• 説明会&見学会
  • 研修医募集!
  • 日本大学医学部付属板橋病院
  • 駿河台日本大学病院
  • お問い合わせ
  • 過去の症例検討会

入局のご案内

  • 眼科専門医への道
  • 初期臨床研修
  • 専門医コース
  • 入局・見学案内

研修責任者からのメッセージ

眼科に興味のある先生方へ
当科へ入局された先生には「日大眼科キャリアアッププログラム」にしたがって、専門医試験合格を眼科医としての最初の目標としていただきます。キャリアアッププログラムが達成できるように、指導医みんなできめこまかい指導を行います。当科では白内障だけに偏らず、前眼部から網膜硝子体疾患、視神経疾患に至るまですべての眼科の領域を実際に経験し学ぶことができる特徴があります。
初期臨床研修で眼科を経験されなかった先生も入局を歓迎いたします。また、日大病院以外で初期臨床研修をされた先生、他科からの転向を考えていらっしゃる先生も歓迎致します。当科は、半数以上が女性医師で結婚し子育てをしながら勤務している者も多数おります。また、出身大学は、日大だけではなく他大学出身者も多数在籍しており、待遇に差はありません。
眼科では、未熟児から超高齢者まですべての年齢層の患者さんを診察します。疾患は多岐にわたり、外来通院で薬を使って治療する疾患も多いですし、また白内障や網膜硝子体のように手術で治療する疾患もあります。充血や眼脂がなくなるなど治療効果が外見から判断できる疾患もありますし、白内障手術のように手術の翌朝「よく見える」と患者さんから感謝されることもあり、大変にやりがいのある科です。専門医試験に合格するまでは、前眼部から後眼部、視神経疾患に至るまでメディカル分野もサージカル分野もすべて勉強していただかないといけませんが、専門医を取得した後は、手術に興味のある先生にはたくさんの手術を執刀していただき技量を上げていただくことができますし、手術に興味のない先生にはメディカルの分野で臨床、研究を行っていただくことができ、将来の選択肢はさまざまあります。
眼科入局をお考えの先生はぜひ一度、日大眼科へ見学にいらしてください。半日でも1日でも結構です。外来、病棟、手術室とあちこちで同時進行でいろいろな診療、手術を行っておりますし、また日大眼科のアットホームな雰囲気を感じていただければ幸いです。
たくさんの先生方の日大眼科への入局をお待ちしております。
日大眼科研修責任者 嘉村 由美

専修医からのメッセージ

日大眼科に入局して
私が眼科に専攻を決めたのは、初期臨床研修が終わって1年たってからのことでした。きっかけは些細なことで、幾つかの病院を見学し、日本大学に決めました。決めた理由としては、まず、眼科のトピックスやスタンダードな治療の知識を常にとりいれるために、一般病院ではなく大学病院を選びました。また、まだサブスペシャリティを決められないでいたため、多種多様な疾患が紹介されてくる病院の方がいいと思いました。日本大学は板橋病院、駿河台病院、光が丘病院の3病院がありそれぞれに個性的で偏りなく眼科学を勉強できる可能性があると思いました。そのほかには、他大学からの入局者も広く受け入れていることからアットホームで打ち解けやすい雰囲気もいいと思いました。2年やってみて思うことですが、眼科は専門性が高く、とっつきにくい科の一つかもしれません。けれども、所見が視覚的にとらえられること、全身疾患と関連している眼病もたくさんあることなど、何か興味をもてるきっかけがあれば、奥の深い学問だと思います。
専攻が決められなくて悩んでいる皆さん、眼科にしようと思っているけど、まだ入局先を決めていない皆さん、ぜひ一緒に研修をしましょう。お待ちしております。
平山 真理子
日大眼科に入局して
日大眼科に入局してもうすぐ1年です。現在の心境や思いをお話したいと思います。眼科に興味のある方や入局希望の方の参考になると嬉しいです。
私は母が眼科医であり、幼いころから眼科は最も身近な職業でした。学生時代は、自分は将来眼科医になるんだろうなと漠然と考えてはいましたが、眼科の本質は知らずにいました。初期臨床研修中は様々な科をまわり、全身状態を把握する他の科も魅力的だなと考え始めたころ、選択科目で眼科を経験し、自分で考えていたよりも眼科学は非常に幅広く奥深いことを知りました。眼は、小さい臓器ですが、全身疾患の一所見を呈し、その中でも角膜から網膜、水晶体、緑内障、ぶどう膜、神経など各分野に細分化され、その専門性の高さに驚き、なんと興味深いのだろうと感激し、入局を決意しました。眼科医になった今、各分野での疾患の多さに驚愕し、勉強することがたくさんありますが、新たな経験をするたび、どんどん興味と意欲がわいてきます。診療体制も外来から手術まで幅広く、将来の選択肢を多く持つことができることも魅力的です。
日大眼科に入局して実感していることは、第一に教育体制が充実していることです。日常の診療の中での診察方法、考え方や手技の方法はもちろん、手術の手技、カンファレンスや学会発表、論文作成など丁寧で手厚い指導があり、眼科医として一人前になるための教育体制が整っています。上の先生方には大変感謝すると共に、私もそんな先輩になりたいと思う日々です。
第二に、各専門分野の専門家が充実しているため、幅広い様々な疾患を経験でき、専門医を習得するための研修病院としても優れていると思います。
第三に、板橋病院、駿河台病院、光が丘病院の3病院で実習することにより、それぞれの病院の専門分野を学ぶことができ、将来の選択肢を広げることができます。
その他、医局員が豊富、多大学からの入局者も多い、医局の雰囲気が暖かい、各先生方が大変親切で心強い、当直などの勤務シフトもよく考えられているなどバランスの取れた医局です。
研修医の先生方や学生さんで、何科に行くか迷っている方や少しでも眼科に興味のある方は、一度見学にいらっしゃるか、選択科目で眼科を経験することをお勧めします。一生を決める出会いがあるかもしれません。知りたいことや、聞きたいことがありましたらいつでも連絡いただければと思います。
能谷 聡子
日大眼科に入局して
これは私が入局した日大眼科についての感想や独り言ではありますが、眼科に興味がある方や入局希望の方へ参考になれば幸いです。
もともと私は内科志望で、研修医時代は全身状態を把握する内科の醍醐味に惹かれていました。その頃は正直、眼科は眼だけと高をくくっていましたが、選択科目で眼科を経験すると眼症状も全身状態の一所見であり、その小さな眼は角膜から網膜、白内障、緑内障、ぶどう膜、神経に細分化され、その専門性の奥深さに驚き、あっという間に虜になってしまいました。外来から手術まで診療形態も幅広く、自分の将来の選択肢が多いのも魅力となり、日大眼科への入局を決心しました。今でも眼科を選択して正解だと確信していますが、もしあの時その魅力を知らずに過ごしていたならば私は眼科を選択せず、まったく別の人生だったでしょう。当時その魅力を教えていただいた先生方には感謝しつつ、自分もそういう先輩になれたらと思う今日この頃です。
さて、以下は日大眼科での経験を通して感じた特徴を述べたいと思います。
第一は、とにかく面倒見が良いです。早く一人前になれるように教育に積極的で、専門医に必要な知識や技術、論文作成など手厚い指導があり、私にとってもいたれりつくせりといった感じで大変助かっています。第二は、各専門分野の専門家が充実していて穴が無いため、幅広い疾患を経験でき、また専門医を取得するための研修病院として優れていると思います。そのほか箇条書きですが、医局員は豊富で女性も多い、近年他大学からの入局も多い、医局の雰囲気が暖かく居心地が良い、教授を始め各先生方が大変頼りになる、適度の忙しさ、自分の時間はしっかり持てる、勤務シフトなども良く考えられているなど、とてもバランスの取れた医局です。
学生さんや研修医の先生方で、何科に行くか迷っていたり、少しでも眼科に興味がある方は、一度眼科を選択科目で経験することがお勧めです。もしかしたらあなたに合っているかもしれません。そんな時はいつでも気軽に医局長や、良ければ私に相談して頂ければ幸いです。
中島 基宏
ページトップへ