眼科先端医療研究講座(ときわ台村中眼科)

眼科先端医療研究講座(ときわ台村中眼科)は、視覚科学系の寄附講座としてまずは3年間の計画で設置されました。
以下に概要をご紹介致します。

1 講座の名称

① 講座名称 (和文)眼科先端医療研究講座(ときわ台村中眼科)
(英文)Department of Advanced Ophthalmological Medical Research,
(Tokiwadai Muranaka Eye Clinic)
② 学系・分野名 (和文)視覚科学系眼科学分野
(英文)Division of Ophthalmology, Department of Visual Sciences,
Nihon University School of Medicine

2 設置期間

平成31年8月1日 ~ 平成34年7月31日

3 寄附者

ときわ台村中眼科院長 村中公正

4 寄附者の概要

ときわ台村中眼科開業 院長

5 設置の目的・意義

① 目的: 眼科領域における先進的な治療法の開発を行うことを目的とする。そのためときわ台村中眼科は、日本大学医学部に寄附を行い新たな寄附講座を設置する。
② 意義: 現在の公的研究費はトランスレーショナルリサーチが中心で臨床の根幹をなす基礎的な分野の研究資金は限られる傾向にある。そこで本寄附講座では、必ずしも臨床に直結しなくても将来の臨床につながる可能性のある分野に特化した研究を推進する。本寄附講座の設置により、将来の眼科領域での飛躍的な発展の礎が築かれることが期待される。

6 寄附講座の内容・運営方法

①具体的内容・方法
1) 本寄附講座の計画
本寄附講座はまずは3年間設置し、最終年の進捗状況によって寄附者と相談の上延長するか否かを決定する。
2) 本寄附講座の体制概略
責任者は、山上聡(視覚科学系眼科学分野主任)とし、眼科先端医療研究講座(ときわ台村中眼科)の兼任とする。体制は研究分担者と研究協力者から成る。寄附金を研究費基盤とした研究を推進する。

7 必要人員について

責任者(分野主任) 山上 聡(視覚科学系眼科学分野)とする。
研究分担者として准教授 﨑元 暢、准教授 長岡泰司, 准教授 横田陽匡が関わる。
適宜大学院生が研究協力者となる。

8 診療科の関連について

① 病院名 日本大学医学部附属板橋病院
② 診療科名 眼科
③ 関連性について  眼科が主体となって研究を行う

ページトップへ