研修医の一週間と目標

初期臨床研修医の救命救急センターの1週間の予定

毎日共通(月〜土曜日)

9:00
〜10:00
症例カンファレンス(医局):症例報告を1例行います。
10:00〜
病棟回診:集中治療室の症例の把握と治療方針の決定を行います。
17:00〜
病棟回診・当直申し送り

平日の日勤帯は救急車担当の初療に順番で診療にあたり、気管挿管、腹部・胸部エコー検査等の緊急時の処置や検査を指導医の下で行います。

月曜日

  7:30〜
医局勉強会(医局):第1, 3週 8時30分から。その他 8時から。
12:30〜
各種説明会(製薬会社等)
13:30〜
部長回診(3N/2N病棟)

火・水・金曜日

12:30〜
研修医発表会:1回/1クール:印象に残った症例の発表を行い、研修医同士でディスカッションします。
研修医勉強会:CBL: case based learningで救急の初療での診療を学び,集中治療室での敗血症の治療・人工呼吸器の使い方を学びます。

木曜日

13:30〜
科長回診(医局)

土曜日

13:30〜
当直申し送り
当直:6回/月(休日・土曜日 各1回ずつ)直明けあり

気管挿管、腹部・胸部エコー検査等の緊急時の処置や検査を指導医の下で行います。

救急塾開講

不定期で朝の8時より30分間、火曜日の12:30から1時間、救急塾を開校します。
医師であれば誰でも急変に出合います。その時貴方は医師として何をしたらよいか?
それを少人数のグループで討議を通して、症例を通して学んでいきます。

研修医到達目標

研修医到達目標(手技系)

初期臨床研修医1年目

初期臨床研修医の1年目は、当救命救急センターをローテーションする間に、以下の手技を経験することができる。到達目標症例数は1ヵ月ごとの目標数である。研修1ヵ月ごとに、医局内の教育担当スタッフと面談のうえ、不足する手技の確認、苦手な手技に対する追加レクチャー、救命救急センターでの研修中の諸問題について個別の対応、次の1ヵ月の目標設定などを行う。研修1年目のローテート時には、すべての診療科に必要とされる救急の基本原則(救急のABC)を中心に学習をする。すべての診療は、必ず救命救急センタースタッフが診療に同席をするため、適時手技、判断についてのフィードバックを行う。

一人でできる(経験目標症例数)

  • 末梢静脈路確保:10例/月
  • 動脈採血:10例/月
  • 動脈ライン確保:3例/月
  • 気管挿管:5例/月
  • 経鼻胃管挿入:5例/月
  • 導尿カテーテル挿入:5例/月
  • 外傷症例に対するエコー手技(FAST):5例/月
  • バッグバルブマスク換気:5例/月
  • 電気ショック:2例/月

上級医のサポート下にできる(経験目標症例数)

  • 中心静脈ライン確保:3例/月
  • 胸腔ドレナージ:1例/月
  • ショック症例に対する蘇生治療:3例/月
  • 腰椎穿刺:1例/月
初期臨床研修医2年目(選択)

初期臨床研修医2年目は選択期間を利用しての研修となる。そのため、1年目のローテート時とは異なる到達目標を設定してある。ここでの到達目標は代表的な一例であり、選択ローテート前に個別の到達目標について相談をする。2年目ローテート時は救急初期診療のチームリーダー役ができることを求める。すべての診療は、必ず救命救急センタースタッフが診療に同席をするため、適時手技、判断についてのフィードバックを行う。

一人でできる(経験目標症例数)

  • 動脈ライン確保:5例/月
  • 気管挿管:5例/月
  • 中心静脈ライン確保:5例/月
  • 腰椎穿刺:3例/月
  • 胃洗浄:2例/月
  • 電気ショック:3例/月
  • 汚染創の処置:2例/月
  • 外傷初期診療のリーダー役:3例/月
  • ショック症例に対する蘇生治療のリーダー役:3例/月
  • バッグバルブマスク換気:5例/月

上級医のサポート下にできる(経験目標症例数)

  • 気管切開:3例/月
  • 基本的な人工呼吸管理:5例/月
  • 敗血症症例での初期抗菌薬の選択:5例/月
  • 他(骨髄針、緊張性気胸緊急脱気、輪状甲状靭帯切開など)適時
初期臨床研修医(1年目、2年目共通)

初期臨床研修医(希望者)を対象に、年4回の定期的なシミュレーション研修を行っている。このシミュレーション研修は、他診療科ローテーション中でも受講することができる。開催日時は決定次第、臨床研修センターを通じて周知します。

  1. 人工呼吸管理の基本に関するシミュレーション
  2. 不整脈治療の基本
  3. 感染症診療の考え方と抗菌薬の選び方
  4. 実践☆輸液療法

研修医の
一週間と目標
ページトップ