第60回日本小児保健協会学術集会
Annual meeting of the Japanese society of child health 2013

会頭挨拶

第60回 日本小児保健協会学術集会の開催にあたって
岡田 知雄 日本大学医学部小児科学系小児科学分野

第60回日本小児保健協会学術集会におきましては、「明るく・やさしく・たくましくー夢にむかって進もう−」をメインテーマといたしました。2013年(平成25年)9月26日(木)〜28日(土)の3日間、東京の国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて開催させていただきます。

本学術集会は、小児を取り巻く医療、保健、福祉、教育などの領域にたずさわる専門家が一同に会してこれらの研究成果を発表し、活発に討論する場であります。参加者は、専門分野における最新の知識を共有し、またそれぞれの現場において役立つ工夫を習得できる機会となるよう、プログラムを企画して参りました。幸いにして、300題におよぶ一般演題をご応募いただきましたこと深く感謝申しあげます。

近年わが国は、少子化がますます進み、社会情勢もめまぐるしく変化し、小児の医療、保健、福祉そして教育のあり方にも諸問題が山積しております。その上に、東日本大震災、福島第一原子力発電所の事故という未曾有の災害が発生して既に2年3か月が過ぎました。福島県においては現在でも15万の人々が避難生活を余儀なくされています。被害をうけた子ども達の成長と復興の支援は、小児保健にたずさわる我々の重大な責務の一つと考え、このようなメインテーマといたしました。そして、この度協会設立80周年という節目を迎え、わが国の小児保健の過去現在そして未来を展望し、従来の発想や考え方では解決されない諸問題への解決のヒントを探りたいと存じます。小児保健の目標である子どもが本来持っている発育・発達する能力が十分発揮されるような環境作りに貢献しうる学術集会となることを願っています。

是非多くの皆さまに参加していただき、明日の未来を担う子ども達が健やかに成長して行けるよう、様々な問題解決に向けて一歩でも前進出来るような学術集会をめざしたいと存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

2013年6月

2013年9月26日(土)〜28日(木)
国立オリンピック記念青少年総合センター 〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3番1号 TEL.03-3469-2525
会頭 岡田 知雄日本大学医学部 小児科教授