• 説明会&見学会
  • 研修医募集!
  • 日本大学医学部付属板橋病院
  • 駿河台日本大学病院
  • 過去の症例検討会

板橋病院

  • 診療科のご案内
  • 外来担当医一覧
  • 専門外来
  • 眼科病棟について
  • 手術について
  • 診療実績
【画像】日本大学医学部附属板橋病院

角膜外来

担当医:山上 聡、﨑元 暢、﨑元 丹
診察日:木曜日/午前(予約制)

角膜外来では、角膜疾患の診断、治療を行っており、特に角膜移植をはじめとする外科的治療に最も力を入れています。

角膜移植は、円錐角膜、水疱性角膜症、角膜変性疾患、角膜穿孔など様々な疾患に対して最適な術式を選択して行っています。以前は殆どの症例に全層角膜移植と呼ばれる角膜全層を取り換える手術が行われていましたが、最近では、角膜の異常のある部位のみを移植する角膜パーツ移植が主流となりつつあります。また角膜だけでなく結膜も含めた眼表面再建手術を行うことにより、これまで難治であった眼表面疾患も対応可能となっています。近年登場したDSAEK(Descemet's stripping automated endothelial keratoplasty)と呼ばれる角膜内皮移植にも対応しており、眼科手術後など様々な原因で生じる水疱性角膜症への積極的な適応を図っています。そして、国内外のアイバンクとの緊密な連携のもと、移植手術におけるドナー角膜の安全性の担保にも努めています。 緑内障や網膜、神経疾患などの合併症がある場合は、当科の各専門外来と緊密な連携のもと、診断、治療を行っています。

モーレン潰瘍やリウマチ性角膜潰瘍などの非感染性の潰瘍あるいは穿孔に対しては、副腎皮質ステロイド薬・免疫抑制薬の全身・局所治療など内科的・外科的治療を行い、良好な治療成績をあげています。

また、自費診療ですが円錐角膜の進行予防治療として角膜クロスリンキング法も導入致しました。Avedro社KXL Systemを用いてEpi-on Accelerated法で施行しており安全性高く有効に円錐角膜の進行予防が得られています(手術費用:片眼11万円+消費税)。 【画像】クロスリンキング 【画像】角膜臨床画像

ページトップへ