主任教授挨拶

Kosaku Kinoshita

主任教授 木下 浩作
日本大学医学部 救急学系救急集中治療学医学分野

日本大学医学部救急医学系救急集中治療医学分野は、日本大学医学部附属板橋病院救命救急センターおよび日本大学病院救命救急センターの2つの救命救急センターを擁しており、取り扱い救急患者数も都内トップクラスです。

扱う傷病者は、外傷をはじめ、熱傷、急性腹症などの外科疾患、急性冠症候群、中毒、その他の内科系疾患、心肺停止など多岐に亘りますが、外傷治療、心肺停止に対する体外循環・脳低温療法を用いた先鋭的治療、急性脳血管疾患、急性冠症候群の急性期治療および世界最先端の集中治療に力をいれています。

新入教室員については、全員、学位取得(医学博士)および救急科専門医の取得ができるように教育システムを構築しており、さらに集中治療専門医、内科、外科等のサブスペシャリティーについての教育にも力を注いでいます。

当教室には、いくつもの特色のある研修プログラムを用意してあります。初期臨床研修を終えたばかりの若手医師だけでなく、短期間で充実した救急医療を学びたい医師の方、既に各種の専門医をお持ちの方で、学位(医学博士)や救急・集中治療に関係する専門医の取得を目指している先生方は、是非ご相談下さい。

研修医、学生に対する教育システムも充実を計っています。教室の教育スタッフは、アメリカ心臓協会(AHA)認定ACLS、BLSインストラクターや日本救急医学会ICLSインストラクターあるいは日本救急医学会・外傷学会認定JATEC(外傷初期診療)インストラクターなどの資格をもち、各研修コースでの教育に携わっています。とくに板橋病院救命救急センターではACLS研修コースを公開コースとして毎月行っており、多くのプロバイダー、インストラクターを育て、輩出しております。

世界最先端の救急医療、集中治療を学びたいと希望されている皆様、自分にあった勤務形態で救急医療・集中治療を学びたい方、どうぞ私どもの教室においで下さい。

教授挨拶
ページトップ