• 説明会&見学会
  • 研修医募集!
  • 日本大学医学部付属板橋病院
  • 駿河台日本大学病院
  • 過去の症例検討会

教室のご案内

  • ごあいさつ
  • 教室の沿革
  • スタッフ紹介
  • 教室の定例行事
  • 関連病院
  • 関連学会リンク

主任教授からのメッセージ

日本大学医学部視覚科学系眼科学分野 主任教授 澤 充

成28年4月より日本大学医学部視覚科学系眼科学分野主任教授として診療、教育、研究を担当させていただいております。大学の使命は人を育てることにあると考えています。そのためには、学部学生、研修医のための充実した教育プログラムの実践、眼科の多くの領域で高い臨床レベルの維持、高いレベルの研究の実現、自由に議論しあえる教室の雰囲気を作っていくことが重要と考えており、その目標に向かってきめの細かい教室作りを実践していきたいと考えています。

科診療面での大学の重要な役割は一般の診療所では行いにくい外科治療であると思います。当教室は、白内障はもちろん角膜、網膜硝子体、緑内障、 涙道など多くの専門家を擁しておりますので、それぞれの分野で最先端の外科治療を実践しております。各専門外来にも、眼科を選択してくれた後期研修医にローテートしてもらい、常に最新かつ最先端の診断と治療に触れながら研修を行える教育的な視点に配慮したプログラムを実践していきます。

床レベルの高度化により研究で培った発想を持つ臨床医を育てることも重要であると考えます。そこでリサーチマインドを持った臨床医の育成を目指して、あくまで臨床が中心ではありますが早期から医学研究に少しでも興味を持ってもらえるようにしていきたいと考えています。ぜひ一般眼科以外に一つ専門分野を持っていただき、まずは眼科専門医集団の一員としての活動を一時期であれ行っていただきたいと思います。

門医取得後は、勤務医として総合眼科診療を志向する医師、専門的な眼科診療を志向する医師、海外、国内留学など研究を志向する医師、開業を志向する医師、非常勤医師として家庭と両立を志向する医師など様々なビジョンにも対応して医局としてバックアップしていきたいと考えております。

るい雰囲気のなかで議論しあえる環境を整備し、リサーチも意識した臨床中心の病院としてレベルアップをはかっていきたいと考えておりますので何卒よろしくお願い申し上げます。

ページトップへ