• 説明会&見学会
  • 研修医募集!
  • 日本大学医学部付属板橋病院
  • 駿河台日本大学病院
  • 過去の症例検討会

駿河台日本大学病院

  • 診療科のご案内
  • 外来担当医一覧
  • 眼科病棟について
  • 手術について
  • 診療実績
  • 教育について
【画像】駿河台日本大学病院

眼科病棟のご紹介

01眼科病棟

科病棟は皮膚科との混合病棟となっています。眼科は30床ありますが、年間2000件の手術を行い、そのうちの750例が網膜硝子体手術のためほぼ満床の状態が続いております。ベッドの稼動を効率良くするために、白内障手術は日帰り、1泊2日、2泊3日の中からお選びいただけます。硝子体手術や網膜復位術などは4泊から6泊の入院を基本に行っています。高齢者や全身既往症をお持ちの患者さんも安心して治療を受けられることを第一に考えています。

02眼科手術について

科手術は局所麻酔ではありますが、高齢者が多く全身疾患を持っている患者さんが多く、手術の準備には全身状態の把握が重要です。入院前に内科かかりつけ医との綿密な連絡は基より、当院の循環器科、内科とも連絡を取り全身状態の把握、術前後の全身管理には特に慎重に対応しています。

03病棟スタッフについて
【画像】病棟スタッフ カンファレンス

棟スタッフは診療教授、病棟医長を含め、眼科専門医9名が病棟診療に当たるという質の高い病棟管理を行っております。また、眼科専任の看護師も充実しており、眼科ケアのベテランが揃っています。
教授回診は月曜日と木曜日の朝に行われます。また、より良い治療と看護のために毎週木曜日朝には医師と看護師間でのカンファレンスが開かれています。

04硝子体手術

院で多く行われている硝子体手術では、眼内にガスを注入し、術後にうつ伏せを行って頂くことがしばしばありますが、当院では他に先駆けうつ伏せ期間を1日に短縮することに成功し、さらに最近では創口の小さな新しい手術をいち早く取り入れ良好な成績を挙げています。
眼に、患者さんに優しい治療をモットーにスタッフ一同日々の診療に当たっています。

ページトップへ