 助教
平成24年 日本大学医学部 脳神経外科学系神経外科分野 教育医長
平成25年 日本大学医学部 脳神経外科学系神経外科分野 医局長

◆ 専門医資格

日本脳神経外科学会 専門医
日本臨床神経生理学会 脳波分野認定医、筋電図・神経伝導分野認定医
日本定位・機能神経外科学会 機能的定位脳手術技術認定医

◆ 学会活動

日日本脳神経外科学会(専門医)
日本臨床神経生理学会(脳波分野認定医、筋電図・神経伝導分野認定医)
日本ニューロモデュレーション学会(評議員)
日本定位機能神経外科学会(機能的定位脳手術技術認定)
日本疼痛学会
日本脳神経外科コングレス
ヒト脳機能マッピング学会
日本脳腫瘍の外科学会
Society for Neuroscience
Movement Disorder Society
International Neuromodulation Society 他

◆ 専門分野

機能神経外科:疼痛、不随意運動の治療(神経刺激療法)、術中神経生理学

◆ 主要論文(抜粋)

  1. Kobayashi K, Lang AE, Hallett M, Lenz FA: Thalamic neuronal and EMG activity in psychogenic dystonia compared with organic dystonia Movement Disord 26:1348-1352, 2011.
  2. Kobayashi K, Aoyama N, Sasaki J, Oshima H, Fukaya C,Yamamoto T, Katayama Y: MRI appearance of a cerebral cavernous malformation in the caudate nucleus before and after chorea onset J Clin Neurosci 11:719-721, 2011
  3. Kobayashi K,・Katayama Y,・Sumi K,・Otaka T, Obuchi T, Kano T, Nagaoka T, Oshima H,・Fukaya C,・Yamamoto T,・Atsumi H: Effects of electrode implantation angle on thalamic stimulation for treatment of tremor. Neuromodulation 13: 31-36, 2010
  4. Kobayashi K,・Katayama Y,・Otaka T, Obuchi T, Kano T, Nagaoka T, Kasai M, Oshima H,・Fukaya C, Yamamoto T: Thalamic deep brain stimulation for the treatment of action myoclonus caused by perinatal anoxia. Stereotac Functional Neurosurgery 88:259-263, 2010
  5. Kobayashi K, Winberry J, Liu CC, Treede RD, Lenz FA: A painful cutaneous laser stimulus evokes responses from single neurons in the human thalamic principal somatic sensory nucleus ventral caudal (Vc). J Neurophysiol 101: 2210-2217, 2009

◆ 主要著書(抜粋)

  1. Kobayashi K, Kim JH, Anderson WS, Lenz FA: Surgical Management of Tremor. In R Winn ed, Youman's Neurological Surgery sixth edition. Saunders: New York. pp932-937, 2011
  2. Coelln R, Kobayashi K, Kim JH, Anderson WS, Winberry J and Lenz FA: Thalamotomy. In: Kompoliti K, and Verhagen Metman L (eds.) Encyclopedia of Movement Disorders. Oxford: Academic Press. pp 226-229, 2010
  3. Anderson WS, Clatterbuck RE, Kobayashi K, Kim JH, Lenz FA: Lesions versus stimulation for functional neurosurgery. Textbook of Stereotactic and functional neurosurgery. (edited by AM Lozano, PL Gildenberg, RR Tasker) Springer-Verlag, Berlin. pp 1349-1358, 2009.
  4. 小林一太,片山容一:定位脳手術. (編 太田富雄) 脳神経外科学 改訂11版,pp.2343-2362, 金芳堂,京都,2012.
  5. 小林一太,片山容一:基底核機能的手術のための微小電極記録.ビジュアル脳神経外科3:脳幹・基底核・小脳 (編 片山容一,富永悌二,斉藤延人),pp72-84,メジカルビュー社,東京,2011
  6. 小林一太,片山容一:機能外科疾患 書痙. (編 田村晃,松谷雅生,清水輝夫) EBM に基づく脳神経疾患の基本治療指針 第2版,pp.295, メジカルビュー社,東京,2006.


茂呂 修啓 Nobuhiro MORO

神経外科学分野 助教
日本大学医学部附属板橋病院 脳神経外科 病棟医長

◆ 略歴

平成11年 日本大学医学部卒業
平成16年 日本大学大学院医学研究科博士課程短期修了
平成16年 日本大学医学部脳神経外科 助手
平成17年 日本脳神経外科専門医認定
平成18-21年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校脳神経外科 Visiting Research Assistant
平成21-23年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校脳神経外科 Assistant Researcher
平成23年 現職

◆ 専門医資格

日本脳神経外科専門医

◆ 主要論文(抜粋)

  1. Moro N, Katayama Y, Kojima J, Mori T, Kawamata T: Prophylactic management of excessive natriuresis with hydrocortisone for efficient hypervolemic therapy after subarachnoid hemorrhage. Stroke. 2003; 34: 2807-2811.
  2. Moro N, Katayama Y, Oshima H, Kano T: Sagittal magnetic resonance imaging of intramural hematoma from non-traumatic dissection of the anterior cerebral artery. Neurol Med Chir (Tokyo). 2005; 45: 300-305.
  3. Kojima J, Katayama Y, Moro N, Kawai H, Yoneko M, Mori T: Cerebral salt wasting in subarachnoid hemorrhage rats: model, mechanism, and tool. Life Sci. 2005; 76: 2361-2370.
  4. Moro N, Katayama Y, Igarashi T, Mori T, Kawamata T, Kojima J: Hyponatremia in patients with traumatic brain injury: incidence, mechanism, and response to sodium supplementation or retention therapy with hydrocortisone. Surg Neurol. 2007; 68: 387-393.
  5. Katayama Y, Haraoka J, Hirabayashi H, Kawamata T, Kawamoto K, Kitahara T, Kojima J, Kuroiwa T, Mori T, Moro N, Nagata I, Ogawa A, Ohno K, Seiki Y, Shiokawa Y, Teramoto A, Tominaga T, Yoshimine T: A randomized controlled trial of hydrocortisone against hyponatremia in patients with aneurysmal subarachnoid hemorrhage. Stroke. 2007; 38: 2373-2375.
  6. Aoyama N, Lee SM, Moro N, Hovda DA, Sutton RL: Duration of ATP reduction affects extent of CA1 cell death in rat models of fluid percussion injury combined with secondary ischemia. Brain Res. 2008; 1230: 310-319.
  7. Fukushima M, Lee SM, Moro N, Hovda DA, Sutton RL: Metabolic and histologic effects of sodium pyruvate treatment in the rat after cortical contusion injury. J Neurotrauma. 2009; 26: 1095-1110.
  8. Moro N, Sutton RL: Beneficial effects of sodium or ethyl pyruvate after traumatic brain injury in the rat. Exp Neurol. 2010; 225: 391-401.
  9. Moro N, Ghavim SS, Hovda DA, Sutton RL: Delayed sodium pyruvate treatment improves working memory following experimental traumatic brain injury. Neurosci Lett. 2011; 491: 158-162.
  10. Mori T, Katayama Y, Igarashi T, Moro N, Kojima J, Hirayama T: Is the circulating plasma volume sufficiently maintained? Fluid management of an aneurysmal subarachnoid hemorrhage in the acute phase. Neurol Res. 2012; 34: 1016-1019.

◆ 主要著書(抜粋)

  1. 越永守道 茂呂修啓 福島匡道 片山容一: 海馬損傷後の記憶障害と神経幹細胞移植 神経の再生 脳の科学2003年25巻増刊号 星和書店 165-169
  2. 小嶋 純 茂呂修啓 片山容一: サクシゾン(R)を用いたくも膜下出血の術後管理 脳神経外科の最新医療 先端医療シリーズ29 先端医療技術研究所  2004年9月8日 332-333
  3. Moro N, Katayama Y, Kojima J, Mori T, Kawamata T: Effect of hydrocortisone on excess natriuresis in patients with aneurysmal subarachnoid hemorrhage. RL Macdonald eds. Cerebral vasospasm. Advances in research and treatment. Thieme; 2004; 240-242.

ページの先頭へ戻る