• 説明会&見学会
  • 研修医募集!
  • 日本大学医学部付属板橋病院
  • 駿河台日本大学病院
  • 過去の症例検討会

入局のご案内

  • 初期臨床研修
  • 専門医コース

研修の内容について

01指導医

山上  聡

加島 陽二

﨑元  暢

長岡 泰司

﨑元  丹

 

菅谷 哲史

朝生  浩

野村 真美

菊地 善公

花崎 浩継

白木夕起子

02教育課程
2か月・4か月・8か月・11か月の4コース
研修期間には、2か月、4か月、8か月、11か月の4コースがあります。
2か月コースを基本とし、4か月以上の研修期間を希望する医師には、より専門性の高い知識、手技の実践をめざし、球後麻酔などの局所麻酔の施行、小手術、ウエットラボの経験数によっては白内障手術の術者としての指導を行います。
さらに、眼科入局を予定しての研修医には、眼科専門医資格取得に向けての研修を初期臨床研修医の研修期間から開始し、専門医取得に必要な諸検査の習得および症例の経験を積みます。
研修プログラムの構成
導医とともに眼科外来、眼科病棟、手術をまんべんなく研修します。
03研修内容

基本手技

GIOs(一般教育目標:General Instruction Objectives)

眼科疾患を理解し、診察に必要な基本手技を習得する

SBOs(個別的、具体的行動目標:Specific Behavioral Objectives)

【画像】ウエットラボ
主な生理機能(屈折、調節、色覚、光覚、眼位、眼球運動、眼圧)検査の結果を理解し評価ができる
細隙灯顕微鏡検査ができる
倒像鏡を用いた眼底検査を行い、所見を述べることができる
視野検査,蛍光眼底造影検査,電気生理学的検査,画像診断の結果を評価できる
流行性角結膜炎などの感染性眼疾患への対応ができる
一般的な眼疾患の診断、治療を経験する
  1. 屈折異常(近視、遠視、乱視)
  2. 角結膜炎
  3. 白内障
  4. 緑内障
  5. 糖尿病、高血圧、動脈硬化による眼底変化
以下の症状をきたす疾患を理解する
  1. 視力障害
  2. 視野異常
  3. 結膜の充血
  4. 複視
  5. 飛蚊症
  6. 眼脂
一般的な救急疾患を経験する
  1. 急性緑内障発作
  2. コンタクトレンズによる眼障害
  3. 眼外傷
局所麻酔手術を理解し、手術の第一助手をつとめる
ウエットラボ(豚眼を用いた内眼手術の練習会)に参加し、主に白内障手術の練習を行う
アイバンク活動に上級医とともに参加して、アイバンクに対する理解を深める

基本的治療

GIOs(一般教育目標:General Instruction Objectives)

眼局所における薬物の眼内動態、副作用、相互作用を理解し、薬物治療を行う

SBOs(個別的、具体的行動目標:Specific Behavioral Objectives)

処方箋の発行
  1. 薬剤の選択と容量
  2. 投与上の安全性
点眼、眼軟膏投与の施行
  1. 散瞳薬、局所麻酔薬の理解と適切な施行
  2. 禁忌の理解

救急医療

GIOs(一般教育目標:General Instruction Objectives)

臨床研修医が眼科緊急疾患・外傷に対応できる基本的診察能力を習得する

SBOs(個別的、具体的行動目標:Specific Behavioral Objectives)

基本的な眼処置ができる
開放創に対する適切な処置ができる
酸、アルカリによる角結膜腐蝕の診断、応急処置ができる
コンタクトレンズ眼症の診断、応急処置ができる
急性閉塞隅角緑内障の診断ができる
04学習方略(LS 研修内容 上記基本手技・基本的治療・救急医療に共通)
【画像】モーニングカンファレンス
外来診療に参加し、新患の病歴聴取、基本的検査を自ら行った後に、指導医の診察を見学し、指導医とともに所見の確認、精密検査の指示、治療方針決定を行う
病棟ではグループに属し、グループの一員として受け持ち患者の入院時の検査、毎日の診察、手術、術後の診察を行い、入院を要する疾患への理解を深める
上級医師とともに当直業務を行い、眼科救急疾患を経験し理解を深める
以下の医局週間行事に参加する
  1. 月曜日 18時から: 医局会、抄読会
研修期間に経験した最も印象深い症例について、指導医の指導のもとパワーポイントにまとめ、モーニングカンファレンスで症例発表を行う
病院CPCに参加する
05研修医の勤務時間

本大学医学部附属板橋病院の勤務体制によります


研修医評価
研修医はプログラム修了時に自己評価表を提出し、これに基づき指導医が研修状況を点検、評価します。
研修医の待遇
日本大学医学部附属板橋病院の規定に準じます
初期研修期間2年間を通して眼科学教室で専用の机を使用することができます
ページトップへ