• 説明会&見学会
  • 研修医募集!
  • 日本大学医学部付属板橋病院
  • 駿河台日本大学病院
  • 過去の症例検討会

入局のご案内

  • 専門医コース

研修の内容

01指導医

板橋

山上  聡 

加島 陽二

﨑元  暢

長岡 泰司

﨑元  丹

横田 陽匡

菅谷 哲史

朝生  浩

駿河台

中静 裕之

森 隆三郎

服部 隆幸

田中 公二

02研究体制
【画像】研究風景

教室には、角膜、緑内障、網膜硝子体、アレルギー、神経眼科、涙道と、前眼部から後眼部までのあらゆる眼疾患に関する研究者がおり、海外留学の経験を持つエキスパートを揃え、わが国において、眼科領域の研究機関として高い学問的評価を受けています。これは、文部科学省科学研究費補助金や厚生労働省研究費の獲得成績からも裏付けられています。
臨床研修と同時に、研究活動への参加を希望される場合には、横断型大学院に入学していただき、研究課題に応じて、教室スタッフの指導のもと臨床研修と同時に研究を進めていただきます。研究課題、研修スケジュールについては、研修総括責任者と相談の上、決定されます。横断型大学院へは、専門医を受験するまでのいずれの時期にでも入学ができます。
日本大学医学部では研究施設も充実しており、ハイテクリサーチセンターや共同研、感染症ゲノム研究センター、実験動物医学研究所などがあり誰でも利用が可能です。当教室でPCR、イムノクロマト、ELISA、免疫組織化学、細胞培養などが実施可能なほか(上写真)、上記施設にあるダイレクトシークエンサー、リアルタイムPCR、ルミネックス、共焦点顕微鏡、レーザーマイクロダイセクションなどを利用し研究を行っています。

03大学院(横断型)への進学

科学または機能生理学を専攻し、研究活動と平行した臨床研修を行います。

目標
(1)臨床を極めて、眼科専門医になること
(2)研究を極めて、医学博士になること
収入
(1)専修医手当てがなくなります
(2)バイトは、2年目になれば40万円/月
生活
目標がふたつなので忙しくなりますが、やりがいは大きいです。
04留学実績

【画像】ハーバード大学 Massachusetts Eye and Ear Infirmary と Schepens Eye Research Institute【画像】ハーバード大学 Massachusetts Eye and Ear Infirmary と Schepens Eye Research Institute 教室スタッフは、米国(ハーバード大ほか)、カナダ、オランダ、ベルギーなどへの留学が可能です。

アメリカ合衆国
Harvard大学(Schepens Eye Research Institute/Massachusetts Eye and Ear Infirmary):
澤・藤田・﨑元(暢)・山田
Miami大学 (Bascom Palmer Eye Institute):島田・水谷
Southern California大学 (Doheny Eye Institute):加島
Johns Hopkins大学 (Wilmer Ophthalmological Institute):中島
Manhattan Eye, Ear and Throat Hospital:松本
カナダ
British Columbia大学:山崎
オランダ
Nijmgen大学:湯澤
ベルギー
Gent大学:森
02勤務実態と待遇
勤務
本プログラムに参加される方は、日本大学医学部視覚科学系眼科学分野の教室員であるとともに、附属病院では専修医、関連病院では常勤医師(医員)として採用されます。後期研修入局後4ヶ月目から、関連施設で研修を兼ねた出張があります(2年目で50万円/月)。
待遇
給与・勤務時間・当直・有給休暇については各々の参加施設の勤務規定によります。また、附属病院での研修中は週1〜2回の外勤が認められ、研修期間中の生活に支障がないよう十分に配慮されています。
休暇
  • 入局1年目:夏季、冬季各1週間
  • 板橋病院:年間20日
  • 駿河台病院:夏季、冬季各1週間
産休・育児
当科は女性も多く、子育てをしながら臨床研修が可能です。本プログラムは4年間ないし5年間にわたり継続して研修を行うことが前提ですが、出産、育児や留学などで研修が中断した場合には、復帰後に研修を継続できます。
ページトップへ