• 説明会&見学会
  • 研修医募集!
  • 日本大学医学部付属板橋病院
  • 駿河台日本大学病院
  • 過去の症例検討会

板橋病院

  • 診療科のご案内
  • 外来担当医一覧
  • 専門外来
  • 眼科病棟について
  • 手術について
  • 診療実績
【画像】日本大学医学部附属板橋病院

緑内障外来

担当医:﨑元(丹)、野村
診察日:金曜日/午後

【画像】緑内障 緑内障は「超」慢性疾患であり、治療は生涯にわたり継続しなければなりません。しかも、自覚症状に乏しいため、患者自身の病態理解が必要です。
緑内障外来では、患者に対し「緑内障という疾患」を理解させ、治療に関する指導を行っています。「緑内障=失明」と短絡的に考え、不安を持つ患者に対しては、緑内障は進行性であるが、治療により失明の危険性を最小化できることを繰り返し説明しています。
治療は、薬物療法から開始しますが、緑内障点眼薬の基礎的・臨床的データに基づき、実行可能な治療計画を立案し、患者指導を行っています。具体的には、1泊2日の眼圧日内変動検査入院を積極的に実施し、薬物療法の有効性の評価を行うとともに、手術療法も含め、治療方針の決定に患者自身の参加出来る環境づくりに努力しています。 【画像】緑内障

ページトップへ