がん医療に携わる専門医師養成プログラム(大学院博士課程)
 当初の1年間は、駿河台日本大学病院で消化器外科を主体とするがんの外科療法を中心とした診療研修に専念し、進行・再発消化器癌、乳癌のがん薬物療法の理論と実際、臨床研究について学習する。外来・病棟研修において、緩和ケア計画の策定、実施への関与や他のがん領域での診療、放射線治療などの分野での研修を行い、「がん治療認定医」、「がん薬物療法専門医」の取得をめざす。  また、最低2年間は指導教員のもとで、外科切除標本を用いた病理学的手法に基づくがん研究に従事するとともに、選択科目の学習を行い、がん治療に必要な幅広い知識を習得して、博士論文を完成させる。
本文へジャンプ

○病理学系腫瘍科学コース

 
当初の1年間は、血液内科学を主体とするがん診療研修に専念し、がん薬物療法の理論と実際、臨床研究について学習する。日本大学附属板橋病院でのキャンサーボードに参加し、診療科・部門の枠を超えた横断的な研修を行うとともに、緩和ケア計画の策定、実施への関与する。  さらに、他のがん領域での診療、がんの外科療法、術後化学療法および放射線治療などの分野での研修を行い、「がん薬物療法専門医」の取得をめざす。また、最低2年間は指導教員のもとでがん研究に従事するとともに、選択科目の学習を行い、がん治療に必要な幅広い知識を習得して、博士論文を完成させる。

 

当初の1年間は、駿河台日本大学病院で消化器外科を主体とするがんの外科療法を中心とした診療研修に専念し、進行・再発消化器癌、乳癌のがん薬物療法の理論と実際、臨床研究について学習する。外来・病棟研修において、緩和ケア計画の策定,実施への関与、他のがん領域での診療、放射線治療などの分野での研修を行い、「がん治療認定医」、「がん薬物療法専門医」の取得をめざす。また、最低2年間は指導教員のもとで、外科切除標本を用いた病理学的手法に基づくがん研究に従事するとともに、選択科目の学習を行い、がん治療に必要な幅広い知識を習得して、博士論文を完成させる。

○内科学系放射線治療学コース


当初の1年間は、放射線診断治療学を主体とするがん診療研修に専念し、がんの放射線診断学及び放射線腫瘍学の理論と実際、臨床研究について学習する。日本大学附属板橋病院でのキャンサーボードに参加し、診療科・部門の枠を越えた横断的な研修を行うとともに、緩和ケア計画の策定,実施への関与する。さらに、他のがん領域での診療、がんの化学療法と外科療法などの分野での研修を行い、「がん治療認定医」、「日本医学放射線学会放射線治療専門医」、「放射線腫瘍学会認定医」の取得をめざす。また、最低2年間は指導教員のもとでがん研究に従事するとともに、選択科目の学習を行い、がん治療に必要な幅広い知識を習得して、博士論文を完成させる。

教育課程

○内科学系血液内科学コース